ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

記録ID: 942220
全員に公開
沢登り
甲信越

沢登りデビュー(五頭山:大荒川西小倉沢)(山岳会山行)

2016年08月11日(木) [日帰り]
 - 拍手
yama_pound その他4人
体力度
3
日帰りが可能
GPS
11:57
距離
7.7km
登り
878m
下り
884m
歩くペース
ゆっくり
1.51.6
ヤマレコの計画機能「らくルート」の標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率です。

コースタイム

日帰り
山行
11:26
休憩
0:28
合計
11:54
7:08
47
松平山・山葵山登山口
7:55
8:08
514
入渓地点
16:42
16:57
56
17:53
17:53
58
赤安山
18:51
18:51
11
赤安山登山口
19:02
松平山・山葵山登山口
・途中コース上で何回か休憩(食事休憩含む)を取っているので休憩時間はもっとあります。
天候 曇り
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図
アクセス
利用交通機関:
自家用車
車は松平山・山葵山登山口近くの駐車スペースに止めました。
コース状況/
危険箇所等
・沢登りは多くの危険が伴います。
 ソロでの遡行はできるだけ避けましょう。

・西小倉沢は初心者同士で気軽に登れる沢ではないと思います。
 (ロープワークはもちろん、場合によってはハーケンも打ちます。)
松平山・山葵山登山口駐車スペース
2016年08月11日 07:08撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 7:08
松平山・山葵山登山口駐車スペース
松平山・山葵山登山口
2016年08月11日 07:08撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 7:08
松平山・山葵山登山口
ここを右へ
2016年08月11日 07:29撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 7:29
ここを右へ
人が入ってないのか・・・藪化してる
2016年08月11日 07:40撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 7:40
人が入ってないのか・・・藪化してる
草ぼうぼう
2016年08月11日 07:54撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 7:54
草ぼうぼう
入渓ポイント
2016年08月11日 07:56撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 7:56
入渓ポイント
冷たくて気持ちいい♪
2016年08月11日 08:32撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
5
8/11 8:32
冷たくて気持ちいい♪
さて・・・
2016年08月11日 08:35撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 8:35
さて・・・
皆、好きなところから登りますww
2016年08月11日 08:36撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 8:36
皆、好きなところから登りますww
ここからは誰も登らなかったww
2016年08月11日 08:37撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 8:37
ここからは誰も登らなかったww
じゃぶじゃぶ
2016年08月11日 08:43撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 8:43
じゃぶじゃぶ
ここはロープを出しました
2016年08月11日 08:47撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 8:47
ここはロープを出しました
Sさんがフリーで登る
6
Sさんがフリーで登る
プルージックで登る
2016年08月11日 09:02撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 9:02
プルージックで登る
じゃーじゃー
2016年08月11日 09:29撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 9:29
じゃーじゃー
どんどん進みます
2016年08月11日 09:32撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 9:32
どんどん進みます
この後、Sさんの乗っかってた木が折れてドボン
2016年08月11日 09:36撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
4
8/11 9:36
この後、Sさんの乗っかってた木が折れてドボン
ざーざー
2016年08月11日 09:47撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 9:47
ざーざー
ドバドバ
2016年08月11日 10:26撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 10:26
ドバドバ
ひんやり♪
2016年08月11日 10:30撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
4
8/11 10:30
ひんやり♪
勢い
2016年08月11日 10:34撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 10:34
勢い
とことこ
2016年08月11日 10:37撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 10:37
とことこ
てくてく
三十三間滝の入口。
ロープを出してると時間がかかるので、この滝と次の滝は高巻きました
2016年08月11日 10:45撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 10:45
三十三間滝の入口。
ロープを出してると時間がかかるので、この滝と次の滝は高巻きました
三十三間滝の下部はSさんがリードで登りました。
2016年08月11日 11:10撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 11:10
三十三間滝の下部はSさんがリードで登りました。
プルージックで登攀中のKさん
2016年08月11日 11:50撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 11:50
プルージックで登攀中のKさん
三十三間滝の上部はTさんがリードで登りました。
2016年08月11日 12:01撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 12:01
三十三間滝の上部はTさんがリードで登りました。
指をさしながら「Tさんが中間でピッチを切らず一気に登ってますよー」とSさんに言ってる私。
(青の30mロープでは三十三間滝の上部は一気に登ると少し足りない・・・オレンジの40mロープのほうは大丈夫だった。)
9
指をさしながら「Tさんが中間でピッチを切らず一気に登ってますよー」とSさんに言ってる私。
(青の30mロープでは三十三間滝の上部は一気に登ると少し足りない・・・オレンジの40mロープのほうは大丈夫だった。)
三十三間滝の上部の中間点より
2016年08月11日 12:24撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 12:24
三十三間滝の上部の中間点より
ビレイするTさん
2016年08月11日 13:11撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 13:11
ビレイするTさん
ちょろちょろ
2016年08月11日 14:07撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 14:07
ちょろちょろ
どばー
2016年08月11日 14:21撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 14:21
どばー
マイナスイオン♪
2016年08月11日 14:22撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
3
8/11 14:22
マイナスイオン♪
気持ちいい♪
2016年08月11日 14:51撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 14:51
気持ちいい♪
狭い・・・
2016年08月11日 14:59撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 14:59
狭い・・・
ざぁーー
2016年08月11日 15:04撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 15:04
ざぁーー
滑り注意!!
2016年08月11日 15:10撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 15:10
滑り注意!!
余裕で登ってくるクライマーのKさん
2016年08月11日 15:17撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
4
8/11 15:17
余裕で登ってくるクライマーのKさん
尾根に取付くのが早すぎて五ノ峰まで藪漕ぎ(-_-;)
2016年08月11日 15:59撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
2
8/11 15:59
尾根に取付くのが早すぎて五ノ峰まで藪漕ぎ(-_-;)
皆、お疲れ(-_-)
2016年08月11日 15:59撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
1
8/11 15:59
皆、お疲れ(-_-)
ん?
2016年08月11日 16:41撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 16:41
ん?
わーい♪
五ノ峰に到着!!
2016年08月11日 16:42撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
4
8/11 16:42
わーい♪
五ノ峰に到着!!
眺望の無い赤安山を通過
2016年08月11日 17:53撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
8/11 17:53
眺望の無い赤安山を通過
赤安山登山口に下山。
後は車道を歩いて松平山・山葵山登山口駐車スペースへ
2016年08月11日 18:51撮影 by  PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
4
8/11 18:51
赤安山登山口に下山。
後は車道を歩いて松平山・山葵山登山口駐車スペースへ

感想

入会した会の例会で『お盆の小川山のほかにも山の日も会でどこか登ろう!』という意見が出た。
お盆の小川山はパス(行っても登れるところが無いと思うし、ソロで北鎌行く予定なので)
山の日は都合がつくがどこへ行くのか・・・
『夏は沢』ということで五頭の西小倉沢で沢登りに決定した!!
沢登りデビューなので何を揃えればいいか聞いて準備した。

初めての沢登り・・・ドキドキ、ワクワク、Climbing‼


ヾ響
 
・一般登山道を歩くより涼しかった♪
 水の中は冷たかった!!
 
・茶色い苔のついた岩は滑るので要注意!!
 また高巻く際は人に踏まれてない土砂は崩れやすいので注意!!
 その他は快適に歩けました♪

・三十三間滝は迫力があった!
 基本ガバなので難しくなかったが取付き部は滑りやすく少し苦労した。

・メジロアブがいましたが三か所(左足ふくはぎ、右足の甲、背中の腰の部分)しか刺されずにすみました。
 先頭を歩いていたSさんや上下黒服のTさんにメジロアブが集中的に喰らいついていたようです!
 (複数人の場合は生贄がいて助かるww) 

・沢から尾根へと上るタイミングが早すぎて薮漕ぎとなった・・・
 でも、そんなに厳しい藪漕ぎではなかった。


反省

・アプローチシューズは普通の紐なし靴では代用が効かないとわかりました。
 五頭山の下山をなめてました(-_-;)


■道具について

・いろいろ意見はあったが沢靴はフェルトのものにした。
 
・アプローチシューズは値段も高いし普通の紐なし靴でいいや。と思い購入しなかったが、下山時に急斜面で滑りまくり大変だった・・・
 (次回の沢登りまでに購入しようと決意した。)
 
・靴下はネオプレンのものにした。
 沢で水が入ると『水の入ったゴム長靴で歩く』という感覚に近かった。

・スパッツは膝あてがあるものにした。
 お店に行ったらサイズがないと言われ焦ったがネットでポチッとして翌日(山の日の前日)に届き助かったww
 
・ハーネスは新しいものを買ってそれを岩用、アルパイン用とし、古いものを沢用にした。

・ザックはいつもの40リットルを使った。
 濡らしたくない荷物はザック内にいつも入れてる30リットルの防水袋の中に入れた。

・服装は上は普通の長袖シャツ、下はタイツに海パンにした。
 (シャツの乾きが悪いかもしれないので予備の長袖シャツ1枚を携行した。)

・グローブは使わなくなったものを指のところを自分でハサミで切って指ぬきグローブにして使った。

・ヘルメットやその他のものはいつものもので代用した。

お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:3683人

コメント

沢デビュー
おめでとうございます!

見ている分には気持ち良さそうですけど
冷たくないですか?
アブもダメです(>_<)

お疲れ様でした(^^)/
2016/8/17 19:00
Re: 沢デビュー
冷たいですww
でも夏の暑い日にはちょうどいいですよー

アブに刺されても2〜3日我慢すれば治るので・・・我慢ですw
2016/8/18 8:45
いいッスね〜
西小倉沢、良いデスネ〜
面白そうです!!
聞いたところによると三ノ峰に出るとか。
行ってみたいです。
トポないですか?
今度連れて行ってくださいね
2016/8/17 20:17
Re: いいッスね〜
そのまま詰めると三ノ峰に出るのですかね?
上部はたくさん枝があって四ノ峰と五ノ峰の間のコルに出るとか、一ノ峰に出るとか言ってたような・・・
今回は五ノ峰の鐘の左にある水場?への道(紐で行けないようになっているところ)に出るつもりだったようでしたが早く上がってしまったようです(^_^;)

トポはTさんが持ってたなー・・・
今度もらっておきます
2016/8/18 8:53
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートは、まだ登録されていません。

ルートを登録する

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

この記録は登山者向けのシステム ヤマレコ の記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら