ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 761268 全員に公開 ハイキング御在所・鎌ヶ岳

秋色満開・雨乞岳---コクイ谷→杉峠から、帰りはクラ谷経由で

日程 2015年11月07日(土) [日帰り]
メンバー inbnrkinbsj
天候曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武平峠滋賀県側駐車場全部で30台程?路肩にも停まっていました。パトカーも来ていましたが、白線を越えなければ大丈夫のようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間55分
休憩
1時間34分
合計
7時間29分
S武平峠滋賀県側駐車場07:2407:35武平トンネル西登山口07:3708:23クラ谷分岐08:3209:41コクイ谷出合09:4710:33御池鉱山旧跡10:3711:00杉峠11:1111:44雨乞岳12:2612:35東雨乞岳12:3912:55七人山のコル13:0513:54クラ谷分岐13:5814:40武平トンネル西登山口14:4214:53武平峠滋賀県側駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コクイ谷は道迷いが多いということで、赤テープ・赤ペンキなどを見落とさず進むとよい。滑りやすそうな岩も多く転倒などの危険あり。十分慎重に。
その他周辺情報登山後の温泉は、湯の山温泉に多数あり。今回は、麓のアクアイグニス片岡温泉で日帰り入浴した。600円
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

7:29 武平峠から滋賀県側に少し下った所にある駐車場に車を停めて出発!紅葉もいい感じ!期待できそうです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:29 武平峠から滋賀県側に少し下った所にある駐車場に車を停めて出発!紅葉もいい感じ!期待できそうです
6
7:34 武平峠登山口、ポストあります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:34 武平峠登山口、ポストあります
2
紅葉の盛りですネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の盛りですネ
5
7:53 案内板2番です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7:53 案内板2番です
1
黄色の紅葉が多い
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色の紅葉が多い
5
赤やオレンジも
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤やオレンジも
3
様々な色のコントラスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
様々な色のコントラスト
5
8:14 案内板3番、沢谷峠かな?小高い場所で、休憩ポイントになっているようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:14 案内板3番、沢谷峠かな?小高い場所で、休憩ポイントになっているようです
背後には鎌ヶ岳が透けて見えています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背後には鎌ヶ岳が透けて見えています
2
落ち葉も絨毯のようにフカフカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉も絨毯のようにフカフカ
2
静かな秋の一日ですネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
静かな秋の一日ですネ
2
8:29 案内板4番・クラ谷分岐です。左はクラ谷経由で雨乞岳へ、右はコクイ谷。今日はコクイ谷から杉峠を経て雨乞岳に登り、クラ谷からこの場所に戻る周回を考えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8:29 案内板4番・クラ谷分岐です。左はクラ谷経由で雨乞岳へ、右はコクイ谷。今日はコクイ谷から杉峠を経て雨乞岳に登り、クラ谷からこの場所に戻る周回を考えています。
2
コクイ谷は遭難多発!とのこと。「十分な装備と読図力のある熟練者以外は入山を控えてください」だそうです...ハイ、気を引き締めて行ってきます...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コクイ谷は遭難多発!とのこと。「十分な装備と読図力のある熟練者以外は入山を控えてください」だそうです...ハイ、気を引き締めて行ってきます...
1
基本的に沢を下っていきます。黒っぽい岩が滑りやすそう。落ち葉が水面にたまっているところもあり、間違えて踏みそう。慎重に歩を選びます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
基本的に沢を下っていきます。黒っぽい岩が滑りやすそう。落ち葉が水面にたまっているところもあり、間違えて踏みそう。慎重に歩を選びます。
4
沢谷の出会い、左手の方から来ました。美しい渓谷です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢谷の出会い、左手の方から来ました。美しい渓谷です
1
水の流れも綺麗!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の流れも綺麗!
1
岩をロープを使って乗り越える!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩をロープを使って乗り越える!
5
何度も渡渉します。足元を確認しながら慎重に
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も渡渉します。足元を確認しながら慎重に
6
9:35 沢下りも一段落したようで、現在地を地図ロイドで確認中
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:35 沢下りも一段落したようで、現在地を地図ロイドで確認中
6
落ち葉も美しい!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉も美しい!
4
9:46 コクイ谷出会いに着きました!フーッ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:46 コクイ谷出会いに着きました!フーッ
2
神埼川(愛知川)の流れ、下流方向を見る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神埼川(愛知川)の流れ、下流方向を見る
7
上流に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流に向かいます
2
9:52 千草(千種)街道、杉峠に向かいます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:52 千草(千種)街道、杉峠に向かいます
1
いい雰囲気ですネ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい雰囲気ですネ〜
1
水の流れも綺麗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の流れも綺麗
3
秋色に包まれて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋色に包まれて
1
9:58 少し開けた場所に出ました。山肌の紅葉が素敵!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9:58 少し開けた場所に出ました。山肌の紅葉が素敵!
2
10:01 ここで渡渉して、沢から少し離れます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:01 ここで渡渉して、沢から少し離れます
紅葉の森の中を進む
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の森の中を進む
1
体まで秋色に染まっていく...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体まで秋色に染まっていく...
4
紅葉の中、緑の葉も映えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紅葉の中、緑の葉も映えます
1
前方には、団体さんがいるようですね
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前方には、団体さんがいるようですね
1
左に見える山は七人山かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左に見える山は七人山かな?
1
写真撮るのが忙しくてなかなか追いつかないよ〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真撮るのが忙しくてなかなか追いつかないよ〜
4
鮮やかな赤!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鮮やかな赤!
7
やわらかな光を浴びて
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やわらかな光を浴びて
1
たまりません!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たまりません!!
2
10:32 御池鉱山旧跡、菰野町の団体さんが休んでいました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:32 御池鉱山旧跡、菰野町の団体さんが休んでいました
神社跡、石の階段があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神社跡、石の階段があります
1
住居跡でしょうか?石垣があります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住居跡でしょうか?石垣があります
1
11:02 杉峠はすぐそこ。菰野の団体さんと一緒に到着です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:02 杉峠はすぐそこ。菰野の団体さんと一緒に到着です
2
振り返って、左手の山はイブネ、クラシかな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って、左手の山はイブネ、クラシかな?
1
11:05 杉峠到着!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:05 杉峠到着!!
9
雨乞岳に向かってここから急登ですネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳に向かってここから急登ですネ
11:10 菰野の団体さんはここで昼食休憩のようです。私たちは先を急ぎます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:10 菰野の団体さんはここで昼食休憩のようです。私たちは先を急ぎます
2
急登を一気に登ると
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登を一気に登ると
ススキの原に出ました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ススキの原に出ました
5
目指す雨乞岳にはまだいくつかピークを越えていくようです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す雨乞岳にはまだいくつかピークを越えていくようです
2
天空の回廊です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天空の回廊です
6
東雨乞岳の優美な姿
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳の優美な姿
2
タツナミソウ?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タツナミソウ?
1
ちょっと風が出てきたのでウインドブレーカを羽織って笹原の最後の急登をこなすと...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと風が出てきたのでウインドブレーカを羽織って笹原の最後の急登をこなすと...
11:44 雨乞岳山頂ですネ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:44 雨乞岳山頂ですネ!
1
横には山名の由来ともなった雨乞の池
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横には山名の由来ともなった雨乞の池
1
三角点タッチ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
3
待ちに待った昼食。今日はポットに温かいおでんを仕込んできました。アルファ米の赤飯とわかめご飯は御池鉱山旧跡でお湯を入れて仕込みましたが、ちょっと早すぎたかな?杉峠辺りが良かったかも...
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
待ちに待った昼食。今日はポットに温かいおでんを仕込んできました。アルファ米の赤飯とわかめご飯は御池鉱山旧跡でお湯を入れて仕込みましたが、ちょっと早すぎたかな?杉峠辺りが良かったかも...
11
左、御在所岳、右鎌ヶ岳から鎌尾根、真ん中は雲母峰
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左、御在所岳、右鎌ヶ岳から鎌尾根、真ん中は雲母峰
3
鎌尾根から伸びる稜線の先に宮指路岳、仙ヶ岳、奥は雲に見え隠れして野登山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌尾根から伸びる稜線の先に宮指路岳、仙ヶ岳、奥は雲に見え隠れして野登山
4
12:27 東雨乞岳への稜線を通ってさあ、下山です。その奥に見えてるのは国見岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:27 東雨乞岳への稜線を通ってさあ、下山です。その奥に見えてるのは国見岳
4
12:36 東雨乞岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:36 東雨乞岳
14
手前にこれから下りていく七人山、右手御在所岳、その左が国見岳、奥の雲がかぶっているのが釈迦ヶ岳かな?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前にこれから下りていく七人山、右手御在所岳、その左が国見岳、奥の雲がかぶっているのが釈迦ヶ岳かな?
1
12:41 笹原を下りていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:41 笹原を下りていきます
3
木々はすでに葉っぱを落として冬支度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々はすでに葉っぱを落として冬支度
案内板7番、七人山のコル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板7番、七人山のコル
おっと、ここでリコーダーコンサートです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっと、ここでリコーダーコンサートです
5
帰りはクラ谷コースで
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはクラ谷コースで
1
こちらもそれなりに紅葉
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらもそれなりに紅葉
1
やはり綺麗ですネェ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やはり綺麗ですネェ
6
歩きやすい道です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きやすい道です
1
秋の色に包み込まれています
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の色に包み込まれています
5
いい色ですネ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい色ですネ
2
13:58 クラ谷分岐に戻ってきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:58 クラ谷分岐に戻ってきました
3
14:47 駐車場に戻ってきました。お疲れ様!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:47 駐車場に戻ってきました。お疲れ様!!
4

感想/記録
by inbsj

 鈴鹿の紅葉第4弾は雨乞岳。雨乞岳は、鈴鹿セブンマウンテンズの完全制覇を記念して、3年前、ヤマレコに初投稿した場所。その時、帰りのクラ谷分岐で出会った2人が、コクイ谷は難しいがコクイ谷、神崎川の渓谷の素晴らしさを語っていて、「もう少し実力と経験をつんで次回は是非コクイ谷のほうにも行ってみたい」と記している。今回は妻が母の病院での介護が午後5時からでよいので、登山後の温泉含めて行って来れそう。
 鈴鹿スカイラインを含めて、紅葉は山腹に移ってきているようだ。登山口辺りでも紅葉は盛りのようで、なかなか期待を持てる。クラ谷分岐までの1時間、植林帯を抜けると、雑木林の紅葉、シロモジやカエデなどであろうか黄色が主力だが、オレンジや赤そしてまだ緑の葉も混じってなかなか見応えがある。
 そしてクラ谷分岐を過ぎると、いよいよコクイ谷!看板にも「熟練者以外は入山を控えてください」(!)とあって、不安もあるが、地図や地図ロイドとルートのログを入れたタブレットも準備してあり、目印も逃すまいと気合を入れて挑むこととした。確かに迷いそうなところや、何処を行っていいのか分からないような所もあったが、何とか二人で赤テープなどを探しながらたどることが出来た。上流から下流に向かったのも良かったようだ。一度、河原から行く道が少し危なそうなので、妻には山の方から行く道もありそうなので別々に行って合流しようとしたことがあったが、上下がどんどん離れていってしまいそうになりドタバタしたこともあった。基本、知らない所では別行動は危険!かな。
 コクイ谷出会いからは、神埼川(愛知川)沿いの千草(千種)街道、ここからの紅葉が素晴らしかった!渓流沿いの紅葉も風情あり!今盛りの山腹に入っての紅葉はまた格別。秋色にすっぽり包まれて、体の隅々まで染まっていくようだ。落葉も始まっていてハラハラ落ちてくる葉もある。登山道に絨毯のようにフカフカと落葉した葉が敷かれているのも気持ち良い。木々を通して背景に七人山や東雨乞岳なども見え隠れしたりする。
 杉峠からの急登をこなすと見晴らしが良くなり、笹原の広がる山頂部になる。いくつかのピークを越え雨乞岳・東雨乞岳と稜線上を周りの山々の景色を堪能できるのも、この雨乞岳の魅力の一つかな?
 気が付けば、これで鈴鹿セブンマウンテンズを今年だけで、もう6座目となった。これは是非年内でセブンマウンテンズの制覇を成し遂げなければ...では次は釈迦ヶ岳かな?
訪問者数:420人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ