ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 771535 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山(三条の湯泊、丹波山村村営駐車場から周回)

日程 2015年11月27日(金) 〜 2015年11月28日(土)
メンバー CEIwombat0619
天候27日 快晴、風強し
28日 快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
in圏央道青梅インターチェンジ65分
out中央道勝沼インターチェンジ70分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち68%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間5分
休憩
30分
合計
7時間35分
S丹波山村村営駐車場07:4009:10堂所10:10七ツ石小屋10:3010:55七ツ石山11:0011:40奥多摩小屋12:10小雲取山12:30雲取山避難小屋12:40雲取山12:4513:20三条ダルミ15:15三条の湯
2日目
山行
3時間0分
休憩
0分
合計
3時間0分
三条の湯07:0507:30後山川林道終点(青岩谷出会い)08:20塩沢橋08:50片倉橋09:25お祭バス停09:35所畑バス停10:05丹波山村村営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2015年11月の天気図 [pdf]

写真

丹波山村村営駐車場。金曜日の朝7時30分で3台。
所畑から狭い道を上がっていきます。
鴨沢からの道は通行止めです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波山村村営駐車場。金曜日の朝7時30分で3台。
所畑から狭い道を上がっていきます。
鴨沢からの道は通行止めです。
2
最初は舗装路。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は舗装路。
5分ほどで登山道入口。5〜6台停められます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5分ほどで登山道入口。5〜6台停められます。
タバスキー君と東京マラソンの焼き印付きの道標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タバスキー君と東京マラソンの焼き印付きの道標。
杉の植林帯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉の植林帯。
標高1,150メートル地点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高1,150メートル地点。
少しだけ残った紅葉と快晴の青空。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ残った紅葉と快晴の青空。
冠雪した富士山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冠雪した富士山。
2
巣箱。たくさん設置されてました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巣箱。たくさん設置されてました。
マムシ岩。左右に分岐する登山道を左へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシ岩。左右に分岐する登山道を左へ。
道端に雪が残っています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道端に雪が残っています。
1
七ツ石小屋下分岐。左は巻き道、右が小屋と七ツ石山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋下分岐。左は巻き道、右が小屋と七ツ石山。
1
七ツ石小屋。たくさんの薪。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋。たくさんの薪。
素泊まり4,000円、テント泊1名500円。トイレ、水場あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素泊まり4,000円、テント泊1名500円。トイレ、水場あり。
七ツ石小屋のベンチで昼食。
10時すぎですが、風が強いので早めに。
古里のセブンイレブンで買ってきたおにぎり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋のベンチで昼食。
10時すぎですが、風が強いので早めに。
古里のセブンイレブンで買ってきたおにぎり。
1
石尾根縦走路に合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根縦走路に合流。
鷹ノ巣山方面の石尾根。
雪の道が続いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山方面の石尾根。
雪の道が続いています。
七ツ石山の山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山の山頂。
七ツ石山からブナ坂への下り。
北向き斜面なので雪が多く残ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七ツ石山からブナ坂への下り。
北向き斜面なので雪が多く残ります。
飛龍山、三ツ山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山、三ツ山。
1
ブナ坂。巻き道と合流。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナ坂。巻き道と合流。
防火帯の尾根歩き。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防火帯の尾根歩き。
1
奥多摩小屋。薪割り中でした。トイレ、水場あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥多摩小屋。薪割り中でした。トイレ、水場あり。
2
ヨモギノ頭を巻きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨモギノ頭を巻きます。
小雲取山への登り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小雲取山への登り。
1
富田新道分岐。小雲取山の山頂直下。
山頂に向かう足跡はありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富田新道分岐。小雲取山の山頂直下。
山頂に向かう足跡はありませんでした。
雲取山への最後の尾根。
避難小屋の赤い屋根が見えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山への最後の尾根。
避難小屋の赤い屋根が見えています。
3
山頂の直下。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の直下。
1
雲取山避難小屋。トイレあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山避難小屋。トイレあり。
2
避難小屋にある山頂の案内図。小屋の少し先に山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋にある山頂の案内図。小屋の少し先に山頂。
1
山梨県の山名標。小屋のそばにあります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山梨県の山名標。小屋のそばにあります。
3
埼玉県の山名標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
埼玉県の山名標。
5
東京都の山名標。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京都の山名標。
3
一等三角点。風が強いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一等三角点。風が強いです。
1
飛龍山、三ツ山と奥に甲武信ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛龍山、三ツ山と奥に甲武信ヶ岳。
1
富士山には雲がかかってきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山には雲がかかってきました。
山頂から避難小屋。雪はうっすら積もってます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から避難小屋。雪はうっすら積もってます。
1
三条ダルミへの下り。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条ダルミへの下り。
1
雪も残ります。午後のためか凍結はなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪も残ります。午後のためか凍結はなし。
三条ダルミ。雲取山の巻き道、雲取山荘へは通行禁止。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条ダルミ。雲取山の巻き道、雲取山荘へは通行禁止。
三条ダルミ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条ダルミ。
三条の湯へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の湯へ下ります。
尾根の中腹で、陽が射さずに雪が残ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根の中腹で、陽が射さずに雪が残ります。
狭いところに橋も設置されています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
狭いところに橋も設置されています。
ヨモギ尾根。西側。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヨモギ尾根。西側。
落ち葉が積もる道。標高が下がると雪がなくなります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ち葉が積もる道。標高が下がると雪がなくなります。
谷底に三条の湯の赤い屋根。白い煙がたなびきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷底に三条の湯の赤い屋根。白い煙がたなびきます。
三条の湯の源泉。左側の石で囲まれたところに自噴してます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の湯の源泉。左側の石で囲まれたところに自噴してます。
三条の湯に到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三条の湯に到着。
4
宿泊者受付。1泊2食8,200円。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿泊者受付。1泊2食8,200円。
3
背負ってきた缶ビールとおつまみで乾杯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背負ってきた缶ビールとおつまみで乾杯。
4
薪ストーブが焚かれています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薪ストーブが焚かれています。
4
夕食は17時30分から。
天ぷら、おでん、鹿肉のローストビーフなど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は17時30分から。
天ぷら、おでん、鹿肉のローストビーフなど。
5
大部屋。宿泊は4人でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大部屋。宿泊は4人でした。
2
入浴は男女1時間ごとの交代制。混雑時は男女別に2つのお風呂となります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
入浴は男女1時間ごとの交代制。混雑時は男女別に2つのお風呂となります。
2
湯船。暖まります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯船。暖まります。
5
朝食は5時30分から。焼鮭、生卵、栄養ドリンクなど。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝食は5時30分から。焼鮭、生卵、栄養ドリンクなど。
5
谷にあるので6時過ぎでもまだ暗い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷にあるので6時過ぎでもまだ暗い。
2
テント場の自炊場と水力発電所。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の自炊場と水力発電所。
2
沢筋。源泉をホースで引いています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢筋。源泉をホースで引いています。
見上げる三条の湯。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げる三条の湯。
1
沢に沿って下ります。歩きやすい道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に沿って下ります。歩きやすい道。
後山林道の終点に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後山林道の終点に出ます。
塩沢橋。ヨモギ尾根への分岐。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塩沢橋。ヨモギ尾根への分岐。
ジオ沢@塩沢橋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジオ沢@塩沢橋。
片倉橋。一般車はここまで。数台の駐車スペースあり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
片倉橋。一般車はここまで。数台の駐車スペースあり。
国道411号青梅街道に出ます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国道411号青梅街道に出ます。
後山林道の起点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後山林道の起点。
お祭バス停。バスは平日4本、土日祝5本。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お祭バス停。バスは平日4本、土日祝5本。
バス停1つ分青梅街道を歩いて、所畑の集落。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停1つ分青梅街道を歩いて、所畑の集落。
所畑バス停。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所畑バス停。
所畑バス停から駐車場まで車道を30分上がります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
所畑バス停から駐車場まで車道を30分上がります。
丹波山村村営駐車場に戻りました。
土曜日の朝10時すぎ、満車。手前の路肩にも駐車あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹波山村村営駐車場に戻りました。
土曜日の朝10時すぎ、満車。手前の路肩にも駐車あり。
2

感想/記録
by CEI

■アプローチ
圏央道青梅インターチェンジから国道411号青梅街道を辿って65分。
古里のセブンイレブンで、昼食のおにぎりとビールを買い込みます。

奥多摩湖のほとりを進み、鴨沢を過ぎ、所畑バス停で右に上がる道へ。
狭い道を折り返しながら上がり、T字路で右に曲がると丹波山村村営駐車場。
30台ほどの広さ。金曜日7時すぎで3台だけ。余裕で停めることができました。

■七ツ石山
駐車場から5分ほどで登山口。
登山口にも4台ほどの駐車スペースあり。
淡々と上がっていきます。
きつさはないが、眺望なく長く単調。
登り尾根の東斜面の中腹を歩いていきます。
沢ははるかに下。杉並木の中、廃屋や耕作地を辿ります。

七ツ石山までに左手に小さな看板がある水場があって、堂所に道標があります。
少しずつ樹林帯が薄くなってくると、正面に石灰石のかたまり。
これがマムシ岩で、左右に道は分かれますが、どちらでも七ツ石に行けます。

左に進むと、路端に雪が残ります。
巻き道を左に分け右に上がると、七ツ石小屋に到着。
素泊まり4,000円で、小屋番さんがいらっしゃいました。
小屋のベンチで休憩。水場、トイレあり。
風が強いので、10時過ぎで早いのですが、おにぎりをいただきます。

■雲取山
石尾根に上がるとすぐに七ツ石山の山頂。
七ツ石山からブナ坂への下りは北斜面で、雪が薄く積もっています。
凍結していないので、アイゼンやチェーンなしでも問題なく歩けました。

ブナ坂からは広々とした防火帯の尾根。
正面に、これから向かう雲取山の避難小屋の赤い屋根が見えます。
左手には飛龍山の美しい稜線。
後ろには大菩薩嶺と富士山がクリアに見えました。

奥多摩小屋には水場とトイレあり。大勢で薪割りをしていました。
石尾根のヘリポートには、何度もヘリコプターが離発着していました。

ヨモギノ頭を巻き、右側に折れ100メートルほど急登を上がって小雲取山。
富田新道との合流地点の上に山頂があるようですが、トレースが見当たらず、そのまま雲取山に進みます。

すぐ目の前に雲取山避難小屋の赤い屋根が見えます。
雪で白くなった防火帯を上がって、雲取山の山頂に出ます。
避難小屋近くにはトイレあり。
山梨県、埼玉県、東京都の3都県境で、それぞれの山名標が立っています。
西側に大きく展望があり、白石山の大きな山塊と、奥に甲武信が見えました。
ただ、山頂は風が強く、長くとどまるのはつらいです。

■三条ダルミ
雲取山から三条ダルミへ下ります。
雪が多くなってきますが、歩きにくさはありません。
25分ほどで三条ダルミ。雲取山荘への巻き道は通行止めでした。

飛龍山への縦走路と分かれ、さらに下りていきます。
尾根の中腹を辿る狭い道。ところどころに橋が架かっています。
沢を越えるため、迂回するので歩く距離が長くなります。

2時間弱の下りをこなすと、ついに赤い屋根が眼下に見えてきます。
源泉地をすぎて、15時15分に三条の湯に到着。
予約の際、16時までには着くようにいわれていましたが、その前に着きました。

■三条の湯
早速受付してもらいます。1泊2食8,200円。
大部屋では薪ストーブが焚かれています。
お風呂は1時間おきの男女交代制。
暖かく、しっとりとした肌触りの透明のお湯。
混雑時は2つ沸かして、男女別になるとのこと。

夕食は17時30分から。泊まりは4人でした。
天ぷら、おでん、鹿肉のローストビーフなど。
お櫃で出されたお米がたくさんで、食べても食べても減りませんでした。

夕食後、もう1回にお風呂に入ります。
消灯は21時ですが、皆さん寝るのが早く、19時30分に自主消灯しました。
30畳弱の大部屋に4人だけで、快適でした。

■後山林道
朝食は5時30分から。焼鮭、生卵、煮豆など。
栄養ドリンクが出たのは珍しいです。

出発は7時。三条の湯から渓谷沿いに下ります。
キャタピラで荷揚げする道で、歩きやすいです。

後山林道に出ると、クルマも通る道なので、さらに歩きやすくなります。
塩沢橋、片倉橋を通っていきます。
後山川の沢がきれいで、長い歩きですが、それほど飽きません。

国道411号青梅街道に出ると、お祭のバス停。
次の所畑バス停まで国道を歩き、丹波山村村営駐車場に向かって上がります。
急な登りなので、最後に地味につらかったです。

駐車場は土曜日の10時すぎで、満車。
手前の路肩にも停まっていました。

■まとめ
2日とも好天に恵まれました。三条の湯も空いていて、快適でした。
1日目の行程は7時間35分。うち休憩は30分。26,000歩。
2日目の行程は3時間。休憩はなし。24,000歩でした。
訪問者数:425人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ