ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 847998 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

毛勝三山ワンデイ周回

日程 2016年04月16日(土) [日帰り]
メンバー kakehi
天候晴れ(高曇り)
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
・阿部木谷下部、板菱周辺は融雪進み沢が露出、要高巻き。来週あたりには一部渡渉かも。
・毛勝谷は落石と雪崩の巣。雪が締まった早朝に一気に通過したい。
・毛勝山から釜谷山の稜線は黒部側に巨大な雪庇が発達。尾根の富山側を進む。
・釜谷山から猫又山の途中に斜度50°以上の雪壁あり。ピッケルとアイゼンの前爪を効かして登る。
・猫又谷は毛勝谷ほどの斜度ではないものの、下りでの滑落に注意。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ゲイター アイゼン ピッケル 地図(地形図) ヘルメット

写真

今年の2月、大倉山山頂からの毛勝三山。
右隣は剱岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年の2月、大倉山山頂からの毛勝三山。
右隣は剱岳。
7
南又方面は通行止め、ここにクルマをデポ。
東又方面に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南又方面は通行止め、ここにクルマをデポ。
東又方面に進みます。
僧ヶ岳東又登山口を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
僧ヶ岳東又登山口を通過。
毛勝山登山口(夏道)を通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝山登山口(夏道)を通過。
沢沿いに進み、阿部木谷に入る。
板菱周辺は融雪進み、一部高巻きが必要。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いに進み、阿部木谷に入る。
板菱周辺は融雪進み、一部高巻きが必要。
1
来週頃には、渡渉が必要になる箇所もあるかも。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来週頃には、渡渉が必要になる箇所もあるかも。
1
大明神沢出合。左に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大明神沢出合。左に進みます。
3
三又。真ん中に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三又。真ん中に進みます。
1
毛勝谷上部にて、右のボーサマ谷に進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝谷上部にて、右のボーサマ谷に進みます。
2
稜線まで、近そうで遠い。
感覚的には、白出沢から穂高山荘に向かうアレに似ています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線まで、近そうで遠い。
感覚的には、白出沢から穂高山荘に向かうアレに似ています。
1
シビれる急登。
上部の岩稜から、岩がカラカラと転がってきます。
ヘルメット必携。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シビれる急登。
上部の岩稜から、岩がカラカラと転がってきます。
ヘルメット必携。
1
シビれる斜度。40度くらいでしょうか。
アイゼンとピッケルと自分を信じます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シビれる斜度。40度くらいでしょうか。
アイゼンとピッケルと自分を信じます。
7
稜線手前、振り返ると僧ヶ岳、駒ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線手前、振り返ると僧ヶ岳、駒ヶ岳。
3
ようやく稜線に出て、目指す毛勝山が目の前に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく稜線に出て、目指す毛勝山が目の前に。
3
第一座目、毛勝山(2,415m)。
すでに、かなりの達成感です。
ここで帰ってもいいのですが・・・
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第一座目、毛勝山(2,415m)。
すでに、かなりの達成感です。
ここで帰ってもいいのですが・・・
5
これから向かう釜谷山、猫又山がおいでおいでしてます。
かなりセクシーな稜線です。
やはり、行くしかない・・・!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから向かう釜谷山、猫又山がおいでおいでしてます。
かなりセクシーな稜線です。
やはり、行くしかない・・・!
9
優美な僧ヶ岳&駒ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
優美な僧ヶ岳&駒ヶ岳。
3
登ってきた毛勝谷を振り返る。
奥には富山湾。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登ってきた毛勝谷を振り返る。
奥には富山湾。
3
毛勝山南峰と、大明神山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝山南峰と、大明神山。
1
毛勝山の山頂で、愛を叫ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝山の山頂で、愛を叫ぶ。
13
一旦下り、毛勝南峰に登り、さらに下って、釜谷山に向かいます。
巨大な雪庇に注意。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一旦下り、毛勝南峰に登り、さらに下って、釜谷山に向かいます。
巨大な雪庇に注意。
4
地形と風の影響で、釜谷山の稜線は雪の付き方がヤバいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
地形と風の影響で、釜谷山の稜線は雪の付き方がヤバいです。
2
第二座目、釜谷山(2,415m)。
ここで油断して、足がつりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
第二座目、釜谷山(2,415m)。
ここで油断して、足がつりました。
6
毛勝山を振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
毛勝山を振り返る。
3
これから進む猫又山を見つめる。
奥には剱岳も待ち構えています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから進む猫又山を見つめる。
奥には剱岳も待ち構えています。
3
釜谷山の山頂で、愛を叫ぶ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
釜谷山の山頂で、愛を叫ぶ。
11
猫又山に向かいます。
大日・奥大日の手前の稜線は、大猫平〜大猫山から猫又山へと延びる、東芦見尾根。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫又山に向かいます。
大日・奥大日の手前の稜線は、大猫平〜大猫山から猫又山へと延びる、東芦見尾根。
1
目指す最終ピーク、猫又山。どっしりしています。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す最終ピーク、猫又山。どっしりしています。
4
最後の難所、雪壁が現れます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の難所、雪壁が現れます。
3
斜度は、50度か60度くらいでしょうか、でも感覚的には垂直、途中オーバーハング的なところもあります。
ピッケルとアイゼン、自分を信じて攀じ登ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜度は、50度か60度くらいでしょうか、でも感覚的には垂直、途中オーバーハング的なところもあります。
ピッケルとアイゼン、自分を信じて攀じ登ります。
3
そして最終ピーク、猫又山(2,378m)。
ああ、体力の限界。もうヘトヘトです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして最終ピーク、猫又山(2,378m)。
ああ、体力の限界。もうヘトヘトです。
7
でも、やさしいお地蔵さんが、いたわってくれました(涙)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でも、やさしいお地蔵さんが、いたわってくれました(涙)。
2
猫又山の山頂で、愛を叫ぶ。
本日最後の大きな愛を、剱に向かって。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫又山の山頂で、愛を叫ぶ。
本日最後の大きな愛を、剱に向かって。
10
どら焼きで体力回復。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どら焼きで体力回復。
2
後立山方面は、やや霞みがち。
それでも、美しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後立山方面は、やや霞みがち。
それでも、美しい。
1
春の剱岳。
本日、馬場島のゲートが開きました。
融雪進み、例年より2週間ほど早い春山のスタートです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春の剱岳。
本日、馬場島のゲートが開きました。
融雪進み、例年より2週間ほど早い春山のスタートです。
7
品のある大日岳、奥大日岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
品のある大日岳、奥大日岳。
5
やや霞んでいるが、その雄姿を、網膜に焼き付ける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やや霞んでいるが、その雄姿を、網膜に焼き付ける。
3
さあ、後は猫又谷を下るのみ。
奥に見えるは毛勝三山の展望台、大倉山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、後は猫又谷を下るのみ。
奥に見えるは毛勝三山の展望台、大倉山。
2
少し下って、振り返る。
猫又山は毛勝谷よりも緩斜面とはいえ、上部の角度はけっこうシビれます。滑落注意!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って、振り返る。
猫又山は毛勝谷よりも緩斜面とはいえ、上部の角度はけっこうシビれます。滑落注意!
1
スライディング雪塊。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スライディング雪塊。
2
だいぶ下ってきて、谷を振り返る。
毛勝谷の男性的な荒々しさに比べ、猫又谷は女性的で優美です。
しかし、雪は少ない。例年のGW明けのよう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ下ってきて、谷を振り返る。
毛勝谷の男性的な荒々しさに比べ、猫又谷は女性的で優美です。
しかし、雪は少ない。例年のGW明けのよう。
4
冬のヨロイ、脱ぎ捨て中。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
冬のヨロイ、脱ぎ捨て中。
2
南又発電所を過ぎる。
ここから先の長い長い林道歩きが、本当の核心部。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南又発電所を過ぎる。
ここから先の長い長い林道歩きが、本当の核心部。
清冽な流れ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清冽な流れ。
1
春を告げる、キクザキイチゲの清楚な色合い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春を告げる、キクザキイチゲの清楚な色合い。
2
ホラ、洞杉ですよ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホラ、洞杉ですよ。
1
うつむき加減のカタクリ。
傍らの花たちを眺めながら、林道を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うつむき加減のカタクリ。
傍らの花たちを眺めながら、林道を進む。
スミレの綺麗なブルー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スミレの綺麗なブルー。
水たまりに産み落とされた、大量のカエルの卵。
この水たまりが蒸発したら、どうする?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水たまりに産み落とされた、大量のカエルの卵。
この水たまりが蒸発したら、どうする?
山桜も、けなげに春の訪れを告げる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜も、けなげに春の訪れを告げる。
1
そしてようやく、南又東又分岐へ戻る。
完全燃焼。お疲れ様でした!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてようやく、南又東又分岐へ戻る。
完全燃焼。お疲れ様でした!
3

感想/記録
by kakehi

初めてレコ書きます。
今までは「見るレコ」専門でしたが、今回のコースはあまり記録になかったので、記念に書いてみました。
富山の隠れた名山である毛勝三山。剱岳の隣に、傭兵のようにどっしりと構えるその姿は、剱・立山連峰のパノラマに欠かせない存在です。
どの山も、無雪期・積雪期に単独では何度も登っていましたが、日帰りでの周回コースはなかなかタイミングが合わず、雪の少ない今年、GW前にようやくチャンスが訪れました。
このコースに必要なのは、早朝に危険地帯を一気に通過する体力、滑落防止技術、そして何より、「折れない心」。
誰にでもおススメできるわけではありませんが、この達成感と筋肉痛は、言葉では表現しきれません。
今回は好天を狙っての速攻日帰りでしたが、稜線に出てからの展望はとにかく素晴らしいので、今度は、テントを背負ってじっくり楽しみたいです!
訪問者数:610人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/10/14
投稿数: 437
2016/4/17 16:50
 おっ!?
レコデビューおめでとうございます

これからもたまにアップしてください。
ご無事で何より。お疲れ様。
登録日: 2013/1/3
投稿数: 14
2016/4/17 16:59
 Re: おっ!?
おお、ついにデビューしてしまったぞ!
春なので、新しいことに挑戦してみました。
マイペースで、アップしていきま~す!
登録日: 2014/3/21
投稿数: 63
2016/4/17 17:27
 すごすぎます!
今日、みんなで筧さんの話をしてました!改めてすごい行程だと思いました。何より無事に下山されてよかったです。お疲れ様でした。
登録日: 2013/1/3
投稿数: 14
2016/4/17 20:16
 Re: すごすぎます!
ありがとうございます。
生きてて良かったと、痛感してます。
GWの馬場島ベースキャンプ、楽しみにしてます!
登録日: 2014/3/21
投稿数: 63
2016/4/19 18:17
 是非、
参加お待ちしてます!渓流釣りや中山に登ったり夜は大宴会の予定です!!
よろしくお願いします(^0^)v
ちなみにこの写真はkakehiさんのパクリのつもりが少し違いますね(笑)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ