ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 888532 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲信越

御神楽岳(栄太郎新道往復)・・”下越の谷川”は迫力十分

日程 2016年06月03日(金) [日帰り]
メンバー sht
天候快晴で今年一番暑い山行でした
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
登山口100mほど手前の空地に駐車

蝉ヶ平林道の路面状態は問題ありませんでした
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間12分
休憩
35分
合計
8時間47分
S蝉ヶ平登山口04:1905:24湯沢の出合05:3007:14高頭07:53湯沢の頭07:5408:42雨乞峰08:50御神楽岳09:1709:21雨乞峰10:03湯沢の頭10:0410:38高頭12:12湯沢の出合13:04蝉ヶ平登山口13:06ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
まずは広谷川沿いを湯沢出合へ・・路肩が崩れやすい部分(転落しかけました; 写真60)や支沢の渡渉で滑りやすい岩(先人靴の滑り跡あり)は要注意

湯沢出合から高頭までは急登の連続で、岩場・鎖場・ナイフリッジ等要注意箇所多数あり

岩場鎖場は、湯沢出合付近のウェットな黒い岩は若干スリッピーなものの、高頭への尾根上はフリクションがきき、ホールド・スタンスもシッカリしているので、技術的な難しさはありませんでした・・槍穂や剱の一般ルートを普通に歩ける方には問題ない感じ

ナイフリッジは、両側切れ落ちた高度感がかなり怖かったですが、岩がシッカリしていて本日はドライでフリクションもきき、殆ど問題ありませんでした(南ア深南部の鎌崩(ホールドぽろぽろ・スタンスがらがらのナイフリッジ)を先日歩いたばかりなので、自分の感覚が狂っているかも)

高頭〜湯沢の頭は、岩場は殆ど無いものの潅木が被っている部分が多く、足元は要注意

湯沢の頭〜雨乞峰は、イヤらしいトラバースが1ヶ所あり、そこだけは特に慎重通過しました(写真35)

迷いやすいと思われた箇所が1ヶ所あり・・高頭からの下りで、ピンクテープから真っ直ぐ明瞭な踏み跡が続いている所がありましたが、そこは右折ポイント(写真57)

全般に、心配していた程怖くは無かったものの、難路感は満載で、手もいっぱい使うとても楽しいコースでした

写真

栄太郎新道登山口・・危険なコースなので今日は忘れず届を提出
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栄太郎新道登山口・・危険なコースなので今日は忘れず届を提出
3
今日もヒメ様に出会えた♪
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日もヒメ様に出会えた♪
8
鉱山跡の遭難碑
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉱山跡の遭難碑
5
へつり道・・時々慎重通過しますが、殆どは普通に歩けます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
へつり道・・時々慎重通過しますが、殆どは普通に歩けます
5
ここは滑りやすい沢の渡渉・・切ってあるステップに足を乗せて慎重通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは滑りやすい沢の渡渉・・切ってあるステップに足を乗せて慎重通過
4
湯沢出合に到着・・最後の水場でタップリ補給
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢出合に到着・・最後の水場でタップリ補給
3
尾根への取付きは急登・・リボンやペイントのマークが導いてくれます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根への取付きは急登・・リボンやペイントのマークが導いてくれます
2
ウェットな黒い岩は滑りやすくて要注意
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ウェットな黒い岩は滑りやすくて要注意
2
尾根に乗るといよいよ現れ思わず「ウォ〜!」
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾根に乗るといよいよ現れ思わず「ウォ〜!」
9
迫力十分な山伏尾根
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力十分な山伏尾根
11
チェックポイントの高頭・・どこを歩くのだろう?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェックポイントの高頭・・どこを歩くのだろう?
2
岩場鎖場が多々・・鎖は真新しくて信頼できます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場鎖場が多々・・鎖は真新しくて信頼できます
4
ペイントマークも多くてそれに従います
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペイントマークも多くてそれに従います
5
コースが見えます・・スゴイ所を上がっていくよう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースが見えます・・スゴイ所を上がっていくよう
6
長〜い鎖・・ステップやホールドはシッカリしていて安心して進めます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長〜い鎖・・ステップやホールドはシッカリしていて安心して進めます
3
いよいよ現れたナイフリッジ・・少々ビビりますが、深南部の鎌崩に行ったばかりなので心配した程の問題はありませんでした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ現れたナイフリッジ・・少々ビビりますが、深南部の鎌崩に行ったばかりなので心配した程の問題はありませんでした
8
霞みますが飯豊山が見えてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞みますが飯豊山が見えてきました
5
ここも高度感タップリあった岩場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも高度感タップリあった岩場
5
ユックリ慎重にクリアしていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ユックリ慎重にクリアしていきます
6
高頭に到着して湯沢の頭方向
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高頭に到着して湯沢の頭方向
5
小ピークをいくつか越えて〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークをいくつか越えて〜
3
湯沢の頭に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢の頭に到着
5
いよいよ粟ヶ岳山頂が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ粟ヶ岳山頂が見えます
8
雨乞峰〜山頂への稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰〜山頂への稜線
5
前日登った粟ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前日登った粟ヶ岳
4
雨乞峰への道が見えます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨乞峰への道が見えます
6
1ヶ所イヤな感じだったトラバースは特に慎重通過
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1ヶ所イヤな感じだったトラバースは特に慎重通過
5
室谷分岐からはじきに〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
室谷分岐からはじきに〜
1
御神楽岳頂上到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御神楽岳頂上到着
10
展望は霞み気味ではありますが〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望は霞み気味ではありますが〜
1
猫耳がランドマークの燧ヶ岳と会津朝日岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猫耳がランドマークの燧ヶ岳と会津朝日岳
6
その左は会津駒ケ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その左は会津駒ケ岳
4
右手は浅草岳で〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手は浅草岳で〜
7
さらに右に守門岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに右に守門岳
7
矢筈岳があって〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
矢筈岳があって〜
6
その右手に昨日登った粟ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その右手に昨日登った粟ヶ岳
6
浅草岳を目印に〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浅草岳を目印に〜
3
これが越後駒ケ岳か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これが越後駒ケ岳か
5
下山にかかります
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山にかかります
4
谷を見下ろす高度感はハンパないです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を見下ろす高度感はハンパないです
4
湯沢の頭への登り返し
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯沢の頭への登り返し
5
強風だとかなり怖そう
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
強風だとかなり怖そう
6
迫力満点の岩壁を眺めながら〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力満点の岩壁を眺めながら〜
2
荒々しい岩肌を目に焼き付けました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
荒々しい岩肌を目に焼き付けました
3
午後になると〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後になると〜
2
飯豊山がクッキリしてきました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飯豊山がクッキリしてきました
6
高頭からの下りで1ヶ所道間違えしたポイント・・リボンテープからは真っ直ぐでなく右折です
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高頭からの下りで1ヶ所道間違えしたポイント・・リボンテープからは真っ直ぐでなく右折です
1
何度も振り返りつつ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も振り返りつつ
6
“下越の谷川”を実感
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
“下越の谷川”を実感
11
登りで路肩が崩れて転落しかけたポイント・・草露を避けようと左に寄り過ぎたのが間違いの元
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りで路肩が崩れて転落しかけたポイント・・草露を避けようと左に寄り過ぎたのが間違いの元
1
ヒメ様に癒され〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒメ様に癒され〜
7
無事駐車地帰着・・暑さと緊張の1日でした
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事駐車地帰着・・暑さと緊張の1日でした
3

感想/記録
by sht

前日、粟ヶ岳登山口から移動して今回メインの御神楽岳蝉ヶ平登山口で車中泊。やや“飲みすぎイエローカード”だったものの、前夜夜行バスで余り眠れなかった分を取り戻す爆睡でした。

帰りの新幹線時刻から逆算して4時過ぎの早出をしましたが、日の長い時期はありがたくヘッデン不要でした。

栄太郎新道コースは難路の情報通り、沢沿いの道もタダの道ではなく、滑落したらただでは済まない高巻部(路肩が崩れやすくて実際落ちかけた)や支沢のスリッピーな岩の渡渉もありました。

湯沢出合からは急登の連続で、“下越の谷川”とも称される岩稜・岩壁は好天に恵まれたこともあって大迫力。岩場・鎖場・ナイフリッジなどが続いてクリアするのが楽しい道でした。幸いに、鎖は真新しくて信頼でき、スタンス・ホールドもシッカリしていて技術的な難度はそれ程高くはありませんでした。

湯沢の頭からは、1ヶ所イヤらしいトラバースはあったものの慎重通過で無事に御神楽岳登頂。今回の目標をコンプリートし、山頂からは、新潟〜南東北〜北関東の山々の素晴らしい眺めを堪能できました。

「一歩一歩ゆっくり確実に」という安全登山の基本を再確認した山行でした。
訪問者数:789人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ