ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 783492 全員に公開 ハイキング丹沢

丹沢・塔の岳(大倉IN・三の塔OUT)

日程 2015年12月22日(火) [日帰り]
メンバー miraipapa
天候晴れたり曇ったり
アクセス
利用交通機関
電車バス
大山・丹沢フリーパス使用(新宿から1,530円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間48分
休憩
37分
合計
6時間25分
S大倉バス停07:3207:52観音茶屋08:05雑事場ノ平08:0808:06見晴茶屋08:0908:30駒止茶屋08:3308:43堀山の家08:4609:11花立山荘09:1409:21金冷シ09:2409:31塔ノ岳09:3809:57日高10:07竜ヶ馬場10:24丹沢山10:2510:38竜ヶ馬場10:3910:50日高11:07尊仏山荘11:07塔ノ岳11:1611:40新大日茶屋11:50政次郎ノ頭12:01行者ヶ岳12:16烏尾山荘12:35三ノ塔地蔵菩薩12:39三ノ塔12:4013:24牛首13:55大倉バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
塔の岳⇔丹沢往復、大倉尾根、三の塔尾根、積雪箇所はありませんでした。
気温が上がった後のぬかるみ状態は、いたしかたありません。
例年は泥田状態の烏尾山山頂部は石が敷き詰められて、きれいになっていました。

三の塔尾根の林道は伐採作業のため、平成28年3月10日まで歩行者も迂回路を歩かなければならないようです。表示があいまいで林道を下りてきてしまいました。
その他周辺情報大倉尾根の入り口、戸川公園の駐車場は平日無料でしたが、12月14日より平日も有料となりました。
過去天気図(気象庁) 2015年12月の天気図 [pdf]

写真

朝の大倉バス停。平日はさすがに人が少ない。
2015年12月22日 07:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の大倉バス停。平日はさすがに人が少ない。
丹沢クリステルにご挨拶。
2015年12月22日 07:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢クリステルにご挨拶。
暖冬につき、いまだ紅葉中。冬至なのに暖かい朝です。
2015年12月22日 07:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖冬につき、いまだ紅葉中。冬至なのに暖かい朝です。
1
観音茶屋。土日限定?
2015年12月22日 07:55撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音茶屋。土日限定?
1
分岐。いつも右に行っちゃう。
2015年12月22日 07:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐。いつも右に行っちゃう。
1
雑事場の平、いったん平らになりますが……。
2015年12月22日 08:08撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雑事場の平、いったん平らになりますが……。
すぐに見晴らし小屋。ここから急登。
2015年12月22日 08:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに見晴らし小屋。ここから急登。
1
急登の先には、駒止小屋。
2015年12月22日 08:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の先には、駒止小屋。
1
急登の手前には、堀山の家。ここで、トレランの人に抜かれました。
2015年12月22日 08:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の手前には、堀山の家。ここで、トレランの人に抜かれました。
このコース最大の難関、400段の階段。堀山の家⇔花立山荘は大倉尾根の一番きついところですね。
2015年12月22日 09:09撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このコース最大の難関、400段の階段。堀山の家⇔花立山荘は大倉尾根の一番きついところですね。
3
朝早いのか、名物の幟がありません。もしかすると、土日限定?
2015年12月22日 09:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝早いのか、名物の幟がありません。もしかすると、土日限定?
花立山荘からの富士山。まさか、見納めになるとは。
2015年12月22日 09:14撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘からの富士山。まさか、見納めになるとは。
5
花立山荘から登ったピークで「塔の岳」。
2015年12月22日 09:21撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花立山荘から登ったピークで「塔の岳」。
2時間を切っています(カメラの時刻で)。
2015年12月22日 09:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2時間を切っています(カメラの時刻で)。
2
さすがに平日。山頂には数名。
2015年12月22日 09:35撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすがに平日。山頂には数名。
1
名物のネコ。おにぎりの具は食べるのに、ご飯は残す。グルメです。
2015年12月22日 09:38撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物のネコ。おにぎりの具は食べるのに、ご飯は残す。グルメです。
8
暗雲たれ混める塔ノ岳。
2015年12月22日 09:39撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗雲たれ混める塔ノ岳。
いつか泊まってみたい尊仏山荘。
2015年12月22日 09:41撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつか泊まってみたい尊仏山荘。
2
塔ノ岳からの北斜面。降雪の跡はあるものの、登山道に降雪無し。ただし、霜柱で凍結。
2015年12月22日 09:46撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳からの北斜面。降雪の跡はあるものの、登山道に降雪無し。ただし、霜柱で凍結。
2
暖かくなると、ドロドロになりそうな登山道。竜が馬場のピークが見えてきました。
2015年12月22日 10:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暖かくなると、ドロドロになりそうな登山道。竜が馬場のピークが見えてきました。
2
東京・横浜方面の眺望が良い竜が馬場の休憩所。
2015年12月22日 10:10撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東京・横浜方面の眺望が良い竜が馬場の休憩所。
本来は富士山が見えるはず。ユーシンの渓谷はきれいに見えています。
2015年12月22日 10:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本来は富士山が見えるはず。ユーシンの渓谷はきれいに見えています。
2
丹沢到着。大晦日にも来るんだけどね。
2015年12月22日 10:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丹沢到着。大晦日にも来るんだけどね。
1
やっぱり、布団は3人で2枚かね。
2015年12月22日 10:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっぱり、布団は3人で2枚かね。
1
下りの竜が馬場からの眺め。中央は最後に目指す「大山」。落語の「ラクダ」にちなんで、大山詣で。
2015年12月22日 10:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りの竜が馬場からの眺め。中央は最後に目指す「大山」。落語の「ラクダ」にちなんで、大山詣で。
1
新宿方面。かすんでいますが何とか高層ビル群が確認できました。
2015年12月22日 10:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新宿方面。かすんでいますが何とか高層ビル群が確認できました。
2
日高(にったか)。尊仏山荘が近くなってきました。
2015年12月22日 10:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日高(にったか)。尊仏山荘が近くなってきました。
塔ノ岳山頂にたれこめる暗雲。
2015年12月22日 10:59撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
塔ノ岳山頂にたれこめる暗雲。
最低のコルから上り返しは100m。
2015年12月22日 11:01撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低のコルから上り返しは100m。
アイルビーバック。本当は I have been back here.
2015年12月22日 11:13撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイルビーバック。本当は I have been back here.
1
これから下る表尾根。
2015年12月22日 11:15撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから下る表尾根。
北には丹沢三峰。
2015年12月22日 11:26撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北には丹沢三峰。
木の俣小屋。コーヒーが飲めるらしい。
2015年12月22日 11:34撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木の俣小屋。コーヒーが飲めるらしい。
ぬかるみはこの時期不可避。
2015年12月22日 11:40撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ぬかるみはこの時期不可避。
新大日。石が運ばれていて、泥田脱出計画が進行中のようです。
2015年12月22日 11:43撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新大日。石が運ばれていて、泥田脱出計画が進行中のようです。
1
政次郎尾根分岐。いつか降りてみたい。
2015年12月22日 11:53撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
政次郎尾根分岐。いつか降りてみたい。
階段が増殖中。ザレたやせ尾根部分のみが残っていますが、両側に太いクサリがあり危険は感じません。
2015年12月22日 11:55撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が増殖中。ザレたやせ尾根部分のみが残っていますが、両側に太いクサリがあり危険は感じません。
3
烏尾山周辺は今年整備が最も進んだところ。木道が泥田を制します。
2015年12月22日 12:17撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山周辺は今年整備が最も進んだところ。木道が泥田を制します。
1
山頂部もこの通り。泥田はありません。
2015年12月22日 12:18撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部もこの通り。泥田はありません。
1
烏尾山荘。
2015年12月22日 12:19撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山荘。
1
整備が進み、木道設置。ただし最鞍部は崩壊が進んでいます。
2015年12月22日 12:21撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
整備が進み、木道設置。ただし最鞍部は崩壊が進んでいます。
1
鞍部から山の塔への上り返し。振り返ると富士山の山頂。
2015年12月22日 12:29撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍部から山の塔への上り返し。振り返ると富士山の山頂。
1
烏尾山荘と表尾根。
2015年12月22日 12:31撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏尾山荘と表尾根。
1
三の塔への最後の登り。ゆっくりと登ります。
2015年12月22日 12:37撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三の塔への最後の登り。ゆっくりと登ります。
大山遠いなあ。
2015年12月22日 12:42撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大山遠いなあ。
2
ここから大倉に下れるの?
2015年12月22日 12:44撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから大倉に下れるの?
躊躇した後「山の塔尾根」を下ることに。上部は急坂が続きますがコースは整備にされています。
2015年12月22日 12:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
躊躇した後「山の塔尾根」を下ることに。上部は急坂が続きますがコースは整備にされています。
1
2.4匆爾辰燭箸海蹐播仍各蚕了。あとは、3劼曚瀕啼司發。
2015年12月22日 13:27撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2.4匆爾辰燭箸海蹐播仍各蚕了。あとは、3劼曚瀕啼司發。
まだ紅葉が残っていました。今年はやっぱり暖冬だ。
2015年12月22日 13:33撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ紅葉が残っていました。今年はやっぱり暖冬だ。
戸川親水公園が見えてきました。
2015年12月22日 13:52撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
戸川親水公園が見えてきました。
1
風の鳴る橋を渡り、大倉バス停に戻ってきました。正面は二の塔、三の塔。
2015年12月22日 13:57撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風の鳴る橋を渡り、大倉バス停に戻ってきました。正面は二の塔、三の塔。
1
大倉バス停。
2015年12月22日 13:58撮影 by COOLPIX AW100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大倉バス停。
撮影機材:

感想/記録

年末のみやま山荘泊まりの下見に、この日は伊勢原駅で下りて大山に登り、そのあと表尾根から塔の岳という予定でした。ところが、小田急線で寝過ごすたため、大倉IN、大山ケーブル上OUTに変更。

平日のため、人の少ない大倉尾根を快調に上っていくうちに....トレランの人に追い越されたところで「この人についていけば、記録更新できるかも?」。さすが、見る見る小さくなっていく人影を追いかけながら、1時間48分で金冷やしに。そこからは、ぜいぜいと息を吐きながら飛ばし、先行の人が快く道を譲ってくれたのをいいことに、塔の岳山頂を目指しました。2時間わずかに切って山頂に到着。今までの記録を5分縮める2時間切り。

尊仏山荘の猫に祝福されて、小休止の後丹沢へ。
さすがに飛ばしたあとで、足取りも重く丹沢往復(ぬかるみ始めたとはいえ、いつもより遅いペース)し、眺望の優れない塔の岳へ戻ります。

朝一は富士山が見えていたのに、往復とも富士山は見えませんでした。ただし、箱根〜伊豆半島〜小田原〜江ノ島〜三浦半島〜横浜〜新宿高層ビル群は眺めることができました。

平日で人の少ない表尾根を降りつつ
「大山への上り返しはきついなあ」
と、冬至の日の短さも手伝って、いつもより弱気。

三の塔への標高差140m弱の上り返しを元気なくこなして、三の塔へ。いつもは日暮れと競争する時刻にしかここに戻ってこれないのに、今日はまだ12時台。振り返って眺めると、丹沢三峰と丹沢山が見えるのね。

息を整え二の塔に向かおうとしたとき、三の塔尾根へ分岐標識が目に飛び込んできました。
「きつい大山を避けて降りちゃうか?初めての道だし、面白いかも?」
「いやいや、きつい大山まで登り返して、新型ケーブルカーでの下山が。」
「大山の下り滑りやすいよね。」
「ヤビツは3km、戸川までは6.5kmとそこそこ有りそうだし。」

天使と悪魔のささやきあいから、しばし躊躇していましたが
「一度も通ったことがない道を開拓するのも良しとしよう。」
ということで、悪魔に従い三の塔尾根を下山することにしました。

さすがに平日ということもあって、お一人の方と出会っただけで、静かな登山道を下山。なかなか整備がいき届いており、夏は林の中ということもあり、いいかも?ただし、2.5kmほど下ったところで舗装された林道にでてしまい、後は舗装路を駆け下ってきました。どうも現在伐採作業中で、歩行者も迂回路をとおらなければならなかったようですが、標識があいまいで出口でようやく理解できました。

ガッツリ歩くつもりが14:00前には大倉バス停に戻ってきてしまい、ちょっと空回りの山行きとなってしました。
訪問者数:327人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

渓谷
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ