ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 900824 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

燧ケ岳(長英新道-ナデッ窪)とアヤメ平

日程 2016年06月18日(土) 〜 2016年06月19日(日)
メンバー toriken3653
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:夜行バス尾瀬号(バスタ新宿〜大清水)
帰り:尾瀬バス(鳩待峠〜戸倉) 関越交通バス(戸倉〜沼田) 沼田駅JR

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間21分
休憩
32分
合計
8時間53分
S大清水04:0404:49一ノ瀬休憩所05:00冬路沢橋05:10岩清水05:1105:38三平峠(尾瀬峠)05:3905:51三平下(尾瀬沼山荘)05:5306:08尾瀬沼ヒュッテ06:29三本唐松06:3006:35長英新道分岐06:3608:15ミノブチ岳08:1708:4208:4308:54燧ヶ岳09:0709:2609:3211:26沼尻平11:2911:50白砂峠12:29イヨドマリ沢12:41見晴新道分岐12:4212:57見晴(下田代十字路)
2日目
山行
3時間5分
休憩
3分
合計
3時間8分
見晴(下田代十字路)06:2006:44竜宮十字路06:4507:31長沢頭07:40土場07:4108:05富士見田代(尾瀬原分岐)08:08セン沢田代08:18アヤメ平08:26中原山08:42横田代08:50中ノ原09:24鳩待峠09:2509:28鳩待峠バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道に雪はない。雨のあとだけどヌカルミもそれほどでもなかった。
その他周辺情報沼田駅から徒歩15分の日帰り温泉「ゆにーいく」にいって入浴と食事をした。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 行動食 非常食 飲料 コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS サングラス タオル ツェルト ストック

写真

夜行高速バスでバスタ新宿から大清水へ、支度をして出発する。
2016年06月18日 04:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜行高速バスでバスタ新宿から大清水へ、支度をして出発する。
1
歩き始めてすぐの分岐から一ノ瀬への旧道を歩いて見る。
2016年06月18日 04:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めてすぐの分岐から一ノ瀬への旧道を歩いて見る。
奥鬼怒林道の途中から一ノ瀬への旧道にはいる。
2016年06月18日 04:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥鬼怒林道の途中から一ノ瀬への旧道にはいる。
途中にクマ除け用の鐘がある。鳴らして通り過ぎた。
2016年06月18日 04:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にクマ除け用の鐘がある。鳴らして通り過ぎた。
ここにでてきた。森の中の道で沢を二回渡ったり趣があっていい道だった。
2016年06月18日 04:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにでてきた。森の中の道で沢を二回渡ったり趣があっていい道だった。
1
一ノ瀬休憩所につく。
2016年06月18日 04:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ瀬休憩所につく。
黄色い花が咲いていた。
2016年06月18日 05:14撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花が咲いていた。
三平峠を通過する。
2016年06月18日 05:38撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三平峠を通過する。
三平下の尾瀬沼山荘を通過する。
2016年06月18日 05:51撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三平下の尾瀬沼山荘を通過する。
尾瀬沼をはさんで燧ケ岳がよく見える。山頂には雲がかかっているみたいだ。
2016年06月18日 05:55撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼をはさんで燧ケ岳がよく見える。山頂には雲がかかっているみたいだ。
2
ダケカンバの大木が枝を大きく広げている。
2016年06月18日 06:06撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダケカンバの大木が枝を大きく広げている。
2
長蔵小屋のそばの休憩場所で朝食のおにぎりを食べる。
2016年06月18日 06:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長蔵小屋のそばの休憩場所で朝食のおにぎりを食べる。
大江湿原から燧ケ岳を見る。
2016年06月18日 06:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大江湿原から燧ケ岳を見る。
1
湿原の中を川が流れている。
2016年06月18日 06:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湿原の中を川が流れている。
3
ワタスゲがまばらにある。
2016年06月18日 06:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワタスゲがまばらにある。
1
長英新道の分岐に着いた。
2016年06月18日 06:36撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長英新道の分岐に着いた。
1合目ごとに表示がある。ここは三合目。
2016年06月18日 07:30撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1合目ごとに表示がある。ここは三合目。
ここは四合目。しだいに樹木が低くなり明るくなってきた。
2016年06月18日 07:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは四合目。しだいに樹木が低くなり明るくなってきた。
尾瀬沼を一望できる。
2016年06月18日 07:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼を一望できる。
2
ミツバオウレン
2016年06月18日 07:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン
1
右が爼堯∈犬御池岳
2016年06月18日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右が爼堯∈犬御池岳
尾根の上部に出てきた。もう少しで爼山頂。
2016年06月18日 08:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の上部に出てきた。もう少しで爼山頂。
芝安瑤縫スが流れている。
2016年06月18日 08:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝安瑤縫スが流れている。
ミヤマキンバイ
2016年06月18日 08:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキンバイ
爼山頂についた。
2016年06月18日 08:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爼山頂についた。
芝安瑤妨かう。
2016年06月18日 08:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝安瑤妨かう。
1
頂上直下に雪が残っていた。
2016年06月18日 08:56撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上直下に雪が残っていた。
芝安山頂に燧ケ岳の山頂表示があった。
2016年06月18日 09:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芝安山頂に燧ケ岳の山頂表示があった。
1
俎山頂もガスが流れている。
2016年06月18日 09:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俎山頂もガスが流れている。
爼山頂の祠。
2016年06月18日 09:28撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
爼山頂の祠。
尾瀬沼を見下ろす。
2016年06月18日 09:35撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼を見下ろす。
3
下りから山頂を見ると多くの人が見える。
2016年06月18日 09:37撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りから山頂を見ると多くの人が見える。
サンカヨウ
2016年06月18日 09:48撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンカヨウ
ナデッ窪分岐。ここから降っていく。
2016年06月18日 09:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナデッ窪分岐。ここから降っていく。
燧ケ岳を振り返り見る。
2016年06月18日 09:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧ケ岳を振り返り見る。
2
キヌガサソウ
2016年06月18日 09:58撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キヌガサソウ
1
ナデッ窪の登山道。転がった石で登山道ができている。階段状に石があるため比較的降りやすい。浮石に注意が必要。
2016年06月18日 10:02撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナデッ窪の登山道。転がった石で登山道ができている。階段状に石があるため比較的降りやすい。浮石に注意が必要。
3
樹林の中に降りてきた。
2016年06月18日 11:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林の中に降りてきた。
1
木道が敷かれたところに出ると、しばらくで尾瀬沼が見えてきた。
2016年06月18日 11:21撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木道が敷かれたところに出ると、しばらくで尾瀬沼が見えてきた。
タテヤマリンドウ
2016年06月18日 11:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
沼尻の燧ケ岳分岐にでた。
2016年06月18日 11:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沼尻の燧ケ岳分岐にでた。
1
火事で焼けた沼尻休憩所。
2016年06月18日 11:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
火事で焼けた沼尻休憩所。
白砂田代の池塘。
2016年06月18日 11:44撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白砂田代の池塘。
見晴新道入口はロープで閉ざされている。
2016年06月18日 12:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴新道入口はロープで閉ざされている。
今日の宿舎の第二長蔵小屋。受付をして部屋に荷物をいれ、散歩に出る。
2016年06月18日 13:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の宿舎の第二長蔵小屋。受付をして部屋に荷物をいれ、散歩に出る。
尾瀬ヶ原からの燧ケ岳。
2016年06月18日 13:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原からの燧ケ岳。
尾瀬ヶ原から至仏山がかすんで見える。6月末まで入山禁止。
2016年06月18日 15:22撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原から至仏山がかすんで見える。6月末まで入山禁止。
3
6月19日朝の散歩。尾瀬ヶ原に霞がかかっている。
2016年06月19日 05:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6月19日朝の散歩。尾瀬ヶ原に霞がかかっている。
景鶴山の麓もガスがわいている。
2016年06月19日 05:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
景鶴山の麓もガスがわいている。
1
ハクサンチドリ
2016年06月19日 05:11撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンチドリ
1
尾瀬ヶ原下田代のパノラマ
2016年06月19日 05:13撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原下田代のパノラマ
オゼヌマタイゲキ
2016年06月19日 05:23撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オゼヌマタイゲキ
1
弥四郎清水 冷たい水が流れている
2016年06月19日 05:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弥四郎清水 冷たい水が流れている
1
見晴十字路から歩き始める。
2016年06月19日 06:20撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴十字路から歩き始める。
下田代を至仏山を見ながら歩く。
2016年06月19日 06:27撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下田代を至仏山を見ながら歩く。
川を渡る。ここには岩魚もいる。
2016年06月19日 06:41撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を渡る。ここには岩魚もいる。
竜宮小屋についた。
2016年06月19日 06:42撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮小屋についた。
竜宮十字路
2016年06月19日 06:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮十字路
竜宮十字路から富士見峠に向かう。
2016年06月19日 06:45撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
竜宮十字路から富士見峠に向かう。
岳樺の上に至仏山がきれいに見える。
2016年06月19日 06:49撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳樺の上に至仏山がきれいに見える。
そろそろ山道になってきた。
2016年06月19日 06:50撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ山道になってきた。
大きなミズナラがどっしりとある。
2016年06月19日 06:52撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなミズナラがどっしりとある。
1
川を木橋でわたる。
2016年06月19日 07:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
川を木橋でわたる。
タニウツギ
2016年06月19日 07:01撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タニウツギ
ゴゼンタチバナ
2016年06月19日 07:26撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
オオシラビソの森の登りにかかる。
2016年06月19日 07:32撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオシラビソの森の登りにかかる。
急な登りが終わり木道があと2kmつづく。
2016年06月19日 07:33撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な登りが終わり木道があと2kmつづく。
富士見田代から燧ケ岳を望む。
2016年06月19日 08:04撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見田代から燧ケ岳を望む。
1
富士見田代全景。青い空を映している。
2016年06月19日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見田代全景。青い空を映している。
アヤメ平に向かう。
2016年06月19日 08:05撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平に向かう。
下に富士見峠の小屋が見える。
2016年06月19日 08:09撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下に富士見峠の小屋が見える。
イワカガミ
2016年06月19日 08:16撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
尾根上の広い湿原のアヤメ平をいく。
2016年06月19日 08:17撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根上の広い湿原のアヤメ平をいく。
チングルマ
2016年06月19日 08:18撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チングルマ
1
アヤメ平の池塘
2016年06月19日 08:19撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アヤメ平の池塘
2
ワタスゲの中の木道をいく。
2016年06月19日 08:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ワタスゲの中の木道をいく。
2
正面に至仏山。左端に笠ヶ岳が少しのぞいている。
2016年06月19日 08:39撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面に至仏山。左端に笠ヶ岳が少しのぞいている。
鳩待峠まであと1.2km。
2016年06月19日 09:07撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠まであと1.2km。
鳩待峠についた。
2016年06月19日 09:24撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳩待峠についた。
小型バスで戸倉にでる。
2016年06月19日 09:29撮影 by TG-2 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小型バスで戸倉にでる。

感想/記録

 梅雨の時期で雨に降られてもあまり気にならないところで尾瀬に行くことにした。燧ケ岳と至仏山の両方登るつもりだったが、6月中は至仏山は入山禁止期間ということで登れなかった。いってみると二日とも晴れていれ気持ちのよい山旅だった。
 バスタ新宿から夜行バスで大清水へ向かう。隣の席が空いていたのでゆっくりと寝られた。大清水に3時50分につくとまだ薄暗いのでヘッドランプを出すと電池が切れていた。チェックしなければと思った。
 大清水から歩き始めてすぐに右側に奥鬼怒林道が分岐している。しばらくその林道を歩いていくと左側に一ノ瀬までの旧道の表示があるので左の道に入っていく。静かな樹林の中の道でほかに歩いている人はいなかった。川の流れにそって道は続いていて小沢を渡りながら進むとやがていつもの道にでる。こちらは何人か歩いている人がいる。一ノ瀬休憩所の先の橋を渡ると左の山道にはいる。ここから三平峠まで登りが続く。ジグザグに登った後、木道になり三平峠の指導標のあるところに出る。道は下り隣三平下で尾瀬沼にでる。尾瀬沼の向こうに今日登る燧ケ岳が見えている。山頂だけ雲がかかっていた。
 長蔵小屋の売店前で休憩し朝食のおにぎりを食べる。この時間(6時)でも何人か歩いている。休憩後、大江湿原を過ぎ長英新道分岐から登り始める。登りといっても最初はずっと平坦な登山道だけど。やがて少しづつ登りになってきたころ1合目の看板を目にした。この後1号ごとに看板がある。鶯の鳴き声がずいぶん聞こえる。樹林帯を抜け4合目の看板をすぎると尾瀬沼を見下ろせる場所があった。6合目を過ぎると燧ケ岳山頂が見えてくる。7合目をすぎ爼瑤目の前になってきた。8合目が長英新道とナデッ窪の分岐だった。ここからは御池岳、俎堯△箸どき芝安瑤見えるが山頂はガスが流れている。俎山頂は周囲が白くガスがかかっていた。すぐに芝安瑤妨かう。一度鞍部に降り登り返すと芝安山頂だった。燧ケ岳の三名表示の石柱があった。山頂からは尾瀬沼も尾瀬ヶ原もガスで霞んでいる。再び俎瑤北瓩襪まだガスの中だった。
 下山にかかる。8合目までもどりナッデ窪に向かう。大石が登山道にごろごろあるみたいなことだったが、それほどでもなく中くらいの石が階段状に転がっているので無理をせず小幅で石を降りていけばそれほど大変でもなかった。急な石の斜面を過ぎると次第に緩やかになってきてほぼ平坦になると木道になった。しばらく木道を歩くと湿原に出てその先に尾瀬沼が見えてきた。沼尻についた。湖畔の木道と合流するとすぐ沼尻休憩所があったところにだった。火事で焼けた休憩所跡が片付けられてロープで囲ってある。
 今日最後の峠である白砂峠を越えて見晴十字路に向かう。燧ケ岳のすそを回り込み沼尻川にそって道はあるので川のせせらぎが聞こえている。登り降りが続きそれにも飽きてきたころ見晴新道の入口があったがロープで立ち入り禁止にしてある。少し歩くとキャンプ場との分岐を過ぎ見晴十字路の旅館の立ち並んだところに出た。今日は第二長蔵小屋に泊まる。人が少ないのか一人で一部屋だった。
 翌日、今回は至仏山は登山禁止期間なので、竜宮から富士見峠に登り鳩待峠に出ることにする。この登りも初めはなだらかな道が1kmつづき、そのあと急坂になり尾根上に出ると、木道の平坦な道が2kmつづく。いいかげんオオシラビソやミズナラ、ダケカンバに飽きてきたころ富士見田代の地塘にでた。昨日登った燧ケ岳がが今日は雲もなくそびえている。
 ここから鳩待峠まで尾根上の道をすすむ。アヤメ平は尾根上とは思えない大きな湿原だ。ここはワタスゲの白さが尾瀬ヶ原より多く見える。湿原を過ぎくだりだすと笹が多くなりオオシラビソの多い樹林帯に入っていく。ところどころ新しい木道がでてくる。降り路の先に鳩待峠の小屋が見えた。鳩待峠に着いた。このころ来ていなかったがバス停が一段下の駐車場になっていた。タクシーや小型バスの留まっていたところは整地されていた。バスの乗車券を購入し駐車場に降り今回の尾瀬の山旅も終了した。
訪問者数:493人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ