ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 871031 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走御在所・鎌ヶ岳

武平峠〜雨乞岳〜イブネ〜クラシ (テント泊)

日程 2016年05月12日(木) 〜 2016年05月13日(金)
メンバー sugimitsu
天候晴(夜間強風)
アクセス
利用交通機関
車・バイク
武平トンネル周辺に駐車場。
三重県側にはトイレあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間18分
休憩
1時間12分
合計
5時間30分
S武平トンネル西登山口09:2610:07沢谷峠10:17クラ谷分岐10:3011:19七人山のコル11:4212:12東雨乞岳12:26雨乞岳12:4013:12杉峠13:2513:35杉峠の頭13:3614:07佐目峠14:20イブネ14:2814:34イブネ北端14:43クラシ14:51イブネ北端14:56イブネ
2日目
山行
3時間14分
休憩
52分
合計
4時間6分
イブネ08:4308:53佐目峠09:06杉峠の頭09:0709:15杉峠10:00雨乞岳10:11東雨乞岳10:32七人山のコル10:5211:35クラ谷分岐11:5012:01沢谷峠12:0912:40武平トンネル西登山口12:4812:49ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口に登山ポストあり。
行程のほとんどが沢沿いです。
その他周辺情報湯の山温泉(三重県) 希望荘の立ち寄り湯に行きました(ケーブルカーで行く温泉)
八風の湯(滋賀県)

装備

個人装備 長袖シャツ タイツ ズボン 靴下 防寒着 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック ザックカバー サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 調理用食材 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS ファーストエイドキット 日焼け止め ロールペーパー 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ

写真

”玄院
登山口、ポストあります。
2016年05月12日 09:18撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
”玄院
登山口、ポストあります。
2
ど玄院
クラ谷分岐。
2016年05月12日 10:20撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ど玄院
クラ谷分岐。
2
標識。
七人山のコル。
ここから本格的な登り。
2016年05月12日 11:41撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識。
七人山のコル。
ここから本格的な登り。
2
東雨乞岳。
2016年05月12日 12:11撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東雨乞岳。
2
雨乞岳へ。
2016年05月12日 12:11撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳へ。
1
目指す場所、イブネ。
2016年05月12日 12:11撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目指す場所、イブネ。
1
雨乞岳山頂。
2016年05月12日 12:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳山頂。
4
山頂池。
カエルが鳴いてました。
オタマジャクシたくさん。
2016年05月12日 12:27撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂池。
カエルが鳴いてました。
オタマジャクシたくさん。
2
杉峠へ向かいます。
2016年05月12日 12:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠へ向かいます。
1
グングン高度が下がります。
2016年05月12日 12:53撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
グングン高度が下がります。
1
杉峠。
由来となった杉でしょうか、枯れています。
2016年05月12日 13:10撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠。
由来となった杉でしょうか、枯れています。
1
来た道を振り返って。
登り返すのが大変そう。
2016年05月12日 13:14撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返って。
登り返すのが大変そう。
杉峠の頭。
2016年05月12日 13:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉峠の頭。
1
佐目峠へ。
標識を右折です。
2016年05月12日 13:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐目峠へ。
標識を右折です。
1
画面右手(南側)から沢の音が。
2016年05月12日 13:50撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
画面右手(南側)から沢の音が。
1
ルートを外れ100mほど南に行くと沢発見。
2016年05月12日 13:55撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルートを外れ100mほど南に行くと沢発見。
1
佐目峠。
2016年05月12日 14:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
佐目峠。
2
あと少し。
2016年05月12日 14:05撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し。
1
イブネ到着。
2016年05月12日 14:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ到着。
1
広い平原。
2016年05月12日 14:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い平原。
1
苔の絨毯。
2016年05月12日 14:30撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔の絨毯。
イブネ北端。
2016年05月12日 14:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イブネ北端。
1
クラシに向かいます。
2016年05月12日 14:39撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシに向かいます。
クラシ。
2016年05月12日 14:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クラシ。
1
テント設営終了。
2016年05月12日 16:03撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント設営終了。
6
御在所岳山頂施設アップ。
2016年05月12日 16:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳山頂施設アップ。
2
鎌ケ岳アップ。
2016年05月12日 16:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎌ケ岳アップ。
4
雨乞岳と東雨乞岳。
2016年05月12日 16:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞岳と東雨乞岳。
2
御在所岳と鎌ケ岳。
2016年05月12日 16:38撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御在所岳と鎌ケ岳。
2
西日が強い。
2016年05月12日 16:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西日が強い。
楽園ですな。
2016年05月12日 16:55撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽園ですな。
3
苔!!
2016年05月12日 18:26撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔!!
4
夕陽が美しい。
2016年05月12日 18:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕陽が美しい。
4
日没。
比良山地に陽が落ちます。
2016年05月12日 18:48撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日没。
比良山地に陽が落ちます。
4
夜の帳が下りてきました。
2016年05月12日 18:52撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜の帳が下りてきました。
3
来訪者あり。
上手く撮れませんでしたがキツネです。
2016年05月12日 19:13撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来訪者あり。
上手く撮れませんでしたがキツネです。
1
四日市の夜景。
2016年05月12日 19:19撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四日市の夜景。
4
滋賀県側。
2016年05月12日 19:24撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滋賀県側。
1
月とテント。
2016年05月12日 19:35撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月とテント。
12
このあと、20時頃から6時過ぎまで強風でほとんど眠れず。
あー怖かった ((;゜Д゜)
2016年05月12日 19:41撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあと、20時頃から6時過ぎまで強風でほとんど眠れず。
あー怖かった ((;゜Д゜)
4
朝を迎え、風も収まってきました。
周辺の山々はガスに覆われています。
2016年05月13日 06:24撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝を迎え、風も収まってきました。
周辺の山々はガスに覆われています。
3
朝の光に包まれて。
2016年05月13日 06:28撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の光に包まれて。
4
出発です。
来た道を戻ります。
さらばイブネ、ありがとう。
2016年05月13日 06:32撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
出発です。
来た道を戻ります。
さらばイブネ、ありがとう。
3
撮影機材:

感想/記録

鈴鹿の奥座敷、最奥の秘境と言われるイブネでテント泊。その存在を知ったのは10日ほど前の雨乞岳山行の際です。鈴鹿にこんな場所があるのかと知った途端、居ても立っても居られなくなりました。
武平峠を出発し雨乞岳、杉峠を経由してたどり着いた場所は苔の絨毯が広がるこの世の楽園。夜間(20時頃から6時過ぎまで)は強風でほとんど眠れませんでしたが、贅沢な時間を過ごすことができました。

訪問者数:495人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ