ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 931914 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

五竜岳(八方尾根〜遠見尾根)

日程 2016年07月31日(日) [日帰り]
メンバー maruta27
天候晴れのち雨のち晴れ
アクセス
利用交通機関
電車ケーブルカー等
ムーンライト信州でJR大糸線白馬駅
白馬駅からゴンドラ「アダム」八方駅まで徒歩30分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間30分
休憩
2時間0分
合計
8時間30分
S八方池山荘07:0007:10石神井ケルン07:20八方山07:30八方池08:00扇雪渓08:10丸山08:2008:50唐松岳頂上山荘09:0009:40大黒岳09:5010:30遠見尾根分岐10:40五竜山荘10:5011:30五竜岳12:1012:30五竜山荘12:5013:00白岳13:30西遠見山13:50大遠見山14:10中遠見山14:2014:40小遠見山14:5015:20地蔵の頭15:30白馬五竜アルプス平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
八方尾根は危険箇所なし。
唐松岳頂上山荘からすぐの牛首と五竜岳頂上手前の鎖場と岩場は要注意。
五竜山荘から遠見尾根を下るときに何箇所か鎖場があり。
その他周辺情報十郎の湯 600円
五竜テレキャビンのとおみ駅からJR大糸線飯森駅方面に徒歩20分ほど
過去天気図(気象庁) 2016年07月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 タオル

写真

2週連続で来てしまった。
今回はバスに乗らず徒歩で八方駅へ。
2016年07月31日 05:46撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2週連続で来てしまった。
今回はバスに乗らず徒歩で八方駅へ。
ゴンドラリフトを乗り継いで、スタート地点の八方池山荘に到着。
2016年07月31日 06:54撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンドラリフトを乗り継いで、スタート地点の八方池山荘に到着。
先週同様何も見えません。
2016年07月31日 06:58撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週同様何も見えません。
八方池。あるはずの絶景が・・・。また次の機会に見に来よう。
2016年07月31日 07:25撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方池。あるはずの絶景が・・・。また次の機会に見に来よう。
高度が上がると晴れてきました。
2016年07月31日 07:40撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が上がると晴れてきました。
先週はガスって見れなかった八方尾根からの五竜岳と鹿島槍!
2016年07月31日 07:41撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週はガスって見れなかった八方尾根からの五竜岳と鹿島槍!
1
扇雪渓に到着。
2016年07月31日 07:56撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇雪渓に到着。
1
丸山ケルン到着。不帰の嶮がよく見えます。
2016年07月31日 08:12撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山ケルン到着。不帰の嶮がよく見えます。
1
唐松岳頂上山荘に物資を運ぶヘリが行き来してました。
2016年07月31日 08:20撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘に物資を運ぶヘリが行き来してました。
ここで下ってきた年配の女性と会話。
上では剱岳まではっきりと見えるとのこと、期待が膨らみます。
2016年07月31日 08:39撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで下ってきた年配の女性と会話。
上では剱岳まではっきりと見えるとのこと、期待が膨らみます。
もう少しで下ろしてるところを見れました。作業終了でした。
2016年07月31日 08:44撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで下ろしてるところを見れました。作業終了でした。
唐松岳頂上山荘到着。
2016年07月31日 08:46撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘到着。
唐松岳山頂、先週行ったので今回はスルーします。
2016年07月31日 08:46撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂、先週行ったので今回はスルーします。
かすかに見えた剱岳。
2016年07月31日 08:54撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かすかに見えた剱岳。
五竜山荘に向けて牛首の鎖場へ。
本格的な鎖場はほぼ経験ないので緊張します。
2016年07月31日 09:01撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘に向けて牛首の鎖場へ。
本格的な鎖場はほぼ経験ないので緊張します。
1
びびってペースが上がりません。
後ろからきたトレランのお兄さん2人組に先を譲りました。
2016年07月31日 09:06撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
びびってペースが上がりません。
後ろからきたトレランのお兄さん2人組に先を譲りました。
2
なんとか牛首を通過して、しばらく進むとめざす五竜岳が。かっこいい。
2016年07月31日 10:00撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんとか牛首を通過して、しばらく進むとめざす五竜岳が。かっこいい。
2
ここで少し休憩。
2016年07月31日 10:14撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここで少し休憩。
遠見尾根との分岐を過ぎたら、眼下に五竜山荘が現れました。
2016年07月31日 10:36撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠見尾根との分岐を過ぎたら、眼下に五竜山荘が現れました。
1
五竜山荘到着。武田菱がかっこいい。
2016年07月31日 10:39撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜山荘到着。武田菱がかっこいい。
たくさんの人で賑わってます。自分も少し休憩。
2016年07月31日 10:40撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
たくさんの人で賑わってます。自分も少し休憩。
先週の唐松岳頂上山荘で着ている人をみて欲しくなった五竜山荘Tシャツ。今日は泊まらないのに買ってしまった(^^;
2016年07月31日 10:51撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先週の唐松岳頂上山荘で着ている人をみて欲しくなった五竜山荘Tシャツ。今日は泊まらないのに買ってしまった(^^;
雪渓の見える山頂を目指します。
上にいくほど道がガレてきました。
2016年07月31日 10:58撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の見える山頂を目指します。
上にいくほど道がガレてきました。
山頂手前の鎖場。指が入ってしまった(^^;
2016年07月31日 11:23撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂手前の鎖場。指が入ってしまった(^^;
最後の岩登り、ペンキの○印をたどって登っていきます。
2016年07月31日 11:24撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の岩登り、ペンキの○印をたどって登っていきます。
1
鹿島槍方面の八峰キレットへの分岐、いつか行ってみたい。
2016年07月31日 11:28撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鹿島槍方面の八峰キレットへの分岐、いつか行ってみたい。
1
五竜岳登頂成功!
もうヘロヘロです。ガスってて眺望なし。
2016年07月31日 11:31撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五竜岳登頂成功!
もうヘロヘロです。ガスってて眺望なし。
1
雲が切れる気配がないので早々に山荘へ下山。
山荘到着直後に豪雨になったが、リフトの最終に間に合わないとなので雨具を着こんですぐに出発。
2016年07月31日 11:48撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲が切れる気配がないので早々に山荘へ下山。
山荘到着直後に豪雨になったが、リフトの最終に間に合わないとなので雨具を着こんですぐに出発。
振り返ると谷筋は濁流の川と化してた。
2016年07月31日 13:13撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると谷筋は濁流の川と化してた。
雨の中、遠見尾根をひたすら下山。
2016年07月31日 13:24撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨の中、遠見尾根をひたすら下山。
道が・・・、川だ。
2016年07月31日 13:31撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が・・・、川だ。
中遠見を過ぎるくらいで雨があがって鹿島槍がみえました。
2016年07月31日 14:35撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中遠見を過ぎるくらいで雨があがって鹿島槍がみえました。
1
小遠見到着、なんとかリフトに間に合いそうなので少し休憩。
2016年07月31日 14:41撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小遠見到着、なんとかリフトに間に合いそうなので少し休憩。
小遠見からの五竜岳と鹿島槍。
2016年07月31日 14:43撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小遠見からの五竜岳と鹿島槍。
テレキャビンのアルプス平駅に到着。
リフト終了1時間前に間に合いました。
2016年07月31日 15:32撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テレキャビンのアルプス平駅に到着。
リフト終了1時間前に間に合いました。
とおみ駅到着、無事下山完了。
2016年07月31日 15:52撮影 by T008, KDDI-TS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とおみ駅到着、無事下山完了。

感想/記録

2週連続での八方尾根訪問になりました。
前週は、唐松岳ピストンだったので、今回は縦走してみようと思いました。
当初は遠見尾根から五竜岳にいって八方尾根をおりる予定でしたが、
テレキャビンが運行開始が7時半だったので、八方アルペンラインに変更しました。
本当は1泊したいところですが、翌日が仕事なので日帰りです。
五竜山荘に着いた時点で、テレキャビンの最終に間に合いそうになかったら、
五竜岳の山頂をあきらめて下山することにして出発しました。

前回同様、スタートは真っ白で八方池まで眺望なし。
しばらく登ると晴れてきて、目指す五竜岳とその奥に鹿島槍ヶ岳をみることができました。
途中丸山ケルンで休憩して、唐松岳頂上山荘につきました。
ペースを早めにきたので、前回より45分早く着きました。(ヘロヘロです。)

小休止後、五竜山荘に向けて出発。
直後の牛首の鎖場で追いついてきたトレラン姿のお兄さん2人組に先を譲り、
ビビリながらもなんとか通過できました。
北アルプスは2回目で本格的な鎖場はほぼ初めてだったので、
とにかく緊張しまくりでした。(ちょっと楽しかった。)

大黒岳から白岳へ、意外と下りたので体力を削られました。
途中正面にドーンと見えた五竜岳はかっこいいの一言でした。
遠見尾根分岐を過ぎると眼下に五竜山荘が見えました。
五竜山荘で休憩して、限定Tシャツを衝動買いしてから山頂へ向かいました。
上にいくにつれて道がガレてきて最後は鎖場と岩登りでした。
八峰キレットとの分岐を五竜岳頂上の方に向かい、五竜岳山頂に到着!
目標だったお昼前に着くことができました。(満足感と疲労感がMAX)
牛首で道を譲ったトレランのお兄さん2人組と再会しました。
途中何度か尾根でお互いの姿が見えていたので、
ずっと自分に追いかけられてる感じがしてたとか(^^;

山頂のまわりはガスってて、眺望はほぼなし。
おにぎりを齧りながら30分ほど待ってみましたが、
一向に晴れる気配がなかったので山荘へ下山しました。
この時点で雲行きが怪しかったのですが、五竜山荘へ着いた直後に豪雨に。
山頂でストーブだしてカップラーメンやらなくてよかった。

時間もないので、雨具を着用したら早々に遠見尾根へ。
山で雨具を初めて使いました。(^^;
とにかく道が川のようになってて、白岳の鎖場は夢中で下りました。
まあ、牛首と比べれば大したことなかったですが・・。
中遠見あたりで雨が完全に止んで、背後に鹿島槍と五竜岳がみえました。
角度によって山の形の見え方が全然違うので面白い。
こちら側からみる五竜岳はピラミッド型っぽい。

その後、小遠見で休憩して、テレキャビンのアルプス平駅へ到着。
なんとか運行終了1時間前に着くことができました。
2回目の北アルプスで、鎖場に岩場に突発の雨といろいろ経験できたので
実りのある山行になったと思います。
今回は時間制限があってゆっくりと周ることができなかったので、
次回は余裕のある山行がしたいです。
また来るときは五竜山荘で1泊したいですね。
訪問者数:75人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ