ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 815291 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

西穂高岳

日程 2016年02月17日(水) 〜 2016年02月18日(木)
メンバー habadayo4649
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス
新宿-平湯-新穂高ロープウェイ-頂上駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
独標手前までは旗で行き先がわかります。
ただし尾根が広いため吹雪いた場合はルートを見失う加納英があるので、次の旗をしっかり探した上で進む必要があると思います。
独標からは先週の土日に気温が上がったためか、岩が凍っておりつかめません。
アイゼンを蹴り込んでも刺さらない場所がるので、ルートには注意をする必要があります。
独標から先は岐阜側に切れ落ちているため滑落注意です。
長野側は雪庇が出ているため、踏み抜き注意です。
岐阜側・長野側どちらも危険なため、確実に通れる場所を探す力、体力、技術すべて必要です。
その他周辺情報西穂山荘では味噌ラーメンがおいしいです。
過去天気図(気象庁) 2016年02月の天気図 [pdf]

装備

備考 天気がよさそうだったので、急きょたまっていた振休を使い、西穂高まで!
朝日を独標で迎えた後何枚か撮影してから帰ろうとしていた時に悪魔のささやきが…。
思い切って西穂高岳まで行こうとなりました。
しかしこのレベルの山はまだ不慣れだったため、下山中に一度かなり危険な落ち方をしました。
たまたま止まりましたが、運が悪ければそのまま岐阜側にノンストップで落ちていたでしょう。
トラバース部分と下降時には注意を払って確実に進むべきです。
万が一のため、ヘルメットを装備するほうがいいと思いました。
滑落したときに帽子が吹っ飛んで、頭を守るものがなくなったので・・・。

写真

夜9時ごろ
それまでずっと雪でしたが次第に晴れてきました
長野側から晴れてきたため、西穂山荘の前で星空の写真を撮っていました
2016年02月17日 21:07撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜9時ごろ
それまでずっと雪でしたが次第に晴れてきました
長野側から晴れてきたため、西穂山荘の前で星空の写真を撮っていました
3
一気に飛んで早朝
独標で朝日を迎える直前
笠ヶ岳方面の山々
この日の朝日は最高でした!
2016年02月18日 06:26撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一気に飛んで早朝
独標で朝日を迎える直前
笠ヶ岳方面の山々
この日の朝日は最高でした!
6
西穂高頂上
必死の思いでの登頂
この後下りでえらいことに
2016年02月18日 09:09撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高頂上
必死の思いでの登頂
この後下りでえらいことに
6
奥穂高方面
天気がすこぶる良い
山荘での話では、西穂高岳以降は岩が凍っているため進むのはかなり困難とのこと
2016年02月18日 09:11撮影 by PENTAX K-3 , RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高方面
天気がすこぶる良い
山荘での話では、西穂高岳以降は岩が凍っているため進むのはかなり困難とのこと
10
撮影機材:
訪問者数:727人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 雪庇 滑落 踏み抜き 吹雪
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ