ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 837673 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

雲取山 鴨沢〜三峯神社

日程 2016年03月30日(水) [日帰り]
メンバー harita53, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き:
奥多摩駅から西東京バス(鴨沢西行き8:42発)で鴨沢下車。約40分。

西東京バスの案内ページ(時刻表あり):
http://www.nisitokyobus.co.jp/rosen/noriba/okutama.html

帰り:
三峯神社から西武バス(急行三峯神社線12:35発)で西武秩父駅下車。1時間15分。

西武バスの案内PDF(時刻表あり):
http://www.seibubus.co.jp/mitsumine.pdf

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.2〜1.3(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間4分
休憩
16分
合計
6時間20分
S鴨沢バス停09:2109:53丹波山村村営駐車場09:57小袖緑道あがり11:27堂所13:05ブナ坂14:03奥多摩小屋14:13ヨモギノ頭14:40小雲取山14:4114:56雲取山避難小屋14:5715:03雲取山15:1715:41雲取山荘G
日帰り
山行
4時間18分
休憩
16分
合計
4時間34分
雲取山荘07:0707:27大ダワ08:24白岩山08:2508:40白岩小屋08:4909:12前白岩山09:1309:33前白岩山の肩10:04お清平10:0610:41霧藻ヶ峰10:4311:26木の鳥居11:2711:41ゴール地点
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは、奥多摩駅前、鴨沢登山口、三峯神社登山口にあります。

北側斜面を中心に雪が残っているところがあります。鴨沢ルートだと、七ツ石山の巻き道付近。また、山頂付近から雲取山荘にかけては雪に覆われていますので、アイゼンを付けた方がよいでしょう。雲取山荘から先は、芋ノ木ドッケまでの巻き道部分など、凍結箇所もあり、アイゼンが必要です。

雲取山荘の水場について。私たちは、水場がどうなっているか確認しないまま、途中の水場もよらず、小屋まで登ってしまいました。雪の季節ですから、まだ山小屋前に流しは設置されておりませんでした。雪をとかして水を作る前に、念のため、山荘で水場についてうかがったところ、なんと、水をわけてくださいました。小屋でも貴重な水でしょうに、いただくことを申し訳なくも思いましたが、食事の準備が早くすすみ、とても助かりました。ネットで書いて良いのか迷うところですが、お礼と反省・自戒をこめて記しておきます。

また、危険箇所のない鴨沢ルートですが、七ツ石山の巻き道を歩いていたとき、上から落石(直径で50cm以上)がありました。音で気がつき退避しましたが、5mくらいの距離で見ると、なかなか恐ろしかったです。
その他周辺情報平日でしたが、三峯神社の周辺には観光客むけの魅力的なお店が営業していました。温泉もあるようですが、時間の関係でたちよれませんでした。
秩父の土産にそばと饅頭を買って帰りました。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 ゲイター 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ライター ロールペーパー 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 時計 タオル テントマット シェラフ 軽アイゼン
共同装備 非常食 調理用食材 ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 調理器具 計画書 予備電池 GPS 筆記用具 携帯 ナイフ カメラ ポール テント

写真

石尾根をゆっくりと歩きました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
石尾根をゆっくりと歩きました。
2
もう少しで山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで山頂です。
1
山頂付近の鹿。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近の鹿。
3
山頂付近から来し方をふりかえります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂付近から来し方をふりかえります。
1
雲取山山頂。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山山頂。
3
雲取山荘前からみた日の出。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲取山荘前からみた日の出。
3
三峯方面に出発。雪が多いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三峯方面に出発。雪が多いです。
2
芋ノ木ドッケまでのトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芋ノ木ドッケまでのトラバース。
1
霧藻ヶ峰付近の馬酔木(あせび)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧藻ヶ峰付近の馬酔木(あせび)。
西武秩父駅から武甲山をのぞむ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西武秩父駅から武甲山をのぞむ。
2

感想/記録

 年度末で残業と休日出勤をくりかえした分、まだ年度末ではあるのですが、年度替わり直前の好天の2日間、お休みをいただき、春休みの息子と雲取山に登ってきました。

 これまでも息子と一緒に雲取山荘にとめていただいて鴨沢ルートを歩いたことはありましたが、今回は、体力のついてきた息子に重い荷物をもたせる練習もかねてテント泊に。また、雪のあるところを歩きたいという気持ちもあり、息子のアイゼンの練習もかねて、三峯神社へとぬける縦走にしました。
 息子も、最初こそいつもよりも重い荷物に弱音をはいていましたが、ザックのベルトを調整してやり、しばらくは私が先を歩くことで、ゆっくりとしたペースにさせたところ、その後は気持ちよく歩きとおすことができたようです。行く前から息子の成長を確認するのが楽しみでしたが、楽しい山行となりました。

 雲取山荘のみなさんをはじめ、お会いしたみなさん、お世話になったみなさん、ありがとうございました。
訪問者数:1103人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ