ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 897282 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

槍・穂を眺めて満喫山旅

日程 2016年06月10日(金) 〜 2016年06月12日(日)
メンバー taityou
天候10日 晴れ 夜間風強し
11日 晴れ 夕方 一時雨
12日 晴れ 山頂部にガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 自転車
下山予定地(三股)に自転車をデポ
中房温泉登山者用駐車場に駐車して入山。
下山後は自転車でしゃくなげ荘まで移動、入浴後 中房温泉行 定期バス(1200円)を利用して車を回収。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間26分
休憩
1時間55分
合計
9時間21分
Sスタート地点06:0506:15中房温泉登山口06:1606:50第1ベンチ07:0009:27合戦小屋09:5011:20燕山荘12:2013:10大下りの頭13:3015:25槍 分岐15:2615:26大天荘テン場
2日目
山行
7時間15分
休憩
1時間15分
合計
8時間30分
大天荘テン場06:1508:15常念小屋08:3009:53常念岳10:1512:20P259212:2113:25蝶槍13:2613:34蝶ヶ岳三角点14:1014:45蝶ヶ岳ヒュッテ
3日目
山行
2時間35分
休憩
13分
合計
2時間48分
蝶ヶ岳ヒュッテ06:0007:40まめうち平07:4708:25力水08:3008:47三股登山口08:4808:48ゴール地点 駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
常念の下りで間違って右のガリー100m程降りてしまい、 慌てて左にトラバースしてコースに復帰。
コース状況/
危険箇所等
中房温泉・三股ともに道幅狭く慎重に、昼間も点灯走行した方が安全。
その他周辺情報バス運行表及び登山者用駐車場情報
http://www.nan-an.co.jp/modules/bus/nakafusa/

写真

まずは登山届ポスト
2016年06月10日 06:20撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まずは登山届ポスト
次は水の確保(水量は少ない、夏は?)
2016年06月10日 07:03撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次は水の確保(水量は少ない、夏は?)
合戦小屋
2016年06月10日 09:38撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合戦小屋
1
小屋前のナナカマド
2016年06月10日 09:46撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前のナナカマド
此処で残雪が現れた。グズグズが2か所
2016年06月10日 10:17撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処で残雪が現れた。グズグズが2か所
燕山荘が見えた、15年前に来た時は右にトラバースしてテン場に出たが、今回は直登して小屋の裏に出た。
2016年06月10日 10:57撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘が見えた、15年前に来た時は右にトラバースしてテン場に出たが、今回は直登して小屋の裏に出た。
良い天気になった。
2016年06月10日 11:47撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
良い天気になった。
3
裏銀コースが
2016年06月10日 11:48撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
裏銀コースが
6
槍も顔を出した
2016年06月10日 12:22撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍も顔を出した
5
体力と時刻の兼ね合いで、今回燕山頂往復はパス。
2016年06月10日 12:29撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体力と時刻の兼ね合いで、今回燕山頂往復はパス。
2
此処を抜けて
2016年06月10日 12:57撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
此処を抜けて
大天井岳がはるか上に思える。
2016年06月10日 13:29撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳がはるか上に思える。
コマクサの小さな株が沢山ありました。
2016年06月10日 14:08撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コマクサの小さな株が沢山ありました。
燕山荘からここまでは稜線歩きを楽しめます。
2016年06月10日 15:25撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燕山荘からここまでは稜線歩きを楽しめます。
大天井の直登コースはキバナシャクナゲが咲いていました。
2016年06月10日 16:08撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井の直登コースはキバナシャクナゲが咲いていました。
 分岐からの直登 約1時間かかってしまった。残雪は無し。
2016年06月10日 16:22撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
 分岐からの直登 約1時間かかってしまった。残雪は無し。
大天荘にはテント2
2016年06月10日 16:28撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天荘にはテント2
1
間に小さな我が家建設。夜間 風強く揺れる揺れる。
2016年06月10日 17:07撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間に小さな我が家建設。夜間 風強く揺れる揺れる。
2
槍に陽が射す
2016年06月11日 04:33撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍に陽が射す
5
執拗にもう1枚
2016年06月11日 04:34撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
執拗にもう1枚
1
鹿島槍・五竜
2016年06月11日 04:34撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍・五竜
2
立山・剱
2016年06月11日 04:34撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
立山・剱
2
モチロン 手前に燕
2016年06月11日 04:35撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モチロン 手前に燕
1
富士山も
2016年06月11日 04:47撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山も
槍・穂高の全景
2016年06月11日 06:21撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍・穂高の全景
4
常念・蝶へ向けてスタートです
2016年06月11日 06:28撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念・蝶へ向けてスタートです
5
ハイマツの中を
2016年06月11日 07:00撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイマツの中を
2
常念小屋と常念の登り
2016年06月11日 07:58撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念小屋と常念の登り
1
眺めが随分変わって来ました。
2016年06月11日 07:58撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眺めが随分変わって来ました。
2
御嶽・乗鞍も見える 焼岳は前穂で隠れています。
2016年06月11日 07:59撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御嶽・乗鞍も見える 焼岳は前穂で隠れています。
1
天気が良すぎてライチョウが姿を現さない。常念の登り でやっと1羽 見る。
2016年06月11日 09:07撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天気が良すぎてライチョウが姿を現さない。常念の登り でやっと1羽 見る。
3
ここまでかろうじて30分オーバーこれた。
2016年06月11日 10:02撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここまでかろうじて30分オーバーこれた。
3
下りきった辺りで、ライチョウ飛来 砂浴び。
2016年06月11日 11:35撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りきった辺りで、ライチョウ飛来 砂浴び。
6
蝶のテン場から、日没後の鑓
2016年06月11日 19:14撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蝶のテン場から、日没後の鑓
3
残念な日の出、カメラマンが手持無沙汰。
2016年06月12日 04:34撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念な日の出、カメラマンが手持無沙汰。
4
前穂高 東面壁
2016年06月12日 05:41撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高 東面壁
2
まめうち平 長い下りです。
2016年06月12日 07:46撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まめうち平 長い下りです。
この辺り カラマツなんだ。秋の黄葉は綺麗だろうな。
2016年06月12日 08:21撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺り カラマツなんだ。秋の黄葉は綺麗だろうな。
お約束のゴジラ  うまく作ってるわ!!
2016年06月12日 08:23撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お約束のゴジラ  うまく作ってるわ!!
1
最後のつり橋
2016年06月12日 08:42撮影 by COOLPIX P100 , NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後のつり橋
撮影機材:

感想/記録

梅雨の時期ですが幸い天気に恵まれました。久しぶりのソロテント装備でバテバテです。燕山荘手前で足が攣りかけ、大天井まで行くかどうか迷いましたが2日目コースを考えると・・・水2ℓと缶ビール1本を追加して頑張りました。テン場は先行2張のみ 軽量化でツェルトです。夜半風強く、結露が降り注ぎシュラフもべっとりです。
2日目も天気良く、槍・穂高を眺めながらの爽快コースでした。ただ天気が良すぎてライチョウが姿を見せない。蝶槍の登り返しがこんなに辛いと想像してなかったヘロヘロでテン場着、前夜の同宿舎に2時間の遅れでした。テント設営後ビールで一人乾杯。下山も天気良く順調に3時間。この後の自転車がほぼ下り一辺倒で快適 ブレーキ握りっぱなし、途中 猿の集団が道路いっぱいに寛いでいた(30匹以上いたと思う)真ん中を思い切って突っ走った、怖かった〜。
訪問者数:433人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ