ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 775373 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走丹沢

塔ノ岳〜大山〜弘法山

日程 2015年12月06日(日) [日帰り]
メンバー satoyamazama3776
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
弘法山駐車場に1台駐車(無料)したのち、もう1台で大倉の駐車場(1日800円)に向いました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
38分
合計
7時間48分
S大倉0合目登山口06:0906:23観音茶屋06:33雑事場ノ平06:56駒止茶屋07:02堀山07:05堀山の家07:0607:17天神尾根分岐07:29花立山荘07:35花立07:47塔ノ岳07:5808:10木ノ又大日08:17新大日茶屋08:1808:25書策新道分岐08:29政次郎ノ頭08:3008:39行者ヶ岳08:50烏尾山09:05三ノ塔地蔵菩薩09:17三ノ塔09:2209:31二ノ塔10:20ヤビツ峠10:58本坂追分11:04大山11:1011:23本坂追分11:54阿夫利神社下社11:5912:17蓑毛越12:25百合ノ台12:40千畳敷山12:48不動越(イヨリ峠)13:02高取山13:0513:28念仏山13:33浅間山(名古木浅間山・善波山・ボンテン)13:38善波峠13:4113:51弘法山13:5313:57弘法山第1駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
コース中に凍結箇所はありませんでした。
泥濘も気になるほどの箇所はなく、ラッキーでした。
表参道合流点〜大山山頂(阿夫利神社)〜阿夫利神社下社は大賑わい。
浅間山へは尾根筋のコースへ進むはずでしたが、下社へ下ってしまったため、石段に膝が悲鳴を上げるは、距離も時間も長くなってしまうはでへろへろになりました。
分岐は蓑毛の道標に進むのが正解です。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

久しぶりのロング、気をつけていこうね♪それではいざ出発!(z)
塔ノ岳まではタイムアタック!
自分の今の立ち位置を確認するために(s)
2015年12月06日 06:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
久しぶりのロング、気をつけていこうね♪それではいざ出発!(z)
塔ノ岳まではタイムアタック!
自分の今の立ち位置を確認するために(s)
6
朝日がお出まし♪(z)
今日はぽかぽか陽気。
お腹は重いけど、気分は上々♪(s)
2015年12月06日 06:41撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日がお出まし♪(z)
今日はぽかぽか陽気。
お腹は重いけど、気分は上々♪(s)
2
朝日が紅葉を照らしています。(z)
下の方は紅葉がいい感じでした。
すまん、写真より実際はもっときれいだった(笑)(s)
2015年12月06日 06:42撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日が紅葉を照らしています。(z)
下の方は紅葉がいい感じでした。
すまん、写真より実際はもっときれいだった(笑)(s)
5
燃えちゃうよ〜(z)
闘志が?(笑)(s)
2015年12月06日 06:43撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燃えちゃうよ〜(z)
闘志が?(笑)(s)
5
花立山荘到着!順調です(z)
堀山の家の辺りでは、zamaさんが見えなくなるほど引き離したたのに、花立山荘への登りで逆にzamaさんにぶっちぎられた!(s)
2015年12月06日 07:29撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘到着!順調です(z)
堀山の家の辺りでは、zamaさんが見えなくなるほど引き離したたのに、花立山荘への登りで逆にzamaさんにぶっちぎられた!(s)
1
おっ!尊仏山荘が見えました。(z)
閑散としてるね(s)
2015年12月06日 07:46撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おっ!尊仏山荘が見えました。(z)
閑散としてるね(s)
2
山頂に1時間38分で到着!(z)
zamaさん、初大倉尾根でしょ!
走らないでこの速さ! 何歳だっけ(笑)(s)
2015年12月06日 07:47撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に1時間38分で到着!(z)
zamaさん、初大倉尾根でしょ!
走らないでこの速さ! 何歳だっけ(笑)(s)
11
相模湾もきれいだね(z)
房総半島まで見えたね(s)
2015年12月06日 07:49撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
相模湾もきれいだね(z)
房総半島まで見えたね(s)
3
zamaさんに2分遅れだけど、1時間40分で登れて大満足!
zamaさん効果で2年前より10分短縮できた(s)
年は重ねるが、タイムは短くなるこの反比例スゴすぎ(@_@)(z)
5年前は3時間かかっていたから進歩したもんだ♪(s)
2015年12月06日 07:49撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
zamaさんに2分遅れだけど、1時間40分で登れて大満足!
zamaさん効果で2年前より10分短縮できた(s)
年は重ねるが、タイムは短くなるこの反比例スゴすぎ(@_@)(z)
5年前は3時間かかっていたから進歩したもんだ♪(s)
9
富士山もようやく冬の装い(s)
富士山は雪を被ると一段と引き立ちますね♪(z)
2015年12月06日 07:50撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山もようやく冬の装い(s)
富士山は雪を被ると一段と引き立ちますね♪(z)
11
やったねー!タイムも上々、景色も最高♪(s)
バンザイ♪(z)
2015年12月06日 07:51撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やったねー!タイムも上々、景色も最高♪(s)
バンザイ♪(z)
15
江の島も三浦半島も房総半島も見えました(s)
やはり冬の空気が澄んだときの景色は最高だね♪(z)
2015年12月06日 07:52撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
江の島も三浦半島も房総半島も見えました(s)
やはり冬の空気が澄んだときの景色は最高だね♪(z)
6
これから向う大山(s)
大山、待ってろよ〜(z)
2015年12月06日 07:52撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向う大山(s)
大山、待ってろよ〜(z)
2
写真に夢中でーす(z)
ここまで写真を撮る余裕がなかったもんで(汗)(s)
2015年12月06日 07:54撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真に夢中でーす(z)
ここまで写真を撮る余裕がなかったもんで(汗)(s)
4
新大日茶屋通過!(z)
2015年12月06日 08:18撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日茶屋通過!(z)
1
右三ノ塔と左大山(s)
この表尾根は足に堪えたね(z)
2015年12月06日 08:18撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右三ノ塔と左大山(s)
この表尾根は足に堪えたね(z)
1
細かなアップダウンが続く表尾根。地味に堪えます(s)
ほんと参っちゃうね(@_@)(z)
2015年12月06日 08:19撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細かなアップダウンが続く表尾根。地味に堪えます(s)
ほんと参っちゃうね(@_@)(z)
1
軽快に登っているsatoさん(z)
この辺まではまだ余力があったから(s)
2015年12月06日 08:33撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽快に登っているsatoさん(z)
この辺まではまだ余力があったから(s)
5
zamaさん、相変わらず絶好調(s)
satoさんの後ろからのプレッシャーに押されてだよ〜(^_^)v(z)
2015年12月06日 08:33撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
zamaさん、相変わらず絶好調(s)
satoさんの後ろからのプレッシャーに押されてだよ〜(^_^)v(z)
4
富士山見るとつい写真に夢中になっちゃうよね(^_^) (z)
いつでもどこでも富士山は絵になる(s)
2015年12月06日 08:46撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山見るとつい写真に夢中になっちゃうよね(^_^) (z)
いつでもどこでも富士山は絵になる(s)
3
satoさんと富士山!satoさんと登るときはほぼ100%顔を出しているね(^_^)v(z)
ほんと、zamaさんとの山行は富士山率高いよ(s)
2015年12月06日 08:49撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
satoさんと富士山!satoさんと登るときはほぼ100%顔を出しているね(^_^)v(z)
ほんと、zamaさんとの山行は富士山率高いよ(s)
5
南アもよく見えました(s)
今頃、烏帽子岳で絶景を味わっている人もいるんだろーな(^_^)v
(z)
2015年12月06日 09:09撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アもよく見えました(s)
今頃、烏帽子岳で絶景を味わっている人もいるんだろーな(^_^)v
(z)
8
一旦ヤビツ峠まで下ってからあの大山か(s)
ここが何気にきつかったね(z)
2015年12月06日 09:20撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦ヤビツ峠まで下ってからあの大山か(s)
ここが何気にきつかったね(z)
1
だいぶ霞んできちゃったけど、ついつい撮ってします(s)
霞んでもいい感じ♪(z)
2015年12月06日 09:20撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ霞んできちゃったけど、ついつい撮ってします(s)
霞んでもいい感じ♪(z)
5
三ノ塔から塔ノ岳を振り返る(s)
この稜線いいね♪(z)
2015年12月06日 09:20撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ノ塔から塔ノ岳を振り返る(s)
この稜線いいね♪(z)
3
県道に出る直前にトイレがあります(s)
2015年12月06日 10:01撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
県道に出る直前にトイレがあります(s)
1
ヤビツ峠の駐車場は満車でした(z)
舗装路歩きでしたが、表尾根に比べれば楽勝です(s)
2015年12月06日 10:18撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤビツ峠の駐車場は満車でした(z)
舗装路歩きでしたが、表尾根に比べれば楽勝です(s)
1
大山に向けて出発!(z)
本来ヤビツ駐車場からは楽勝な道なんだけど、疲労の蓄積があり、堪えました(s)
2015年12月06日 10:20撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山に向けて出発!(z)
本来ヤビツ駐車場からは楽勝な道なんだけど、疲労の蓄積があり、堪えました(s)
2
山頂標の周りは大賑わいなので、スルー(s)
大山山頂に到着!人人人でした(?_?)(z)
2015年12月06日 11:06撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標の周りは大賑わいなので、スルー(s)
大山山頂に到着!人人人でした(?_?)(z)
2
大山山頂からこれから向う弘法山までの山々(s)
どひゃー、長っ(@_@)(z)
2015年12月06日 11:08撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山山頂からこれから向う弘法山までの山々(s)
どひゃー、長っ(@_@)(z)
5
大山阿夫利神社からの富士山(s)
大勢の人はこれを目当てに大山にのぼるんだろーな(z)
2015年12月06日 11:08撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山阿夫利神社からの富士山(s)
大勢の人はこれを目当てに大山にのぼるんだろーな(z)
2
こちらは下社。浅間山までの尾根筋のコースを行き損ね山頂から下社まで下ってしまい、体力も時間も大きくロス(汗)(s)
予定外の下社でも、自分は初だったので嬉しい誤算でーす♪(z)
2015年12月06日 11:55撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは下社。浅間山までの尾根筋のコースを行き損ね山頂から下社まで下ってしまい、体力も時間も大きくロス(汗)(s)
予定外の下社でも、自分は初だったので嬉しい誤算でーす♪(z)
1
この道は大山古道って言うんだ(z)
大山の石段を登るよりいい道(s)
2015年12月06日 12:47撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この道は大山古道って言うんだ(z)
大山の石段を登るよりいい道(s)
1
まだ4kmもあるの(?_?) この足では辛いでーす(z)
下社への石段の下りで膝がやられたからね(s)
2015年12月06日 13:02撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ4kmもあるの(?_?) この足では辛いでーす(z)
下社への石段の下りで膝がやられたからね(s)
1
標高低いですが、もうへとへとでーす(T_T)(z)
でも、ここから弘法山までは歩きやすい道で息を吹き返し、かっ飛ばしたね(s)
2015年12月06日 13:03撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高低いですが、もうへとへとでーす(T_T)(z)
でも、ここから弘法山までは歩きやすい道で息を吹き返し、かっ飛ばしたね(s)
2
そしてゴールの弘法山へ到着。ミスコースを勘案すれば、予定通りのタイムでなんとか到着できました(s)
さすが〜、完璧な計画だね♪(z)
2015年12月06日 13:50撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてゴールの弘法山へ到着。ミスコースを勘案すれば、予定通りのタイムでなんとか到着できました(s)
さすが〜、完璧な計画だね♪(z)
2
弘法山山頂到着!長かったでーす(?_?)(z)
塔ノ岳までぶっ飛ばしたのが響いて、想定以上にきつかった!(s)
2015年12月06日 13:51撮影 by DSC-HX5V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法山山頂到着!長かったでーす(?_?)(z)
塔ノ岳までぶっ飛ばしたのが響いて、想定以上にきつかった!(s)
3
弘法山第1駐車場に無事戻ってきました(s)
2015年12月06日 13:56撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
弘法山第1駐車場に無事戻ってきました(s)
1
駐車場からのイチョウの黄葉が鮮やかでした(s)
下は紅葉真っ盛りでした(z)
2015年12月06日 13:57撮影 by Canon IXY 620F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
駐車場からのイチョウの黄葉が鮮やかでした(s)
下は紅葉真っ盛りでした(z)
8

感想/記録

塔ノ岳までタイムアタック!
あとは、流して。

タイムアタックは2年前より10分短縮できて大満足。
堀山の家から先のタイムの落ち込みを最小限に抑えられた結果か?
今の鈍ったカラダからすれば上々の出来。

あとは流してという目論みは、塔ノ岳までの飛ばし過ぎが尾を引いて、大山の登りですでにへろへろ状態。
さらに浅間山へ尾根筋のコースを進むはずが、大賑わいの表参道で下社へ下るというミスコースが膝に追い打ちをかけてしまいました。
だけど、本来のルートに復帰してからは、歩きやすい道となり、息を吹き返して何とか予定通りのタイムで弘法山まで無事辿り着くことができました。

今回は久々のロングで、想定以上に足が悲鳴を上げました。
やはりコツコツ登ってないとダメですね。
このところ体調的にも精神的にもスランプ気味でしたが、思いの外やれることが体感できたのは、素直にうれしく思います。
同い年のzamaさんに、ガンガン登る姿を見せつけられ、またまたよい刺激を受けました。
来年も、老体にムチ打って、もうひと頑張りしまーす!

感想/記録

久しぶりのsatoさんとのロング♪
当日は嬉しくて早く目が覚めてしまいました(^_^)v
待ち合わせの場所に行くともうsatoさんは到着済み(@_@)
聞くとsatoさんも早く目が覚めたので早めの出発だったそうです。
1台をデポして大倉に向かいました。
準備をして早速出発!少し歩いてデポした車のカギを置いてきたことに気づいて戻りました。痛恨のミスm(__)m 
とにかく今回の目的は塔ノ岳までを1時間40分台で登ること。それでも久しぶりのロングなので最初は抑えて歩きました。途中重い体に鞭打って二人で頑張ってなんと夢の1時間30分台\(^o^)/これには二人も大満足♪塔ノ岳で少し休憩を取って次の大山に向かいました。この大山が思った以上に手強かったです(人の多さと不規則な石段、それに痛恨のルートミス)なんとか、正規のルートに戻ってからは順調でした。(距離が長すぎたかな)
そして駐車時着くともう膝や足裏が痛くて痛くて(T_T)
でも、久しぶりのsatoさんとのロングとても楽しく満足のいくものでした。
satoさんありがとう(^_^)v
訪問者数:546人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/7/15
投稿数: 1150
2015/12/7 21:41
 富士山きれいでしたよね〜(^_-)
satoさん、zamaさん、こんばんわ〜!
久しぶりにお二人のレコが拝見できて嬉しいです
丹沢は人気のお山ですね
富士山も最高ですが、駿河湾や房総半島まで見えるんですね
きれいだなあ〜。。
ロングコースをサクサクって歩かれている様子
とても精神や体調がスランプだったり、前々日も山に登られたばかりとは思えないですよ〜(^_-)

私は南アから富士山に向かって「ヤッホー!satoさん、zamaさ〜ん!」と大声で叫びました(それを聞いていた証人もいます)
叫んだ後、「あっ!富士山に登っているんじゃなかった」と思ったけど方向は合ってましたよね〜(^_-)
声が届いたかなあ〜?
今年は後何回お山に行けるかなあ〜と思う時期になりましたね。
また、レコを拝見できるのを楽しみにしています
登録日: 2015/1/16
投稿数: 158
2015/12/7 22:44
 Re: 富士山きれいでしたよね〜(^_-)
ヤッホー♪mipoさーん(^_^)v
ちゃんと、美声が聞こえましたよ
二人で南アルプスの方を見て、「今頃絶景を満喫しているんだろーな」と話をしてましたよ 雪を被ったアルプスのオールスターが見られて本当にうらやましいぃ
鶏冠山をサクッと登っちゃう位だから、この時期のアルプスも登れちゃうんだろーな スゴっ

こちらは、歳に似合わずタイムアタックをしちゃいました
タイムアタック後は景色を堪能しながらノンビリハイクの予定が、二人の性格で景色の写真も撮る暇もないくらい黙々と歩いていました でも、富士山・南アルプスや房総半島が見られてとてもハッピー でしたよ

mipoさんの素敵なレコ首を長くして待ってまーす

追伸:まさか今回は、スキー板を担いで行ってませんよね
登録日: 2010/1/29
投稿数: 1353
2015/12/8 8:21
 Re: 富士山きれいでしたよね〜(^_-)
mipoさん、おはようございます。
年甲斐もなくタイムアタックなんかやっちゃったもんで、ひどい筋肉痛です
富士山はもちろんのこと、南アルプスもくっきり見えましたよ
お互い最高のお天気でしたね
烏帽子岳は富士山、南アの絶好の撮影スポットですから、
さぞかし素晴らしい写真が撮れたことでしょう
SWの烏帽子岳は撮影目的の人でいっぱいだったのを思い出します。
レコが楽しみ。
それにしても、mipoさんが雪の烏帽子岳だというのに、我々はお手軽な丹沢で
お茶を濁すという軟弱ぶり
mipoさんの山に対する熱い思いにはかないません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

紅葉 山行 ロング デポ 道標
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ