ヤマレコ

記録ID: 878576 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走赤城・榛名・荒船

【皇海山】新緑を楽しむ季節の山へ♪(皇海橋〜鋸山〜皇海山〜皇海橋)

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■行き
 自宅から根利まで買い出し・休憩込みでちょうど3時間。
  国道17号(新大宮BP〜できたばかりの上尾道路〜熊谷BP)
  〜 国道407号 〜 国道122号 〜 県道62号
 根利から栗原川根利林道で皇海橋まで約19km、ちょうど1時間くらい。
 聞きていた通りの悪路。ガタガタ揺れて、20km程度しか出せませんでした。
 朝メシを食べたあとに通ったため、上下に揺られて胃が気持ち悪くなりました。

 皇海橋の追貝側、根利側にそれぞれ駐車スペースあり。
 6時半の到着時点では、追貝側に10台程度。
 12時の帰宅前には、追貝側に15台程度、根利側も同数くらい。
 本来の駐車スペースではないところへの駐車もあり、明らかにキャパオーバー。

■帰り
 ナビが違う道を示していたので、行きとは別の道で。
 空いていれば、こちらの方が早い気が。
  栗原川根利林道 〜 県道62号 〜 国道122号〜 県道73号 〜 国道17号

 幸いなことに、栗原川根利林道では車とのすれ違いなし。バイクは2台、すれ違い。
 ちょうどゲートを出るタイミングでオフロードバイクの集団が入ってくるところ。
 10台以上はいたと思います。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間52分
休憩
55分
合計
4時間47分
S皇海橋06:5007:55不動沢のコル08:0208:31鋸山09:0309:23不動沢のコル09:59皇海山10:1210:42不動沢のコル10:4511:37皇海橋G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■皇海橋〜不動沢のコル
 下部は沢沿いの気持ちがよい道です。特に下山時に緑が気持ちよかったです。
 ちょっと迷うところもありますが、リボン・テープ・案内板はかなりしっかり。
 何度か渡渉を繰り返しますが、渡渉としての難易度は高くありませんでした。
 上部は枯れた沢を登っていき、不動沢のコル近くは、結構、急です。

■不動沢のコル〜鋸山
 途中までは尾根歩き。
 鋸山山頂に近くなると、ガレ場の急登です。
 私はここで、落石を起こしてしまいました。
 下に人がいましたが、よけていただきケガもなく、本当に良かった。
 大きな浮石もありますので、ここを登る方は気をつけてください。

■不動沢のコル〜皇海山
 下部は淡々と登る道で、上部に少し、急な岩場があります。
 そこを超えると、山頂まではゆるやかな登りが続きます。
その他周辺情報■道の駅くろほね やまびこ
 根利から約30分。
 まいたけソバ(大盛) 1,000円、煮卵(2個) 110円
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ザック(20L) 非常食 ハイドレーション 水(1.5ℓ) レインウェア 帽子 手袋 ヘッドランプ ライター サングラス 地図 スマホ カメラ ロールペーパー 救急用品 サバイバルシート 予備靴ひも 携帯簡易トイレ 保険証 タオル サーモス お湯(0.5ℓ)

写真

栗原川林道、根利側からのアプローチ。
2016年05月22日 05:29撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗原川林道、根利側からのアプローチ。
案内もしっかりしており、ちゃんと見ていれば、間違えることはないかと。
2016年05月22日 05:32撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内もしっかりしており、ちゃんと見ていれば、間違えることはないかと。
林道でシカがお出迎え。近くに行くまで逃げません。
この後にはサルもいらっしゃいました。
2016年05月22日 06:17撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道でシカがお出迎え。近くに行くまで逃げません。
この後にはサルもいらっしゃいました。
さて、ここから登山スタート。
2016年05月22日 06:55撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、ここから登山スタート。
最初の渡渉点。
2016年05月22日 07:04撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の渡渉点。
1
沢沿いのさわやかな道を登っていきます。
2016年05月22日 07:21撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いのさわやかな道を登っていきます。
満開!
2016年05月22日 07:26撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開!
皇海山までの真ん中地点。
2016年05月22日 07:37撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海山までの真ん中地点。
枯れた沢を登っていきます。
2016年05月22日 07:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
枯れた沢を登っていきます。
不動沢のコル。
先に皇海山に行くと、面倒になって鋸山に行きたくなくなるかもなあ、と思い、先に鋸山に。
2016年05月22日 08:07撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動沢のコル。
先に皇海山に行くと、面倒になって鋸山に行きたくなくなるかもなあ、と思い、先に鋸山に。
1
不動沢のコルからの鋸山。結構、急そう。
2016年05月22日 08:08撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動沢のコルからの鋸山。結構、急そう。
2
シャクナゲ。
2016年05月22日 08:13撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲ。
1
ヤマアジサイ。
2016年05月22日 08:20撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤマアジサイ。
1
振り返るとどっしりと皇海山。
2016年05月22日 08:22撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返るとどっしりと皇海山。
1
日光連山方面。近いはずなのですが、結構、霞んでいます。
2016年05月22日 08:23撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日光連山方面。近いはずなのですが、結構、霞んでいます。
岩場を登って。
2016年05月22日 08:28撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場を登って。
1
鋸山山頂!
2016年05月22日 08:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山山頂!
3
上州武尊と、奥はうっすらと巻機山とかの方面(のはず・・・)。
2016年05月22日 08:46撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上州武尊と、奥はうっすらと巻機山とかの方面(のはず・・・)。
赤城山。
2016年05月22日 08:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤城山。
鋸山山頂に咲くシャクナゲと皇海山。右奥は日光白根山。
2016年05月22日 08:47撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鋸山山頂に咲くシャクナゲと皇海山。右奥は日光白根山。
3
庚申山。こちらから来ている方も多く、いらっしゃいました。
2016年05月22日 08:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
庚申山。こちらから来ている方も多く、いらっしゃいました。
1
で、あっという間に皇海山。
山頂に展望はナシ・・・
先にこっちに来ていたら、間違いなく、「もういいや」になっていたでしょう・・・
2016年05月22日 10:05撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
で、あっという間に皇海山。
山頂に展望はナシ・・・
先にこっちに来ていたら、間違いなく、「もういいや」になっていたでしょう・・・
1
山頂に咲く山桜。
2016年05月22日 10:17撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に咲く山桜。
下山途中に見る鋸山。
2016年05月22日 10:31撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山途中に見る鋸山。
こちらは不動沢のコルからあらためて。ちょっと見る高度が違うと、まったく違って見えます。
2016年05月22日 10:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは不動沢のコルからあらためて。ちょっと見る高度が違うと、まったく違って見えます。
3
単独行はダメの看板、何か所かにありました。
かくいう私も単独行でしたが、人も多かったので、だいたいのところで見える場所に人がいました(言い訳ですが)。
2016年05月22日 10:48撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
単独行はダメの看板、何か所かにありました。
かくいう私も単独行でしたが、人も多かったので、だいたいのところで見える場所に人がいました(言い訳ですが)。
沢の音を聞きながら、さわやかで気持ちがよいです。下の方は、かなり暑かったようですが・・・
2016年05月22日 11:33撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢の音を聞きながら、さわやかで気持ちがよいです。下の方は、かなり暑かったようですが・・・
1
青空に新緑が映えます!
2016年05月22日 11:35撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に新緑が映えます!
皇海橋の登山口が見えてきました。無事に下山です。
2016年05月22日 11:46撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
皇海橋の登山口が見えてきました。無事に下山です。
1
栗原川林道でナビが迷子になり、皇海山に登っています。この後、栃木県に行ってしまいました。
面白かったので、車を停めて撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栗原川林道でナビが迷子になり、皇海山に登っています。この後、栃木県に行ってしまいました。
面白かったので、車を停めて撮影。
2
途中の道の駅で。まあ、リアガラスの汚れ方がヒドイこと・・・
2016年05月22日 13:57撮影 by NIKON D3300, NIKON CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中の道の駅で。まあ、リアガラスの汚れ方がヒドイこと・・・
撮影機材:

感想/記録
by dai_t

元々、日曜の夜に家にいないといけないこともあり、土曜日に出かける予定でした。
が、金曜の夜に飲み会があったため、土曜の朝に起きることができず、あえなく撤退・・・

この季節、2,000m級の山の新緑がいい時期。
かつ、夕方までには帰宅できる山ということで、ちょっと、アクセスする距離はありますが、サクっと登って早目に下山することができる皇海山へ。

追貝側、根利側からのアクセス、色々な情報を見ると根利側からの方がアクセスしやすそう(=まだマシそう)だったので、根利側からアクセス。
道はダートというより、砂利道。
ちょっとスピードを出すと、パンクが怖いのでソロソロと。
皇海山はアクセスが核心部と言う人が多いのも納得。

山に入ると、この季節、沢沿いの新緑は非常に気持ちが良いです。
紅葉のころもきれいそうですね(また、林道を通りたくはありませんが)。

皇海山は展望なし。
一方で、鋸山は360度の素晴らしい展望(霞んではいましたが)。
皇海山と鋸山は、セットで考えた方がいいのだろうと思いました。
ひょっとしたら、庚申山もセットなのかもしれませんね。行ってないので、わかりませんが・・・

鋸山の山頂では、ご年配の女性の方がご一緒に。
愛知県から来ていたということで、私も同郷。
なんとなく嬉しくなって、しばらくお話しさせていただきました。
100名山制覇まであと30くらいまで来ており、今回は上州武尊山、皇海山、赤城山を登りに来たということ。
残り少し、頑張って欲しいものです。

今回の反省点。
鋸山に登る途中で、20cmくらいの石を落してしまいました。
後ろに人の気配を感じて、振り返った瞬間に足元の石を引っかけてしまいました。
幸いにして後ろの人には当たりませんでした。

細かい石を落したことはありますが、これだけの大きさの石を落してしまったのは初めて。
躓いたりするのも、周りの景色なり、人なりに気を取られた瞬間が多い(要は集中力か)ので、危険な場所では特に気をつける必要を、改めて感じました。
自分のせいで自分がケガをするのはまだしも、落石の場合は自分がケガするのではなく、人をケガさせてしまう可能性がありますし。
猛省して、今後に活かしていきたいと思っています。
訪問者数:817人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ