また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > yajisannさんのHP > 日記
2018年11月29日 01:19全体に公開

私のバイブル(15年間愛し続けた本の中の京見峠茶屋)

 雑誌「ちょっと山まで」の発刊は2004年
 私が低山を歩き始めたころに買った雑誌です。
以来ず〜っとトイレの片隅に置いてあり、歩く山に迷うとぺらぺらとぺージをめくり次の山行きの参考にしています。最近は京都北山にはまり馴染みのない山をウロチョロしていますが、比良山系に比べて人も少なくのんびりと散策できるのが私にはあってるみたいです。
 食いしん坊の私はこの雑誌に載っている「京見峠茶屋」に憧れいつかは訪ねてみたいと思っていたのですが、実際には京見峠がどこにあってどうやって行くのかも調べもしませんでした。私のような不埒な人間が行ってはいけないような神聖な場所に思えてくるのでした。しかし還暦を過ぎると焦りを感じもう頃合いかと・・・「とろろそば」が食いてえよ!
10年以上恋焦がれたお店を訪ねようと情報収集すると・・・
なんと、2010年か11年には閉店されていたのでした。
片思い?永遠の憧れ?
本の中にそっとしまっておこうか・・・
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:324人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ