ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 868156 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥秩父

甲武信ヶ岳 毛木平から水源地〜十文字峠反時計廻り

日程 2016年05月08日(日) [日帰り]
メンバー sunvito, その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
新潟から車で4時間余りで「白木屋旅館」
旅館に宿泊してそこから登山口のある毛木場駐車場まで車で約10分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち63%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間10分
休憩
1時間3分
合計
8時間13分
S毛木平05:1305:38大山衹神社05:50慰霊碑06:40なめ滝07:50千曲川・信濃川水源地標07:5108:35甲武信ヶ岳08:5409:30三宝岩09:31三宝山10:0310:08三宝岩10:37尻岩10:53武信白岩山10:5411:03武信白岩山(北峰)11:0511:40大山11:4112:10十文字小屋12:1712:19十文字峠13:26毛木平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
甲武信ヶ岳と三宝山山頂付近には残雪少しあるが、ほとんど夏道
一応、軽アイゼン持っていったが足場に気を付ければアイゼンやスパイクは要らない

毛木場駐車場から毛木平は林道

毛木平から水源地は緩やかな登り

水源地から尾根に出るまで急登で尾根に出ると緩やか

甲武信岳山頂手前に富士山絶景ポイントが有る

山頂手前は岩場

甲武信ヶ岳から三宝山は大きくアップダウンでこの時期まだ残雪が有った

三宝山から十文字峠は大小のアップダウンを繰り返す

十文字峠から毛木平は八丁坂で急登
その他周辺情報毛木場駐車場にトイレ有
冬季は閉鎖されているがその閉鎖期間は分からない
水洗でトイレットペーパは常備されている

登山ポストはトイレに設置されている

深田久弥が泊った「白木屋旅館」

写真

深田久弥が泊った白木屋旅館に前泊
新潟からここまで4時間余り
最近改築されてきれいになっている
2016年05月07日 16:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深田久弥が泊った白木屋旅館に前泊
新潟からここまで4時間余り
最近改築されてきれいになっている
夕食は山菜とイワナでヘルシー
2016年05月07日 18:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食は山菜とイワナでヘルシー
2
朝5時前の毛木場駐車場は先着8台でガラガラだった
テン泊者も居た
2016年05月08日 04:51撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝5時前の毛木場駐車場は先着8台でガラガラだった
テン泊者も居た
登山口の地図
2016年05月08日 04:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口の地図
トイレに登山届ポスト有
水洗でトイレットペーパー完備
2016年05月08日 04:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレに登山届ポスト有
水洗でトイレットペーパー完備
5時12分
登山届を出して登山開始
2016年05月08日 05:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時12分
登山届を出して登山開始
1
最初は林道を進む
2016年05月08日 05:21撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は林道を進む
千曲川の流れ
まだ水量は多い
2016年05月08日 05:29撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
千曲川の流れ
まだ水量は多い
1
安全登山を祈念
2016年05月08日 05:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安全登山を祈念
渓流である
2016年05月08日 05:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渓流である
ひたすら緩やかな樹林帯を登る
2016年05月08日 05:45撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすら緩やかな樹林帯を登る

この後いくつか渡渉箇所あり
2016年05月08日 06:08撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す

この後いくつか渡渉箇所あり
途中いくつもの沢の流れを集めてこの清流となる
2016年05月08日 06:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中いくつもの沢の流れを集めてこの清流となる
1
緩やかな登山道
2016年05月08日 06:39撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緩やかな登山道
滑滝
岩肌を滑るように流れる
2016年05月08日 06:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滑滝
岩肌を滑るように流れる
水源地まであと2.1km
2016年05月08日 06:44撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水源地まであと2.1km
上流に行くにつれてだんだん流れが細くなる
2016年05月08日 07:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上流に行くにつれてだんだん流れが細くなる
1
沢沿いの登山道
この沢が大河信濃川になるのだろうか
2016年05月08日 07:11撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの登山道
この沢が大河信濃川になるのだろうか
橋が二つ
もちろん新しい方を渡る
2016年05月08日 07:12撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋が二つ
もちろん新しい方を渡る
もうここまで来ると千曲川も信濃川も元を辿ればただの小川である
2016年05月08日 07:33撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうここまで来ると千曲川も信濃川も元を辿ればただの小川である
ようやく水源地に到着
2016年05月08日 07:47撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく水源地に到着
2
コップがあるのでここが水源地と思われるが、しづくが"ぽたっ""ぽたっ"っと
とても飲る量ではない
この下の湧き水から流れが始まっていた
2016年05月08日 07:48撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コップがあるのでここが水源地と思われるが、しづくが"ぽたっ""ぽたっ"っと
とても飲る量ではない
この下の湧き水から流れが始まっていた
2
流域面積と延長が書いてある
2016年05月08日 07:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
流域面積と延長が書いてある
ここから尾根に向かう急登
2016年05月08日 08:04撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから尾根に向かう急登
残雪有るがほぼ夏道も出ているのでよけて気を付けながら登る
2016年05月08日 08:15撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残雪有るがほぼ夏道も出ているのでよけて気を付けながら登る
山頂手前の富士山絶景ポイントより
2016年05月08日 08:22撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の富士山絶景ポイントより
2
山頂にて
ぬけるような青空である
2016年05月08日 08:36撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂にて
ぬけるような青空である
13
山頂からの富士山
空気も澄んでいて凛とした富士がよく見えた
2016年05月08日 08:38撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂からの富士山
空気も澄んでいて凛とした富士がよく見えた
1
白木屋旅館で作ってもらった朝食弁当を食べる
2016年05月08日 08:46撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白木屋旅館で作ってもらった朝食弁当を食べる
2
三宝山へ向かう
残雪有るがアイゼン不用
足場に気をつけて進む
2016年05月08日 09:11撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山へ向かう
残雪有るがアイゼン不用
足場に気をつけて進む
三宝山
山頂はシャクナゲに囲まれているがまだ固いつぼみ
満開の頃に見たいと思わせる
2016年05月08日 09:31撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三宝山
山頂はシャクナゲに囲まれているがまだ固いつぼみ
満開の頃に見たいと思わせる
三角点タッチ
2016年05月08日 09:32撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点タッチ
1
カップめんで昼食
山麺はなぜかうまい
2016年05月08日 09:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カップめんで昼食
山麺はなぜかうまい
気圧でパンパンに膨らんでいる
2016年05月08日 09:37撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気圧でパンパンに膨らんでいる
1
シャクナゲの固いつぼみ
少し時期が早かった
2016年05月08日 09:59撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの固いつぼみ
少し時期が早かった
1
面白巨石「尻岩」
2016年05月08日 10:35撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
面白巨石「尻岩」
巨石をかいくぐる
2016年05月08日 10:50撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨石をかいくぐる
鎖場が現れ始めた
2016年05月08日 10:57撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場が現れ始めた
しかし何も問題無い
2016年05月08日 11:03撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし何も問題無い
1
十文字峠へは鎖場をいくつか超える
2016年05月08日 11:40撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字峠へは鎖場をいくつか超える
鎖を無視して快調に飛ばす
2016年05月08日 11:41撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖を無視して快調に飛ばす
尾根歩きが楽しい
2016年05月08日 11:52撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根歩きが楽しい
十文字小屋で休憩
2016年05月08日 12:11撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
十文字小屋で休憩
つづら折れの長い坂を下る
2016年05月08日 12:45撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つづら折れの長い坂を下る
清流に帰ってきた
2016年05月08日 13:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
清流に帰ってきた
橋を渡れば毛木平
2016年05月08日 13:16撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋を渡れば毛木平
1
無事にゴール
2016年05月08日 13:24撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事にゴール
午後1時過ぎの毛木場駐車場は半分埋まる程度
2016年05月08日 13:23撮影 by DSC-WX220, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後1時過ぎの毛木場駐車場は半分埋まる程度
1

感想/記録

あまり天気に恵まれなかった2016年GW。予報が良かったのでちょっと遠いが甲武信ヶ岳へ。

快晴のゴールデンウイーク最後の日の日曜日である。さぞ混雑するであろうと考えて旅館に前泊して毛木場駐車場に早入りしようという計画。
いざ、新潟から車で4時間以上もかけて旅館に到着してみると、宿泊客は我々2人だけ。まあ、とにかく明日は早起きして混雑する前に駐車場へ。翌朝4時に起きて、なんだかんだと支度して駐車場へ5時ちょい過ぎに着いてみると先着8台のみでガラガラ。下山した13時過ぎ頃でも半分埋まっている程度。

登山道は人が少なくて静かだった。水源地まではずっと沢音を聞きながら登った。
16kmの長丁場、標準CT9時間のところ休憩込みで8時間ちょっとだった。
本格的な登山は久しぶりだったので足にもきてかなり疲れた。日頃の鍛え方が足りなかったか。

甲武信ヶ岳山頂は眺望が良い。三宝山の方が最高点が高いのだが眺望はほとんど無い。
今年は雪が少なくてGWは暖かったので、少しでいいからシャクナゲの開花を期待したが、まだ固いつぼみで残念。
三宝山山頂はシャクナゲに囲まれているので開花したら見事だろう。

水源地にはコップが置かれていたが、今年は雪が少なかった影響でそこから水は湧いていなかった。そこから少し下の方からの湧き水で流れが始まっていた。遥か日本海までの長い道のりがこの深い山奥から始まっていた。

水源地と十文字峠の両方をめぐるなら反時計回りが良いと思う。十文字峠からの最後の下り八丁坂はきつかったので、登りに使ったら初っ端から体力が奪われるだろう。久しぶりに膝が痛くなった。山行中は時計回りの登山者には遭遇しなかった。

滑滝を過ぎて絶景の富士を望む甲武信ヶ岳からの眺望


訪問者数:1167人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ