ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 914970 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

尾瀬周遊(至仏山)

日程 2016年07月09日(土) 〜 2016年07月10日(日)
メンバー Kit0555
天候初日雨、2日目晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
手前の道の駅まで下道で約2時間。車中泊して大清水までだいたい1時間。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち89%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
6時間31分
休憩
51分
合計
7時間22分
桧枝岐小屋06:5607:20竜宮十字路07:2507:46下ノ大堀川橋07:4707:58牛首分岐07:5908:10上ノ大堀橋08:33山ノ鼻08:4011:43至仏山12:1912:57小至仏山12:5813:16オヤマ沢田代14:12鳩待峠14:18ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
7:56 大清水
8:40 一ノ瀬休憩所
8:58 冬路沢橋
9:08 岩清水
9:41 三平峠(尾瀬峠)
9:56 三平下(尾瀬沼山荘)
10:30 尾瀬沼ヒュッテ
10:31 長蔵小屋
11:06 三本唐松
11:13 長英新道分岐
11:47 沼尻平
12:21 白砂峠
12:58 イヨドマリ沢
13:11 見晴新道分岐
13:22 桧枝岐小屋
15:16 見晴(下田代十字路)
15:50 竜宮十字路
7:46 下ノ大堀川橋
7:59 牛首分岐
8:09 上ノ大堀橋
8:41 山ノ鼻
11:57 至仏山
12:54 小至仏山
13:16 オヤマ沢田代
14:12 鳩待峠
コース状況/
危険箇所等
濡れた木道、木段、蛇紋岩はとても滑りやすい。他はだいたい快適。
その他周辺情報下山後は沼田市のしゃくなげの湯にて日帰り温泉。ゆっくりできます。
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

写真

三平峠への登り。ひさびさの雨。
2016年07月09日 09:40撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三平峠への登り。ひさびさの雨。
いきなり飛んで大江湿原。人が少なくて快適!
2016年07月09日 10:41撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いきなり飛んで大江湿原。人が少なくて快適!
4
雨粒を蓄えるニッコウキスゲ。
2016年07月09日 10:43撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨粒を蓄えるニッコウキスゲ。
前ボケ
2016年07月09日 10:44撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前ボケ
後ボケ
2016年07月09日 10:46撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ボケ
1
評判通り、迫力ある群落地でした。雨にも関わらず人はどんどん増えてくる、、
2016年07月09日 10:47撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
評判通り、迫力ある群落地でした。雨にも関わらず人はどんどん増えてくる、、
傘とレインウェアの併用ってのは尾瀬のトレンド?
2016年07月09日 10:51撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
傘とレインウェアの併用ってのは尾瀬のトレンド?
尾瀬沼方面
2016年07月09日 11:03撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼方面
1
尾瀬沼東岸(北岸?)を抜けて見晴へ向かいます。道中に綺麗なハクサンシャクナゲ。
2016年07月09日 11:46撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬沼東岸(北岸?)を抜けて見晴へ向かいます。道中に綺麗なハクサンシャクナゲ。
こちらも。 近くにクマハギの跡を見つけて少しそわそわしながら撮影(笑)
2016年07月09日 12:17撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも。 近くにクマハギの跡を見つけて少しそわそわしながら撮影(笑)
1
テン場に着いたのは14時。テント設営→飲む→寝る→起きたらまだまだ明るかったのでカメラバッグだけ持って雨の湿原探索。ゆったり歩くと気付きも多くて楽しい。
2016年07月09日 15:29撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テン場に着いたのは14時。テント設営→飲む→寝る→起きたらまだまだ明るかったのでカメラバッグだけ持って雨の湿原探索。ゆったり歩くと気付きも多くて楽しい。
カキツバタ?
2016年07月09日 15:51撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カキツバタ?
ヒツジグサ
2016年07月09日 16:10撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒツジグサ
1
尾瀬ヶ原の先導者
2016年07月09日 16:32撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原の先導者
1
初の幕営。結びが若干適当ですがまあ良し。
2016年07月09日 16:37撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初の幕営。結びが若干適当ですがまあ良し。
1
翌朝。燧から大清水へ戻るルートを予定していたのですが、初の大型ザックで身体がギシギシ言い始めていたことと、鳩待峠→大清水がバスで繋がることを知り急遽尾瀬ヶ原→至仏山→鳩待峠ルートに変更。
2016年07月10日 06:46撮影 by F-02G, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝。燧から大清水へ戻るルートを予定していたのですが、初の大型ザックで身体がギシギシ言い始めていたことと、鳩待峠→大清水がバスで繋がることを知り急遽尾瀬ヶ原→至仏山→鳩待峠ルートに変更。
1
きのうは頭だけ出してた燧ヶ岳。今日は晴れそう。
2016年07月10日 07:07撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きのうは頭だけ出してた燧ヶ岳。今日は晴れそう。
燧より早めに起きてきた至仏山。
2016年07月10日 07:33撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
燧より早めに起きてきた至仏山。
1
どう撮っても絵になる尾瀬ヶ原。
2016年07月10日 07:37撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どう撮っても絵になる尾瀬ヶ原。
1
ニッコウキスゲと至仏山。
2016年07月10日 07:45撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲと至仏山。
1
こちらも
2016年07月10日 07:46撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも
小高い橋の上から燧ヶ岳。まだてっぺんは雲の中。
2016年07月10日 07:49撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小高い橋の上から燧ヶ岳。まだてっぺんは雲の中。
1
あれに登る高揚感と、登らなきゃいけない絶望感w
2016年07月10日 07:51撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれに登る高揚感と、登らなきゃいけない絶望感w
オゼコウホネ?
2016年07月10日 08:15撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
オゼコウホネ?
1
おはよー燧ヶ岳
2016年07月10日 08:22撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おはよー燧ヶ岳
1
すっかり晴れた至仏山。
2016年07月10日 08:22撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すっかり晴れた至仏山。
1
振り返って燧
2016年07月10日 08:22撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って燧
珍しい手作りのレザー製の山バッジが買えて意気揚揚と登山開始…ですが、いきなり急登でここまで写真なし。あそこから歩いてきた…
2016年07月10日 10:08撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
珍しい手作りのレザー製の山バッジが買えて意気揚揚と登山開始…ですが、いきなり急登でここまで写真なし。あそこから歩いてきた…
1
見晴がよく見える。
2016年07月10日 10:09撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見晴がよく見える。
ニッコウキスゲと尾瀬ヶ原と燧ヶ岳。
2016年07月10日 10:27撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲと尾瀬ヶ原と燧ヶ岳。
1
急登だし、濡れた蛇紋岩と木段に足は取られるし、ザックは重いしでペースが上がらない。励ましのタテヤマリンドウ(たぶん)
2016年07月10日 10:43撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登だし、濡れた蛇紋岩と木段に足は取られるし、ザックは重いしでペースが上がらない。励ましのタテヤマリンドウ(たぶん)
1
綺麗に晴れて良かった。
2016年07月10日 12:04撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
綺麗に晴れて良かった。
もいっちょ
2016年07月10日 12:04撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もいっちょ
ごった返しの至仏山山頂で残ったパンを食べ、すぐに小至仏山へ。ハクサンシャクナゲがそこらじゅうに。
2016年07月10日 12:55撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ごった返しの至仏山山頂で残ったパンを食べ、すぐに小至仏山へ。ハクサンシャクナゲがそこらじゅうに。
至仏山と燧ヶ岳のツーショット。
2016年07月10日 12:55撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至仏山と燧ヶ岳のツーショット。
1
バスを乗り継いで無事大清水へ(14:41が最終)。 重量は減ってるはずなのに嵩がすごい増してるマイザック。おつかれさまでした。
2016年07月10日 15:01撮影 by E-P3 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バスを乗り継いで無事大清水へ(14:41が最終)。 重量は減ってるはずなのに嵩がすごい増してるマイザック。おつかれさまでした。

感想/記録

初のテント泊は尾瀬に決定。平坦を長めに取れるから…と思ったのですが、大型ザックの重さは伊達じゃなかった…。 持ち物、パッキング等工夫が必要になりそうです。。

尾瀬は初めてだったのですが、大清水からの雨の森林浴、尾瀬沼、周辺の小湿原や燧ヶ岳山麓の森、見晴からメインの尾瀬ヶ原、そして至仏山と、バリエーションもボリュームも盛りだくさんで、飽きること無く終始楽しんで歩くことができました。
今までそれほど花に目は行かなかったのですが、意識すると簡単に見つけられるのも尾瀬の魅力かなと思います。
花を見つける山行の導入には持ってこいのフィールドでした。

テント泊できるようになったらあれも行きたいこれも行きたいと考えていましたが、当分はあれこれ考え試しての山行が続きそうです。
少しずつ目的の上方修正ができるようにがんばろ…

追)
帰りのバスの時刻をあまり気にしてなかった&鳩待峠から直行があると思い込んでいたせいで乗り継ぎがぎりぎりだったのですが、鳩待峠→戸倉のバスの運転手さんのご厚意と運転技術のおかげで最終に間に合いました。ほんとに感謝してます!
訪問者数:217人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ