ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 951648 全員に公開 ハイキング富士・御坂

富士山

日程 2016年08月24日(水) 〜 2016年08月25日(木)
メンバー kaakaise231take, その他メンバー2人
天候雨のち晴,翌日晴
アクセス
利用交通機関
バス
往路:バスタ新宿6:45発→富士山スバルライン五合目9:10頃着
復路:御殿場口五合目→御殿場駅・東名御殿場→用賀PA
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間31分
休憩
4分
合計
3時間35分
S富士スバルライン五合目(河口湖口)11:1511:36泉が滝11:4012:06吉田口六合目・富士山安全指導センター14:13吉田口七合目14:50東洋館
2日目
山行
8時間4分
休憩
3時間25分
合計
11時間29分
東洋館23:5500:51吉田口八合02:17須走口・吉田口登山道 本八合目03:08須走口・吉田口登山道 九合目03:48吉田口頂上05:2006:00大沢崩れ上部06:4006:50富士山07:4008:17御殿場口頂上09:00御殿場口八合目10:03御殿場口七合五勺・砂走館10:40御殿場口下り六合(走り六合)10:52宝永山10:5511:00宝永山馬ノ背11:32次郎坊11:50大石茶屋12:1012:20御殿場口新五合目G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報御殿場温泉会館
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 ヘッドランプ 筆記用具 常備薬 保険証 携帯 時計 サングラス タオル カメラ

写真

雨が弱まったところでスタート。ただ雲の中…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨が弱まったところでスタート。ただ雲の中…
微かに雲が切れて雲海っぽくもなりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
微かに雲が切れて雲海っぽくもなりました。
六合目。上も下も何も見えません。ここからしばらく本降りの雨の中を登りました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
六合目。上も下も何も見えません。ここからしばらく本降りの雨の中を登りました…
七合目の山小屋群が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七合目の山小屋群が見えてきました。
しばらく歩くと雲が切れて幻想的な景色に。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩くと雲が切れて幻想的な景色に。
鳥居館の鳥居が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳥居館の鳥居が見えます。
宿は、七合目の最も上の東洋館にとりました。夕方になると雲も晴れていい景色でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宿は、七合目の最も上の東洋館にとりました。夕方になると雲も晴れていい景色でした。
明日ゆく道。まだまだ山頂は遠いです…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
明日ゆく道。まだまだ山頂は遠いです…
あまりに眠れなかったので外に出てみると雲が晴れ吉田の町の夜景が見えました。星も綺麗でしたが撮れず。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりに眠れなかったので外に出てみると雲が晴れ吉田の町の夜景が見えました。星も綺麗でしたが撮れず。
山小屋を0時に出発。太子館までは学校団体の渋滞につかまってペースを乱されましたがここで抜かすことができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山小屋を0時に出発。太子館までは学校団体の渋滞につかまってペースを乱されましたがここで抜かすことができました。
後ろから学校団体の列が追って来ます。団体を抜かしても前に団体がいて常にはさまれている感じでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後ろから学校団体の列が追って来ます。団体を抜かしても前に団体がいて常にはさまれている感じでした。
飛んで本八合目に到着。かなりゆっくり登ったのと休憩もかなりとっていたのでそんなに苦しくはないです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
飛んで本八合目に到着。かなりゆっくり登ったのと休憩もかなりとっていたのでそんなに苦しくはないです。
本八合目からは混雑し、ずっと列になって登るようでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本八合目からは混雑し、ずっと列になって登るようでした。
山頂の鳥居が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂の鳥居が見えてきました。
登山道のヘッドライト列。奥には東京の夜景が見えます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山道のヘッドライト列。奥には東京の夜景が見えます。
だんだん明るくなっていました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だんだん明るくなっていました。
お盆を明けた平日でしたがやはり人が多い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お盆を明けた平日でしたがやはり人が多い。
5時。雲に日光が反射していよいよというところからが長かった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時。雲に日光が反射していよいよというところからが長かった。
5時14分。ご来光です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
5時14分。ご来光です。
ずっと暗い中登ってきたので太陽光で一気に身体が温まり、感動です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ずっと暗い中登ってきたので太陽光で一気に身体が温まり、感動です。
お鉢回り…といっても御殿場口から降りるので半周です。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
お鉢回り…といっても御殿場口から降りるので半周です。
大沢崩れ上部からは、綺麗な影富士が拝めました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢崩れ上部からは、綺麗な影富士が拝めました。
大沢崩れ。ずっと下まで続いていて恐ろしいです…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大沢崩れ。ずっと下まで続いていて恐ろしいです…
富士宮・静岡方面もよく見えました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士宮・静岡方面もよく見えました。
変わって火口。正面が白山岳ですね。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
変わって火口。正面が白山岳ですね。
日本最高峰富士山剣ヶ峰に到着!記念写真に30分ほど待ちました…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日本最高峰富士山剣ヶ峰に到着!記念写真に30分ほど待ちました…
開放感が凄まじいです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
開放感が凄まじいです。
馬の背。御殿場口へ下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
馬の背。御殿場口へ下ります。
宝永山への道。行って帰ってきただけでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宝永山への道。行って帰ってきただけでした。
大砂走りはずっと雲の中で視界が悪かったですが楽しい下山になりました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大砂走りはずっと雲の中で視界が悪かったですが楽しい下山になりました。
ようやく五合目の駐車場が見えてきました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく五合目の駐車場が見えてきました。

感想/記録

満を持して今年最後の登山、富士山に登ってきました。天気予報はあまり良くなく、実際五合目に着いたときには土砂降りの雨が降っていてどうなることかと思いましたが二日目は天候が崩れることなく無事ご来光も見られ、誰一人高山病にかかることなく登頂でき、最高の登山になりました。
ハイシーズンを終えた平日ということで人もそれほど多くありませんでした。宿は七合目の東洋館に泊まりました。通常より1500円ほど高いものの、2名単位で隣と仕切りのついている部屋だったので快適でした。(といっても1時間ほどしか眠れませんでしたが…)
0時に出発予定でしたが同じく東洋館に泊まっていた100名ほどの学生団体も同じく0時出発で、この後ろにつく形となりましたが止まったり動いたりでペースを乱されます。
八合目太子館でこの団体をとりあえず抜かし、そのあと本八合目まではのんびりと登りました。
本八合目からはやはり人が多く、列になって登る感じでした。八合五勺の御来光館を過ぎると、もう山小屋は無く道端で休むようになります。残念なのは無理矢理追い越しを試みる外国人が多かったこと。時間に余裕はあるのだからゆっくり登ればいいのに…と思いました。
九合目を過ぎるといよいよ道が狭くなり、団体のペースも遅くなるので二列で登山するようになっていました。(左列が団体・遅い人/右列が個人・急ぐ人)
右を登ったのですが恐らく5分も変わらないと思います。
山頂には3時50分頃に到着。概ねコースタイム通りに登ってきたことになりました。

御来光はベンチの最前列で見ました。

剣ヶ峰を経て御殿場口に下りるので、お鉢回りは反対回りで回りました。

御殿場登山道は吉田に比べて閑散としており、吉田と違って普通にすれ違う際に挨拶を交わすこともあり、山を他でもやっているひとが多いように感じられ、良い下山になりました。
ただ、五合目の売店は吉田ほど立派ではないのでお土産になるようなものは買えませんでした。
とはいえ、最高の富士登山になりました。
訪問者数:17人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

雲海 ご来光 馬の背 高山病
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ