ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 879933 全員に公開 ハイキング六甲・摩耶・有馬

20160522_六甲登山_西おたふく山下山_七兵衛山

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー toshi_a_2014
天候
アクセス
利用交通機関
電車
往き:阪急電車芦屋川駅
帰り:徒歩
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間31分
休憩
22分
合計
4時間53分
S阪急電車芦屋川駅13:2013:38高座の滝14:08風吹岩14:0914:24ゴルフ場下14:41雨ヶ峠14:50本庄橋跡14:54七曲がり取り付き15:25一軒茶屋15:31六甲山15:3215:33山頂下東屋15:4616:00西おたふく山入口舗装路合流16:07西おたふく山無線中継所前16:10西おたふく山ルート下り口16:44森林管理歩道合流16:51住吉川渡河16:5217:09黒五谷方面分岐17:13黒五峠17:17黒五谷ルート合流17:27打越峠17:31七兵衛山17:3717:44木漏れ日広場17:47森林管理歩道合流17:50八幡谷谷筋分岐17:57八幡谷尾根筋分岐18:00山の神18:09八幡谷入口18:13岡本八幡神社G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
午後からの行動ですので、登山は時間が読めるいつもの六甲登山。帰りでルートを色々と楽しむことにして、今日は、西おたふく山経由で下山してみました。魚屋道をそのまま岡本八幡神社まで下るのに比べますと、40 分ほど時間がかかりましたが、楽しく歩くことができました。

----------

参考資料

黒五谷を下って、黒五峠、打越峠への分岐から黒五谷をさらに下れた方
六甲山【芦屋地獄谷 黒五谷】
2012 年 4 月 29 日
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-185441.html

-----

黒五谷が住吉側に注ぐところに行った方
黒五谷入口
2016 年 3 月 26 日
http://atom1000.sakura.ne.jp/160326kurogo/160326kurogo.html

九十才の山歩き
東お多福山から黒五谷・打越山
2014 年 10 月 17 日
http://sac-report.cocolog-nifty.com/blog/2014/10/post-382f.html

-----

黒五谷を住吉川から遡上した方
黒五谷、滝もあります。
2008年 5 月 13 日
http://pikku2000.blog64.fc2.com/blog-entry-386.html
コース状況/
危険箇所等
西おたふく山ルートの下山、住吉川の渡河(右岸から左岸へ)は、やや水量が多くて、先週よりも渡りにくかった。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ズボン 靴下 サブザック 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ 半袖シャツ

写真

今日の高座の滝は、大賑わい。暑さのためか、子どもたちは水遊び。この写真は、下で遊んでいる子どもたちが写り込まないように撮影。
2016年05月22日 13:38撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の高座の滝は、大賑わい。暑さのためか、子どもたちは水遊び。この写真は、下で遊んでいる子どもたちが写り込まないように撮影。
1
風吹岩から眺めます大阪湾。ここも人がたくさんで、コーヒーをいれるよい香りがしました。
2016年05月22日 14:08撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風吹岩から眺めます大阪湾。ここも人がたくさんで、コーヒーをいれるよい香りがしました。
芦屋カンツリー倶楽部の下のゲートが開きっぱなしでした。通った後、閉めておきます。
先月、4 月 29 日と同じ状況です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-854940.html
2016年05月22日 14:24撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦屋カンツリー倶楽部の下のゲートが開きっぱなしでした。通った後、閉めておきます。
先月、4 月 29 日と同じ状況です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-854940.html
1
雨ケ峠は、今日も晴れていました。調理中のグループもいました。最近、ここの猪を見ません。
2016年05月22日 14:41撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨ケ峠は、今日も晴れていました。調理中のグループもいました。最近、ここの猪を見ません。
住吉道の合流点から眺めます本庄堰堤。だんだん木が茂ってきました。
2016年05月22日 14:45撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉道の合流点から眺めます本庄堰堤。だんだん木が茂ってきました。
今日の六甲山頂は、私の他は先客お一方、あとから数人と、少なめでした。
10 週連続ですが、暑さのためか、だんだん歩みが遅くなってきました。
2016年05月22日 15:31撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の六甲山頂は、私の他は先客お一方、あとから数人と、少なめでした。
10 週連続ですが、暑さのためか、だんだん歩みが遅くなってきました。
1
西の方、六甲山上とその南、西おたふく山を眺めます。今日は西おたふく山から下山します。
2016年05月22日 15:32撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西の方、六甲山上とその南、西おたふく山を眺めます。今日は西おたふく山から下山します。
山頂下の東屋の前から、縦走路へ。
2016年05月22日 15:46撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂下の東屋の前から、縦走路へ。
車に気をつけて道路を渡ります。
2016年05月22日 15:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車に気をつけて道路を渡ります。
快適なハイキング。
2016年05月22日 15:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快適なハイキング。
縦走路から最高峰を眺めます。
2016年05月22日 15:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路から最高峰を眺めます。
縦走路を西進しています。
2016年05月22日 15:51撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路を西進しています。
西日に浮かび上がる緑。
2016年05月22日 15:51撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西日に浮かび上がる緑。
縦走路。
2016年05月22日 15:53撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路。
つつじが残っていました。
2016年05月22日 15:56撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つつじが残っていました。
西おたふく山への入口の舗装路に出ました。標識を振り返って撮影。奥から出てきまして、ここで左折。
2016年05月22日 16:00撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西おたふく山への入口の舗装路に出ました。標識を振り返って撮影。奥から出てきまして、ここで左折。
案内板があります。
2016年05月22日 16:01撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板があります。
縦走路は右の階段へ。ここを外国の方が、走って行かれました。お互い、日本語で挨拶します。
2016年05月22日 16:01撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路は右の階段へ。ここを外国の方が、走って行かれました。お互い、日本語で挨拶します。
ここの標識。左手、舗装路を進みます。
2016年05月22日 16:01撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここの標識。左手、舗装路を進みます。
舗装路。
2016年05月22日 16:01撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路。
一つ後の写真の案内図。
2016年05月22日 16:06撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一つ後の写真の案内図。
右手に、針葉樹の森の周遊路があります。日が傾いていますのでパスしました。
2016年05月22日 16:06撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手に、針葉樹の森の周遊路があります。日が傾いていますのでパスしました。
建設省近畿地方建設局六甲無線中継所。ピークは、この中の鉄塔の脇にあるのだそうです。入れないです。
2016年05月22日 16:07撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
建設省近畿地方建設局六甲無線中継所。ピークは、この中の鉄塔の脇にあるのだそうです。入れないです。
舗装路を進んで最高峰を眺めます。
2016年05月22日 16:08撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
舗装路を進んで最高峰を眺めます。
1
芦屋奥池と、その向こうに大阪平野。
2016年05月22日 16:08撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦屋奥池と、その向こうに大阪平野。
西おたふく山の鉄塔を見上げています。
2016年05月22日 16:09撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西おたふく山の鉄塔を見上げています。
住吉谷への下り口に来ました。
2016年05月22日 16:10撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉谷への下り口に来ました。
案内板があります。
2016年05月22日 16:10撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板があります。
下り始めると倒木がありました。くぐります。
2016年05月22日 16:12撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始めると倒木がありました。くぐります。
右手から針葉樹の森の周遊路が合流してきます。
2016年05月22日 16:14撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手から針葉樹の森の周遊路が合流してきます。
ここにも案内板。ここからの下りは、ブナの森ということです。
2016年05月22日 16:14撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも案内板。ここからの下りは、ブナの森ということです。
案内板。
2016年05月22日 16:14撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
案内板。
背の低い笹の下り道。
2016年05月22日 16:16撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
背の低い笹の下り道。
また案内板があります。
2016年05月22日 16:17撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
また案内板があります。
ここまではブナの森、ここからは峠の小径です。
2016年05月22日 16:17撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまではブナの森、ここからは峠の小径です。
1
大阪方面を眺めます。
2016年05月22日 16:19撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪方面を眺めます。
1
右手から下り階段が合流してきました。
2016年05月22日 16:20撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手から下り階段が合流してきました。
階段を見上げていますが、人があまり通っていない様子です。
2016年05月22日 16:20撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段を見上げていますが、人があまり通っていない様子です。
2
標識はあります。
2016年05月22日 16:20撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識はあります。
1
芦屋カンツリー倶楽部越しに眺めます大阪湾。
2016年05月22日 16:21撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
芦屋カンツリー倶楽部越しに眺めます大阪湾。
どんどん下って、
2016年05月22日 16:28撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下って、
左手から、本庄橋跡の手前からの森林管理歩道が合流してきました。
2016年05月22日 16:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左手から、本庄橋跡の手前からの森林管理歩道が合流してきました。
いままで下ってきたのは、峠の小径の続き、学習の森ということです。
2016年05月22日 16:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いままで下ってきたのは、峠の小径の続き、学習の森ということです。
右手の標識。
2016年05月22日 16:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の標識。
保安林事業の説明板。古そうですが、大きくて詳しい。西おたふく山のこのルートは、植林事業が終わる頃、ハイキングルートとして整備が進み、いくつもの案内板や周遊路が整備されたのでしょう。今は、通る人が少ないようで、この下りの間、誰にも出会いませんでした。
2016年05月22日 16:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
保安林事業の説明板。古そうですが、大きくて詳しい。西おたふく山のこのルートは、植林事業が終わる頃、ハイキングルートとして整備が進み、いくつもの案内板や周遊路が整備されたのでしょう。今は、通る人が少ないようで、この下りの間、誰にも出会いませんでした。
1
住吉川の方へ下ります。
2016年05月22日 16:45撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉川の方へ下ります。
住吉川の渡河ポイントが見えてきました。
2016年05月22日 16:51撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉川の渡河ポイントが見えてきました。
右岸側の標識。
2016年05月22日 16:51撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右岸側の標識。
ここを渡るのですが、先週よりも水量が多いです。どなたかが、木を渡してくださっています。ですが、手前の木に乗るまでに距離がありそうなのと、木に乗れてもバランス崩して落ちそうです。

20160515_六甲登山_住吉道下山_黒五山北黒五山七兵衛山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-873783.html
2016年05月22日 16:52撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを渡るのですが、先週よりも水量が多いです。どなたかが、木を渡してくださっています。ですが、手前の木に乗るまでに距離がありそうなのと、木に乗れてもバランス崩して落ちそうです。

20160515_六甲登山_住吉道下山_黒五山北黒五山七兵衛山
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-873783.html
渡り終わって振り返り。
奥の木に右手をかけて体を斜めにして支えて、右足を一番奥の灰色で片面が光っている三角の石に置き、右手を押して体を前へ出して左足を次の薄茶色の三角の石に置き、ただしこの石はぐらつくので、素早く右足を次の小さい丸い平坦な石に置き、右足を支点にして左足でぐらつく石を蹴って手前の大きい石に飛び移りました。
2016年05月22日 16:52撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
渡り終わって振り返り。
奥の木に右手をかけて体を斜めにして支えて、右足を一番奥の灰色で片面が光っている三角の石に置き、右手を押して体を前へ出して左足を次の薄茶色の三角の石に置き、ただしこの石はぐらつくので、素早く右足を次の小さい丸い平坦な石に置き、右足を支点にして左足でぐらつく石を蹴って手前の大きい石に飛び移りました。
住吉道を下って、前方に土嚢階段。その先は崩落斜面です。
写真の左手前に、左上を指し示す太陽と緑の道の札があります。
2016年05月22日 16:58撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
住吉道を下って、前方に土嚢階段。その先は崩落斜面です。
写真の左手前に、左上を指し示す太陽と緑の道の札があります。
ちょっとピンぼけですが太陽と緑の道の札。左上へ涸れた谷筋にある階段道を上ります。
2016年05月22日 16:59撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっとピンぼけですが太陽と緑の道の札。左上へ涸れた谷筋にある階段道を上ります。
大阪毎日新聞の石碑が左手にあります。「六甲山頂上ニ至ル」とあります。
2016年05月22日 17:03撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大阪毎日新聞の石碑が左手にあります。「六甲山頂上ニ至ル」とあります。
1
少し下って右手、住吉川の方の高みを振り返ると、植林事業をしているところがあります。
2016年05月22日 17:07撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って右手、住吉川の方の高みを振り返ると、植林事業をしているところがあります。
JTB 西日本神戸支店さんと
2016年05月22日 17:07撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
JTB 西日本神戸支店さんと
神戸夙川学院大学さんです。
2016年05月22日 17:08撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
神戸夙川学院大学さんです。
黒五谷方面への分岐に来ました。左折し、黒五峠へ向かいます。
2016年05月22日 17:09撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒五谷方面への分岐に来ました。左折し、黒五峠へ向かいます。
黒五峠。今日は寄り道せず、前方の黒五谷方向へ直進します。
2016年05月22日 17:13撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黒五峠。今日は寄り道せず、前方の黒五谷方向へ直進します。
左前方に黒五谷ルートが合流してきます。右下へ踏み跡らしきものが続いているようにも見えますが、直近に人が通った様子はありません。国土地理院地図にはルートが示されています。
右前方、打越峠へ進みます。
2016年05月22日 17:16撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左前方に黒五谷ルートが合流してきます。右下へ踏み跡らしきものが続いているようにも見えますが、直近に人が通った様子はありません。国土地理院地図にはルートが示されています。
右前方、打越峠へ進みます。
打越峠。左折して七兵衛山へ。
2016年05月22日 17:27撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
打越峠。左折して七兵衛山へ。
七兵衛山から神戸市東灘区を眺めます。
2016年05月22日 17:31撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七兵衛山から神戸市東灘区を眺めます。
1
さんふらわぁは、阪九フェリーと並んで停泊中です。
2016年05月22日 17:35撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さんふらわぁは、阪九フェリーと並んで停泊中です。
左下、木漏れ日広場の方へ下ります。
2016年05月22日 17:36撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左下、木漏れ日広場の方へ下ります。
岩場の下の段の休憩所にも寄ってみました。ここから下へは、素人では下れませんね。
2016年05月22日 17:37撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場の下の段の休憩所にも寄ってみました。ここから下へは、素人では下れませんね。
木漏れ日広場がある森林管理歩道とパノラマ道の連絡ルートの方へ下っています。
2016年05月22日 17:37撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日広場がある森林管理歩道とパノラマ道の連絡ルートの方へ下っています。
木漏れ日広場がある森林管理歩道とパノラマ道の連絡ルートに合流。右折します。
2016年05月22日 17:42撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日広場がある森林管理歩道とパノラマ道の連絡ルートに合流。右折します。
木漏れ日広場。左、横池からの下り道が合流してきます。
2016年05月22日 17:44撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日広場。左、横池からの下り道が合流してきます。
木漏れ日広場のすぐ下から振り返り。右手に決壊した後の谷筋があります。
2016年05月22日 17:45撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日広場のすぐ下から振り返り。右手に決壊した後の谷筋があります。
森林管理歩道(水平道)に合流。左、八幡谷の方へ下ります。
2016年05月22日 17:47撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
森林管理歩道(水平道)に合流。左、八幡谷の方へ下ります。
途中、斜面から水がしみ出して谷へ流れているところを振り返り。ハブ谷左俣の一番奥がここですので、これが源流の一つのようです。
2016年05月22日 17:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中、斜面から水がしみ出して谷へ流れているところを振り返り。ハブ谷左俣の一番奥がここですので、これが源流の一つのようです。
1
その先は、ハブ谷右俣。流れがあります。これも天上川の源流の一つでしょう。この右手に登り口があります。

20160313_ハブ谷右俣横池マイナールート
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-827350.html
2016年05月22日 17:48撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その先は、ハブ谷右俣。流れがあります。これも天上川の源流の一つでしょう。この右手に登り口があります。

20160313_ハブ谷右俣横池マイナールート
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-827350.html
1
八幡谷谷筋の分岐。右へ下ります。
2016年05月22日 17:50撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷谷筋の分岐。右へ下ります。
杉木立と右手の深い谷を見ながら下ります。
2016年05月22日 17:56撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杉木立と右手の深い谷を見ながら下ります。
八幡谷尾根筋の分岐。左に登ればツブレ池に出ることができます。
2016年05月22日 17:57撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷尾根筋の分岐。左に登ればツブレ池に出ることができます。
木橋を右岸側へ渡って、
2016年05月22日 17:59撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木橋を右岸側へ渡って、
山の神の前に出ました。
2016年05月22日 18:00撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神の前に出ました。
山の神からの下りは、左、谷筋へ。右の西巻き道は、冬季限定でしょう。
2016年05月22日 18:00撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の神からの下りは、左、谷筋へ。右の西巻き道は、冬季限定でしょう。
こんな谷筋を下って橋を渡って、
2016年05月22日 18:01撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな谷筋を下って橋を渡って、
八幡滝第二堰堤の下で振り返って撮影。右奥から下ってきました。左西巻き道分岐。
2016年05月22日 18:03撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡滝第二堰堤の下で振り返って撮影。右奥から下ってきました。左西巻き道分岐。
行場跡と、奥に八幡滝。
2016年05月22日 18:07撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行場跡と、奥に八幡滝。
八幡谷の入口まで下りてきました。入口の案内板。
2016年05月22日 18:09撮影 by HDR-GWP88V, SONY
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八幡谷の入口まで下りてきました。入口の案内板。
撮影機材:

感想/記録

荷物は、水 1.5L を含め 3kg と、いつもと同じで、ストックは持って歩いただけ、虫除けです。水 1L と栄養ドリンク少々、キットカット 2 ケを消費しました。
訪問者数:177人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ