ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937038 全員に公開 ハイキング東海

八紘嶺・大谷嶺

日程 2016年08月11日(木) [日帰り]
メンバー clubmanmk2zawanaohiroHG510saruzoubee83
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち93%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間44分
休憩
55分
合計
7時間39分
S八紘嶺登山口(安倍峠)07:4108:26富士見台09:27八紘沢の頭09:52八紘嶺10:1111:43五色の頭12:03アザミ次郎の頭12:30大谷嶺12:4713:41新窪乗越14:0015:01扇の要15:12大谷嶺登山道入口15:20大谷嶺駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル ツェルト ストック カメラ

写真

車1台を大谷嶺、幸田文文学碑手前駐車場にデポ。もう1台で、安倍峠駐車場へ行き、スタートです。
2016年08月11日 07:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
車1台を大谷嶺、幸田文文学碑手前駐車場にデポ。もう1台で、安倍峠駐車場へ行き、スタートです。
1
初っ端から急登
2016年08月11日 07:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
初っ端から急登
急登から尾根に上がりしばらくすると直登(尾根通し・地理院記載)と巻き道の分岐がありますが、ここは巻き道へ。先の方にテープがついています。
2016年08月11日 07:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登から尾根に上がりしばらくすると直登(尾根通し・地理院記載)と巻き道の分岐がありますが、ここは巻き道へ。先の方にテープがついています。
しばらくは巻き道を進みますが、
2016年08月11日 08:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくは巻き道を進みますが、
けっこうな斜度のところもあります。
2016年08月11日 08:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
けっこうな斜度のところもあります。
八紘嶺登山口との合流地点が見えてきました。
2016年08月11日 08:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺登山口との合流地点が見えてきました。
八紘嶺、八紘嶺登山口、安倍峠駐車場分岐。写真奥の方から登ってきて、右折して八紘嶺に向かいます。
2016年08月11日 08:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺、八紘嶺登山口、安倍峠駐車場分岐。写真奥の方から登ってきて、右折して八紘嶺に向かいます。
その後も高度を上げていくと、正面に通行止めがあり、左側に巻き道があります。尾根は一カ所穴が開いたように崩落しています。
2016年08月11日 08:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その後も高度を上げていくと、正面に通行止めがあり、左側に巻き道があります。尾根は一カ所穴が開いたように崩落しています。
この通行止め箇所は富士見台でした。富士山は残念ながらガスで見られませんでした。
2016年08月11日 08:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この通行止め箇所は富士見台でした。富士山は残念ながらガスで見られませんでした。
富士見台から先はフィールドアスレチックのような登りになります。
2016年08月11日 08:40撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士見台から先はフィールドアスレチックのような登りになります。
こんなヤセた巻き道や、
2016年08月11日 08:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなヤセた巻き道や、
木をまたいでのロープ場など、飽きることはありません。
2016年08月11日 08:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木をまたいでのロープ場など、飽きることはありません。
このあたりいくつかの小ピークを越えます。
2016年08月11日 09:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりいくつかの小ピークを越えます。
ブナの木の変化球?
2016年08月11日 09:21撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ブナの木の変化球?
1
八紘沢の頭を通過
2016年08月11日 09:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘沢の頭を通過
八紘嶺らしきピークが見えてきましたが、まだまだ登ります。
2016年08月11日 09:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺らしきピークが見えてきましたが、まだまだ登ります。
八紘嶺山頂到着。展望は開けませんが、いい雰囲気の山頂です。ここまでなかなかの登りでした。
2016年08月11日 09:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺山頂到着。展望は開けませんが、いい雰囲気の山頂です。ここまでなかなかの登りでした。
2
七面山方面@八紘嶺山頂
七面山方面もよく踏まれているようです。
2016年08月11日 10:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七面山方面@八紘嶺山頂
七面山方面もよく踏まれているようです。
八紘嶺からはどんどん下ります。
五色の頭方面。
2016年08月11日 10:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八紘嶺からはどんどん下ります。
五色の頭方面。
トウゴクミツバツツジのトンネル。
さらに下ります。
2016年08月11日 10:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トウゴクミツバツツジのトンネル。
さらに下ります。
キレットまで来ました。
2016年08月11日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレットまで来ました。
このキレット箇所は、真っ直ぐと右へ迂回する分岐があります。よく見ると正面に「→」の標識。
2016年08月11日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このキレット箇所は、真っ直ぐと右へ迂回する分岐があります。よく見ると正面に「→」の標識。
標識どおり進みます。ここは沢方面ではなく、左手に道が続きます。
2016年08月11日 10:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識どおり進みます。ここは沢方面ではなく、左手に道が続きます。
最低のコル通過
2016年08月11日 10:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最低のコル通過
進行方向正面、右側が目指す大谷嶺、左側1742mピーク。
鳩胸尾根の奥に見えるはずの山伏はガスの中。
2016年08月11日 10:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
進行方向正面、右側が目指す大谷嶺、左側1742mピーク。
鳩胸尾根の奥に見えるはずの山伏はガスの中。
残念ながら南側、安倍奥の山々はガスの中。
2016年08月11日 10:55撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながら南側、安倍奥の山々はガスの中。
振り返って八紘嶺方面。
左端、八紘嶺。その右、八紘沢の頭にはガスがかかっています。
バラの段方面は残念ながら見えません。
2016年08月11日 10:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って八紘嶺方面。
左端、八紘嶺。その右、八紘沢の頭にはガスがかかっています。
バラの段方面は残念ながら見えません。
コルから登り続けて、五色の頭に着きました。
2016年08月11日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルから登り続けて、五色の頭に着きました。
五色の頭はさほど広くありませんが、ランチするには十分です。
2016年08月11日 11:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色の頭はさほど広くありませんが、ランチするには十分です。
五色の頭からは、今までがウソのような、超快適な登山道になります。
2016年08月11日 11:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色の頭からは、今までがウソのような、超快適な登山道になります。
アザミ次郎の頭を通過します。
2016年08月11日 12:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アザミ次郎の頭を通過します。
なぜかこの三本の木だけがこんな感じでそびえたっていて、登山道で存在感がありました。
2016年08月11日 12:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜかこの三本の木だけがこんな感じでそびえたっていて、登山道で存在感がありました。
大谷嶺山頂到着
とても広い山頂です。残念ながらガスで、南アルプス方面の眺望はありません。
2016年08月11日 12:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺山頂到着
とても広い山頂です。残念ながらガスで、南アルプス方面の眺望はありません。
1
大谷嶺山頂から覗く大谷崩
ほぼ直角に見えます。
2016年08月11日 12:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺山頂から覗く大谷崩
ほぼ直角に見えます。
山伏方面@大谷嶺山頂。
かろうじて小河内山は見えますが、山伏への稜線は完全にガスの中。小河内山の右奥側、木の向こう側には光岳、左奥側には大無間山が見える、はず?
2016年08月11日 12:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山伏方面@大谷嶺山頂。
かろうじて小河内山は見えますが、山伏への稜線は完全にガスの中。小河内山の右奥側、木の向こう側には光岳、左奥側には大無間山が見える、はず?
大谷嶺山頂からは、大谷崩を迂回する形で巻き道がついていますが、ヤセている上に下りの斜度もけっこうあり、注意が必要です。
2016年08月11日 12:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷嶺山頂からは、大谷崩を迂回する形で巻き道がついていますが、ヤセている上に下りの斜度もけっこうあり、注意が必要です。
新窪乗越へ下る途中、巻き道からガレの縁に出る箇所もありますが、ご覧のとおりなので滑落注意。
2016年08月11日 13:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新窪乗越へ下る途中、巻き道からガレの縁に出る箇所もありますが、ご覧のとおりなので滑落注意。
崩れてますね〜。
正面にこれから下る大谷崩の下山道が見えています。
2016年08月11日 13:10撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩れてますね〜。
正面にこれから下る大谷崩の下山道が見えています。
新窪乗越直前のピーク。
新窪乗越はこのピークの向こう側。けっこうな角度で登ってます。
2016年08月11日 13:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新窪乗越直前のピーク。
新窪乗越はこのピークの向こう側。けっこうな角度で登ってます。
登りの途中に井川雨畑林道方面への分岐があります。
2016年08月11日 13:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りの途中に井川雨畑林道方面への分岐があります。
こんなハシゴ場もあります。
2016年08月11日 13:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんなハシゴ場もあります。
ピークを越えて、新窪乗越が見えてきました。
2016年08月11日 13:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ピークを越えて、新窪乗越が見えてきました。
向こう側に見える道を行けば、山伏方面。
2016年08月11日 13:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向こう側に見える道を行けば、山伏方面。
新窪乗越で休憩。ちなみに「しんくぼのっこし」と読むそうです。
2016年08月11日 13:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新窪乗越で休憩。ちなみに「しんくぼのっこし」と読むそうです。
扇の要へ出発。ガレの急坂。下るのは乗越沢。
すぐ左は四ノ沢。白鳳峠からの下りみたいです。
2016年08月11日 14:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇の要へ出発。ガレの急坂。下るのは乗越沢。
すぐ左は四ノ沢。白鳳峠からの下りみたいです。
どんどん下ります。
2016年08月11日 14:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下ります。
このあたりで、登山道からは離れていましたが、東側、三ノ沢の上の方から、小さな岩が音を立てて転がり落ちてきました。三ノ沢、四ノ沢は落石多発のようなので、気が抜けません。
2016年08月11日 14:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このあたりで、登山道からは離れていましたが、東側、三ノ沢の上の方から、小さな岩が音を立てて転がり落ちてきました。三ノ沢、四ノ沢は落石多発のようなので、気が抜けません。
ガレの下りもほぼ終わり。
正面は大谷川でしょうか。
2016年08月11日 14:30撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレの下りもほぼ終わり。
正面は大谷川でしょうか。
ガレの下りが終わると、樹林帯に入ります。
樹林帯に入っても、大きな岩が見られます。
2016年08月11日 14:42撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレの下りが終わると、樹林帯に入ります。
樹林帯に入っても、大きな岩が見られます。
一度沢と合流するように道は続きます。
2016年08月11日 14:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一度沢と合流するように道は続きます。
沢と離れ、樹林帯の中を進みます。
2016年08月11日 14:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢と離れ、樹林帯の中を進みます。
ケルンの先に堰堤が見えてきました。
2016年08月11日 14:59撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルンの先に堰堤が見えてきました。
堰堤のところに扇の要の標識があります。
2016年08月11日 15:00撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤のところに扇の要の標識があります。
堰堤のすぐ先を下りて、堰堤を右に見ながら下ります。
すぐにガレ場に出ます。
2016年08月11日 15:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤のすぐ先を下りて、堰堤を右に見ながら下ります。
すぐにガレ場に出ます。
ガレ場では一ノ沢と二ノ沢からの土石が堆積しています。ケルンが積んでありますが、ここが本来の扇の要だったそうで、土石流に標識が流されてしまったそうです。
2016年08月11日 15:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場では一ノ沢と二ノ沢からの土石が堆積しています。ケルンが積んでありますが、ここが本来の扇の要だったそうで、土石流に標識が流されてしまったそうです。
現在では二ノ沢からの土砂は堰堤で留まるのでしょうが、歩いてみると、かつて堰堤がなかった頃、ここに至るまで土石流があったことがわかります。
2016年08月11日 15:08撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
現在では二ノ沢からの土砂は堰堤で留まるのでしょうが、歩いてみると、かつて堰堤がなかった頃、ここに至るまで土石流があったことがわかります。
更に進んで、一ノ沢を渡ります。
2016年08月11日 15:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に進んで、一ノ沢を渡ります。
ガレ場を横切ると広場があって、監視カメラがついています。
2016年08月11日 15:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場を横切ると広場があって、監視カメラがついています。
一ノ沢を渡ると工事用らしき広場があり、その先に林道が見えてきます。
2016年08月11日 15:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一ノ沢を渡ると工事用らしき広場があり、その先に林道が見えてきます。
林道を下ったところに、大谷嶺登山口の看板
2016年08月11日 15:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を下ったところに、大谷嶺登山口の看板
幸田文さんの文学碑がその先にありました。
2016年08月11日 15:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幸田文さんの文学碑がその先にありました。
さらに林道を下ると、朝車1台をデポした駐車場に到着です。お疲れ様でした。
2016年08月11日 15:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さらに林道を下ると、朝車1台をデポした駐車場に到着です。お疲れ様でした。
今回も温泉は大野木荘さんにお世話になりました。
2016年08月11日 16:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回も温泉は大野木荘さんにお世話になりました。
1

感想/記録

 今年からできた祝日「山の日」。山の日なんだから登山でしょ、ということで、以前から行ってみたかった八紘嶺、大谷嶺を縦走してきました。

 今回は、大谷嶺登山口下の幸田文文学碑手前の駐車場に車1台をデポ、もう1台で安倍峠駐車場に向かい、そちらからスタートしました。残念ながらガスが多く、眺望は開けませんでしたが、楽しい山行になりました。

 全体的にロープ場が多く、キレットもあり、さらには大谷崩を下りるというなかなかタフなコースですが、五色の頭から大谷嶺は快適な尾根歩きで、変化がたくさんあり、いいコースだと思いました。以下、感想です。

1.安倍峠駐車場〜八紘嶺登山口分岐
・いきなりの急登。ウォーミングアップなしで、いきなりマウンドで投げる感じ。
・尾根に上がってから一カ所、巻き道と尾根通しの直登ルート(地理院地図記載)と両方踏み跡があります。無難に巻き道を行きました。

2.八紘嶺登山口分岐〜八紘嶺
・ロープ場が連続し、急登もあります。
・富士見台は尾根が崩壊している箇所があります。富士見台でゆっくり休憩、という感じの場所ではありません。

3.八紘嶺〜五色の頭
・前半は急角度の下り、コルからはけっこうな登り。
・ロープ場、キレットなどここもなかなかのタフな場所。

4.五色の頭〜大谷嶺
・超快適な尾根道

5.大谷嶺〜新窪乗越
・大谷崩を避ける巻き道、大谷崩の稜線歩き、最後のピークのアップダウンなど、ここが全行程の中で一番タフだったかも。

6.新窪乗越〜駐車場
・大谷崩の下山は足元に注意ですが、高度をどんどん下げることができ、思ったほど厳しくはないです。
・下山中にも大谷崩で落石がありました。登山道からは離れていたので問題はありませんでしたが、注意は必要ですね。
訪問者数:355人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ