ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 993415 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

笹尾根 (槇寄山〜生藤山〜陣馬山)

日程 2016年10月29日(土) [日帰り]
メンバー 2929daisuki
天候曇り、ちょっぴりはれたり降ったり。
アクセス
利用交通機関
電車バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち76%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間28分
休憩
52分
合計
10時間20分
Sスタート地点07:3708:55西原峠09:02槇寄山09:05西原峠09:0609:22田和峠09:34数馬峠09:39笹ヶタワノ峰09:51藤尾分岐09:5210:06笛吹峠10:18丸山10:32小棡峠11:04土俵岳11:0611:18日原峠11:54浅間峠12:0412:10栗坂峠12:15栗坂の丸12:29坊主山12:3012:55熊倉山13:07軍刀利神社元社13:0813:19三国山13:2213:26生藤山13:3613:46茅丸13:4914:01連行峰14:23山ノ神14:28大蔵里山14:53醍醐峠(篠窪峠・白沢峠)14:5515:04高岩山15:15和田峠15:44陣馬山15:4516:00南郷山16:0116:12奈良子峠16:21明王峠16:2316:29石投げ地蔵16:52大平小屋跡16:58大明神山16:5917:07孫山17:0817:13子孫山ノ頭(孫山)17:26見晴らし台17:3317:39与瀬神社17:4317:44与瀬17:4517:57相模湖駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 飲料 レジャーシート コンパス ヘッドランプ 予備電池 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 携帯 時計 タオル カメラ

写真

撮影機材:

感想/記録




 
仲の平バス停からスタート時点での天候は、ガスガス。

地元おじちゃんに武蔵五日市駅の辺りは晴れてたと話すと「じゃあ、これから晴れてくるな」と。

地図に載ってるトイレは、少し歩いた処にあります。

バス停から先に進みすぐに左の舗装路へと下る。
しばらくは、舗装路です。
なんとか堂の手前には、自販機もあり。

今回は高尾山まで歩いて新しくできてお風呂に入るのがベスト。

なんで、着替えも持ってきているんですが、冬物衣料一式は地味に重い。
昨夜の雨の影響か、泥濘が多く脚を捕られます。

心配した程ではなかったのが救い。

途中、雨音も強くなりましたが樹林帯なので無問題。
大平分岐の看板からは、フラットな尾根に。

しかし、蜘蛛の巣多い。
黄緑の紅葉も綺麗でした。
今回は予定外でしたがスライドショーにもしてみました。

9時前に槇寄山まで行く予定でしたが、ジャスト。

なんとか遅れずに来れています。
テーブルが2つあって、晴れてれば樹間からの展望も良さそう。

笹尾根は、ちょこっとしかなくて残念 ・・・ って感じでした(後でまた現れるんですけどね)。
ここから、晴れてきた。

歩きやすいルートで、トレランの人なら走るんでしょうね。
下り坂だし。

四股に生えてる杉とかが出てきて、
ここから笹尾根らしく。

樹林で展望がないんで、分岐ではコンパスを確認。
山梨へ行かせようとする看板が多かった。

丸山は、今回は巻く。

土俵岳手前のコルまでが、滑りやすい処が多い。
山梨と東京の植生こんなにはっきり違うんだ ・・・ って感心するような景色も。

小ピークを幾つも越えて、
やっと土俵。

やっと身体も目覚めた感じです。
ここは、展望も良い。

やっとハイカー1人とすれ違う。
日原峠を過ぎると、
ここから高尾山エリア。

泥濘が酷くペースが上がらない。
トレランやダブルストックの人が多いんでしょうね。

浅間峠までは、アップダウン以外の変化はないです。
浅間峠の東屋ランチ。

途中気になった地図ないルートあの尾根は何処にでるんだろう?

木の階段が奥多摩っぽい。

しばらく行くと熊倉山。
ベンチは、3つ。
神社からはアップダウンが続き、小ピークが地味にキツイ。
三国山には、テーブルとベンチも。

三国山と生藤山って名前がついてる割に距離はむっちゃ近い?
生藤山のピークを踏んで、関東百名山残り26座となりました。

ここまでで、水1リットルを飲む。

スピードハイクで序盤飛ばしたので、脚の裏が痛い。
茅丸は、巻き道で。

和田峠までの巻き道は、ちょっと危ない場所も。
予定より遅れてるんで、平坦コースをチョイス。

陣馬山に到着した時は、小雨でした。

もう売店も店終い。
まだ登る人がいてのは、さすが高尾山エリア。

高尾山までナイトハイクで、東京の夜景見ながらなら歩くのもロマンティック?かと思ったんですが ・・・ 、

小雨のため、下山開始。
17時すぎには、久しぶりにヘッ電も出してみた。

ヘッ電と言いながら、自分は首からぶら下げるスタイル。
明るければ良いと言うモノではないですからね。

最後の相模湖駅の入り口分からず、本気で走る。

ラストの階段が1番きつかった。

結局、高尾山の新しいお風呂にも入れず。

また、次回ですね。
訪問者数:102人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ