ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 898121 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

曇りの予報でも楽しめた鳳凰山、観音岳まで、前回体調不良のリベンジ

日程 2016年06月15日(水) [日帰り]
メンバー Y-chan
天候曇り、稜線で時折、晴れ間、涼しい風が心地良かった
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅からは南アルプス芦安を目指します。
芦安から南アルプス林道を進みます。
昼間でもライト点灯が安全です。
朝方は大きな15cmくらいの落石もあり、端によけました。
大雨のあと、林道は通行止めになる可能性があります。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間18分
休憩
3時間13分
合計
10時間31分
S夜叉神峠登山口05:5006:35夜叉神峠06:4407:40杖立峠07:4408:19火事場跡08:53苺平09:14南御室小屋09:3610:33薬師岳小屋10:3710:45薬師岳10:4711:08鳳凰山11:3411:54薬師岳11:5611:58薬師岳小屋13:0613:32南御室小屋14:2114:41苺平15:00火事場跡15:0315:25杖立峠15:2915:58夜叉神峠小屋16:21夜叉神峠登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
(夜叉神峠入り口〜夜叉神峠)
夏道です。
問題ありません。
下山時、浮石注意。

(夜叉神峠〜杖立峠)
夜叉神峠後、急登の部分を終え、なだらかな登りになります。
夏道です。
下山時、浮石注意。

(杖立峠〜焼け跡)
夏道で問題ありません。
下山時、浮石注意。

(焼け跡〜苺平〜南御室小屋)
夏道です。
岩がゴロゴロで少し歩きにくい。
下山時、浮石、動く岩に注意。
下山時、南御室小屋からは苺平へ登り返しとなります。

(南御室小屋〜薬師岳)
南御室小屋すぐの急登部分は息ガ切れます。
その後はなだらかに登っていきます。
稜線に出ると、本日は、気持ち良い風。
砂払岳から薬師岳小屋に下って、薬師岳へは急登を頑張ります。

(薬師岳〜観音岳)
夏道となっており、問題ありません。
なだらかに登っていきます。

写真

朝方、登山者の車は数台だったか、、。
ハンターらしき10名ほどが集まっていました。
下山時、登山者の車はゼロ。
下山時、テント泊装備の人も登っていかず、静かな小屋の夜でしょうか、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝方、登山者の車は数台だったか、、。
ハンターらしき10名ほどが集まっていました。
下山時、登山者の車はゼロ。
下山時、テント泊装備の人も登っていかず、静かな小屋の夜でしょうか、、。
フタリシズカ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
フタリシズカ
夜叉神峠。
本日は、仕方ありません。
眺望は次回、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜叉神峠。
本日は、仕方ありません。
眺望は次回、、。
ギンリョウソウ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ギンリョウソウ。
2
苺平から南御室小屋の間。
青のテープが目立つところ。
鹿観察の機器らしいです。
環境省設置。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苺平から南御室小屋の間。
青のテープが目立つところ。
鹿観察の機器らしいです。
環境省設置。
カタバミの一種。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カタバミの一種。
1
南御室小屋。
下山時、1時間弱話し込む、、。
薬師岳小屋でも下山時、話し込んだ、。
長すぎですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南御室小屋。
下山時、1時間弱話し込む、、。
薬師岳小屋でも下山時、話し込んだ、。
長すぎですね。
稜線です。
白峰三山の眺望はありません。
その分、足元に目が向きます。
かわいい、クモマナズナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線です。
白峰三山の眺望はありません。
その分、足元に目が向きます。
かわいい、クモマナズナ。
5
稜線に出てすぐのところにあるこの岩。
今日はなぜか、像さんに見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に出てすぐのところにあるこの岩。
今日はなぜか、像さんに見えました。
1
稜線に咲いていたコイワカガミ。
お花は全般的に早目、早めになっている様子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線に咲いていたコイワカガミ。
お花は全般的に早目、早めになっている様子。
6
薬師岳小屋を出て、薬師岳山頂。
イルカ岩の背後、北岳ですが、雲に隠れて、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳小屋を出て、薬師岳山頂。
イルカ岩の背後、北岳ですが、雲に隠れて、、。
1
薬師岳山頂で一人写真。
やはり背景がちょっと寂しい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂で一人写真。
やはり背景がちょっと寂しい。
2
稜線のコイワカガミと観音岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線のコイワカガミと観音岳。
2
青空も見えていました。
太陽が出ると暑い、、、。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空も見えていました。
太陽が出ると暑い、、、。
1
北岳、大樺沢の雪渓が見えますね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北岳、大樺沢の雪渓が見えますね。
青空は良いな、、やっぱり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空は良いな、、やっぱり。
2
ガスの切れ間から見えた観音岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの切れ間から見えた観音岳。
1
稜線のクモマナズナ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線のクモマナズナ。
4
観音岳山頂です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂です。
観音岳山頂からは地蔵岳、オベリスクが見えました。甲斐駒ケ岳は見えず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂からは地蔵岳、オベリスクが見えました。甲斐駒ケ岳は見えず。
2
観音岳山頂から薬師岳方面。
富士山は見えなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂から薬師岳方面。
富士山は見えなかった。
3
観音岳山頂は独占。
ポーズしてみます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳山頂は独占。
ポーズしてみます。
才能ありません。
構図が悪い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
才能ありません。
構図が悪い。
1
観音岳を後にして、稜線のコイワカガミと観音岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観音岳を後にして、稜線のコイワカガミと観音岳。
4
薬師岳山頂で一人写真。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薬師岳山頂で一人写真。
1
ナナカマドのお花。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ナナカマドのお花。
1
登山口から夜叉神峠までの間の倒木。
6月1日にはなかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口から夜叉神峠までの間の倒木。
6月1日にはなかった。

感想/記録
by Y-chan

5月2日には、夜叉神から地蔵岳まで頑張って往復しました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-859191.html

その一ヵ月後、同じように地蔵岳までの往復を目指したのですが、
体調不良で辻山、南御室小屋までで下山しました。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-887313.html

体調不良の原因。
今振り返ると睡眠不足、その影響下の高山病などではないかと思われます。
通常、退散した2500mくらいの標高で高山病の症状が
出ることはないのですが、睡眠不足、それにおそらく
ストレスなども加わってその症状を呈したのだと考えています。

ともあれ、、本日は、体調不良になった6月1日の
南御室小屋までの山行きから2週間。
嫌な感覚を残して、一種のトラウマのように記憶されるのが嫌で、
また、あの体調不良が、あの1日のことだったのか、
それとも常習的に起こりそうなのか、そんなところも
自分で確かめておきたくて、再び鳳凰山を目指すことにしました。
再び同じような症状が出たら、ちょっと重大な病も考えられますからね、、。

そんな思いを抱いて、前日,支度します。
6月1日と同じように3:00起床、、など条件を揃えようと思いましたが、
結局、3:30起床、その後、ちょっとばたばた、忘れ物などもあり、
登山開始は5:50となりました。

当初から、今回は、観音岳までと思っていたのですが、
途中で欲が出て、地蔵岳まで、、などと考えたりもしましたが、
行きに到着した南御室小屋で早くも22分しゃべって、
観音岳到着も11;00を過ぎ、やはり観音岳までとしました。

もともと曇りの天気予報で眺望は期待していなかったのですが、
鳳凰山の稜線は雲の切れ間から眺望があり満足。でもやはり北岳を含む、
白峰三山の眺望がなかったのは、残念でした。
朝方は見えていたらしいのですが、、。

体調不良は、期待通り、起こらず、無事に観音岳まで到達し、
その後は薬師岳小屋で1時間、南御室小屋でも1時間弱話し込んでしまいました。

それにしても2つの小屋でのチャットが長すぎですね。
とはいえ、有益な話がほとんどですから、チャットも大助かり。

登りで2組の登山者にお会いしました。
そして南御室小屋で男性2名が下山するところを見ました。
稜線では誰にも会わず。

梅雨の合間の静かな山行きとなりました。
こんな静かな山行きは良いですね。

訪問者数:485人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ