ヤマレコ

記録ID: 927111 全員に公開 ハイキング金剛山・岩湧山

槇尾山〜三国山〜燈明岳

日程 2016年07月29日(金) [日帰り]
メンバー
 hiro-san(記録)
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
徒歩。自宅発自宅着
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち34%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間8分
休憩
7分
合計
9時間15分
Sスタート地点09:2409:47中日野バス停09:4811:21槙尾山施福寺11:2212:55千本杉峠12:5713:25三国山 三角点15:35燈明岳16:08蔵王峠16:57光滝寺キャンプ場17:11岩湧山登山口17:1217:23滝畑ダムバス停17:2418:34中日野バス停18:3518:39ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
体力、特に脚力のなさを実感
コース状況/
危険箇所等
三国山から電波倒迄行かずに地図に載っていない林道を歩いたが、あまりに林道がたくさんありすぎて、迷いました
その他周辺情報滝畑キャンプ場は、若者がうるさいほど遊んでいまし
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

自宅出発直後、すでに暑さにバテ始める?
2016年07月29日 09:27撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自宅出発直後、すでに暑さにバテ始める?
登山口到着
槇尾山裏登山道、桜辻です
2016年07月29日 10:54撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口到着
槇尾山裏登山道、桜辻です
槇尾山、元売店前から岩湧山
2016年07月29日 11:19撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇尾山、元売店前から岩湧山
1
槇尾山へのとりつきを探しますがありません。
立ち入り禁止の立て札が・・・
いつから?なぜ?
2016年07月29日 11:25撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槇尾山へのとりつきを探しますがありません。
立ち入り禁止の立て札が・・・
いつから?なぜ?
ダイトレを離れ桧原越えから三国山方面に向かいます
2016年07月29日 11:29撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダイトレを離れ桧原越えから三国山方面に向かいます
登山地図で破線のルートで槇尾山山頂を目指しますが、ルートがほぼわからないため、撤収・・・
2016年07月29日 11:40撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山地図で破線のルートで槇尾山山頂を目指しますが、ルートがほぼわからないため、撤収・・・
整備された記憶にない道を行く
桧原越えへの分岐を過ぎたら直ぐに十五丁地蔵だったような気がする
2016年07月29日 11:54撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備された記憶にない道を行く
桧原越えへの分岐を過ぎたら直ぐに十五丁地蔵だったような気がする
岩湧山が綺麗です
かやとの緑が最高!
2016年07月29日 12:06撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩湧山が綺麗です
かやとの緑が最高!
2
登山道に記憶が無かったが、途中から反対側の山腹を巻いて来たようです
十五丁地蔵
2016年07月29日 12:25撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道に記憶が無かったが、途中から反対側の山腹を巻いて来たようです
十五丁地蔵
千本杉、三十丁地蔵
2016年07月29日 12:55撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千本杉、三十丁地蔵
三国山三角点
2016年07月29日 13:24撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国山三角点
ベンチもあります
2016年07月29日 13:24撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ベンチもあります
舗装林道からそれてショートカット
地図では破線のルート
2016年07月29日 14:01撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装林道からそれてショートカット
地図では破線のルート
予定のルートに合流
堀越、蔵王峠方面を確認
2016年07月29日 14:17撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
予定のルートに合流
堀越、蔵王峠方面を確認
振り返って三国山の電波塔
2016年07月29日 14:19撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って三国山の電波塔
今回のコースで唯一の花
2016年07月29日 14:33撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回のコースで唯一の花
緑が綺麗です
2016年07月29日 14:36撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緑が綺麗です
深タワ?
登山地図には記載がない
2016年07月29日 14:49撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深タワ?
登山地図には記載がない
燈明岳山頂
眺望はありません
2016年07月29日 15:33撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燈明岳山頂
眺望はありません
1
滝畑ダムから岩湧山
2016年07月29日 17:36撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝畑ダムから岩湧山
1
権現山とサルの前栽
2016年07月29日 17:45撮影 by KYV32, KYOCERA
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
権現山とサルの前栽
1
撮影機材:

感想/記録

バースデー登山をしようと思い立ち、自宅近くで行ったことのない燈明岳へ。
自宅発滝畑ダムサイト、塩降トンネル経由で裏槇尾登山口へ。
二時間見ていたが一時間半で到着。
急登を登り始めるが直ぐに足が張る。年とともに、それ以上に体力が落ちて行く、仕方ないのか?
気持ちをきりかえて一歩一歩ゆっくり登ります。
施福寺迄30分を見ていたが25分で到着。
以前なら売店で一休みするところだけど、数年前から売店が無いので、岩湧山の写真だけ撮って出発です。
ダイトレの名板を過ぎて、いざ槇尾山の登り口??
ない!そう、登り口がないのです。
入れなくなってました。仕方ないのでそのままダイトレを進み、途中から桧原越えに入り、そこの分岐から槇尾山を目指しますが、急登で踏み跡もほとんどなく、以前も無理矢理登ったような記憶がありますが、途中で道がなくなり撤収です。
また、コースに復帰し三国山方面へ先を目指します。でも、この道、歩いたが記憶がない。
十五丁地蔵迄来たときやっと見覚えのあるコース。
どうも、山の反対側の巻き路を歩いていたようです。しかし、その後も暫くは記憶にない!
千本杉迄来てやっと見覚えのある道。
ここからはひたすらセメント道。コースタイムより10分ほど早くセメント道が終わって山道に入り斜面を巻くように少し登って三国山の山頂です。
雲も出て、少し暑さがもやわらぎ、昼食です。特に、計画してたわけではないので、ミニおにぎり二個とカップ麺と一番搾り。いつものごとく凍ったビールを持ってきたのでまだ、溶けきっておらず日向に出しておくがなかなか溶けない。
結局昼食に(ビールが溶けるのを待っていたため)三十分かかり、登山道から舗装道に復帰。すぐ、左手の未舗装林道に入り灯明だけを目指します。
暫く歩くと車が通れる林道に合流。堀越、蔵王峠方面と書かれている。しばらく林道脇の登山道を歩く。メインの林道にいくつも複雑に狭い林道や登山道が絡んで正しい(設定した)道を歩いているかわからない。目印のテープも色や張り方が違っている。林業用のテープもありわかりにくい・・・・。と思っているといきなり左手下方からオフロードバイクが・・・。ぶんぶん音がしていたので、林業の方が仕事されてるのかと思っていたが、そうではなかったよう。
それで?気が動揺したかついに、道迷い。しばらくうろうろするがわからないのでメインの林道方面に下る。
一旦メインの林道に下りその先を歩いていくと重機が林道を拡幅整備中。しかし、今まで目印にしてきたテープを見つけその方面に登っていくと「燈明岳」の文字。
一気に急登を登り直ぐに山頂。でも、眺望はありません。
山頂から蔵王峠を目指して下りますが、登山地図上もたくさんの破線ですが、関電道を見つけたのでその道を激下り。道が惚れてしかも粘土質。慎重に?下るが何度も滑って転びかけるがなんとか辛抱。
いきなり激下りが終わり、すこし蔵王峠よりも北側に下りるのかと思っていたが、一気に右(南側)にゆっくりと斜面を巻きながら下っていく。
と、眼下に車道らしきものが、と思っているとダンプカーが・・・。
なんと直ぐ目の下に蔵王峠です。あー、なんとか転ばずに到着。?
計画では南葛城山から五辻を経て岩湧山、急さかの道を下って加賀田へ・・・。
しかし、体力も時間もないため、今日はここまで。
体力のなさを実感した、山歩きでした。
訪問者数:325人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ