ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 875721 全員に公開 山滑走槍・穂高・乗鞍

乗鞍 BC 快晴大展望&ナイスザラメ

日程 2016年05月18日(水) [日帰り]
メンバー Fujimori-W
天候快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク
ほうのき平に車を駐めました。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち38%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間50分
休憩
24分
合計
4時間14分
S畳平バスターミナル07:3507:41鶴ヶ池07:46県境ゲートバス停08:06摩利支天分岐08:1008:23肩の小屋08:52朝日岳(乗鞍)09:05蚕玉岳09:10乗鞍岳頂上小屋09:20乗鞍岳09:4009:41乗鞍岳頂上小屋11:32摩利支天分岐11:45県境ゲートバス停11:49畳平バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

ほおのき平駐車場に車を駐めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ほおのき平駐車場に車を駐めます。
始発のバスで畳平に到着。乗客は10人ちょっとと少なめでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
始発のバスで畳平に到着。乗客は10人ちょっとと少なめでした。
歩き始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めます。
1
少しだけ雪歩き。朝はクラストして堅めでしたが、帰りはざくざくでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ雪歩き。朝はクラストして堅めでしたが、帰りはざくざくでした。
1
日本とは思えない風景です(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本とは思えない風景です(^^)。
4
この先も摩利支天分岐までは雪がほとんどありませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先も摩利支天分岐までは雪がほとんどありませんでした。
富士見沢もとりあえずほぼ稜線から雪がありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見沢もとりあえずほぼ稜線から雪がありました。
安心して歩けるのは摩利支天分岐まで。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
安心して歩けるのは摩利支天分岐まで。
この先は急斜面のトラバースとなります。雪は緩んでいますが、念のためアイゼンをつけました。だって万一滑ったら100mは停まりそうもないので(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は急斜面のトラバースとなります。雪は緩んでいますが、念のためアイゼンをつけました。だって万一滑ったら100mは停まりそうもないので(^^;。
4
蚕玉岳と朝日岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蚕玉岳と朝日岳。
1
位ヶ原もすっかり雪解けが進んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
位ヶ原もすっかり雪解けが進んでいます。
2
少しだけ車道歩きがありすぐにまた急斜面のトラバース。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少しだけ車道歩きがありすぐにまた急斜面のトラバース。
2
この下の急斜面はあとで滑りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この下の急斜面はあとで滑りました。
1
緊張する急斜面のトラバースは終了。アイゼンをはずそうか迷いましたが、その後も断続的に雪が出てくるので、結局山頂までアイゼンはそのままでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
緊張する急斜面のトラバースは終了。アイゼンをはずそうか迷いましたが、その後も断続的に雪が出てくるので、結局山頂までアイゼンはそのままでした。
1
素晴らしい眺めです(^^)。ただし6月中旬かと勘違いするような景色ですが(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
素晴らしい眺めです(^^)。ただし6月中旬かと勘違いするような景色ですが(^^;。
4
また雪。まあこの位の斜度ならアイゼンなしでも大丈夫ですが。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また雪。まあこの位の斜度ならアイゼンなしでも大丈夫ですが。
雪が無いので夏道登山道に沿って進みます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が無いので夏道登山道に沿って進みます。
1
しばらくは雪があったり無かったり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは雪があったり無かったり。
ここから雪がつながります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから雪がつながります。
1
斜面のトラバースはアイゼンがあった方が安心できます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面のトラバースはアイゼンがあった方が安心できます。
もう少しで稜線。ここまでほぼ無風でしたが、稜線は少し冷たい風が吹いていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで稜線。ここまでほぼ無風でしたが、稜線は少し冷たい風が吹いていました。
1
蚕玉岳と朝日岳の間の斜面の様子。途中が少し狭くなってきていますが、問題無く滑れそう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蚕玉岳と朝日岳の間の斜面の様子。途中が少し狭くなってきていますが、問題無く滑れそう
蚕玉岳に向けて登っていきます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蚕玉岳に向けて登っていきます。
朝日岳を振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝日岳を振り返ります。
剣ヶ峰が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰が見えてきました。
1
蚕玉岳の山頂は雪がなし。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蚕玉岳の山頂は雪がなし。
2
剣ヶ峰に向かいます。剣ヶ峰と蚕玉岳の間の斜面が広くて滑りやすそうでしたので、今回はこの斜面を滑りました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰に向かいます。剣ヶ峰と蚕玉岳の間の斜面が広くて滑りやすそうでしたので、今回はこの斜面を滑りました。
頂上小屋。営業していそう。(今の時間は分かりませんが)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上小屋。営業していそう。(今の時間は分かりませんが)
1
山頂まであと少し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し。
剣ヶ峰直下のルートも何とか滑れそうです。ただ途中がだいぶ狭くなってきていますので、このルートが滑れるのもあと数日か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰直下のルートも何とか滑れそうです。ただ途中がだいぶ狭くなってきていますので、このルートが滑れるのもあと数日か。
山頂近くまで雪はつながっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂近くまで雪はつながっていました。
山頂に到着。多分今日の二人目。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂に到着。多分今日の二人目。
1
乗鞍は今シーズン何度かBCで訪れていますが、剣ヶ峰に登るのは今シーズン初めてです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍は今シーズン何度かBCで訪れていますが、剣ヶ峰に登るのは今シーズン初めてです。
7
今日は最高の展望です(^^)。では北アルプス方面からぐるりとご紹介。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は最高の展望です(^^)。では北アルプス方面からぐるりとご紹介。
2
浅間山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅間山方面。
2
南アルプス方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南アルプス方面。
中央アルプス方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央アルプス方面。
1
御嶽山方面。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山方面。
3
御嶽山。今日は噴煙はほとんど確認出来ませんでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽山。今日は噴煙はほとんど確認出来ませんでした。
3
今日は白山が本当にきれいに見えていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日は白山が本当にきれいに見えていました。
2
では雪のある最上部から滑り始めます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では雪のある最上部から滑り始めます。
ではこの辺りから右側の斜面にドロップします。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ではこの辺りから右側の斜面にドロップします。
ここから。良い感じにザラメが育ってきています(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから。良い感じにザラメが育ってきています(^^)。
2
今日のファーストドロップです(^^)。そしてナイスザラメ!。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日のファーストドロップです(^^)。そしてナイスザラメ!。
3
本当に滑りやすいザラメです。滑っていて本当に気持ちよかったです(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本当に滑りやすいザラメです。滑っていて本当に気持ちよかったです(^^)。
2
このまま道路まで滑り降りてみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このまま道路まで滑り降りてみます。
2
あっという間にここまで。滑ってきた斜面を振り返ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あっという間にここまで。滑ってきた斜面を振り返ります。
2
私のシュプールもかすかに見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私のシュプールもかすかに見えます。
1
剣ヶ峰直下のルート。このラインもお気に入りです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰直下のルート。このラインもお気に入りです。
道路は除雪中でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道路は除雪中でした。
摩利支天岳側の斜面。帰る前にもう1本滑りますよ(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
摩利支天岳側の斜面。帰る前にもう1本滑りますよ(^^)。
1
肩の小屋に向けて登り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
肩の小屋に向けて登り返します。
私のシュプールが何とか見えるかな(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私のシュプールが何とか見えるかな(^^)。
3
次に滑る斜面の斜度はこれくらいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次に滑る斜面の斜度はこれくらいです。
1
では行きます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では行きます。
1
ここも快適ザラメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも快適ザラメ。
2
気持ちよかったです(^^)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちよかったです(^^)。
1
では登り返します。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では登り返します。
でもとにかく暑くて疲れました(^^;。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
でもとにかく暑くて疲れました(^^;。
山桜もそろそろ見納め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山桜もそろそろ見納め。
3

感想/記録

春スキーの時期の乗鞍に今シーズン初めて訪れてみました。
今日からしばらく好天が続く予報となっていて、いつ乗鞍に出かけようか迷っていたのですが、好天が続くとなると日に日に雪も減っていくだろうし、また前日の雨で斜面もリセットされているかなと思い、この日に出かけることに急きょ決めたのでした。
なお岐阜側からバスに乗った方が、長野県側からより30分以上早く山頂に立てるので、ファーストドロップ狙いで岐阜県側からにしました。

乗鞍も雪が本当に少なく、まるで6月中旬の頃のような感じでその点は残念でしたが、でもとりあえず主な斜面には滑りを楽しめるだけの雪はあって、剣ヶ峰と蚕玉岳の間の斜面と摩利支天岳の斜面の2本滑ってみましたが、いずれも快適ザラメを気持ちよく滑ることが出来ました。

詳細は以下をご覧下さい。
http://www.fujimoriworld.com/shumi/2016/2016-05-2telemark/2016-05-2telemark.html

さて今シーズンのBCもほぼ終盤となってきましたが、あと何回滑れるかな(^^;。
訪問者数:616人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ