ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847522 全員に公開 ハイキング氷ノ山

氷ノ山/妻と兵庫県最高峰へ行く

日程 2016年04月20日(水) [日帰り]
メンバー DON-CHAN, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道482号線〜氷ノ山自然ふれあい館 響の森の駐車場を利用(無料)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

氷ノ山自然ふれあい館 響の森駐車場(08:24)・・・町道登山口(08:35)・・・氷ノ越(09:17-09:23)・・・仙谷口(09:52)・・・氷ノ山(須賀ノ山)(10:12-10:43)・・・氷ノ越(11:22)・・・キャンプ場登山口(11:51)・・・氷ノ山自然ふれあい館 響の森駐車場(12:03)
※行動時間 3時間39分(休憩を含む)
コース状況/
危険箇所等
●氷ノ越コース(今回歩いたルート)
一般的に多くの方が利用される、ブナの自然林の中を歩くコースです。危険な箇所はありません。
その他周辺情報登山後、ローカル鉄道の若桜鉄道(郡家〜若桜)に乗車してきました。
・若桜鉄道株式会社ホームページ
  http://www.infosakyu.ne.jp/wakatetu/
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

響きの森の無料駐車場から出発する。まだ、桜が美しく咲いていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
響きの森の無料駐車場から出発する。まだ、桜が美しく咲いていた。
5
氷山命水の販売所。50円/Lだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷山命水の販売所。50円/Lだった。
1
町道登山口から入山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
町道登山口から入山。
2
まもなく『さざれ石』という岩があった。思わず、君が代を斉唱しそうになる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まもなく『さざれ石』という岩があった。思わず、君が代を斉唱しそうになる。
1
キャンプ場登山口からのルートと合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場登山口からのルートと合流。
2
杉林に刻まれた登山道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉林に刻まれた登山道を進む。
1
新しい日帰り用のザックでご機嫌の妻。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新しい日帰り用のザックでご機嫌の妻。
3
2/10の表示があるところまでは沢沿いに付いている杉林の中の登山道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2/10の表示があるところまでは沢沿いに付いている杉林の中の登山道を進む。
2
3/10から沢沿いの道でなくなる。ここらの木々は積雪で曲がっているのではないかと思われる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3/10から沢沿いの道でなくなる。ここらの木々は積雪で曲がっているのではないかと思われる。
2
氷ノ越避難小屋が見えてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ越避難小屋が見えてきた。
2
氷ノ越から山頂の避難小屋が良く見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ越から山頂の避難小屋が良く見えた。
6
氷ノ越からはブナの原生林とクマザサの登山道となった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ越からはブナの原生林とクマザサの登山道となった。
2
朝は冷え込んだらしく、霜柱が残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝は冷え込んだらしく、霜柱が残っていた。
2
氷ノ越からは展望が開け、景色を楽しみながら登高できる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ越からは展望が開け、景色を楽しみながら登高できる。
4
前方に『コシキ岩』が見えてきた。
2016年04月20日 19:45撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方に『コシキ岩』が見えてきた。
3
普通に歩いて行けるところまでコシキ岩に登ってみた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
普通に歩いて行けるところまでコシキ岩に登ってみた。
3
コシキ岩の左側を巻くように進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コシキ岩の左側を巻くように進む。
1
頂上に至るまでに僅かに雪が残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上に至るまでに僅かに雪が残っていた。
4
青空の下、山頂に向かって行く。何とも心地よい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空の下、山頂に向かって行く。何とも心地よい。
1
氷ノ山山頂にある山座同定盤。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
氷ノ山山頂にある山座同定盤。
1
雪彦山、六甲山方面
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪彦山、六甲山方面
5
兵庫県最高峰
氷ノ山
登頂記念撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
兵庫県最高峰
氷ノ山
登頂記念撮影
12
テンポよく下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テンポよく下る。
4
キャンプ場登山口から続く登山道にはこんな電流が流れている電線の柵があった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場登山口から続く登山道にはこんな電流が流れている電線の柵があった。
1
キャンプ場登山口に下りた。中学生たちがキャンプをしていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場登山口に下りた。中学生たちがキャンプをしていた。
1
●●●おまけ●●●
登山後は、定番の観光
ローカル私鉄の若桜鉄道に乗った。一日フリー乗車券を購入したが、いまどき珍しい硬券だった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
●●●おまけ●●●
登山後は、定番の観光
ローカル私鉄の若桜鉄道に乗った。一日フリー乗車券を購入したが、いまどき珍しい硬券だった。
5
これが車両。側面のイラストが可愛らしい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが車両。側面のイラストが可愛らしい。
9
JR郡家(こうげ)駅前にあった因幡の白兎
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JR郡家(こうげ)駅前にあった因幡の白兎
4
赤色コノハズクが八東ふる里の森にいるらしい。この近くに扇ノ山があるので登山がてら行きたくなった。(IR郡家駅構内にて撮影)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤色コノハズクが八東ふる里の森にいるらしい。この近くに扇ノ山があるので登山がてら行きたくなった。(IR郡家駅構内にて撮影)
2

感想/記録

兵庫県最高峰かつ日本二百名山のひとつ『氷ノ山』へ妻と行ってきました。

《行動の記録/感想》
若桜町から国道482号線をしばらく上って行き、氷ノ山ふれあいの里 響の森の駐車場に駐車。用意をして、482号線を通行止めのところまで歩いていく。氷山命水の販売所の前を通って右手に折り返すように進み、町道登山口から登り始める。氷ノ越に向かって杉林の中をジグザグに登って行く。氷ノ越で他の登山道と合流。ここから右手に進むと、氷ノ山の山頂。氷ノ越からは明るい稜線歩きとなる。しばらくブナなどに覆われたなだらかな稜線を進んで行く。さらにしばらく登ると右手に仙谷へと下って行く道が分かれている。ここからひと登りで、目の前にコシキ岩と言う岩が現れる。岩の高さは10メートルほどだろうか。歩いて登れる高さまで登ってみるが、止めて登山道に戻る。コシキ岩の脇を巻きながら、ジグザグに山頂を目指して登って行く。明るい稜線をジグザグに登り、広く開けた氷ノ山山頂に到着。山頂からは広い展望を楽しむことが出来る。快晴の下、伯耆大山、後山、雪彦山、那岐山などなど360度の展望に大満足。妻と記念写真を撮り、昼食をとるなどして、山頂でゆっくりと過ごした。昼食の後、下山にかかる。淡々と来た道を下って行き、最後はキャンプ場登山口へ下りて、氷ノ山自然ふれあい館 響の森駐車場に無事に戻った。
前回の後山では1名の登山者としか出会わなかったが、今日は13名の登山者と出会った。これが、日本二百名山というネームバリューなのだろうかとふと考えた。

「天気も良く、景色もハッキリと見渡すことが出来てよかった。」と妻。
訪問者数:575人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ