ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 937397 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

【黒部祖母谷父子キャン】白馬岳〜清水岳〜祖母谷温泉〜欅平〜富山

日程 2016年08月07日(日) 〜 2016年08月11日(木)
メンバー 子連れ登山shibak, その他メンバー1人
天候8/7 晴
8/8 晴のち曇
8/9 暴風雨
8/10 晴
8/11 晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
行き:新宿 〜(バス)〜八方駐車場
下り:欅平 〜(トロッコ電車)〜 宇奈月駅 〜(自家用車)〜 富山
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
15分
休憩
0分
合計
15分
S八方の湯21:0021:15白馬アルプスオートキャンプ場
2日目
山行
5時間38分
休憩
25分
合計
6時間3分
白馬アルプスオートキャンプ場08:0809:00岩岳付近10:00栂池ヒュッテ10:10栂池山荘11:20分水嶺11:2512:10天狗原の祠12:10風吹大池方面分岐13:30乗鞍岳13:5014:11白馬大池山荘14:11白馬大池テン場
3日目
山行
4時間21分
休憩
1時間12分
合計
5時間33分
宿泊地08:0208:56船越ノ頭08:5710:01小蓮華山11:00三国境11:42白馬岳11:4311:55白馬山荘13:0013:30白馬岳頂上宿舎13:3513:35白馬岳頂上宿舎テン場
4日目
山行
9時間43分
休憩
1時間31分
合計
11時間14分
白馬岳頂上宿舎テン場07:3407:40祖母谷分岐07:4508:15旭岳分岐08:2009:50清水平09:5511:50不帰岳避難小屋12:4518:00名剣沢18:2118:48祖母谷温泉
5日目
山行
1時間0分
休憩
0分
合計
1時間0分
祖母谷温泉10:5611:40名剣温泉11:56欅平駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
6日目は帰省&北陸観光
コース状況/
危険箇所等
不帰避難小屋まではよく整備されています。
不帰避難小屋から下、マムシに注意。倒木多数あり、鎖場、ガレ場、ザレ場、崩壊数カ所あり(歩行に支障はなし?)
その他周辺情報ドコモ:
稜線以外はほぼ圏外。白馬山荘と頂上宿舎付近はLTE、頂上宿舎のキャンプ場は一部3G可。白馬から清水岳付近までは一部3G可。不帰避難小屋から祖母谷温泉まで圏外。祖母谷温泉から欅平へは、1つ目のトンネル越えたあたりから3G圏内。
ワンセグ:
頂上宿舎のテン場は受信可能。

装備

備考 体力不足…。最近自転車ばかりで走り込んでなかったのが原因か、年齢による衰えか。

下世話な話。今回の経費、親子2人でざっくり\50,000。ただし宇奈月〜富山〜金沢〜富山〜新島々は実家の車のため対象外。また帰省も兼ねており、他の方にはあまり参考にはならないことをご了承いただきたい。
・食料:\2,100
 カレー飯:\200×8=\1,600
 その他菓子:\500
・高速バス(新宿→八方):\4,850+\2,430=\7,280
・夕食等:\2,500
・八方の湯:\1,200
・夜食・朝食・酒(コンビニ):\2,148
・白馬オートキャンプ場:\1,500
・缶ジュース:\160
・栂池ゴンドラ・ロープウェイ:\2,550
・ソフトクリーム、コーラ:\500
・白馬大池テン場:\2,000
・白馬大池ビール、ジュース:\800+\400+\400=\1,600
・白馬スカイプラザビーフカレー、ケーキセット、缶ビール:\1,000+\800+\800=\2,600
・白馬テン場:\2,000
・祖母谷温泉テン場+入浴料:\900+800=\1,700
・祖母谷温泉ビール、ジュース:\600+\200=\800
・祖母谷温泉ジュース×3:\600
・欅平〜宇奈月:\2,570
・宇奈月ソフトクリーム:\350
・新島々〜松本、長野、新宿:\1,050+\1,510+\6,900
・食事(コンビニ):\1,680+\850
・タクシー、東京での電車代:\3,000

写真

1日目、新宿バスタから高速バスに飛び乗り、八方へ。
2016年08月07日 15:06撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
1日目、新宿バスタから高速バスに飛び乗り、八方へ。
バス停終点からすぐ近くの八方の湯へ。八方温泉は日本唯一の天然水素温泉。アンチエイジング効果があるとか。
2016年08月07日 20:59撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停終点からすぐ近くの八方の湯へ。八方温泉は日本唯一の天然水素温泉。アンチエイジング効果があるとか。
八方の湯の目の前には24時間営業のコンビニあり。キャンプ場も歩いて15分と近い。
2016年08月07日 21:01撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方の湯の目の前には24時間営業のコンビニあり。キャンプ場も歩いて15分と近い。
八方の湯・コンビニから徒歩15分と環境に恵まれた白馬アルプスオートキャンプ場にて宿泊。夕食(夜食?)にからあげクン。
2016年08月07日 22:08撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方の湯・コンビニから徒歩15分と環境に恵まれた白馬アルプスオートキャンプ場にて宿泊。夕食(夜食?)にからあげクン。
2日目。
2016年08月08日 07:03撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
2日目。
小川・電源サイト・Wi-Fi・自販機・レンタサイクル・薪あり。ただしトイレは少々古く水場は水道水。コアなオートキャンパー向けだが、バックパックもOKで1,500円。キャンプ場近くの倉下の湯は、2016/8/11から営業再開。
2016年08月08日 06:50撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小川・電源サイト・Wi-Fi・自販機・レンタサイクル・薪あり。ただしトイレは少々古く水場は水道水。コアなオートキャンパー向けだが、バックパックもOKで1,500円。キャンプ場近くの倉下の湯は、2016/8/11から営業再開。
キャンプ場近くから白馬岳方面の景色。
2016年08月08日 06:51撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キャンプ場近くから白馬岳方面の景色。
2
なぜかテン場内にひっそり、朽ちたSL。廃墟マニアではないが、哀愁を感じる。
2016年08月08日 08:11撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なぜかテン場内にひっそり、朽ちたSL。廃墟マニアではないが、哀愁を感じる。
10歳の息子はトレランシューズ(女性用)。自分は寿命を超えたトレランシューズと新しい登山靴使い分け。
2016年08月08日 06:27撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10歳の息子はトレランシューズ(女性用)。自分は寿命を超えたトレランシューズと新しい登山靴使い分け。
1
岩岳付近のひまわり畑。栂池まであと5km程あるが、既に汗だく。タクシー呼べばよかった。この後、老夫婦の車に拾ってもらい栂池まで送っていただいた。感謝感謝。
2016年08月08日 08:39撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩岳付近のひまわり畑。栂池まであと5km程あるが、既に汗だく。タクシー呼べばよかった。この後、老夫婦の車に拾ってもらい栂池まで送っていただいた。感謝感謝。
1
栂池ロープウェイ山頂駅(標高1,500m)の気温18℃(10:00)。ラジオでは各地猛暑日になるとのこと。
2016年08月08日 10:01撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
栂池ロープウェイ山頂駅(標高1,500m)の気温18℃(10:00)。ラジオでは各地猛暑日になるとのこと。
分水嶺の湧水。白馬大池のテン場の水は雨水を塩素消毒したものなので、美味しくない。ここでたっぷり水を汲む。
2016年08月08日 11:24撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
分水嶺の湧水。白馬大池のテン場の水は雨水を塩素消毒したものなので、美味しくない。ここでたっぷり水を汲む。
ゴーロゴロの道を登る。結構な登り。
2016年08月08日 11:45撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴーロゴロの道を登る。結構な登り。
突然現れる白馬大池。
2016年08月08日 13:42撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然現れる白馬大池。
1
結構きれい。
2016年08月08日 14:01撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構きれい。
1
夕食までまったり、親子で大池に石投げ。
2016年08月08日 17:24撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕食までまったり、親子で大池に石投げ。
2
白馬大池テン場。発電機のエンジン音がうるさいが、22時前には停止する。
2016年08月08日 18:26撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬大池テン場。発電機のエンジン音がうるさいが、22時前には停止する。
3日目朝。一瞬晴れるが…
2016年08月09日 06:30撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3日目朝。一瞬晴れるが…
ガスガス。白馬岳方面の稜線は、大人でも飛ばされるくらいの暴風雨。
2016年08月09日 08:02撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスガス。白馬岳方面の稜線は、大人でも飛ばされるくらいの暴風雨。
1
暴風雨の中で出会った雷鳥親子。この後も5,6羽みかける。
2016年08月09日 08:49撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暴風雨の中で出会った雷鳥親子。この後も5,6羽みかける。
白馬岳山頂。何も見えないのですぐ下山。
2016年08月09日 11:43撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳山頂。何も見えないのですぐ下山。
3
そして暴風雨の頂上宿舎テン場。昨夜は風が酷く、朝方にはほとんどの方が撤退したとのこと。
2016年08月09日 18:07撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そして暴風雨の頂上宿舎テン場。昨夜は風が酷く、朝方にはほとんどの方が撤退したとのこと。
1
ここは、風の通り道。
2016年08月09日 18:13撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは、風の通り道。
4日目、ようやく晴れ、風もおさまる
2016年08月10日 07:05撮影
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
4日目、ようやく晴れ、風もおさまる
1
絶景にテンションアップ。
2016年08月10日 07:38撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
絶景にテンションアップ。
2
笠ヶ岳、槍、薬師、白山、立山、劔、ぜーんぶ見える。来てよかった。中華スマホのカメラの表現力ではこれが限界。
2016年08月10日 08:16撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳、槍、薬師、白山、立山、劔、ぜーんぶ見える。来てよかった。中華スマホのカメラの表現力ではこれが限界。
6
気持ちの良い稜線。100m歩いては写真を撮るを繰り返す。誰もすれ違わない。
2016年08月10日 08:17撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
気持ちの良い稜線。100m歩いては写真を撮るを繰り返す。誰もすれ違わない。
5
花は少なめ。昨年より2週間以上は早いと思う。
2016年08月10日 09:41撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
花は少なめ。昨年より2週間以上は早いと思う。
3
ここ、双六〜黒部五郎と同じくらい好きかも。
2016年08月10日 09:50撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここ、双六〜黒部五郎と同じくらい好きかも。
4
名もない池と劔。しかし劔はどの角度から見ても男らしくカッコいい。
2016年08月10日 09:56撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名もない池と劔。しかし劔はどの角度から見ても男らしくカッコいい。
3
まだまだ、気持ちのいい道をズンズン下る。
2016年08月10日 09:58撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ、気持ちのいい道をズンズン下る。
2
この辺りで絶景とはお別れ。
2016年08月10日 10:50撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この辺りで絶景とはお別れ。
2
不帰岳避難小屋。トイレ無し(右奥にティッシュのお花畑多数)。少し下ったところに水場あり。ここまでほぼコースタイム。しかしここから先が苦行…。
2016年08月10日 12:09撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不帰岳避難小屋。トイレ無し(右奥にティッシュのお花畑多数)。少し下ったところに水場あり。ここまでほぼコースタイム。しかしここから先が苦行…。
2
小屋には鍋やヤカン、布団?まであり、そこそこ綺麗。トイレは無いが、体力に自信がある方以外は、ここで一泊されることをお勧めする。
2016年08月10日 12:09撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋には鍋やヤカン、布団?まであり、そこそこ綺麗。トイレは無いが、体力に自信がある方以外は、ここで一泊されることをお勧めする。
1
避難小屋を1分ほど下ったところに水場。湧水で冷たく流量も豊富。
2016年08月10日 12:06撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋を1分ほど下ったところに水場。湧水で冷たく流量も豊富。
1
最初の鎖場。この後、ザイル、トラロープ、倒木、ザレ場、ガレ場、崩壊地、渡渉、まるでアスレティックのようなアトラクションが目白押し。これらは後半に集中しており、体力・知力・忍耐力が試される。アップダウンも激しく、小学生4年生には少々ハードだったかもしれない。ちなみに避難小屋から祖母谷温泉まで親子で消費した水は4リットル以上。
2016年08月10日 12:59撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初の鎖場。この後、ザイル、トラロープ、倒木、ザレ場、ガレ場、崩壊地、渡渉、まるでアスレティックのようなアトラクションが目白押し。これらは後半に集中しており、体力・知力・忍耐力が試される。アップダウンも激しく、小学生4年生には少々ハードだったかもしれない。ちなみに避難小屋から祖母谷温泉まで親子で消費した水は4リットル以上。
4
コースタイム1時間少々オーバーで祖母谷温泉に到着、テン泊。
2016年08月11日 11:01撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コースタイム1時間少々オーバーで祖母谷温泉に到着、テン泊。
2
風呂は24時間何度でも入浴可。女性は内風呂を利用するのかな?
2016年08月11日 06:45撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風呂は24時間何度でも入浴可。女性は内風呂を利用するのかな?
4
ジュースで乾杯。ジュース200円。
2016年08月11日 06:46撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジュースで乾杯。ジュース200円。
祖母谷温泉。左側がテン場。欅平からここまで歩いて来る人は少ない。少し上流(右側)の河原にワイルドな無料の温泉がある。
2016年08月11日 08:14撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
祖母谷温泉。左側がテン場。欅平からここまで歩いて来る人は少ない。少し上流(右側)の河原にワイルドな無料の温泉がある。
4
5日目、祖母谷温泉から欅平まで筋肉痛の脚で歩く。祖母谷温泉から欅平の最初のトンネル、300m程度。ここを抜けるとドコモの電波が入る。
2016年08月11日 11:07撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5日目、祖母谷温泉から欅平まで筋肉痛の脚で歩く。祖母谷温泉から欅平の最初のトンネル、300m程度。ここを抜けるとドコモの電波が入る。
トンネルの中は蛍光灯が点っており、ヘッデンは不要。
2016年08月11日 08:18撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネルの中は蛍光灯が点っており、ヘッデンは不要。
欅平付近の警告。ヘルメットを無料レンタル中。欅平付近までくると雰囲気は一変し、外国人もいて一気に賑やかに。
2016年08月11日 11:48撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
欅平付近の警告。ヘルメットを無料レンタル中。欅平付近までくると雰囲気は一変し、外国人もいて一気に賑やかに。
トロッコに揺られ、ウトウトしながら宇奈月へ。
2016年08月11日 12:23撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トロッコに揺られ、ウトウトしながら宇奈月へ。
2
自分は高校まで富山県民だったが、トロッコに乗るのは人生初。しかし自分の脚で黒部の谷を歩いてきた我々にとって、景色は平凡すぎて、単なる移動手段でしかなかった。
2016年08月11日 12:44撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
自分は高校まで富山県民だったが、トロッコに乗るのは人生初。しかし自分の脚で黒部の谷を歩いてきた我々にとって、景色は平凡すぎて、単なる移動手段でしかなかった。
1
しかし息子はオープンなトロッコが新鮮で楽しかったとのこと。
2016年08月11日 12:49撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかし息子はオープンなトロッコが新鮮で楽しかったとのこと。
終着駅の宇奈月で電車の方は乗り換える。ゆるキャラに遭遇するが、誰にもかまってもらえず、ちょっと可哀想。
2016年08月11日 15:00撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
終着駅の宇奈月で電車の方は乗り換える。ゆるキャラに遭遇するが、誰にもかまってもらえず、ちょっと可哀想。
1
【おまけ、北陸観光】雨晴海岸。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【おまけ、北陸観光】雨晴海岸。
【おまけ、北陸観光】金沢のからくり記念館。
2016年08月12日 13:35撮影 by Blade S, ZTE
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【おまけ、北陸観光】金沢のからくり記念館。

感想/記録
by shibak

白馬〜避難小屋付近まで、天気もよく、景色が素晴らしかった。しかし避難小屋から祖母谷は試練の道で体力・気力・知力が試される。栂池から白馬まではさすがに人は多いが、白馬から祖母谷方面は静かなもので、12時間近く歩いて会ったのは5名のみ。最初、なぜこんな素晴らしい場所に人がいないのかと疑問に思ったが、下ってみてその理由が理解できた。

あと不帰岳避難小屋(無人小屋)でお会いした、山岳警備隊(遭対協?)のからの情報を共有する。
・白馬〜祖母谷は長いので避難小屋で宿泊される方が多い。時間が遅い場合は停泊を勧めている(非公式かと思うが)。
・このあたりの登山道はマムシが多い。昨日、唐松小屋〜祖母谷温泉で30匹以上、祖母谷〜避難小屋まで3匹見た。噛まれる事故報告はないが、地面・木に手を着く時はマムシがいないか確認すること。万が一噛まれたら、ポイズンリムーバーか指で毒を出し、治療を受けること。
・このあたりのクマは大人しく、人の気配を感じたら逃げていく。常に音を発していれば問題ない。
・避難小屋から祖母谷までの道は、少々ザレ場はあるが問題ない。

実際、マムシは祖母谷温泉までに自分も2匹目撃。数カ所獣臭がしたが、クマの気配は感じなかった。しかし道はかなりハード。特に下の方にアトラクション?が盛りだくさんで、疲れた身体と心は大ダメージを受ける。この道は登りに使うべきか、避難小屋での停泊がベターだったかもしれない。
訪問者数:178人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ