ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 940788 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

白馬三山を猿倉から周回 テン泊ゆったりハイキング

日程 2016年08月13日(土) 〜 2016年08月14日(日)
メンバー satotake
天候1日目 ⛅晴れ時々くもり
2日目 ⛅くもり時々晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東京都日野市→八王子IC→中央道→岡谷JCT→長野道→安曇野IC(旧豊科IC)→国道147号線・国道148号線など→八方第二駐車場

※八方駐車場
 13日(土)午前2時の段階で、猿倉の駐車場は既に満杯でした。この時季は車が多いので、運も必要かと思います。ここまで来て駐車できないと😞ガッカリしますので、始めから割り切って八方に駐車し、バスかタクシーを乗合利用する方が良いかもしれません。
 八方には無料駐車場が多数あり、コンビニや温泉施設もあります。
 http://www.vill.hakuba.nagano.jp/green/tozan_trekking/access.html

※タクシーの乗合い
[往路 八方駐車場→猿倉]
 八方では各駐車場に営業のタクシーがやってきて、客に声かけをしています。八方からは栂池高原や八方尾根へ向かう方もいるものの、この時期は猿倉への登山客が一番多いとのこと。乗合客はすぐに見つかる感じです。
 八方駐車場→猿倉は、3200円。3人揃えば一人1000円ちょっとでバス(930円)とほぼ同じ。私は4人で乗りましたので800円と、バスより早く・安く利用できました。運転手さんによっては周辺情報を詳しく解説しながら走ってくれます。
[復路]
 往路の運転手さんによると、猿倉には15時頃までは営業のタクシーがやってきます。それ以降は「呼ばないと」来ないとのこと。特にバス便の合間の時間に来るようです。なお、「携帯はドコモが利用可能で、ソフトバンクは電波が入らないよ。」だそう。私のauも不調でした。
 上記リンク先には、地元タクシー会社の連絡先が掲載されています。

※安曇野IC渋滞迂回情報(安曇野市観光協会)
 8月14日(日)は、第10回安曇野花火が明科御宝田遊水池周辺(犀川河川敷)で開催されるとのことで、私が14時頃に安曇野ICに向かう頃には周辺は大渋滞が発生していました。翌日(15日)は、諏訪湖祭湖上花火大会が開催予定だそうで、諏訪湖IC付近が混みそうです。
 http://www.azumino-e-tabi.net/co0+index.id+7.htm
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN

コースタイム [注]

1日目
猿倉5:40→6:40白馬尻山荘6:50→7:50大雪渓8:20→岩室跡8:45→10:30白馬岳頂上宿舎11:00→11:35白馬岳山頂11:50→白馬山荘で食事後、宿舎へ(下り25分)
【歩行時間:白馬岳山頂まで5時間15分】

2日目
白馬岳頂上宿舎5:05→杓子岳6:05→7:05鑓ヶ岳7:20→分岐7:35→8:55白馬鑓温泉9:35→小日向のコル11:00→猿倉12:25  【歩行時間:6時間25分】
コース状況/
危険箇所等
今回のルートは、定番ともいえる猿倉起点の周回です。
1日目 猿倉→白馬大雪渓→白馬岳→村営白馬岳頂上宿舎(テント泊)
2日目 村営白馬岳頂上宿舎→杓子岳→鑓ヶ岳→白馬鑓温泉小屋(入浴)→猿倉

人気のルートで多数のレコがあがっていますので、比較的簡単に記入します。
【猿倉→白馬岳→白馬岳頂上宿舎】
 猿倉荘で登山計画書を提出し、暫くは未舗装林道を歩きます。白馬岳の稜線が見えてくると、やがて山道に入り、草花を見ながら緩やかに登ると白馬尻小屋が見えてきます。
 大雪渓は例年より小さく、取り付きまではまだ暫く沢脇のザレ道を辛抱して登ります。この辺りは勾配が増し、道幅は狭くて追い抜きもままならず、混雑すると時間がかかります。
 取り付きでアイゼン装着します。大勢の方は4〜6本爪を利用していました。 
私は6本爪軽アイゼンとチェーンスパイクを持参し、まずはチェーンスパイクを付けてみました。この時期の表面は柔らかく、スプーンカットになっていますので、登りでチェーンスパイクは有効でした。全体的によく歯が噛んで登りやすかったです。
 大雪渓を過ぎて葱平あたりからは、ひたすらの登り。小雪渓は既に消えていて、花畑を見ながら頂上宿舎まで来ると、テントを設営(テント場の受付は12時30分から)し、荷物をデポして白馬岳へ向かいます。
 頂上は白馬山荘を通過した奥。ザレ気味の傾斜を10分余辛抱して登ります。

【白馬岳頂上宿舎】
 白馬村営の山小屋です。テント場利用は1日1000円。トイレ棟にテント場専用の受付があり、12時30分から利用申込の受付開始。その前に到着した利用者は、先にテントを設営してから申込を行います。受付では飲料の自販機があり少々の販売を行っています。
 テント泊の客は昼食以外にも食堂利用は可能で、朝食1900円、夕食2300円だそうです。水は受付脇のタンクが利用可能。「沢水を消毒して提供しています」とのことでした。
 http://hakubakousha.com/index.php/mountain-lodge-info/cyoujou

【白馬岳頂上宿舎→鑓ヶ岳→白馬鑓温泉小屋】
 白馬三山のひとつ、杓子岳へは丸山から一旦下り、鞍部から登り返します。山頂直下に巻き道との分岐(足元に標識あり)があります。頂上までは勾配のある斜面につけられた足場の悪い砕石帯の道を辛抱して登ります。杓子岳山頂からは白馬岳や鑓ヶ岳の雄大な姿と、東側の壁(山頂付近はほぼ垂直?)から続く斜面が圧巻です。
 山頂を鑓ヶ岳へ向けて歩くと、やがて下降を始め巻き道と合流します。鞍部(杓子沢コル)からは大きな山容の鑓ヶ岳の登りに取り付きます。急登ですが小鑓を超えると勾配が緩み、花を楽しみながら登ることができます。山頂からの眺めは白馬岳より良いように感じました。この日は曇りでしたが、それでも剱・立山連峰や槍ヶ岳と大キレットなどが望まれました。
 唐松岳に続く稜線に沿って下り、猿倉への分岐(標識あり)からは下降を開始します。大出原では沢山の花に出会います。やがて、「この先は鎖場」の看板が現れると、足元は露岩帯になります。表面が黒く光るのは蛇紋岩。とても滑ります。鎖場はこの蛇紋岩が露出しており、7月に滑落死亡事故があったのもこの岩場で滑ったからとのこと。ステップをしっかりとったつもりでも滑りますので、極力鎖を使いながら慎重に確実に通過したいです。
 
【白馬鑓温泉小屋】
 雪崩が起きやすい場所にあるため、常設ではなく仮設(プレハブ)の小屋です。標高日本一(2100m)の天然湧出量温泉として有名。立ち寄り入浴は500円です。
 http://www.hakuba-sanso.co.jp/yarionsen/

【白馬鑓温泉小屋→猿倉】
 一旦下り、暫くは鑓ヶ岳から続く斜面をトラバースしていきます。いくつもの沢や崩壊地を超えて小さなアップダウンの繰り返し。崩壊地では、登山道が埋まっていて足場が極端に狭くなっている箇所もあるので、踏み外しに十分注意したいです。
 杓子沢を超えて少々登ると登山道から突き出た大岩がありますが、ここは鑓ヶ岳を振り返ると素晴らしい景色を楽しめるビュースポットになっています。
 その先、小日向のコルまで登り返すと、いよいよ林道に向かって基本的に樹林帯の中をひたすら下ります。林道出合から猿倉までは僅かです。

【全体的に】
 今年は雪が少なく、大雪渓は例年より小さめで、小雪渓は消えていました。稜線付近の花畑は、少雪の影響からか早めに咲き始め、今は例年の9月中旬くらいの状態とのことで、夏の花が終わり秋の花が中心になっています。
 トイレ・水場は、猿倉荘、白馬尻小屋、白馬山荘、白馬岳頂上宿舎、白馬鑓温泉小屋にあります。猿倉荘、白馬鑓温泉小屋は無料で水を汲むことができました。
 私のau携帯は、稜線含め八方方面に向かって障害物が無い場所では電波が入りました。特に谷筋では不調でした。
その他周辺情報※そば神
 白馬駅から近く、国道沿いにある老舗蕎麦屋さん。麺は細目で、地元産の蕎麦と水を使用しています。野菜の天ぷらも美味しいです。
 所在地:長野県北安曇郡白馬村北城2126-2
 営業時間: 11:00〜15:00(※売切次第終了)
 定休日: 木曜(※祝日の場合は営業)
 http://tabelog.com/nagano/A2005/A200503/20000555/
 https://www.facebook.com/sobajin.hakuba

※白馬八方温泉
 帰路のタクシーで「割引クーポン」を貰いました。利用可能な施設は、「八方の湯」「みみずくの湯」「郷の湯」「おびなたの湯」「北尾根の湯」で、100円割引になります。また、周辺には他にも多数の日帰り入浴ができる施設があります。
 私は第二駐車場脇にある「八方の湯」を利用しました。
 http://hakuba-happo-onsen.jp/

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック サブザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 日焼け止め 保険証 携帯 時計 タオル ストック カメラ

写真

土曜日の朝5時、八方第二駐車場に到着しました。
2016年08月13日 05:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
土曜日の朝5時、八方第二駐車場に到着しました。
3
ここは既に、ほぼ満杯状態です。
2016年08月13日 05:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは既に、ほぼ満杯状態です。
1
営業のタクシーがやってきました。「どこまで行くの? 3人集まればバスとトントンの値段だよ」と声をかけられます。
2016年08月13日 05:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
営業のタクシーがやってきました。「どこまで行くの? 3人集まればバスとトントンの値段だよ」と声をかけられます。
2
遠くに長野オリンピックで使用したジャンプ台が見えます。ラージヒル団体の感動的な金メダルを思い出しますねぇ。
2016年08月13日 05:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遠くに長野オリンピックで使用したジャンプ台が見えます。ラージヒル団体の感動的な金メダルを思い出しますねぇ。
1
さて、4人が乗りあって猿倉まで到着しました。奥の建物は猿倉荘です。
2016年08月13日 05:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、4人が乗りあって猿倉まで到着しました。奥の建物は猿倉荘です。
バス停付近の様子です。
2016年08月13日 05:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
バス停付近の様子です。
ここに駐車できるのは、運の良い人ですね。
2016年08月13日 05:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここに駐車できるのは、運の良い人ですね。
1
猿倉荘は登山の起点になっています。
2016年08月13日 05:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉荘は登山の起点になっています。
こちらはトイレ棟。給水もできます。
2016年08月13日 05:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらはトイレ棟。給水もできます。
1
それでは出発しましょう。
2016年08月13日 05:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでは出発しましょう。
歩き始めは、こんな感じです。
2016年08月13日 05:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩き始めは、こんな感じです。
少々歩くと未舗装の林道と合流します。
2016年08月13日 05:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少々歩くと未舗装の林道と合流します。
暫くはこんな感じの林道歩き。黄色い標識が見えてきました。
2016年08月13日 06:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫くはこんな感じの林道歩き。黄色い標識が見えてきました。
白馬鑓温泉方面への分岐があります。
2016年08月13日 06:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬鑓温泉方面への分岐があります。
直進して大雪渓方面に向かいます。
2016年08月13日 06:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
直進して大雪渓方面に向かいます。
白馬岳の稜線が見えてきました。気持ちが上がります。
2016年08月13日 06:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳の稜線が見えてきました。気持ちが上がります。
アップで。
2016年08月13日 06:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
いい感じですなぁ。
2016年08月13日 06:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いい感じですなぁ。
右手下には、沢。
2016年08月13日 06:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手下には、沢。
1
小さな沢に出会いました。
2016年08月13日 06:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢に出会いました。
長走沢を超えます。
2016年08月13日 06:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長走沢を超えます。
右手の沢を見ると、奥の堰堤から水が滝のように流れています。
2016年08月13日 06:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の沢を見ると、奥の堰堤から水が滝のように流れています。
アップで。
2016年08月13日 06:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アップで。
1
そろそろ林道も終点。
2016年08月13日 06:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そろそろ林道も終点。
突き当りから山道に入ります。
2016年08月13日 06:29撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突き当りから山道に入ります。
草花を眺めながら緩やかに登っていきます。
2016年08月13日 06:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
草花を眺めながら緩やかに登っていきます。
谷筋へと入っていくと…
2016年08月13日 06:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷筋へと入っていくと…
奥に大雪渓が見えてきました。
2016年08月13日 06:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に大雪渓が見えてきました。
足元は岩ゴロです。
2016年08月13日 06:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は岩ゴロです。
白馬尻小屋が見えてきました。
2016年08月13日 06:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬尻小屋が見えてきました。
1
「ようこそ大雪渓へ」。ありがとう。
2016年08月13日 06:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ようこそ大雪渓へ」。ありがとう。
4
とはいえ、雪渓はまだだいぶ奥に見えています。
2016年08月13日 06:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とはいえ、雪渓はまだだいぶ奥に見えています。
小屋前で少し休憩しましょう。
2016年08月13日 06:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋前で少し休憩しましょう。
1
ああ、白馬っていい所ですね。北アルプスで槍と白馬は横綱級の人気なり。
2016年08月13日 06:49撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、白馬っていい所ですね。北アルプスで槍と白馬は横綱級の人気なり。
8
この小屋、郵便ポストまであります。
2016年08月13日 06:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この小屋、郵便ポストまであります。
1
登山者へ注意を促す看板類。
2016年08月13日 06:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山者へ注意を促す看板類。
1
小屋から大雪渓の取り付きまで15分ほどと書かれていますが、今年はもっとかかります。
2016年08月13日 06:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から大雪渓の取り付きまで15分ほどと書かれていますが、今年はもっとかかります。
2
では、参りましょう。
2016年08月13日 06:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、参りましょう。
小屋から歩きだして間もなくの道の様子。
2016年08月13日 06:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋から歩きだして間もなくの道の様子。
こんな感じ。
2016年08月13日 06:58撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな感じ。
更にこんな感じ。
2016年08月13日 07:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更にこんな感じ。
う〜ん、雪渓は小さめです。
2016年08月13日 07:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
う〜ん、雪渓は小さめです。
ケルン脇を通過。
2016年08月13日 07:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ケルン脇を通過。
1
歩行距離は大したことありませんが、結構登ります。
2016年08月13日 07:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩行距離は大したことありませんが、結構登ります。
吹く風が徐々に涼しくなってきます。
2016年08月13日 07:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吹く風が徐々に涼しくなってきます。
それにしても、なかなか雪渓に着きません。
2016年08月13日 07:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それにしても、なかなか雪渓に着きません。
蟻の行列ができています。
2016年08月13日 07:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蟻の行列ができています。
2
ここら辺は、ちょっと歩きにくいですね。
2016年08月13日 07:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここら辺は、ちょっと歩きにくいですね。
振り返って。
2016年08月13日 07:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
まだまだ登ります。
2016年08月13日 07:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだまだ登ります。
その内、このまま雪を踏まずに岩室跡に着いちゃうんじゃ…
2016年08月13日 07:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その内、このまま雪を踏まずに岩室跡に着いちゃうんじゃ…
2
大きなクレバスが口を開けています。
2016年08月13日 07:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きなクレバスが口を開けています。
3
怖や怖や。
2016年08月13日 07:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
怖や怖や。
4
足元は小石がゴロゴロ。
2016年08月13日 07:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元は小石がゴロゴロ。
1
今日も疲れてまいりました。
2016年08月13日 07:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日も疲れてまいりました。
3
おおっ、白馬尻小屋を出て小1時間ほど。ようやく取り付き箇所に到着です。
2016年08月13日 07:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ、白馬尻小屋を出て小1時間ほど。ようやく取り付き箇所に到着です。
4
スプーンカットの表面。私は軽アイゼンも持参していますが、チェーンスパイクを試してみます。
2016年08月13日 07:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スプーンカットの表面。私は軽アイゼンも持参していますが、チェーンスパイクを試してみます。
4
中にはノーアイゼンの方もいらっしゃいます。
2016年08月13日 07:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中にはノーアイゼンの方もいらっしゃいます。
順調に登っています。
2016年08月13日 08:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
順調に登っています。
2
雪渓の上には落石がゴロゴロ。あんな大きな岩が転がってきたら怖いですねぇ。
2016年08月13日 08:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓の上には落石がゴロゴロ。あんな大きな岩が転がってきたら怖いですねぇ。
ふ〜、涼しい風です。
2016年08月13日 08:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふ〜、涼しい風です。
3
チェーンスパイクは、全面的によく雪を噛んでいます。
2016年08月13日 08:04撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
チェーンスパイクは、全面的によく雪を噛んでいます。
3
ここにも落石。
2016年08月13日 08:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここにも落石。
細いクレバスを超えようとする下山者。
2016年08月13日 08:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
細いクレバスを超えようとする下山者。
3
表面はこんな感じです。
2016年08月13日 08:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
表面はこんな感じです。
なるべく落石を避けるため、大雪渓上部では腰掛けて休みません。
2016年08月13日 08:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるべく落石を避けるため、大雪渓上部では腰掛けて休みません。
3
あちこちに亀裂があります。
2016年08月13日 08:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あちこちに亀裂があります。
1
ひたすらの登り。
2016年08月13日 08:21撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひたすらの登り。
3
かなり上部まで来ました。
2016年08月13日 08:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かなり上部まで来ました。
11
後続を見て。
2016年08月13日 08:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続を見て。
2
やれやれ、ここで皆さんアイゼンを取り外します。
2016年08月13日 08:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やれやれ、ここで皆さんアイゼンを取り外します。
2
ここは岩室跡の下です。斜面には早くも花畑が見えています。
2016年08月13日 08:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは岩室跡の下です。斜面には早くも花畑が見えています。
2
では、引き続き頑張って登りましょう。
2016年08月13日 08:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、引き続き頑張って登りましょう。
白馬は花の山。
2016年08月13日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬は花の山。
4
ザレ気味の斜面を行きます。
2016年08月13日 08:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ気味の斜面を行きます。
「落石危険、葱平まで休むな」と。
2016年08月13日 08:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「落石危険、葱平まで休むな」と。
4
大雪渓上端の様子。
2016年08月13日 08:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大雪渓上端の様子。
1
巨大な穴があいています。
2016年08月13日 08:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巨大な穴があいています。
2
小さな沢。
2016年08月13日 08:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな沢。
2
露岩帯を通過します。
2016年08月13日 08:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露岩帯を通過します。
もう一度、大雪渓を振り返って。
2016年08月13日 08:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一度、大雪渓を振り返って。
3
先ほどの小さな沢の上部を渡ります。
2016年08月13日 08:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先ほどの小さな沢の上部を渡ります。
だいぶ空が大きく見えてきました。
2016年08月13日 08:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ空が大きく見えてきました。
2
止まらないで、ね。♥
2016年08月13日 08:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
止まらないで、ね。♥
2
大岩の下まで来ました。
2016年08月13日 08:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩の下まで来ました。
1
ここが岩室跡です。
2016年08月13日 08:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが岩室跡です。
1
ここからは更に花が増えていきます。
2016年08月13日 08:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは更に花が増えていきます。
おお〜。続々と大雪渓を登って来る人たちが見えます。
2016年08月13日 09:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おお〜。続々と大雪渓を登って来る人たちが見えます。
2
稜線はまだ少々先。
2016年08月13日 09:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
稜線はまだ少々先。
辛抱の登りが続きます。この先の岩の上に人が立っていますね。
2016年08月13日 09:10撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
辛抱の登りが続きます。この先の岩の上に人が立っていますね。
黄色い花が群生しています。
2016年08月13日 09:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
黄色い花が群生しています。
いや、綺麗だなぁ。
2016年08月13日 09:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いや、綺麗だなぁ。
3
足元に注意しながら進みます。
2016年08月13日 09:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足元に注意しながら進みます。
避難小屋に到着です。
2016年08月13日 09:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋に到着です。
2
眼下には雲海。
2016年08月13日 09:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下には雲海。
2
そそり立つ岩峰。
2016年08月13日 09:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そそり立つ岩峰。
3
雄大な景色です。
2016年08月13日 09:52撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雄大な景色です。
5
大きな花畑の中を登ります。
2016年08月13日 09:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大きな花畑の中を登ります。
1
ようやく、頂上宿舎の建物が見えてきました。
2016年08月13日 09:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、頂上宿舎の建物が見えてきました。
1
よ〜し、あと一息。
2016年08月13日 09:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よ〜し、あと一息。
疲れた体。でも、花が目を和ませてくれます。
2016年08月13日 10:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
疲れた体。でも、花が目を和ませてくれます。
青も鮮やかでいいですねぇ。
2016年08月13日 10:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青も鮮やかでいいですねぇ。
最後の登り手前に広場があります。休憩には丁度良い場所なり。
2016年08月13日 10:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最後の登り手前に広場があります。休憩には丁度良い場所なり。
1
さあ、頑張りましょう。
2016年08月13日 10:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ、頑張りましょう。
2
階段が現れました。
2016年08月13日 10:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
階段が現れました。
1
いやー、なかなか着かないなぁ〜。
2016年08月13日 10:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやー、なかなか着かないなぁ〜。
1
左を見ると、杓子岳(左)と鑓ヶ岳が見えています。
2016年08月13日 10:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左を見ると、杓子岳(左)と鑓ヶ岳が見えています。
3
手前に見えるのは離山。奥には白馬岳からの稜線。縦走路が通っています。
2016年08月13日 10:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前に見えるのは離山。奥には白馬岳からの稜線。縦走路が通っています。
ペースがスローになる私。ぜえぜえ。
2016年08月13日 10:20撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ペースがスローになる私。ぜえぜえ。
2
右上には白馬山荘のレストラン棟が見えています。
2016年08月13日 10:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右上には白馬山荘のレストラン棟が見えています。
ようやく、白馬岳頂上宿舎に到着しました。
2016年08月13日 10:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、白馬岳頂上宿舎に到着しました。
1
テント場はもう少し上です。
2016年08月13日 10:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場はもう少し上です。
テント場の受付は12時30分から。その前に到着した人は先にテントを張れとあります。
2016年08月13日 10:36撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の受付は12時30分から。その前に到着した人は先にテントを張れとあります。
1
100張はイケそうなテント場。まだ数張しか出ていません。
2016年08月13日 10:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
100張はイケそうなテント場。まだ数張しか出ていません。
1
トイレ棟に比較的近い場所を確保しようと場所を探し中。
2016年08月13日 10:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トイレ棟に比較的近い場所を確保しようと場所を探し中。
4
では、設営を終えたのでサブザックに水を入れて、白馬岳山頂を往復しようと思います。
2016年08月13日 11:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、設営を終えたのでサブザックに水を入れて、白馬岳山頂を往復しようと思います。
1
白馬山荘。さすが日本一の規模を誇る山小屋。大きいです。
2016年08月13日 11:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘。さすが日本一の規模を誇る山小屋。大きいです。
3
こちらは白花の群生。
2016年08月13日 11:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは白花の群生。
1
振り返ると杓子岳と槍ヶ岳。そこに続く道も見えます。
2016年08月13日 11:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると杓子岳と槍ヶ岳。そこに続く道も見えます。
1
左へ分岐すると清水岳を経て祖母谷温泉へ。
2016年08月13日 11:18撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左へ分岐すると清水岳を経て祖母谷温泉へ。
旭岳にはガスがかかっています。
2016年08月13日 11:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳にはガスがかかっています。
1
白馬山荘の後ろに見える白馬岳山頂。
2016年08月13日 11:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘の後ろに見える白馬岳山頂。
2
もうすぐ白馬山荘です。
2016年08月13日 11:24撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすぐ白馬山荘です。
山荘敷地内には、富山県と長野県の県境があります。
2016年08月13日 11:27撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘敷地内には、富山県と長野県の県境があります。
山荘を通過して山頂へ。
2016年08月13日 11:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山荘を通過して山頂へ。
ここも少々歩きにくうございます。
2016年08月13日 11:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも少々歩きにくうございます。
山頂まであと少し…であってほしい。
2016年08月13日 11:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂まであと少し…であってほしい。
1
ああ、人が集まっていますね。
2016年08月13日 11:39撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、人が集まっていますね。
到着〜。
2016年08月13日 11:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
到着〜。
1
三角点と標識。
2016年08月13日 11:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点と標識。
5
ここは白馬岳山頂です。
2016年08月13日 11:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは白馬岳山頂です。
6
方位盤。こんな感じの和菓子、ありますよね。
2016年08月13日 11:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
方位盤。こんな感じの和菓子、ありますよね。
1
三国境方面はガスの中。
2016年08月13日 11:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国境方面はガスの中。
猛烈に雲が上がってきています。
2016年08月13日 11:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猛烈に雲が上がってきています。
3
さて、下山しましょう。これは少々下った場所にある石碑。
2016年08月13日 11:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、下山しましょう。これは少々下った場所にある石碑。
松沢貞逸氏の顕彰碑です。
2016年08月13日 11:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
松沢貞逸氏の顕彰碑です。
白馬山荘まで戻りました。丁度お腹が空いていますので、レストランスカイプラザで食事にします。
2016年08月13日 11:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬山荘まで戻りました。丁度お腹が空いていますので、レストランスカイプラザで食事にします。
なんと、生ビール(800円)ちゃんがあります。奥のレジで注文し、座席番号を告げて支払いを済ませると、持ってきてくれます。
2016年08月13日 12:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんと、生ビール(800円)ちゃんがあります。奥のレジで注文し、座席番号を告げて支払いを済ませると、持ってきてくれます。
6
このビーフカレーは1000円。結構美味しいです。
2016年08月13日 12:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このビーフカレーは1000円。結構美味しいです。
5
レストランから見える景色。ケーキセットまであり、山上と思えない充実したメニューでした。
2016年08月13日 12:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レストランから見える景色。ケーキセットまであり、山上と思えない充実したメニューでした。
1
ああ、お腹いっぱい。では、頂上宿舎に戻りましょう。
2016年08月13日 12:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、お腹いっぱい。では、頂上宿舎に戻りましょう。
頂上宿舎直上の縦走路に立つ標識です。
2016年08月13日 12:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上宿舎直上の縦走路に立つ標識です。
明日は唐松岳方面に向かい、杓子岳と鑓ヶ岳に登り、猿倉へと下る予定です。
2016年08月13日 12:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日は唐松岳方面に向かい、杓子岳と鑓ヶ岳に登り、猿倉へと下る予定です。
テント場の受け付けが始まりました。代表者が住所・氏名などを帳面に記入し支払いをします。
2016年08月13日 14:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント場の受け付けが始まりました。代表者が住所・氏名などを帳面に記入し支払いをします。
水はこのタンクを利用します。沢水を汲み上げ消毒をしているとのこと。無料です。
2016年08月13日 14:40撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水はこのタンクを利用します。沢水を汲み上げ消毒をしているとのこと。無料です。
3
午後2時30分過ぎのテント場。
2016年08月13日 14:44撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
午後2時30分過ぎのテント場。
1
だいぶ賑やかになってきました。
2016年08月13日 14:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ賑やかになってきました。
10
縦走路からテント場を見下ろして。
2016年08月13日 14:51撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
縦走路からテント場を見下ろして。
旭岳の様子。
2016年08月13日 14:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳の様子。
旭岳から数名が歩いてきます。
2016年08月13日 14:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
旭岳から数名が歩いてきます。
さて、受付の自販機でビール(350mℓで550円、500mℓで700円)でも買ってこようかな。
2016年08月13日 15:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、受付の自販機でビール(350mℓで550円、500mℓで700円)でも買ってこようかな。
2
テントに利用者タグを付けました。
2016年08月13日 15:15撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テントに利用者タグを付けました。
2
突然「周辺の高山植物ガイドウォークを始めます。希望者は集まって。」と案内がありました。皆、飲み始めたり、食事の準備を始めていますが…
2016年08月13日 16:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
突然「周辺の高山植物ガイドウォークを始めます。希望者は集まって。」と案内がありました。皆、飲み始めたり、食事の準備を始めていますが…
1
それでもお客さんが集まってきています。私は食事して寝ます〜。
2016年08月13日 16:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それでもお客さんが集まってきています。私は食事して寝ます〜。
翌朝、朝4時30分過ぎです。私は朝食の準備をしながら、ぼちぼちテント撤収作業を開始。
2016年08月14日 04:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
翌朝、朝4時30分過ぎです。私は朝食の準備をしながら、ぼちぼちテント撤収作業を開始。
丸山に朝日が当たり始めました。
2016年08月14日 05:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山に朝日が当たり始めました。
1
剱岳はモルゲンが始まっています。
2016年08月14日 05:16撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱岳はモルゲンが始まっています。
2
もっと良いポジションに行かなくては。
2016年08月14日 05:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もっと良いポジションに行かなくては。
雲海の上からのご来光。
2016年08月14日 05:19撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雲海の上からのご来光。
9
杓子岳と鑓ヶ岳が赤く染まります。
2016年08月14日 05:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳と鑓ヶ岳が赤く染まります。
13
下山は距離が長いので、早速、白馬三山のひとつ杓子岳に向かいましょう。
2016年08月14日 05:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山は距離が長いので、早速、白馬三山のひとつ杓子岳に向かいましょう。
1
丸山からは鞍部までググッと下ります。
2016年08月14日 05:26撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
丸山からは鞍部までググッと下ります。
1
道の様子。
2016年08月14日 05:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道の様子。
1
右手は吸い込まれそうな谷に向かう斜面。
2016年08月14日 05:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手は吸い込まれそうな谷に向かう斜面。
左の長野県方面は雲の下。
2016年08月14日 05:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左の長野県方面は雲の下。
1
振り返って白馬岳を見ます。
2016年08月14日 05:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って白馬岳を見ます。
3
さて、そろそろ最低鞍部です。
2016年08月14日 05:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、そろそろ最低鞍部です。
1
今度は辛抱の登り返し。
2016年08月14日 05:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は辛抱の登り返し。
1
杓子岳の斜面に巻き道がクッキリと見えます。
2016年08月14日 05:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子岳の斜面に巻き道がクッキリと見えます。
1
多くの方が山頂に向かっています。
2016年08月14日 05:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
多くの方が山頂に向かっています。
ここが巻き道との分岐。足元に標識が寝ています。
2016年08月14日 05:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここが巻き道との分岐。足元に標識が寝ています。
この砕石地を登ります。
2016年08月14日 06:01撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この砕石地を登ります。
1
結構な勾配です。
2016年08月14日 06:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構な勾配です。
振り返って。
2016年08月14日 06:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って。
1
ああ、やっと山頂に到着しました。
2016年08月14日 06:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ああ、やっと山頂に到着しました。
1
ご飯中の皆さん、ごめんなさい。お見せできる顔ではありませんが、撮っていただきました。
2016年08月14日 06:16撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ご飯中の皆さん、ごめんなさい。お見せできる顔ではありませんが、撮っていただきました。
18
白馬岳。
2016年08月14日 06:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬岳。
3
いやしかし…東側は壁になっています。恐るべし。
2016年08月14日 06:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いやしかし…東側は壁になっています。恐るべし。
2
遥か下まで続く岩で覆われた斜面。
2016年08月14日 06:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
遥か下まで続く岩で覆われた斜面。
山頂から少し下って振り返ると、垂直に近いように見えます。山頂、そのうち崩れるのでは?
2016年08月14日 06:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から少し下って振り返ると、垂直に近いように見えます。山頂、そのうち崩れるのでは?
2
さて、次は鑓ヶ岳へ。
2016年08月14日 06:22撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、次は鑓ヶ岳へ。
1
巻き道まで下ります。
2016年08月14日 06:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
巻き道まで下ります。
2
九十九折に降下。
2016年08月14日 06:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
九十九折に降下。
合流後は緩やかに登り始めます。
2016年08月14日 06:38撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
合流後は緩やかに登り始めます。
1
振り返っての杓子岳です。
2016年08月14日 06:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返っての杓子岳です。
2
杓子沢コルの様子。
2016年08月14日 06:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子沢コルの様子。
2
登りましょう。
2016年08月14日 06:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りましょう。
1
登りが辛いから途中の写真省略。小鑓から見た山頂方面です。
2016年08月14日 06:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りが辛いから途中の写真省略。小鑓から見た山頂方面です。
間もなく山頂です。
2016年08月14日 07:03撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく山頂です。
2
山頂と縦走路の分岐。
2016年08月14日 07:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂と縦走路の分岐。
ここは山頂のすぐ下です。
2016年08月14日 07:08撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは山頂のすぐ下です。
見えてきました。
2016年08月14日 07:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見えてきました。
まだお食事中の皆さん、すみません。またまた撮っていただきました。
2016年08月14日 07:13撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだお食事中の皆さん、すみません。またまた撮っていただきました。
8
もう一丁!
2016年08月14日 07:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう一丁!
12
山頂から見る杓子岳と白馬岳。
2016年08月14日 07:11撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から見る杓子岳と白馬岳。
4
剱と立山。
2016年08月14日 07:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
剱と立山。
4
唐松岳と不帰嶮(かえらずのけん)方面。
2016年08月14日 07:16撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐松岳と不帰嶮(かえらずのけん)方面。
4
これは東側の斜面。
2016年08月14日 07:16撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これは東側の斜面。
2
こちらも。
2016年08月14日 07:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらも。
富士山は、雲の中です。
2016年08月14日 07:21撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山は、雲の中です。
2
さて、まずは唐松岳方面に下ります。
2016年08月14日 07:23撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、まずは唐松岳方面に下ります。
青々とした丸い山の向こう側に分岐があります。
2016年08月14日 07:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青々とした丸い山の向こう側に分岐があります。
これがその分岐。
2016年08月14日 07:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これがその分岐。
1
私は鑓温泉へと向かいます。
2016年08月14日 07:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
私は鑓温泉へと向かいます。
2
ここを下っていきます。
2016年08月14日 07:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここを下っていきます。
広大な斜面が広がっています。
2016年08月14日 07:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広大な斜面が広がっています。
どんどん下ります。
2016年08月14日 08:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下ります。
鑓ヶ岳を振り返って。
2016年08月14日 08:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳を振り返って。
2
右手の斜面の様子。
2016年08月14日 08:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の斜面の様子。
「この先鎖場」の標識。
2016年08月14日 08:32撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「この先鎖場」の標識。
先月下旬に、この鎖場で滑落死亡事故があったそうです。
2016年08月14日 08:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
先月下旬に、この鎖場で滑落死亡事故があったそうです。
1
では参ります。
2016年08月14日 08:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では参ります。
幅狭の土道を下ると…
2016年08月14日 08:37撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
幅狭の土道を下ると…
鎖場が現れました。この黒光りする石は、至仏山でも見る蛇紋岩ですね。表面がとても滑ります。
2016年08月14日 08:41撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖場が現れました。この黒光りする石は、至仏山でも見る蛇紋岩ですね。表面がとても滑ります。
1
慎重に慎重に。
2016年08月14日 08:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
慎重に慎重に。
6
段差にはこんな梯子も取り付けられています。
2016年08月14日 08:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
段差にはこんな梯子も取り付けられています。
この露岩も下ります。緊張を強いられます。
2016年08月14日 08:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この露岩も下ります。緊張を強いられます。
1
スリップに備え、両手は自由にして鎖に頼りましょう。
2016年08月14日 08:43撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スリップに備え、両手は自由にして鎖に頼りましょう。
2
今度は長い鎖場です。
2016年08月14日 08:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は長い鎖場です。
3
ボケちゃいましたが、こんな場所も。
2016年08月14日 08:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボケちゃいましたが、こんな場所も。
後続も頑張っています。
2016年08月14日 08:48撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続も頑張っています。
今度は「これより小屋まで滑落注意」の看板が現れます。
2016年08月14日 08:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度は「これより小屋まで滑落注意」の看板が現れます。
なるほど、踏み外しに注意しましょう。
2016年08月14日 08:56撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なるほど、踏み外しに注意しましょう。
右手の沢に残る雪渓。
2016年08月14日 08:59撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右手の沢に残る雪渓。
無事に小屋まで辿りつきました。
2016年08月14日 09:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
無事に小屋まで辿りつきました。
1
白馬鑓温泉小屋。雪崩の巣に位置しているため、この時季だけの仮設(プレハブ)小屋です。
2016年08月14日 09:31撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白馬鑓温泉小屋。雪崩の巣に位置しているため、この時季だけの仮設(プレハブ)小屋です。
3
では、ひと風呂浴びたいと思います。
2016年08月14日 09:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
では、ひと風呂浴びたいと思います。
2
風呂は2箇所あり、時間で男女が入れ替わります。
2016年08月14日 09:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風呂は2箇所あり、時間で男女が入れ替わります。
4
あれ? 写真が斜めになっちゃいましたが、脱衣所です。
2016年08月14日 09:21撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれ? 写真が斜めになっちゃいましたが、脱衣所です。
2
露天風呂の様子。
2016年08月14日 09:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露天風呂の様子。
6
ちょっと熱いけど、いい湯です。
2016年08月14日 09:21撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ちょっと熱いけど、いい湯です。
8
風呂から眺める景色。
2016年08月14日 09:21撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風呂から眺める景色。
3
風呂上りに売店へ。
2016年08月14日 09:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
風呂上りに売店へ。
2
ジンジャエールが美味しい!
2016年08月14日 09:28撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジンジャエールが美味しい!
3
さ〜て、下山しましょう。
2016年08月14日 09:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さ〜て、下山しましょう。
1
露天風呂の直下はテント場です。
2016年08月14日 09:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
露天風呂の直下はテント場です。
1
これはテント場用の風呂??
2016年08月14日 09:33撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これはテント場用の風呂??
1
下ります。ここからが長いんですよねぇ。
2016年08月14日 09:34撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下ります。ここからが長いんですよねぇ。
最初は沢まで下ります。
2016年08月14日 09:42撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最初は沢まで下ります。
木製橋を渡ります。
2016年08月14日 09:45撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木製橋を渡ります。
それから横移動。
2016年08月14日 09:46撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
それから横移動。
ロープ場もありますが…
2016年08月14日 09:47撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープ場もありますが…
この先は下り基調ながら、小日向のコルまでは斜面のトラバースになり、多少のアップダウンを繰り返していきます。
2016年08月14日 09:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この先は下り基調ながら、小日向のコルまでは斜面のトラバースになり、多少のアップダウンを繰り返していきます。
沢と花。
2016年08月14日 09:50撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢と花。
鑓ヶ岳からの砕石帯をトラバース。
2016年08月14日 09:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鑓ヶ岳からの砕石帯をトラバース。
1
雪があると位置が分かりにくいでしょう。
2016年08月14日 09:55撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪があると位置が分かりにくいでしょう。
奥に道が続いているのが分かりますか?
2016年08月14日 10:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥に道が続いているのが分かりますか?
向かい側に見えるこの大岩の上は、絶好のビュースポットです。
2016年08月14日 10:00撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
向かい側に見えるこの大岩の上は、絶好のビュースポットです。
崩沢に差し掛かりました。
2016年08月14日 10:02撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩沢に差し掛かりました。
1
踏み外さないように注意。
2016年08月14日 10:02撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み外さないように注意。
続きまして、落石沢。平和とは程遠い名称です。
2016年08月14日 10:05撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
続きまして、落石沢。平和とは程遠い名称です。
2
杓子沢を渡りました。道が大きく右に折れます。
2016年08月14日 10:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
杓子沢を渡りました。道が大きく右に折れます。
大岩に人がいます。行ってみましょう。
2016年08月14日 10:09撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩に人がいます。行ってみましょう。
来た道を振り返って。
2016年08月14日 10:12撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
来た道を振り返って。
大岩から見上げると遥か上に鑓ヶ岳が見えます。なんという雄大な眺め。
2016年08月14日 10:14撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩から見上げると遥か上に鑓ヶ岳が見えます。なんという雄大な眺め。
2
大岩から尾根を巻いていくと、次の尾根に続く登山道が見えてきます。ああ、あそこを歩くのね。
2016年08月14日 10:25撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大岩から尾根を巻いていくと、次の尾根に続く登山道が見えてきます。ああ、あそこを歩くのね。
1
ここは「サンジロ」とあります。三白平の「三白」でしょうか?
2016年08月14日 10:35撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここは「サンジロ」とあります。三白平の「三白」でしょうか?
登り返しをしています。この先のピークが「小日向のコル」です。
2016年08月14日 10:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り返しをしています。この先のピークが「小日向のコル」です。
1
後続がやってきます。速いなぁ。
2016年08月14日 10:57撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後続がやってきます。速いなぁ。
標識が壊れていますが…「小日向のコル」ですよね。
2016年08月14日 11:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
標識が壊れていますが…「小日向のコル」ですよね。
いよいよ、登りで使った谷筋に入ってきました。
2016年08月14日 11:17撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、登りで使った谷筋に入ってきました。
青々としたアジサイ。あまりに綺麗なので撮ってみました。
2016年08月14日 11:27撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青々としたアジサイ。あまりに綺麗なので撮ってみました。
3
どんどん下って、ここは水芭蕉平。
2016年08月14日 12:06撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
どんどん下って、ここは水芭蕉平。
これのこと?? 土道で歩きやすくなりました。
2016年08月14日 12:07撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これのこと?? 土道で歩きやすくなりました。
おおっ! っと、林道に出会いました。
2016年08月14日 12:21撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
おおっ! っと、林道に出会いました。
猿倉荘まで僅か。丁度、バスが出発した音が聞こえてきます。
2016年08月14日 12:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
猿倉荘まで僅か。丁度、バスが出発した音が聞こえてきます。
ついに猿倉まで戻りました。タクシー乗合して、八方の駐車場まで戻ることにします。
2016年08月14日 12:30撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ついに猿倉まで戻りました。タクシー乗合して、八方の駐車場まで戻ることにします。
八方バスターミナル付近で下車しました。
2016年08月14日 12:53撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八方バスターミナル付近で下車しました。
やっと第二駐車場に戻りました。タクシーで貰った割引券を使い、八方の湯に入って帰ります。
2016年08月14日 12:54撮影 by Canon IXY 410F, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと第二駐車場に戻りました。タクシーで貰った割引券を使い、八方の湯に入って帰ります。
4
撮影機材:

感想/記録

先週の北岳・間ノ岳に続き、テント担いでゆったりハイキングに出掛けようと向かったのが白馬です。北岳では「あわよくば塩見まで縦走」と思っていたのに、バテバテで断念。今回も体力的にキツいかなと思いきや、体が順応したのか今回は打って変わって調子が上がってきました。

サラブレッドで言えば、「好調時と比べ7割のデキだが、一叩きしてだいぶ素軽さが戻ってきた。」という感じでしょうか。ちなみに登山道の状態は樹林帯が稍重、それ以外は良でした。
あ!私は別に競馬フリークではございませんです。

丁度いま、リオデジャネイロ・オリンピックの真っ最中で、日本選手の活躍が話題になっていますが、とにかく運動は継続が力…と、体力が落ちるこの年齢になって改めて実感している次第です。

それにしても、白馬はいいですね。大雪渓あり、花畑あり、温泉あり。
次回は不帰嶮を超えて、おそ松、いやカラ松(唐松岳)まで足を延ばしたいと思います。が、鍛えておかなければ。 (つまらなくてすみません)

グループ登山でも、是非みんなを連れてきたいと思うのですが、面白さがある反面、ルート踏破はタフで危険個所もありますし、暫くはメンバーの様子を見ながら余裕のある計画作りをしたいと思います。

今月後半は母や叔父の法要を控えており、またちょっとの間、山はお預けになりそうですが、合間を縫ってまたどこかに出かけたいものです。
訪問者数:906人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2014/5/16
投稿数: 521
2016/8/16 0:46
 お疲れ様でした。
satotake様

このコース数年前トライしましたが、もう少し雪が多かった様に記憶してます。大雪渓の登りがきつくて寒くて遅くて 同行の妹と親友に迷惑かけながら何とか登りましたが、今度行く時は別ルートにしますw。(⌒-⌒; )

いいな、テント担いで気ままなお一人様山行 自然とタップリ思いのままに触れ合う様子 るんるん同行させていただきました。

ゆっくり休養されて、次のレコUP楽しみにお待ちします
( ̄∇ ̄ノノ"パチパチパチ!!
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/8/16 5:42
 Re: お疲れ様でした。
obanyanさん、いつもありがとうございます。wink
今回の憑依山行は、白馬三山でしたね。

ガツガツ歩かず、ゆったりハイク。テント設営して、周辺の景色を眺めながらグビグビ(←何飲んでるねん?)したり…。
そうそう、不勉強でいつも花は見るだけ。今回は折角花の山に行ったんだから、 高山植物図鑑を持ってくれば良かったなと反省しましたです。堯; ̄□ ̄A

同じ日、登山グループに新たに加入した女性が、 富士山にご来光を観に出掛けました。様子はまだ聞けてないのですが、山をもっともっと 好きになってくれて、いつか白馬に皆で来られたらいいなぁと思っているところです。

obanyanさん、次回はどちらに同行していただきましょう?
では。ヾ(*'-'*)マタネー♪
登録日: 2010/9/28
投稿数: 2488
2016/8/16 15:07
 今度は北アの人気どころに♪
satotakeさん、こんにちわ(^^)v
北岳に続き、今度は北アの人気 、白馬ですか!
テント泊でぐるっと、良いですね〜。
白馬鑓温泉 、私はまだ行ったことないんです
いいないいな〜〜。。
交代制ってことは、露天風呂に入れない時間もあるってことでしょうか?

最初にレコぱっとみたら・・
お花 の白馬、もう花終わっちゃったのかなぁ って思いましたが、
よくレコを、写真を見ると、まだまだ咲いてますね
私なんか、図鑑の前に、知らなくても 撮っちゃう派なんで
名無しの花写真満載になってしまいます。

もりもりの仲間にまた人が増えたようで、
企画の?satotakeさんもプラン考えるのに今まで以上に楽しみが増えるのでは??

毎回ながら本当に丁寧なレコ、
じっくり読んで、出来れば印刷して持参したら安心して歩けますね。

あ、食事中の皆さまも 、全くOKですから、
次回も今まで以上にバンバン載せちゃってくださいね wink
✼✿(ღ✪v✪)。゚:*:✼.。✿
登録日: 2012/8/27
投稿数: 211
2016/8/16 18:32
 Re: 今度は北アの人気どころに♪
pikachan さん、こんばんは〜。 (*・ェ・*)ノ~☆コンバンワ♪
書き込みをいつもありがとうございます。

いつも、pikachanレコのように、 花を沢山載せて、華やかで楽しいレコにしたいと思うのですが…
細やかな視点、目の付け所というかセンスの良さ、camera写真撮影の技術などが違うのでしょう。pikachan みたいにはなりません。 m(_ _)m 参りました。
山のレコと同じように、島レコも好きですよ。
ヤマレコユーザー(特に男性)にも、 私の写真なんかよりvirgopikachan写真の方が、喜ばれるでしょうし、ねぇ。

ところで、不帰キレットは行ったことありますか?
ご一緒できるといいな、なんて思ってます。その際に 白馬鑓温泉で一泊するのもいいですね。

typhoonthunder今夜は台風7号が関東に接近とのこと。
外にいらっしゃる時は、お気をつけて。。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ