ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 880313 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

ご来光と大展望!常念岳〜蝶ヶ岳へ(半日日帰り)♪

日程 2016年05月22日(日) [日帰り]
メンバー kiyopon
天候快晴!
アクセス
利用交通機関
車・バイク
三股駐車場に駐車しました。
AM1時半頃到着で5〜6割程度。下山後は9割程度駐車。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち92%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間45分
休憩
56分
合計
9時間41分
Sスタート地点01:4801:57三股登山口02:0304:20前常念岳04:3005:20常念岳05:3307:32蝶槍07:3807:40蝶ヶ岳三角点07:4207:53蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)07:5408:10蝶ヶ岳ヒュッテ08:1308:15蝶ヶ岳08:2108:24蝶ヶ岳ヒュッテ08:25蝶ヶ岳09:57まめうち平10:43ゴジラの木10:5211:18三股登山口11:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
まめうち平から下はのんびりお花探し歩きです。
コース状況/
危険箇所等
※5/22時点の状況です
今回は通してアイゼンは使いませんでしたが、気温の低い日や朝方など雪が締まった条件に通行する場合は特に着用をお勧めします。

○三股〜常念岳
ほぼ100%夏道、残雪は前常念〜常念岳間の稜線上に一部のみです。

○常念岳〜蝶槍〜蝶ヶ岳
常念岳からの南斜面の稜線上には雪はありません。
樹林帯に入り登り返しに入ってから、北斜面を中心に雪道になります。
日中や気温の上がるような雪が緩む条件では踏み抜き注意。

○蝶ヶ岳〜三股
残雪は標高2200mより少し下あたりまで。
急斜面が多くトラバース箇所もあるため雪が締まっている条件ではアイゼン必須。
ステップがしっかりしていて夏道が所々で出ているので、アイゼンを着用されている方は半分くらいに感じました。
過去天気図(気象庁) 2016年05月の天気図 [pdf]

写真

今回は久しぶりのナイトハイク。
明るい満月が足元を照らす下、歩き始めます。
2016年05月22日 01:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回は久しぶりのナイトハイク。
明るい満月が足元を照らす下、歩き始めます。
1
まずは林道を少し歩き、登山届を出し登山道へと入ります。
2016年05月22日 02:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは林道を少し歩き、登山届を出し登山道へと入ります。
1
暗闇でもよく目立つ白い花。タチカメバソウです。
撮影は帰り道にゆっくり・・
2016年05月22日 02:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗闇でもよく目立つ白い花。タチカメバソウです。
撮影は帰り道にゆっくり・・
3
歩きはじめてすぐの分岐は常念岳方面へ。
つづら折りの長い登りが始まります。
2016年05月22日 02:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩きはじめてすぐの分岐は常念岳方面へ。
つづら折りの長い登りが始まります。
1
ツバメオモト。早いものはもう終盤でした。
2016年05月22日 02:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバメオモト。早いものはもう終盤でした。
3
暫く登って花茎の伸び始めたイチヨウラン。
群生するポイントがあるんですね。でもまぁ花が咲く時期の日中にここを敢えて歩くかどうかは微妙なところ・・
2016年05月22日 03:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く登って花茎の伸び始めたイチヨウラン。
群生するポイントがあるんですね。でもまぁ花が咲く時期の日中にここを敢えて歩くかどうかは微妙なところ・・
2
傾斜が緩やかになると足元にバイカオウレン。
登山道両側に数多く咲いています。
2016年05月22日 03:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傾斜が緩やかになると足元にバイカオウレン。
登山道両側に数多く咲いています。
3
暗闇に咲く白い可憐な花々に足が止まります。
2016年05月22日 03:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暗闇に咲く白い可憐な花々に足が止まります。
7
樹林帯を抜け間もなく森林限界へ。
安曇野〜松本の夜景が望めました。
2016年05月22日 03:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け間もなく森林限界へ。
安曇野〜松本の夜景が望めました。
4
反対側は満月とこれから歩く稜線。蝶ヶ岳〜蝶槍に右奥には前穂〜奥穂〜北穂の穂高連峰が見えてきます。
2016年05月22日 03:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
反対側は満月とこれから歩く稜線。蝶ヶ岳〜蝶槍に右奥には前穂〜奥穂〜北穂の穂高連峰が見えてきます。
6
東側の空が焼けてきました。
低い位置に雲がかかり日は少し遅れて昇ってきそうです。
2016年05月22日 04:23撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東側の空が焼けてきました。
低い位置に雲がかかり日は少し遅れて昇ってきそうです。
1
あたりは明るくなり、奥穂高岳とすぐ上の満月。
2016年05月22日 04:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりは明るくなり、奥穂高岳とすぐ上の満月。
8
前常念岳直下の石室。
あまりお世話にはなりたくない場所です。
2016年05月22日 04:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念岳直下の石室。
あまりお世話にはなりたくない場所です。
1
右奥には横通岳〜大天井岳。
さらに奥には朝焼けの中で針ノ木〜蓮華、鹿島槍もうっすら。
2016年05月22日 04:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右奥には横通岳〜大天井岳。
さらに奥には朝焼けの中で針ノ木〜蓮華、鹿島槍もうっすら。
3
前常念岳に到着し日の出を待ちます。
2016年05月22日 04:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念岳に到着し日の出を待ちます。
2
奥穂と涸沢岳の間に月が沈んでいきます。
2016年05月22日 04:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂と涸沢岳の間に月が沈んでいきます。
12
常念岳と横通岳〜大天井岳。
2016年05月22日 04:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳と横通岳〜大天井岳。
1
日が昇ってきました!
姿を見せ一旦薄い雲の中に隠れます。
2016年05月22日 04:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日が昇ってきました!
姿を見せ一旦薄い雲の中に隠れます。
4
月が沈み次第に色合いの変化する空と穂高連峰。
この景色を上手く言葉で表現できないのがもどかしい。
2016年05月22日 04:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月が沈み次第に色合いの変化する空と穂高連峰。
この景色を上手く言葉で表現できないのがもどかしい。
5
再び日が差し込み始めました。
今度こそ日の出!
2016年05月22日 04:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び日が差し込み始めました。
今度こそ日の出!
4
常念岳に日が当たり上部がうっすら赤く染まります。
2016年05月22日 04:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳に日が当たり上部がうっすら赤く染まります。
2
そして穂高連峰のモルゲンロート!
雪斜面も岩肌も全てを赤く染める夜明け。
2016年05月22日 04:54撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして穂高連峰のモルゲンロート!
雪斜面も岩肌も全てを赤く染める夜明け。
15
周りよりも一際鮮やかに染まって見えるのは気のせいではないはず。
2016年05月22日 04:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
周りよりも一際鮮やかに染まって見えるのは気のせいではないはず。
4
日はあっという間に昇ってきます。
2016年05月22日 04:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日はあっという間に昇ってきます。
2
蝶槍〜蝶ヶ岳方面。
右奥に見える霞沢岳や乗鞍岳も染まります。
2016年05月22日 05:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍〜蝶ヶ岳方面。
右奥に見える霞沢岳や乗鞍岳も染まります。
7
真っ赤に染まる雪斜面、を期待していたのですが雪が非常に少ないのはちょっと残念。
2016年05月22日 05:02撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真っ赤に染まる雪斜面、を期待していたのですが雪が非常に少ないのはちょっと残念。
4
前常念と登ってきた長い尾根。
後方遥か遠くに市街地も望めます。
2016年05月22日 05:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前常念と登ってきた長い尾根。
後方遥か遠くに市街地も望めます。
2
常念岳が目の前に。既に登頂した人の姿も大きく見えるようになってきます。
2016年05月22日 05:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳が目の前に。既に登頂した人の姿も大きく見えるようになってきます。
3
常念小屋との分岐近くまで来てようやく望むことができる槍ヶ岳!向こうも最高の天気!
2016年05月22日 05:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋との分岐近くまで来てようやく望むことができる槍ヶ岳!向こうも最高の天気!
7
分岐手前の山頂直下。
雪斜面に映る影で遊んでみる。
2016年05月22日 05:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分岐手前の山頂直下。
雪斜面に映る影で遊んでみる。
6
常念小屋との分岐点。
小屋泊の方が続々と登って来られます。
2016年05月22日 05:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋との分岐点。
小屋泊の方が続々と登って来られます。
2
程なくして登り切って常念岳山頂です。
2016年05月22日 05:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
程なくして登り切って常念岳山頂です。
3
お決まりの祠とプレート。
まだ白さが残る槍穂の稜線をバックに。
2016年05月22日 05:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お決まりの祠とプレート。
まだ白さが残る槍穂の稜線をバックに。
6
改めて展望を。
まずは槍ヶ岳。
2016年05月22日 05:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
改めて展望を。
まずは槍ヶ岳。
14
前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂に右下には長谷川ピーク。
2016年05月22日 05:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂に右下には長谷川ピーク。
3
遠くには鷲羽岳〜水晶岳と続く稜線。
2016年05月22日 05:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くには鷲羽岳〜水晶岳と続く稜線。
2
横通岳の奥には燕岳や餓鬼岳。
さらに奥にはうっすらと針ノ木、蓮華、鹿島槍ヶ岳。
2016年05月22日 05:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横通岳の奥には燕岳や餓鬼岳。
さらに奥にはうっすらと針ノ木、蓮華、鹿島槍ヶ岳。
2
そして麓にはこの時期限定!
無数の田んぼに反射した朝日はまるで湖面に映っているかのよう。
2016年05月22日 05:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして麓にはこの時期限定!
無数の田んぼに反射した朝日はまるで湖面に映っているかのよう。
12
アップで。
田んぼ一枚一枚まで望むことができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
田んぼ一枚一枚まで望むことができました。
13
徐々に賑わう常念岳を後にします。
2016年05月22日 05:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徐々に賑わう常念岳を後にします。
2
これから歩く稜線を一望!
前半は長い下り。
2016年05月22日 05:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く稜線を一望!
前半は長い下り。
6
右手には終始穂高〜槍の大展望が広がります。
2016年05月22日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手には終始穂高〜槍の大展望が広がります。
3
常念岳が離れていきます。
2016年05月22日 05:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳が離れていきます。
2
稜線上ではウラシマツツジや
2016年05月22日 05:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線上ではウラシマツツジや
6
コメバツガザクラが咲き始めていました。
2016年05月22日 05:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コメバツガザクラが咲き始めていました。
4
蝶槍や蝶ヶ岳が近づきました。
下りきった後は小ピークへと登り返し。蝶槍へは数回アップダウンを繰り返す内容です。
2016年05月22日 06:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍や蝶ヶ岳が近づきました。
下りきった後は小ピークへと登り返し。蝶槍へは数回アップダウンを繰り返す内容です。
4
2512mの小ピークから。
常念岳〜前常念岳を振り返ります。
2016年05月22日 06:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2512mの小ピークから。
常念岳〜前常念岳を振り返ります。
1
北斜面の雪は少なく、草地では既に土も見え始めています。
2016年05月22日 06:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北斜面の雪は少なく、草地では既に土も見え始めています。
1
樹林帯を抜け雪斜面の登り。
時刻は6時半ながら既に雪は緩み始め油断すると滑ります。
2016年05月22日 06:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯を抜け雪斜面の登り。
時刻は6時半ながら既に雪は緩み始め油断すると滑ります。
1
標高2592mの小ピークから。
正面に蝶槍を望みます。
2016年05月22日 06:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2592mの小ピークから。
正面に蝶槍を望みます。
1
このあたりは夏山シーズンにニッコウキスゲが咲きます。
雪解け早く既に葉が茂り始めています。生育が進み遅霜が心配です。
2016年05月22日 06:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは夏山シーズンにニッコウキスゲが咲きます。
雪解け早く既に葉が茂り始めています。生育が進み遅霜が心配です。
1
蝶槍とショウジョウバカマ。
2016年05月22日 06:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶槍とショウジョウバカマ。
6
途中にまだ凍結した池の横を通過します。
2年前はまだ完全に雪の下だったな〜と思い返しながら。
2016年05月22日 06:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中にまだ凍結した池の横を通過します。
2年前はまだ完全に雪の下だったな〜と思い返しながら。
1
斜面に咲くヒメイチゲはまだ時間帯が早く首を垂れています。
2016年05月22日 07:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面に咲くヒメイチゲはまだ時間帯が早く首を垂れています。
2
ミヤマキスミレが次々と咲き始め。
2016年05月22日 07:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミヤマキスミレが次々と咲き始め。
2
そして驚いたのがシナノキンバイ。
もう蕾が見えてる!と思ったら隣には・・
2016年05月22日 07:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして驚いたのがシナノキンバイ。
もう蕾が見えてる!と思ったら隣には・・
2
既に花開いているものもあってさらにビックリ!
まだ5月なのにシナノキンバイ・・・。
2016年05月22日 07:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
既に花開いているものもあってさらにビックリ!
まだ5月なのにシナノキンバイ・・・。
8
下りきってから蝶槍への登りに入ります。
2016年05月22日 07:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきってから蝶槍への登りに入ります。
1
途中夏道に入りますが既に雪が緩み踏み抜きが面倒なので冬道の雪斜面に出てガシガシ登っていきます。間もなく再びの森林限界。
2016年05月22日 07:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
途中夏道に入りますが既に雪が緩み踏み抜きが面倒なので冬道の雪斜面に出てガシガシ登っていきます。間もなく再びの森林限界。
1
キバナシャクナゲの蕾。
数は少ないですが所々に見られます。
2016年05月22日 07:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キバナシャクナゲの蕾。
数は少ないですが所々に見られます。
2
登り切って蝶槍!
歩いてきた常念岳を振り返ります。
2016年05月22日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り切って蝶槍!
歩いてきた常念岳を振り返ります。
3
右手にはすっかり青くなった空に大展望!
2016年05月22日 07:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手にはすっかり青くなった空に大展望!
5
ここまで登れば蝶ヶ岳までは緩やかな稜線歩きです。
2016年05月22日 07:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまで登れば蝶ヶ岳までは緩やかな稜線歩きです。
2
下り途中、ライチョウの姿が。
槍ヶ岳をバックに絶好のロケーション!
2016年05月22日 07:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り途中、ライチョウの姿が。
槍ヶ岳をバックに絶好のロケーション!
12
要拡大ですがこちらはライチョウの雄。
つがいだったようです。
2016年05月22日 07:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
要拡大ですがこちらはライチョウの雄。
つがいだったようです。
3
山座同定盤と蝶ヶ岳ヒュッテ。
蝶ヶ岳山頂はもう目と鼻の先です。
2016年05月22日 08:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山座同定盤と蝶ヶ岳ヒュッテ。
蝶ヶ岳山頂はもう目と鼻の先です。
1
大展望を前に控えめジャンプ(笑)
周りの目があるので(^^;
2016年05月22日 08:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望を前に控えめジャンプ(笑)
周りの目があるので(^^;
12
歩いてすぐに蝶ヶ岳山頂です。
展望を楽しみながらひと休みします。
2016年05月22日 08:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩いてすぐに蝶ヶ岳山頂です。
展望を楽しみながらひと休みします。
3
蝶ヶ岳山頂から蝶ヶ岳ヒュッテと左端には槍ヶ岳、右には常念岳。
2016年05月22日 08:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳山頂から蝶ヶ岳ヒュッテと左端には槍ヶ岳、右には常念岳。
2
穂高〜槍ヶ岳は相変わらずの展望!
ここまでずっと続いた展望歩き。すっかりお腹一杯です。
2016年05月22日 08:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高〜槍ヶ岳は相変わらずの展望!
ここまでずっと続いた展望歩き。すっかりお腹一杯です。
7
霞沢岳と焼岳。左奥には乗鞍岳の展望です。
2016年05月22日 08:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳と焼岳。左奥には乗鞍岳の展望です。
2
山頂ではミヤマキンバイが咲き始めていました。
2016年05月22日 08:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ではミヤマキンバイが咲き始めていました。
3
大展望ともここでお別れ。下りに入る前に最後の一枚。
2016年05月22日 08:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大展望ともここでお別れ。下りに入る前に最後の一枚。
3
常念岳と歩いてきた稜線も。
2016年05月22日 08:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳と歩いてきた稜線も。
2
まだたっぷりの雪斜面を下り降ります。
雪は緩みノーアイゼンで。
2016年05月22日 08:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだたっぷりの雪斜面を下り降ります。
雪は緩みノーアイゼンで。
1
急斜面ですが登山者多くステップはしっかりしています。
2016年05月22日 08:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急斜面ですが登山者多くステップはしっかりしています。
1
標高2200m程度まで降りると雪はほぼ無くなります。
雪解け箇所からは咲きたてのツルネコノメ。
2016年05月22日 09:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標高2200m程度まで降りると雪はほぼ無くなります。
雪解け箇所からは咲きたてのツルネコノメ。
2
エンレイソウもお目見え。
2016年05月22日 09:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
エンレイソウもお目見え。
1
最後のトラバース箇所からはすっかり見上げるようになった常念岳の展望。
2016年05月22日 09:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のトラバース箇所からはすっかり見上げるようになった常念岳の展望。
1
あたりは苔むした樹林帯になります。
将来のダンシングツリー候補?
2016年05月22日 09:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりは苔むした樹林帯になります。
将来のダンシングツリー候補?
1
春、生命の息吹が至る所で感じられます。
2016年05月22日 09:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
春、生命の息吹が至る所で感じられます。
2
苔むした倒木からカニコウモリの芽吹きが初々しいです。
2016年05月22日 09:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むした倒木からカニコウモリの芽吹きが初々しいです。
2
オサバグサは蕾。
新芽と花芽が同時に。
2016年05月22日 09:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オサバグサは蕾。
新芽と花芽が同時に。
2
まめうち平に到着。
ここからはお花探しながら大幅にペースダウンです。
テン泊重装備の方々に次々と追い抜かれます(笑)
2016年05月22日 09:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まめうち平に到着。
ここからはお花探しながら大幅にペースダウンです。
テン泊重装備の方々に次々と追い抜かれます(笑)
1
探していたのはもちろん!イチヨウラン。
まめうち平から下がったところから出始めます。
2016年05月22日 10:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
探していたのはもちろん!イチヨウラン。
まめうち平から下がったところから出始めます。
11
こちらは少しまとまって群生して咲いていました。
2016年05月22日 10:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは少しまとまって群生して咲いていました。
6
木漏れ日が当たり綺麗だったのでアップで。
まだ花を咲かせていない葉だけのものも含めて数十個体は確認できました。
2016年05月22日 10:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木漏れ日が当たり綺麗だったのでアップで。
まだ花を咲かせていない葉だけのものも含めて数十個体は確認できました。
7
少し遠かったのでズームで。
ムラサキヤシオツツジ。
2016年05月22日 10:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し遠かったのでズームで。
ムラサキヤシオツツジ。
1
小さな花のタケシマラン。
2016年05月22日 10:24撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな花のタケシマラン。
5
ツクバネソウも。
2016年05月22日 10:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツクバネソウも。
2
集中して下ばかり見ながら歩いていたらあたりはすっかり新緑に包まれていました(笑)
2016年05月22日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
集中して下ばかり見ながら歩いていたらあたりはすっかり新緑に包まれていました(笑)
2
見上げるカラマツの新緑は既に深い緑色に。
2016年05月22日 10:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げるカラマツの新緑は既に深い緑色に。
2
2年ぶりのゴジラ君。
目のスーパーボールはどこかへ行ってしまったのかな。
2016年05月22日 10:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2年ぶりのゴジラ君。
目のスーパーボールはどこかへ行ってしまったのかな。
4
ツバメオモト。もう終盤でした。
2016年05月22日 10:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ツバメオモト。もう終盤でした。
5
ズダヤクシュ。
小さな花が登山道を飾ります。
2016年05月22日 10:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズダヤクシュ。
小さな花が登山道を飾ります。
3
あまり目立たないですがクルマバツクバネソウ。
2016年05月22日 10:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまり目立たないですがクルマバツクバネソウ。
2
ルイヨウボタン。
2016年05月22日 10:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ルイヨウボタン。
3
ニリンソウはまだ見られますがすっかり終盤でした。
2016年05月22日 10:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニリンソウはまだ見られますがすっかり終盤でした。
2
ミドリニリンソウ。
割と出やすい場所ですがもう全体に花が終わり気味な中、見つけられたのは1花のみでした。
2016年05月22日 10:51撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミドリニリンソウ。
割と出やすい場所ですがもう全体に花が終わり気味な中、見つけられたのは1花のみでした。
5
沢沿いではワサビの花。
2016年05月22日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いではワサビの花。
4
澄んだ沢の景色や水の音。
気持ちの良い登山道です。
2016年05月22日 10:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
澄んだ沢の景色や水の音。
気持ちの良い登山道です。
1
あたりはニリンソウの大群生ですが満開を期待していただけに少し残念。雪解け状況を見ながらもう少し早い時期を狙わなきゃダメですね。。
2016年05月22日 10:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あたりはニリンソウの大群生ですが満開を期待していただけに少し残念。雪解け状況を見ながらもう少し早い時期を狙わなきゃダメですね。。
1
コチャルメルソウ。
少しブレてました・・
2016年05月22日 11:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コチャルメルソウ。
少しブレてました・・
5
タチカメバソウ。
花は既に満開。もう初夏のような景色です。
2016年05月22日 11:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチカメバソウ。
花は既に満開。もう初夏のような景色です。
3
吊り橋から轟々と流れる雪解けの沢。
2016年05月22日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り橋から轟々と流れる雪解けの沢。
2
頭上に広がるヒロハカツラの新緑きらきら。
2016年05月22日 11:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頭上に広がるヒロハカツラの新緑きらきら。
1
足元には青千鳥。
2016年05月22日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元には青千鳥。
4
クルマバソウ。純白な花
2016年05月22日 11:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
クルマバソウ。純白な花
4
マムシグサに
2016年05月22日 11:14撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マムシグサに
1
イワカガミ。
岩肌に張り付いていました。
2016年05月22日 11:15撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ。
岩肌に張り付いていました。
1
げんこつ大の大きな葉はスミレサイシン。
花の時期からは想像すらつかないですが葉が最も大型になるスミレです。
2016年05月22日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
げんこつ大の大きな葉はスミレサイシン。
花の時期からは想像すらつかないですが葉が最も大型になるスミレです。
2
常念との分岐点まで降りてきました。
2016年05月22日 11:18撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念との分岐点まで降りてきました。
1
横からラショウモンカズラ。
2016年05月22日 11:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
横からラショウモンカズラ。
3
登山口から駐車場まで林道を戻ります。
足元に小さなツボスミレ。
2016年05月22日 11:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から駐車場まで林道を戻ります。
足元に小さなツボスミレ。
1
オドリコソウ。
咲いた花が笠をかぶった踊り子の姿に見えることから。
2016年05月22日 11:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オドリコソウ。
咲いた花が笠をかぶった踊り子の姿に見えることから。
1
タガソデソウ。
白い清楚な花。
2016年05月22日 11:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タガソデソウ。
白い清楚な花。
3
こんなところに咲くとは驚きです。
長野県の林道を舐めてはいけませんね。
2016年05月22日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなところに咲くとは驚きです。
長野県の林道を舐めてはいけませんね。
3
三股駐車場まで無事に戻ってきました。
2016年05月22日 11:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三股駐車場まで無事に戻ってきました。
1
車窓から。
頭上には満開のヤマフジ。
2016年05月22日 11:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車窓から。
頭上には満開のヤマフジ。
2
国営あずみの公園を少し下がった場所から常念岳。
この日は午後になっても快晴!暑い日でした。
2016年05月22日 11:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
国営あずみの公園を少し下がった場所から常念岳。
この日は午後になっても快晴!暑い日でした。
2
【ここから場所が変わります】
車で移動して午後はタデスミレの自生地へ寄ってきました。
分布は長野県内のわずか1か所のみ自生するスミレです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【ここから場所が変わります】
車で移動して午後はタデスミレの自生地へ寄ってきました。
分布は長野県内のわずか1か所のみ自生するスミレです。
2
お目当てのスミレはタデのような細長い葉、草丈の高いスミレ。
ちょうど咲き始めで状態の良いものを見ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お目当てのスミレはタデのような細長い葉、草丈の高いスミレ。
ちょうど咲き始めで状態の良いものを見ることができました。
1
このあたりは植生豊かで他にも色々な花を見ることができました。
オトコヨウゾメ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりは植生豊かで他にも色々な花を見ることができました。
オトコヨウゾメ。
2
フタバアオイ。群生していました。
関東で見るものより花は縦長な印象です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フタバアオイ。群生していました。
関東で見るものより花は縦長な印象です。
5
オオヤマフスマ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オオヤマフスマ。
1
ホソバノアマナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ホソバノアマナ。
2
タチツボスミレ群生。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タチツボスミレ群生。
1
こちらはエゾノタチツボスミレ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはエゾノタチツボスミレ。
1
ミツバツチグリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバツチグリ。
1
再びラショウモンカズラ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再びラショウモンカズラ。
4
満開のチゴユリ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
満開のチゴユリ。
1
斜面を彩るイカリソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
斜面を彩るイカリソウ。
6
ミツバウツギ。
午後は短時間ハイクでしたがお目当てのタデスミレをはじめ様々な花を見ることができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ミツバウツギ。
午後は短時間ハイクでしたがお目当てのタデスミレをはじめ様々な花を見ることができました。
1

感想/記録


2年ぶりに三股から常念岳〜蝶ヶ岳を周回してきました。
稜線上でもちらほらお花が咲き始め、早い夏の到来を感じさせられるような内容でした。
逆に麓のお花は終焉を迎えていて少し残念。今年は季節の進みが非常に早いです。

何度も書きますが今年は雪が少なく、常念への登り斜面で雪が全く無いのには歩き始めから正直驚きました。
また、蝶ヶ岳へのルートは例年夏山シーズンにはニッコウキスゲや様々な高山植物が咲き乱れるお花の縦走路!
雪解けが早い分だけ芽吹きも全体に早く遅霜の被害を懸念しています。
お花の多く咲く斜面ではシナノキンバイが既に咲き始めていてまたビックリ!
尾瀬のミズバショウがそうであったように、今の時点では今年は1か月近く前倒しでお花の見ごろが推移しているように感じます。
今年の夏山シーズンはどうなってしまうのでしょうか・・。

参考までに2年前に全く同じルートを歩いた時の記録を載せておきます。おそらく今回との景色の違いに驚かれることと思います。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-449319.html
2年前と全く進歩が無いのもバレてしまいそうですが・・・(^^;
訪問者数:937人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/2/18
投稿数: 597
2016/5/24 23:13
 日帰り・・
ご来光のタイトル見て、泊まりかと思ったら、、
相変わらず凄いですね~
ご来光、モルゲン、お花、、、完璧じゃないですか~♪
お疲れ様でした
登録日: 2011/7/21
投稿数: 1004
2016/5/25 9:35
 半日〜☆
kiyopon さん こんにちわ

半日での登山お疲れ様です
わたしだいぶ前に1泊でしたのを思い出しました〜w

しかし今年は雪解けが早いですね
お花の状態も今まで等と比べてで、良く伝わります
お疲れ様でした〜
登録日: 2012/2/14
投稿数: 1289
2016/5/25 11:33
 朝会った爺ーです
初めまして、joeさんのお知り合いとpikachanに聞きました。
朝稜線で会いましたね、2時前から三股から来たと聞き本当にびっくりしました。レコをあげたら日帰りの人は多いんですねー(またびっくりです)谷川の馬蹄形より楽なんでしょうか?(私はぶつ切りで歩いてます)

お昼にはもう駐車場だなんて、すごすぎです。普段はトレランをしているのかなー?良い天気に恵まれて本当にいい山でした。お花に詳しいんですね、こんなにあったとは不覚でした、私は景色だけで満足してしまったようです。
またいろいろ教えて下さい。
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/5/25 21:24
 Re: 日帰り・・
ni-shiさん、こんばんは。
コメントありがとうございます

今年は雪が少なくて以前歩いた時より夏道も多く出ていて歩きやすいと感じました
三股から常念へは単調な登りで視界が開ける標高も割と低いのでご来光目的でナイトハイクするには条件が整っています。多少の慣れは必要と思いますけどね
スタートが早い分、後半は余裕をもってお花を楽しみながら歩くことができました
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/5/25 21:29
 Re: 半日〜☆
makibitoさん、こんばんは。
コメントありがとうございます

時間に余裕があれば泊まりでゆっくりと日の出から始まる大展望を満喫するのも良いな〜と思います
長野遠征で日帰りで欲張って色々見ようと計画するとこんな感じになっちゃいますcoldsweats01
今年は(昨年も含めて)例年と比べると異常に思えるくらいの気候・景色です。
こんな年は夏山シーズンのお花がどうなってしまうのか、というのもしっかり確認してよく見て覚えておこうと思います
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/5/25 21:44
 Re: 朝会った爺ーです
yumesoufさん、こんばんは。
コメントありがとうございます

常念〜蝶間でお話ししました
その後続々とヒュッテ泊のパーティとすれ違いましたが、他の方よりかなり早くにスタートされてますよね?
pikachanさんやjoeさんとも知り合いなんですね。pikachanさんやzucchiさんとは実は2年前に同じルートを歩いた時に途中でお会いしました
そして群馬の方だったとはこれまた私も驚きです(笑)
内容的には谷川岳馬蹄形よりはずっと楽だと思いますよ。距離もアップダウンの数も段違いです。

トレランはもともとしませんしマラソンも今はサボり気味ですが、長い距離を歩くのは好きです
今年は雪解けが早いので稜線上でも様々なお花を見ることができました レコの方が参考になりましたら幸いです
それにしても一日通して快晴で大展望の良い日でした お疲れ様でした
登録日: 2011/11/26
投稿数: 2113
2016/5/25 22:45
 kiyoponさん☆
 スピード違反です!kiyoponさん!
 1泊するところを半日って・・・
 ナイトハイクで明け方に常念山頂に到着。
 なるほど、こうすることで朝日を浴びる槍穂を眺めながら稜線歩きが楽しめますね。
 昨年同時期に逆コースをたどり蝶ヶ岳で一泊し、朝の槍穂を目にしました。
 とにかく圧倒される美しい景色ですよね。
 蝶ヶ岳で名残惜しそうに槍穂稜線を撮影する気持ちがよくわかります。

 雪道が終わるとお花がたくさん咲いていますね。
 そういえばタイトルは「【花メイン】」じゃない!
 今回は展望目当てというわけですか。
 快晴に恵まれた最高の山行です!
登録日: 2012/7/3
投稿数: 956
2016/5/27 22:21
 Re: kiyoponさん☆
LArcさん、こんばんは。
いつもコメントありがとうございます

ナイトハイクは年に何度かやりますが、何と言っても日帰りでも稜線上で日の出を見ることができるのが一番の魅力です。
このルートは稜線に出てしまいさえすれば槍穂の大展望をずっと楽しみながら歩くことができるのが良いところです
蝶ヶ岳は絶好の槍穂展望台ですよね 人気なのがとてもよく分かる場所です
まだ稜線上は色んなお花が開花を控えた準備段階ですので、花メインにはしませんでした。
(↑毎回かなり個人的主観が入ります
高山植物咲き乱れる夏山シーズンまでもう暫くですね

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ