ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 782938 全員に公開 雪山ハイキング谷川・武尊

冬至の白毛門

日程 2015年12月22日(火) [日帰り]
メンバー monkichikun
天候登山口では小雨、山の途中で雪に変わり降ったり止んだり、たまに日差しもあり
アクセス
利用交通機関
電車
JR上越線 土合駅 (青春18きっぷを使用し実質2360円で往復できた、但し往復8時間)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間15分
休憩
30分
合計
7時間45分
S土合駅下りホーム10:0010:00白毛門登山口駐車場12:50松ノ木沢の頭13:0015:00白毛門15:2016:00松ノ木沢の頭17:20東黒沢17:30白毛門登山口駐車場17:45土合駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
三連休なのに家でだらだらしているうちに二日間が過ぎてしまった。
最終日に意を決し谷川岳登山を目的に行ってみるも下界は雨で山頂も強風予報。
温泉に後ろ髪引かれつつ中途半端な気持ちのまま白毛門へ。
コース状況/
危険箇所等
視界がよほど悪くない限り迷うことはないと思える一本道。

装備

個人装備 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ 予備手袋 防寒着 雨具 バラクラバ ザック アイゼン ピッケル 昼ご飯 非常食 水筒(保温性) 地図(地形図) ヘッドランプ GPS 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

水上駅、まさかの雨
2015年12月22日 09:35撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水上駅、まさかの雨
2
乗り換えて土合駅
2015年12月22日 09:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗り換えて土合駅
2
地上への果てしない階段
2015年12月22日 10:00撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地上への果てしない階段
2
傘を差すほどではないが…
2015年12月22日 10:16撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傘を差すほどではないが…
1
白く煙る谷川岳方面
2015年12月22日 10:27撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白く煙る谷川岳方面
1
夏以来の白毛門登山口
2015年12月22日 10:32撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏以来の白毛門登山口
3
とりま橋を渡る
2015年12月22日 10:32撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とりま橋を渡る
1
段々と雪が増え
2015年12月22日 10:55撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段々と雪が増え
1
動物の足跡
2015年12月22日 11:07撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
動物の足跡
1
道をふさぐ倒木
2015年12月22日 11:33撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道をふさぐ倒木
1
時々は吹雪く
2015年12月22日 11:40撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時々は吹雪く
1
道は分かりやすい
2015年12月22日 11:57撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道は分かりやすい
1
時折日差しが出ることも
2015年12月22日 12:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
時折日差しが出ることも
1
中腹で30cmくらい
2015年12月22日 12:18撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中腹で30cmくらい
2
日が差すと明るい
2015年12月22日 12:27撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が差すと明るい
1
寒いのでフリースを着る
2015年12月22日 12:55撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寒いのでフリースを着る
松ノ木沢の頭から
2015年12月22日 12:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松ノ木沢の頭から
2
SF的な造形
2015年12月22日 13:15撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
SF的な造形
3
下山リミットだったが…
2015年12月22日 14:34撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山リミットだったが…
山頂へ向け登山続行
2015年12月22日 14:38撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂へ向け登山続行
1
白毛門到着、疲労困憊
2015年12月22日 14:58撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白毛門到着、疲労困憊
4
ここでアイゼンを装着し
2015年12月22日 15:23撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを装着し
1
急いで下ります
2015年12月22日 15:23撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急いで下ります
今にも日が暮れそう
2015年12月22日 16:59撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今にも日が暮れそう
夜景化するロープウェイ駅
2015年12月22日 17:01撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜景化するロープウェイ駅
2
ようやく登山口到着
2015年12月22日 17:26撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく登山口到着
お月さま、ありがとう
2015年12月22日 17:42撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お月さま、ありがとう
3
ゴールの土合駅
2015年12月22日 17:45撮影 by DSC-HX50V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴールの土合駅
5

感想/記録

エピローグ
有給消化月間ということで師走だというのに三連休と四連休が一回ずつとれた。
当初この三連休で平標山から谷川岳までの縦走を考えていたのだが出発前夜の忘年会で泥酔者を朝まで介抱する羽目になり初日がつぶれる、二日目はその疲れが残っていたのと予定の組み直しでモチベーションが上がらず、ようやく三日目に谷川岳を日帰りすべく電車に乗った。

東京を出る頃は快晴だったが北へ向かうにつれ雲行きが怪しくなりいつしか雨に変わった。
その時点で気持ちが萎え越後湯沢まで行き温泉入ってお酒飲んで帰ろうか、とも思ったが後で後悔するのが目に見えるため思い直し天気予報サイトを見るとあいにく風も強いらしく(山頂18〜20m/sの予報)、西黒尾根で強風に吹かれるのも天神平でロープウェイが止まってしまうのも御免なので樹林帯が多く比較的風の影響が少なそうに思える白毛門に行くことにする。
駅を出るときにはだいぶ雨足は弱くなっていたが傘を差して登山口へ向かう。
登山口で傘をしまいぐずぐず濡れた枯葉の道を歩き続けているとそのうち雪道にかわった。
最初のうちは踝あたりで快適な新雪歩きを楽しんでいたのだがそのうち膝下、膝上と雪嵩が増しついには腿まで埋もれ全身で泳ぐように歩を進めつつスノーシューを切望した。
松ノ木沢の頭でピッケルを出しフリースジャケットを着る、アイゼンは未装着のまま。
さらに歩き続けて当初決めておいた引き返しリミットタイムの14時半になったが目的地である白毛門には辿りつけず、現在位置を確認すると白毛門まではあとわずかの位置まで来ていた。
映画エベレスト3Dで描かれた遭難事故の原因のひとつに予め定めた時間を守れなかったことが上げられたこともあるしここで引き返すべきだろう、と一度は思ったが精神的に未熟なところもあり登山を続行することに、地図上では近く見えたが結局そこから30分近くかかった。
15時ちょっと前に白毛門到着、昼食をとりたいところだが山頂は寒いしこの日は冬至、暗くなる前に安全なところまで下りていたいのでアイゼンを装着してすぐさま下山することに。
あんなに苦労した登りも下りは楽ちん、とはいえ予想した通り途中で暗くなってしまった。
ザックからヘッドライトを出すのがセオリーだとは思うが月明かりが案外明るいのでいけるとこまで行ってみる、途中3回くらい尻餅をついたが…「Don't look,feel.」などどこかで聞いたことがあるような台詞を脳内で呟きながら泥道を下って橋を渡り登山口に帰ってきた。
駐車場で少し迷ったすえ17時45分に土合駅到着、ようやく遅い昼食を食べることができた。

反省点
もっと早目にアイゼンをつけてれば登り時間を短縮でき日が暮れる前に下山できたと思う。
ヘッドライトを出すのを面倒がらず、もしくはポケットに忍ばせておくべきかも。
訪問者数:490人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ