ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 853249 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

雨乞岳

日程 2016年04月24日(日) [日帰り]
メンバー torinekokninaka(CL)
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
鈴鹿スカイラインに三重県側から入り、武平トンネル東側駐車場に駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間8分
休憩
1時間52分
合計
7時間0分
Sスタート地点07:3808:00武平峠08:0108:12武平トンネル西登山口08:1408:49沢谷峠08:5009:05クラ谷分岐09:0910:05七人山のコル10:1010:15七人山10:1710:22七人山のコル10:48東雨乞岳10:5211:06雨乞岳11:1611:25東雨乞岳12:4212:59七人山のコル13:49クラ谷分岐13:5314:03沢谷峠14:34武平トンネル西登山口14:3614:38ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七人山のコルまでは谷登りで、急な斜面のトラバースと沢の渡渉の繰り返しです。
登山道が不明瞭なところもありますのでしっかり踏み跡を辿ってください。
七人山のコルから山頂までは開けた稜線歩きで登山道もはっきりしています。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 携帯 時計 ストック カメラ
共同装備 ツェルト 無線機(430MHz FM)
備考 クラ谷分岐から先、谷に入るとすぐに右斜面上部のトラバース道への上り道があります。
見過ごさないように。(私達は見過ごして谷を詰めてしまいました。)

写真

武平トンネル東側、武平峠登り口よりスタート。
2016年04月24日 07:55撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
武平トンネル東側、武平峠登り口よりスタート。
3
すぐに武平峠に到着。
ここからトンネル西側登山口に向けて下ります。
2016年04月24日 08:02撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに武平峠に到着。
ここからトンネル西側登山口に向けて下ります。
登山口に到着。
登山届をポストに入れて登山開始。
2016年04月24日 08:13撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口に到着。
登山届をポストに入れて登山開始。
最初は植林の杉林を進みます。
2016年04月24日 08:18撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は植林の杉林を進みます。
ところどころに現在地を示す標識が整備されています。
「ここは2番」
2016年04月24日 08:30撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ところどころに現在地を示す標識が整備されています。
「ここは2番」
「ここは3番」
東近江市と甲賀市の市境線付近です。
2016年04月24日 08:48撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ここは3番」
東近江市と甲賀市の市境線付近です。
1
3番を過ぎるとトラバース道から、
2016年04月24日 08:48撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3番を過ぎるとトラバース道から、
幅の広い谷筋の登山道に変わります。
2016年04月24日 08:51撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅の広い谷筋の登山道に変わります。
踏み跡を見失わないように気をつけて。
2016年04月24日 08:52撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡を見失わないように気をつけて。
沢が現れました。
2016年04月24日 08:58撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢が現れました。
1
クラ谷分岐到着。クラ谷分岐より先は谷の中に入りますが、すぐに斜面上部のトラバース道へ登ります。
2016年04月24日 09:01撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラ谷分岐到着。クラ谷分岐より先は谷の中に入りますが、すぐに斜面上部のトラバース道へ登ります。
1
私達は登山道を見失い、そのまま谷を詰めてしまいます。
2016年04月24日 09:13撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私達は登山道を見失い、そのまま谷を詰めてしまいます。
1
なんとか正規の登山道に戻りました。
2016年04月24日 09:28撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか正規の登山道に戻りました。
つつじが綺麗に咲いています。
2016年04月24日 09:28撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじが綺麗に咲いています。
1
登山道は支谷から本谷へ合流。ここからの進路は西向きに本谷を進みます。
2016年04月24日 09:30撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道は支谷から本谷へ合流。ここからの進路は西向きに本谷を進みます。
沢沿いのトラバース道を進みます。水の音が爽やかです。
2016年04月24日 09:39撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いのトラバース道を進みます。水の音が爽やかです。
「ここは6番」ここから進路は再び西向きに。
2016年04月24日 09:48撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ここは6番」ここから進路は再び西向きに。
1
「ここは7番」七人山のコルに到着。
2016年04月24日 10:05撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ここは7番」七人山のコルに到着。
1
ここからは稜線歩き。コルから雨乞岳方向を望む。
2016年04月24日 10:05撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは稜線歩き。コルから雨乞岳方向を望む。
1
コルから七人山方向を望む。休憩後、七人山を目指してこちらに進みました。
2016年04月24日 10:05撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルから七人山方向を望む。休憩後、七人山を目指してこちらに進みました。
10分ほどで七人山到着。
2016年04月24日 10:14撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10分ほどで七人山到着。
1
七人山を後にし、雨乞岳を目指します。ここで鎌ヶ岳が姿を表しました。本日最初の絶景ポイント。
2016年04月24日 10:25撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七人山を後にし、雨乞岳を目指します。ここで鎌ヶ岳が姿を表しました。本日最初の絶景ポイント。
2
笹原の中を進みます。
「ここは8番」標識によれば、8番はこの先の東雨乞岳のはずなのに・・・
2016年04月24日 10:40撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹原の中を進みます。
「ここは8番」標識によれば、8番はこの先の東雨乞岳のはずなのに・・・
1
東雨乞岳に向かう急登。このルート唯一の急登を200m登ります。
2016年04月24日 10:40撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳に向かう急登。このルート唯一の急登を200m登ります。
1
二輪だけ咲いていました。名前は?
2016年04月24日 10:47撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二輪だけ咲いていました。名前は?
1
東雨乞岳到着。眺望が素晴らしい。絶景!
2016年04月24日 10:49撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳到着。眺望が素晴らしい。絶景!
5
東雨乞岳から雨乞岳に続く稜線。笹原に伸びる1本の登山道が美しい。
では、雨乞岳に向けて出発!
2016年04月24日 10:55撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳から雨乞岳に続く稜線。笹原に伸びる1本の登山道が美しい。
では、雨乞岳に向けて出発!
2
これはところどころに咲いていました。名前は?
2016年04月24日 10:57撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはところどころに咲いていました。名前は?
1
隣の稜線には奇岩が・・・
2016年04月24日 10:58撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
隣の稜線には奇岩が・・・
雨乞岳到着。
2016年04月24日 11:08撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳到着。
4
三等三角点「雨乞岳」
2016年04月24日 11:08撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三等三角点「雨乞岳」
1
雨乞岳から望む御在所山と鎌ヶ岳。山頂は狭いので、東雨乞岳まで戻ってお昼にしました。1.5時間の滞在ののち下山開始。
2016年04月24日 11:10撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳から望む御在所山と鎌ヶ岳。山頂は狭いので、東雨乞岳まで戻ってお昼にしました。1.5時間の滞在ののち下山開始。
3
七人山のコルまで戻ってきました。
2016年04月24日 12:59撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七人山のコルまで戻ってきました。
1
谷筋はここまで。ここから最後のトラバース道になります。
2016年04月24日 14:02撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋はここまで。ここから最後のトラバース道になります。
登山口まで戻ってきました。
2016年04月24日 14:39撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで戻ってきました。
2
お疲れ様でした。
2016年04月24日 14:40撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お疲れ様でした。
1
帰りは駐車場までトンネル内を歩きました。
2016年04月24日 14:41撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは駐車場までトンネル内を歩きました。
1
滋賀・三重県境をまたいで。
2016年04月24日 14:44撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滋賀・三重県境をまたいで。
2

感想/記録

2度めの雨乞岳でしたが前回の記憶は殆ど無く、初めて登るのと同じ状態でした。クラ谷分岐でコースを見失った時は焦りました。自宅に戻ってじっくり地形図を見なおしたら等高線の変化と実際の地形を一致させることが出来ました。ミスコースした時こそ時間をかけて地形図と実際の地形を照らし合わせることが必要と改めて学びました。
訪問者数:564人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/3/20
投稿数: 4
2016/4/26 15:29
 ありがとうございました
記録アップありがとうございます。私もアップできるようになりたいけど
なかなか…。仕事の休憩中に写真を見返しては「綺麗な景色だったなー」と
癒されています。地図読み、修業します
登録日: 2016/1/31
投稿数: 4
2016/4/26 18:27
 Re: ありがとうございました
コメントありがとうございます。
次回は他のメンバーも一緒に登りたいですね。
登りたい山教えてください。
登録日: 2015/3/20
投稿数: 4
2016/4/28 21:44
 Re[2]: ありがとうございました
この前言ってみえた縦走準備も兼ねて御池岳、登ってみたいです。
テーブルランドが見たい♪ ヒルが出る前に…
あと、能郷白山も。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

急登 三角点 渡渉 コル 奇岩
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ