ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 926345 全員に公開 ハイキング東海

恵那山 神坂峠

日程 2016年07月27日(水) [日帰り]
メンバー imomushia
天候曇り 雨
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山ポストは大桧駐車場にあり
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 雨具 行動食 非常食 飲料 ヘッドランプ ファーストエイドキット 携帯 タオル ストック カメラ

写真

大桧駐車場登山ポスト
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大桧駐車場登山ポスト
1
帰りはここからの登りがバテた
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りはここからの登りがバテた
1
謎きのこ きのこはたくさん生えてました
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
謎きのこ きのこはたくさん生えてました
大判山 山というより小ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大判山 山というより小ピーク
1
小ピークで小休止
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークで小休止
2
霧のおかげで幻想的な風景 ブルーシートがなければの話
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霧のおかげで幻想的な風景 ブルーシートがなければの話
恵那山は前宮ルートが一番だと思うのだけれど残念
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
恵那山は前宮ルートが一番だと思うのだけれど残念
2
四乃宮 恵那山最高地点は結局三乃宮か四乃宮かどっちなんでしょうね?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
四乃宮 恵那山最高地点は結局三乃宮か四乃宮かどっちなんでしょうね?
1
いつもの三角点といつもの展望のない展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの三角点といつもの展望のない展望台
2
いつもの標識
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつもの標識
雲があってもなくても展望のない展望台
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲があってもなくても展望のない展望台
避難小屋でちょっとだけ青空 避難小屋塗り直した?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋でちょっとだけ青空 避難小屋塗り直した?
1
岩場から 雲のおかげで全く見えず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場から 雲のおかげで全く見えず
1
いつものカップ麺では味気ないのでマルタイ棒ラーメン 鍋が油でベトベトになりちょっと後悔
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いつものカップ麺では味気ないのでマルタイ棒ラーメン 鍋が油でベトベトになりちょっと後悔
2
帰りは雲に覆われて雨寸前
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
帰りは雲に覆われて雨寸前
幾多のアップダウンを越えてようやく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幾多のアップダウンを越えてようやく
2
今日の戦利品 ストックのゴム3つ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日の戦利品 ストックのゴム3つ
1

感想/記録

前日の夜21時に仕事が終わった時、恵那山を神坂から行こうと思いついたので。
いつでもどこかに行けるようにwindytyで天気は常にチェックしていたのと
いつでもどこかに行けるように用具は揃えてあったのでさっさと風呂入って出発。
市内とはいえ自宅から神坂は少々距離がある。登山者駐車場で寝る。5時のアラームを完全無視して7時に起きる。
疲れがたまっていたが、よく寝たせいで体調はすこぶるいい。
右ヒザの痛みが限界になったら帰ろうと思ったもののサポーター2枚でガッチリ固めたので何とかなった。右ヒザ君よく頑張った。

前日の雨でぬかるんでいるかと思ったがスリップもそれほどでもなく快調に歩く。
本日は曇りと分かっていたので最初から展望は無視。
展望がよいけどアップダウンが多い神坂ルート、の、展望が消えたのでアップダウンだけが残った。
しかし霧に包まれた山は独特の幻想的な雰囲気があり嫌いではない。涼しいし。
前宮合流点と二乃宮を過ぎると木が切り開かれている場所あり。
以前前宮から通った時はなぜここだけ?と思ったがセスナが落ちた場所らしい。二人が亡くなったそうだ。
あとは頂上稜線を三角点まで。三乃宮が最高点という人もいるし四乃宮が最高点という人もいるけど結局どっち?
三角点では相変わらずの櫓展望台にとりあえず上ってみるものの、まぁ、相変わらずですよね。
もっと高くできないものだろうか。

避難小屋でマルタイ棒ラーメンを茹でていると、黒井沢から団体さんが到着した。
ヘルメットしてザイルかついでカラビナジャラジャラで「ハーケンが〜」などと言っているので、え?!夏の恵那山で??どういう人達だ??と思ったが、話を聞くと岐阜県警山岳警備隊の人達だった。
といっても北アルプス管轄の人達とは違って、主に恵那山山域で活動する中津川警察署の人達だそうだ。
「まだお世話になった事はありませんが・・・」
「そうならないようにして下さい」
お疲れ様ッス!

雨が降りそうだったのでさっさと食ってさっさと帰る。
尾根を雲が流れていくのを見るのは高山っぽくてとてもいい。
帰りのアップダウンでさすがにイヤになる。
車のドアを開けようとした瞬間に雨が降ってきた。監視されていたのだろうか?
訪問者数:721人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ