ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 824814 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

藤原岳−御池岳

日程 2016年03月08日(火) [日帰り]
メンバー Tefuneko
天候
アクセス
利用交通機関
電車
三岐鉄道三岐線 西藤原駅
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
総歩行時間 10時間
山行時間 7時間30分(休憩含む)
コース状況/
危険箇所等
藤原岳までは基本的によく整備されていて迷うことは無いだろう(一部崩落している箇所があるが歩行に問題ない程度)。また,前日の雨の影響でかなり泥濘が酷かった。
藤原山荘から天狗特に岩までは特に迷うことはないが,それ以降は道が不明瞭でリボンやGPSを頼りに歩くことが多かった。特に六合目手前から御池岳・鈴北岳分岐までは散漫と歩いていると道を見失いやすい。御池岳・鈴北岳分岐以降は残雪が多く道が分かりにくい上,急登かつ泥濘で滑りやすいので注意。リボンもまばらでGPSや読図必須。
過去天気図(気象庁) 2016年03月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 携帯 タオル ストック カメラ

写真

西藤原駅よりスタート。乗り換えミスして30分遅刻してしまった…
2016年03月08日 08:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西藤原駅よりスタート。乗り換えミスして30分遅刻してしまった…
2
確かに濃霧に困らされた。
2016年03月08日 08:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
確かに濃霧に困らされた。
2
藤原岳山頂付近は霧の中。
2016年03月08日 08:33撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂付近は霧の中。
1
登山口付近。登山ポストがある。遭難者も出る山なのでしっかりと登山届を出そう。
2016年03月08日 08:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口付近。登山ポストがある。遭難者も出る山なのでしっかりと登山届を出そう。
2
鳥居をくぐって登山開始。
2016年03月08日 08:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居をくぐって登山開始。
二合目。登り始めは地面も乾燥していてサクサクと進む。
2016年03月08日 08:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二合目。登り始めは地面も乾燥していてサクサクと進む。
1
四合目に到着。広場になっているので休憩に最適。ここから道が泥濘し始めた。
2016年03月08日 09:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四合目に到着。広場になっているので休憩に最適。ここから道が泥濘し始めた。
ここで二手に分かれていたが,今回は階段のあった右を選択。途中で他の道と合流したが,どちらに進んでもよかったのかな?
2016年03月08日 09:20撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで二手に分かれていたが,今回は階段のあった右を選択。途中で他の道と合流したが,どちらに進んでもよかったのかな?
1
7号目到着。6合目はいずこに?このあたりから本当に泥濘が酷くなってきて、靴底に泥がへばりつくわ滑るわで散々だった。
2016年03月08日 09:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7号目到着。6合目はいずこに?このあたりから本当に泥濘が酷くなってきて、靴底に泥がへばりつくわ滑るわで散々だった。
1
8号目に到着。この先は地面が柔らかく足場が若干不安定になっいるので注意。
2016年03月08日 09:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
8号目に到着。この先は地面が柔らかく足場が若干不安定になっいるので注意。
1
崩落した斜面を渡る箇所もある。落ちてもケガはしないとは思うが泥まみれになるだろう。
2016年03月08日 09:45撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩落した斜面を渡る箇所もある。落ちてもケガはしないとは思うが泥まみれになるだろう。
9号目に到着。あと一息。
2016年03月08日 09:49撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9号目に到着。あと一息。
1
9号目付近から下界を望む。霞んでいてよく見えない。
2016年03月08日 09:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
9号目付近から下界を望む。霞んでいてよく見えない。
フクジュソウが咲いていた。可憐だ。
2016年03月08日 09:50撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フクジュソウが咲いていた。可憐だ。
9
いわゆるスプリングエフェメラルで,春先だけに咲く花らしい。
2016年03月08日 09:53撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いわゆるスプリングエフェメラルで,春先だけに咲く花らしい。
9
藤原山荘に到着。団体ハイカーが休憩していた。これから藤原岳頂上に向かうようだ。
2016年03月08日 10:09撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原山荘に到着。団体ハイカーが休憩していた。これから藤原岳頂上に向かうようだ。
2
トイレがあった。比較的新しく見える。冬季も使えるということはバイオトイレかな?
2016年03月08日 10:10撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレがあった。比較的新しく見える。冬季も使えるということはバイオトイレかな?
藤原岳に向かうと同時にガスが濃くなってきた。
2016年03月08日 10:14撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原岳に向かうと同時にガスが濃くなってきた。
1
藤原岳頂上に到着!スタートこそ30分遅れだったが,登頂時刻は予定より30短縮できた。眺望はガスのためさっぱりだった。
2016年03月08日 10:24撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原岳頂上に到着!スタートこそ30分遅れだったが,登頂時刻は予定より30短縮できた。眺望はガスのためさっぱりだった。
4
この通りである。
2016年03月08日 10:25撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この通りである。
覚 ネ豊 霊 神と彫られている。どういう意味だろう?
2016年03月08日 10:26撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
覚 ネ豊 霊 神と彫られている。どういう意味だろう?
藤原山荘の近くから藤原岳を振り返る。少し晴れてきたようだ。
2016年03月08日 10:49撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原山荘の近くから藤原岳を振り返る。少し晴れてきたようだ。
立派なケルン。藤原岳と御池岳はケルンが多い印象。石灰質で積みやすい石が多いのもあるか。
2016年03月08日 10:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立派なケルン。藤原岳と御池岳はケルンが多い印象。石灰質で積みやすい石が多いのもあるか。
1
天狗岩方面。この開放感が気持ちいい。
2016年03月08日 10:56撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩方面。この開放感が気持ちいい。
2
疎林帯に突入。少し残雪が増えてきた。
2016年03月08日 11:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疎林帯に突入。少し残雪が増えてきた。
2
天狗岩に到着。ここも本来ならば展望が良いはずだが,今日はガスが多く残念な結果に。
2016年03月08日 11:13撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩に到着。ここも本来ならば展望が良いはずだが,今日はガスが多く残念な結果に。
2
天狗岩の崖っぷち。肉眼で見ると高度感があったが、カメラだと分からない。
2016年03月08日 11:15撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗岩の崖っぷち。肉眼で見ると高度感があったが、カメラだと分からない。
2
頭蛇ヶ平の送電鉄塔。普段見る送電鉄塔よりも一相あたりの送電線が多いような?
2016年03月08日 11:37撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭蛇ヶ平の送電鉄塔。普段見る送電鉄塔よりも一相あたりの送電線が多いような?
頭蛇ヶ平の二等三角点。藤原岳にも御池岳にも三角点が無いのに贅沢だ。
2016年03月08日 11:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭蛇ヶ平の二等三角点。藤原岳にも御池岳にも三角点が無いのに贅沢だ。
3
面白い形をしている。ゆるキャラ感…
2016年03月08日 11:41撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白い形をしている。ゆるキャラ感…
白瀬峠に到着。三つの方向に分岐がある。
2016年03月08日 11:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白瀬峠に到着。三つの方向に分岐がある。
1
今回はこちらに進む。この先に冷川岳というピークがあるらしいのだが見つからなかった。
2016年03月08日 11:52撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回はこちらに進む。この先に冷川岳というピークがあるらしいのだが見つからなかった。
鈴鹿山脈だけあってスズカカンアオイ。
2016年03月08日 11:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴鹿山脈だけあってスズカカンアオイ。
2
六合目に到着。このあたりは道が分かりにくく,リボンを見つけつつ,地図やGPSで方角を確認しながら進んだ方が良い。
2016年03月08日 12:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目に到着。このあたりは道が分かりにくく,リボンを見つけつつ,地図やGPSで方角を確認しながら進んだ方が良い。
1
なぜかこの木だけ樹種を示すプレートがあった。
2016年03月08日 12:38撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜかこの木だけ樹種を示すプレートがあった。
7号目に到着。帰路ではこの辺りで二頭の鹿を見た。生きた鹿は初めて見たので少し興奮した。ここから御池岳・鈴北岳分岐までの道は非常に分かりにくい。
2016年03月08日 12:42撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
7号目に到着。帰路ではこの辺りで二頭の鹿を見た。生きた鹿は初めて見たので少し興奮した。ここから御池岳・鈴北岳分岐までの道は非常に分かりにくい。
1
御池岳・鈴北岳分岐。地獄の始まりである。ここから頂上付近までは残雪が多く登山道が分かりにくい(むしろ分からない),とにかく滑りやすい,急登の三本立てだった。
2016年03月08日 13:01撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳・鈴北岳分岐。地獄の始まりである。ここから頂上付近までは残雪が多く登山道が分かりにくい(むしろ分からない),とにかく滑りやすい,急登の三本立てだった。
2
リボンを頼りになんとか進む。見ての通りただの特徴のない疎林なので,目印無しでは遭難してもおかしくない。
2016年03月08日 13:08撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
リボンを頼りになんとか進む。見ての通りただの特徴のない疎林なので,目印無しでは遭難してもおかしくない。
2
土倉岳・御池岳分岐。時間があれば土倉の方にも行きたかったが断念した。
2016年03月08日 13:27撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土倉岳・御池岳分岐。時間があれば土倉の方にも行きたかったが断念した。
1
御池岳頂上に到着!この荒れた感じが良い。景色は見ての通りガスガス。
2016年03月08日 13:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳頂上に到着!この荒れた感じが良い。景色は見ての通りガスガス。
5
山頂には二つほど個人の物と思われるプレートが取り付けてあったが,許可はとってあるのだろうか?
2016年03月08日 13:29撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には二つほど個人の物と思われるプレートが取り付けてあったが,許可はとってあるのだろうか?
5
信じられないことにたばこの吸い殻が落ちていた!山にごみを捨てるだけでもありえないのに,たばこの吸い殻を捨てるとは!このような人間は二度と山に入らないでいただきたい!
2016年03月08日 13:36撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
信じられないことにたばこの吸い殻が落ちていた!山にごみを捨てるだけでもありえないのに,たばこの吸い殻を捨てるとは!このような人間は二度と山に入らないでいただきたい!
5
一通りいきり立ったところで山頂から南東方向の奥の平に向かう。ガスがなければさぞいい景色だろうに。
2016年03月08日 13:48撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一通りいきり立ったところで山頂から南東方向の奥の平に向かう。ガスがなければさぞいい景色だろうに。
1
まずは奥の平丸山の方に向かう。
2016年03月08日 13:51撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは奥の平丸山の方に向かう。
2
この辺りは広々としていて本当に気持ちが良い。フェンスで囲まれた場所がいくつもあるが,何のためのフェンスであろうか?鹿の食害対策?
2016年03月08日 13:54撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りは広々としていて本当に気持ちが良い。フェンスで囲まれた場所がいくつもあるが,何のためのフェンスであろうか?鹿の食害対策?
1
奥の平からボタンブチ方面。
2016年03月08日 13:57撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥の平からボタンブチ方面。
1
ボタンブチは見えているので一直線に進みたいところだが,植生維持のために道を通る。
2016年03月08日 14:00撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチは見えているので一直線に進みたいところだが,植生維持のために道を通る。
1
崖っぷちが見えてきた。サスペンスドラマの終盤シーンで出てきそうだ。
2016年03月08日 14:05撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崖っぷちが見えてきた。サスペンスドラマの終盤シーンで出てきそうだ。
1
ボタンブチに到着。
2016年03月08日 14:06撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチに到着。
3
落ちたら100%死ぬ自信がある(笑)
2016年03月08日 14:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落ちたら100%死ぬ自信がある(笑)
1
ボタンブチの西の方にある崖。てっぺん付近の岩は1.5 mほどの大きさ。命知らずはあそこに乗ったりするのか?このあとは少し山頂付近の台地を散策して下山開始した。
2016年03月08日 14:10撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチの西の方にある崖。てっぺん付近の岩は1.5 mほどの大きさ。命知らずはあそこに乗ったりするのか?このあとは少し山頂付近の台地を散策して下山開始した。
1
御池岳・鈴北岳分岐の近くにある池。何やら変な鳴き声がするので,鳥の群れかなにかと思い近づいたら蛙だった。種類は不明。(動画あり)
2016年03月08日 15:08撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳・鈴北岳分岐の近くにある池。何やら変な鳴き声がするので,鳥の群れかなにかと思い近づいたら蛙だった。種類は不明。(動画あり)
1
コグルミ谷から下山。
2016年03月08日 15:34撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷から下山。
2
コグルミ谷で拾った美しい羽根。カケスという鳥の羽根らしい。
2016年03月08日 15:58撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷で拾った美しい羽根。カケスという鳥の羽根らしい。
3
コグルミ谷はなかなか急峻で膝に堪えた。道中にケルンが多数あり,先人たちの思いやりが感じられた。
2016年03月08日 16:05撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷はなかなか急峻で膝に堪えた。道中にケルンが多数あり,先人たちの思いやりが感じられた。
登山口に到着。ここからは国道306号に沿って駅へと向かう。
2016年03月08日 16:07撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着。ここからは国道306号に沿って駅へと向かう。
1
大きな橋の架かっている谷に猿がいた!こちらの様子を伺っていた。かわいい。
2016年03月08日 16:31撮影 by Canon IXY 640, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな橋の架かっている谷に猿がいた!こちらの様子を伺っていた。かわいい。
3
撮影機材:

感想/記録

水木と雨の予報だったので,ここぞとばかりに山行を決行しました。しかし,前日に雨が降っていたために道はぬかるんでおり,ズボンも靴もドロドロになってしまいました(泣)御池岳6合目以降は道が不明瞭だったり,残雪があったりしてかなり苦労しました。眺望は良さそうなのでまた天気の良い日を狙って行きたいです。


訪問者数:921人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ