ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 982582 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走霊仙・伊吹・藤原

藤原&御池→三国&烏帽子

日程 2016年10月15日(土) [日帰り]
メンバー takano-rit
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間20分
休憩
1時間50分
合計
13時間10分
S簡易パーキングふじわら05:5006:10裏道・聖宝寺口登山ポスト07:00藤原岳裏登山道五合目07:1007:30藤原岳八合目07:4008:20藤原山荘08:30藤原岳08:4009:40白瀬峠09:5010:00冷川岳11:00御池岳11:1011:20ボタンブチ11:4012:00鈴北岳12:1012:50鞍掛峠13:10焼尾山13:2014:00三国岳最高点14:1016:00烏帽子岳 三角点16:1017:00細野登山口19:00簡易パーキングふじわらG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

簡易パーキングふじわらに駐車。
準備を整え、出発!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
簡易パーキングふじわらに駐車。
準備を整え、出発!
1
日の出。今日はいい天気だ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日の出。今日はいい天気だ
3
聖宝寺入口の右側が登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
聖宝寺入口の右側が登山口
2
堰堤を越える
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
堰堤を越える
2
三合目あたりまで急な登山道。
体調が少し不良なのでゆっくり歩きます。
五合目付近はリズムの良いジグザグ道。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三合目あたりまで急な登山道。
体調が少し不良なのでゆっくり歩きます。
五合目付近はリズムの良いジグザグ道。
2
八合目。ここで大貝戸道と合流
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目。ここで大貝戸道と合流
1
樹間から展望!
右が養老、左奥は伊吹山だ(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹間から展望!
右が養老、左奥は伊吹山だ(^^)
2
伊勢湾が見える〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢湾が見える〜
2
藤原山荘に到着
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原山荘に到着
1
もうひといきだ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうひといきだ
2
うおぅ!やったぜ藤原岳!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うおぅ!やったぜ藤原岳!
5
正面奥、竜ヶ岳と、さらにその後方にうっすらと御在所岳。
春に竜ヶ岳からここ藤原岳まで縦走したことを思い出しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
正面奥、竜ヶ岳と、さらにその後方にうっすらと御在所岳。
春に竜ヶ岳からここ藤原岳まで縦走したことを思い出しました。
2
次の目的地・御池岳。
遠いけど、がんばっていこう!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次の目的地・御池岳。
遠いけど、がんばっていこう!
4
藤原山荘へ戻る。とても開放的な山頂広場(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
藤原山荘へ戻る。とても開放的な山頂広場(^^)
2
御池岳へ向かう縦走路は、樹林帯でちょっと分かりにくかったです
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御池岳へ向かう縦走路は、樹林帯でちょっと分かりにくかったです
1
樹林帯にぽっかりと開いた鉄塔。
1143の三角点。しばし休息。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
樹林帯にぽっかりと開いた鉄塔。
1143の三角点。しばし休息。
2
谷を隔てて向こう側にある御池岳。
直線距離だと近く見えますが、縦走路は右方向へ200mほど下ります。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
谷を隔てて向こう側にある御池岳。
直線距離だと近く見えますが、縦走路は右方向へ200mほど下ります。
1
視界を右に向けると、中央右に最終目的地の烏帽子岳。
思わず萎える距離感…。
でもまずは第一歩から!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
視界を右に向けると、中央右に最終目的地の烏帽子岳。
思わず萎える距離感…。
でもまずは第一歩から!
2
白瀬峠を通過。この後も尾根伝いにアップダウン。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白瀬峠を通過。この後も尾根伝いにアップダウン。
1
コグルミ谷からの登山道に合流しました!
コグルミを起点にしているので六合目。
…って、まだ六合目か(^^; 遠いな〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コグルミ谷からの登山道に合流しました!
コグルミを起点にしているので六合目。
…って、まだ六合目か(^^; 遠いな〜
1
八合目。藤原からの縦走路に比べて断然道が良い。
アップダウンを経た後の登り返しですが、がんばっていきます
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八合目。藤原からの縦走路に比べて断然道が良い。
アップダウンを経た後の登り返しですが、がんばっていきます
1
苔むす山をゆく
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔むす山をゆく
1
あ!シマリス(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ!シマリス(^^)
1
もう1匹(^-^) 周りにもいて、つごう4匹の家族でした。
じっといていたので気づかれず、ゆっくりと可愛らしい姿を観察することができました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう1匹(^-^) 周りにもいて、つごう4匹の家族でした。
じっといていたので気づかれず、ゆっくりと可愛らしい姿を観察することができました。
3
シマリスたちとの出会いに元気をもらって、御池岳に登頂〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シマリスたちとの出会いに元気をもらって、御池岳に登頂〜!
3
足を延ばしてボタンブチへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
足を延ばしてボタンブチへ
1
とにかく広いテーブルランド。
紅葉が始まりつつあり、美しい山頂台地でした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
とにかく広いテーブルランド。
紅葉が始まりつつあり、美しい山頂台地でした。
3
ボタンブチからの眺め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ボタンブチからの眺め。
3
眼下にT字尾根。
雄大な眺望を満喫しました(^-^)
さあ、行くか…
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
眼下にT字尾根。
雄大な眺望を満喫しました(^-^)
さあ、行くか…
3
真ノ池。このあたり湿地帯で、とても美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真ノ池。このあたり湿地帯で、とても美しい
1
あ、リンドウ(^^)
ここまで見事な開花状態のものを見たのは初めてだったので嬉しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あ、リンドウ(^^)
ここまで見事な開花状態のものを見たのは初めてだったので嬉しい
3
鈴北岳に到着〜
ちょうど正午の青空。とても開放的(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鈴北岳に到着〜
ちょうど正午の青空。とても開放的(^^)
3
苔のじゅうたんに身体を横たえて、しばし休息…。
ずいぶん長い距離を歩いてきたけど、まだ半分弱
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
苔のじゅうたんに身体を横たえて、しばし休息…。
ずいぶん長い距離を歩いてきたけど、まだ半分弱
2
ど真ん中に最終目的地の烏帽子岳。
稜線に隠れて見えませんが、まずは左下からのびてる国道付近の鞍掛峠まで下り、焼尾山と三国岳を越えなければいけません。
…はたして行けるのか?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ど真ん中に最終目的地の烏帽子岳。
稜線に隠れて見えませんが、まずは左下からのびてる国道付近の鞍掛峠まで下り、焼尾山と三国岳を越えなければいけません。
…はたして行けるのか?
1
さあ鞍掛峠まで下ろう。
一気に400mのくだり!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さあ鞍掛峠まで下ろう。
一気に400mのくだり!
1
鉄塔を通過。この尾根、県境だけでなく、電気も中電と関電の境界なんだ(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を通過。この尾根、県境だけでなく、電気も中電と関電の境界なんだ(^^)
1
鞍掛峠。本日の最終エスケープ地点です。
ほとんどの人がここを登山口か下山口にするところ、横切って縦走します。無謀かもしれませんが体力はまだ十分。いくぜ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鞍掛峠。本日の最終エスケープ地点です。
ほとんどの人がここを登山口か下山口にするところ、横切って縦走します。無謀かもしれませんが体力はまだ十分。いくぜ!
2
うおっ…すごい急登!
これを100m、一気に登る!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うおっ…すごい急登!
これを100m、一気に登る!
1
つ、つかれた…(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
つ、つかれた…(^^;
2
東に5分ほどで焼尾山の山頂という案内があったので、ザックをデポして寄り道しました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東に5分ほどで焼尾山の山頂という案内があったので、ザックをデポして寄り道しました。
1
焼尾山から見る、藤原と御池。
北方から、これらの山を望んでいます。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
焼尾山から見る、藤原と御池。
北方から、これらの山を望んでいます。
3
次があの三国岳。
焼尾山とほとんど標高は変わらないのに、140m下りてからの登り返し。…まったく、泣かせるぜ(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
次があの三国岳。
焼尾山とほとんど標高は変わらないのに、140m下りてからの登り返し。…まったく、泣かせるぜ(^^;
3
ここも、急登140mを一気に!
つかれたー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここも、急登140mを一気に!
つかれたー
1
三国岳で休憩後、北進再開。
五増方面との分岐を右にとり、烏帽子方面へ!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三国岳で休憩後、北進再開。
五増方面との分岐を右にとり、烏帽子方面へ!
2
写真で分かりにくいですが、かなり落差のある急な下り。
烏帽子までのルートは急登急落の繰り返しの上、落葉や小石で滑りやすい細々とした尾根でした。1時間にわたり気が抜けず、ほとんど写真撮れず
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
写真で分かりにくいですが、かなり落差のある急な下り。
烏帽子までのルートは急登急落の繰り返しの上、落葉や小石で滑りやすい細々とした尾根でした。1時間にわたり気が抜けず、ほとんど写真撮れず
2
…1時間の格闘の末、ようやく鉄塔にたどり着く。
ふらふら。このルート、完全になめてました(^^;
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
…1時間の格闘の末、ようやく鉄塔にたどり着く。
ふらふら。このルート、完全になめてました(^^;
1
いよいよ遠くなった藤原。
この先は鉄塔の巡視路などで整備された道。よかったー
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ遠くなった藤原。
この先は鉄塔の巡視路などで整備された道。よかったー
2
これでも、道は相当まともになりました。
細かいアップダウンは続き、体力がどんどん削られる
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これでも、道は相当まともになりました。
細かいアップダウンは続き、体力がどんどん削られる
1
まだ届かないっ…!
遠い烏帽子岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ届かないっ…!
遠い烏帽子岳
2
しかしついに…登頂した〜\(^^)/
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しかしついに…登頂した〜\(^^)/
3
好展望。あの藤原岳からここまで…。
我ながら、本当によくがんばったと思います。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
好展望。あの藤原岳からここまで…。
我ながら、本当によくがんばったと思います。
6
あまりゆっくりしていられないので、下山を急ぎます。
すでに16時を過ぎている。北側に影烏帽子(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あまりゆっくりしていられないので、下山を急ぎます。
すでに16時を過ぎている。北側に影烏帽子(^^)
3
道が、大岩コースと展望岩コースに分かれます。
先で合流するのでどちらでもいいのですが、展望岩コースへ
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が、大岩コースと展望岩コースに分かれます。
先で合流するのでどちらでもいいのですが、展望岩コースへ
1
展望岩から。左奥が霊仙山。そして中央奥が伊吹山!
今日はずっと北上してきましたが、霊仙と伊吹がこんなに近く見えました(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
展望岩から。左奥が霊仙山。そして中央奥が伊吹山!
今日はずっと北上してきましたが、霊仙と伊吹がこんなに近く見えました(^^)
2
薄暗い登山道を黙々と下る
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
薄暗い登山道を黙々と下る
2
そしてついに下山〜\(^^)/
長い長い縦走でした。17時。陽のあるうちに下山できたことも、本当によかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてついに下山〜\(^^)/
長い長い縦走でした。17時。陽のあるうちに下山できたことも、本当によかった。
2
ただ、今日の行動はまだ終わりではありません。
ここから駐車場まで、長〜いロード
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ただ、今日の行動はまだ終わりではありません。
ここから駐車場まで、長〜いロード
1
暮れ行く…
斜陽を浴びて、奥の養老山が美しい
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暮れ行く…
斜陽を浴びて、奥の養老山が美しい
1
もうすっかり暮れて、月が出ました。
今日は満月(^^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もうすっかり暮れて、月が出ました。
今日は満月(^^)
3
長すぎるロード。足にとっては相当なダメージ。
しかもこの国道、ほとんど歩道なく、危なかった…
かろうじて、自販機を発見
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
長すぎるロード。足にとっては相当なダメージ。
しかもこの国道、ほとんど歩道なく、危なかった…
かろうじて、自販機を発見
1
レモンの炭酸ジュース(^^)
うまかった〜
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
レモンの炭酸ジュース(^^)
うまかった〜
2
そしてようやく…。
下山口から2時間のロードを歩ききり、駐車場に無事帰還しました〜(^-^)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
そしてようやく…。
下山口から2時間のロードを歩ききり、駐車場に無事帰還しました〜(^-^)
3

感想/記録

北部鈴鹿の二座、藤原岳と御池岳を巡りました。
藤原岳は今年の3月に南側から登りましたが、今回はメジャーな北側からのアプローチ。天候が良かったこともあって素晴らしい展望でした。
御池岳へはゆるやかなアップダウンのある樹林帯の道。一部マーキングが分かりにい箇所がありましたが、尾根芯を外さずに冷静に探せば見落とすことはないと思います。
御池岳は、山頂よりもやはりボタンブチ。切れ落ちた高度感に大興奮でした(^-^)
問題は後半。はじめ、鞍掛峠から下山して長い国道を歩く計画を立てていましたが、どうせ国道を長く歩くならばさらに足を延ばしたら、とばかな思いつきをしたのがきっかけで、さらなる北進を計画(^^; とはいえたいへんな距離になるので、鞍掛峠をエスケープ地点に設定していました。
今日は朝方体調が万全ではなかったので、藤原の登りをほぼコースタイムで登りました。それが幸いしたのか、後半戦でも体力が持続してくれました。
ただ、思った以上に、後半の山々は急登ときついアップダウンの繰り返しでした。陽が傾いて風が強くなっていくのも心理的に不安だし、上下するばかりでなかなか距離が稼げず、焦りました。
烏帽子岳に到着した時はとてもほっとしました。藤原岳が遠くなっていることにも感動。下山口はさらに北へ下り、烏帽子岳の裾野をぐるりと迂回して、街灯と歩道のない国道を歩いて戻りました。むしろそのアスファルト路面が、今日最大の敵だったかも(^^;
12時間を超える長い山旅。歩いてきた数々の山々と、それをつなぐ尾根のそれぞれに特徴があって、たいへん充実した旅となりました!
訪問者数:331人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ