ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824694 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

冬の赤岳

日程 2016年03月05日(土) 〜 2016年03月06日(日)
メンバー momopapa, その他メンバー1人
天候3/5:ガス、ときどき晴れ
3/6:ガス、のち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自分は美濃戸口に停め、同行者の車で美濃戸まで乗せていってもらいました。美濃戸口〜美濃戸の区間は雪と氷の箇所があり、最低でも4WD&スタッドレスは必要そうです。チェーンもあるとなお安心。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間24分
休憩
2時間15分
合計
6時間39分
S赤岳山荘07:2507:32美濃戸山荘08:38中ノ行者小屋跡08:4109:34行者小屋11:1412:15文三郎尾根分岐12:2012:31赤岳12:3512:36竜頭峰12:37赤岳12:5412:56赤岳頂上山荘12:5813:14赤岳天望荘13:1713:22地蔵の頭13:2314:04行者小屋
2日目
山行
1時間57分
休憩
18分
合計
2時間15分
行者小屋08:0208:26赤岳鉱泉08:4009:32堰堤広場10:06美濃戸山荘10:0710:14赤岳山荘10:1710:17ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1日目:
[美濃戸〜行者]
序盤は地面が出ている場所もありましたが、進むにつれて雪と氷の世界に。われわれはノーアイゼンで行者まで行きましたが、チェーンスパイクあると安心かも知れません。
[行者〜赤岳〜行者]
登りは文三郎、下山は地蔵をとりました。階段はすっかり雪で覆われていて、急登ではありますが、特に危険箇所無し。頂上直下は雪、氷、岩のミックスで、適度な緊張感で挑めば問題無し。下りの地蔵は高度感ありますが、慎重にいけば問題無し。

2日目:
[行者〜赤岳鉱泉〜美濃戸]
ゆるい下りのハイキング。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

写真

今回は美濃戸口から同行者に拾ってもらい、難なく美濃戸へ。稼いだこの1時間は大きいぞ。うひ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は美濃戸口から同行者に拾ってもらい、難なく美濃戸へ。稼いだこの1時間は大きいぞ。うひ。
2
美濃戸山荘の分岐。ここらへんも今シーズンは雪が少ないみたいですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘の分岐。ここらへんも今シーズンは雪が少ないみたいですね。
1
凍結した沢の上に立つ 漢。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
凍結した沢の上に立つ 漢。
1
こっちはツルツル。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こっちはツルツル。
1
横岳はガスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横岳はガスの中。
1
ふぅ。行者小屋。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふぅ。行者小屋。
2
アタック準備完。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アタック準備完。
3
こうして見るとすごい高度感。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こうして見るとすごい高度感。
2
ちょっと一息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと一息。
2
進む先を見上げると、別の惑星か地獄に来たみたいでなんか怖い...。どっちも行ったこと無いんですけどね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進む先を見上げると、別の惑星か地獄に来たみたいでなんか怖い...。どっちも行ったこと無いんですけどね。
3
お互いに状況を確認しながら進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お互いに状況を確認しながら進みます。
3
ヤター! 赤岳ゲット!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヤター! 赤岳ゲット!
2
喜ぶオッサン二人   が、なんか怪しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
喜ぶオッサン二人   が、なんか怪しい。
8
赤岳頂上山荘も赤岳天望荘も当然のようにクローズ。でも天望荘は2月末まで冬期営業してたみたいですね。すごい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤岳頂上山荘も赤岳天望荘も当然のようにクローズ。でも天望荘は2月末まで冬期営業してたみたいですね。すごい。
1
はるか眼下に行者小屋。事故が起こりやすいのは下山です。心していきましょう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
はるか眼下に行者小屋。事故が起こりやすいのは下山です。心していきましょう。
1
あーーーっ、滑落!  なんて。w < おぃ
制動訓練。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あーーーっ、滑落!  なんて。w < おぃ
制動訓練。
2
オツカレ!
テン場に辿り着き、ビールとなっちゃんで乾杯。「やったねー」「やりましたねー」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オツカレ!
テン場に辿り着き、ビールとなっちゃんで乾杯。「やったねー」「やりましたねー」
6
日が傾き始めたころ、上空に吹き始めた風が、山頂にかかったガスを洗い流してくれました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が傾き始めたころ、上空に吹き始めた風が、山頂にかかったガスを洗い流してくれました。
2
昼寝の後、キュウリのお漬物でちびちび焼酎を呑み始め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昼寝の後、キュウリのお漬物でちびちび焼酎を呑み始め。
3
キムチ鍋準備中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キムチ鍋準備中。
3
同行者が作ったのは豚キムチ。まさかのキムチかぶり。w
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同行者が作ったのは豚キムチ。まさかのキムチかぶり。w
4
朝。風の音で目が覚めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝。風の音で目が覚めました。
4
フライがパリパリと凍っていますが、八ヶ岳にしては暖かい夜だったと思います。マイナス8度
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フライがパリパリと凍っていますが、八ヶ岳にしては暖かい夜だったと思います。マイナス8度
4
稜線はガスの中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はガスの中。
2
小屋前にはカチャカチャと出発準備のチームが。
われわれはもう下山するだけなので気楽なもんです。(^^
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前にはカチャカチャと出発準備のチームが。
われわれはもう下山するだけなので気楽なもんです。(^^
2
お世話になったテン場ともサヨナラ。短い時間でしたが、テン場を後にするときにはいつもちょっとだけ寂し。

ありがとうございました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お世話になったテン場ともサヨナラ。短い時間でしたが、テン場を後にするときにはいつもちょっとだけ寂し。

ありがとうございました。
3
右手に横岳の稜線を見上げながら下って行きます。いつかは? え?(汗
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に横岳の稜線を見上げながら下って行きます。いつかは? え?(汗
2
おおっ、アイスキャンデー♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ、アイスキャンデー♪
2
すげーなぁ...。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すげーなぁ...。
2
わっ、カモシカ!
われわれが進む先の登山道を、のしのしと歩いてきました。対峙することしばし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
わっ、カモシカ!
われわれが進む先の登山道を、のしのしと歩いてきました。対峙することしばし。
4
ギロリ。

すまそ...。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギロリ。

すまそ...。
10
カモシカに睨まれながらも(笑、無事に美濃戸到着。

お疲れさまでした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カモシカに睨まれながらも(笑、無事に美濃戸到着。

お疲れさまでした!
2

感想/記録

まだまだ冬の赤岳や阿弥陀は自分には無理だなー、なんて思っていました。でも、もうそろそろ挑戦してもいいのでは? という思いも芽生え始めていました。その思いを実現すべく、ちょうど同じようなレベルで同じような思いをつのらせていた同行者 をパートナーに、赤岳にアタックしてきました。

無事に赤岳登頂。われわれでもなんとか冬の赤岳登頂を達成することができました。今回は風が弱く、快適な気温、トレースもしっかりあり、好条件が整っていたことが幸いだったと思います。

もちろんその時のコンディションによって全く難易度は異なり、厳冬期のキビシイ環境だとこうはいかなかったと思います。

下山直後はまだ実感なく、逆にあっけなく登頂できたことに拍子抜け感もありましたが、今はじわじわ湧き上がる淡い達成感を感じています。
訪問者数:420人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ