また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

HOME > gmt66さんのHP > 日記
2020年03月26日 15:04新知識全体に公開

NHKテレビ 「北海道 旭川市郊外 突哨山(とっしょうざん)カタクリ群生地」 を見て!

 今朝、何気なくNHKテレビをつけて見ると、最近続く国会中継でなく、珍しく再放送番組で、北海道の旭川市郊外にある「突哨山(243m)」のカタクリ群生地が放映されていました。「突哨山」は、あの有名な「旭川動物園」の10卍北にある、公園化された小さな里山です。
 私は、山歩きを始めるまでは、野山の植物には余り興味がなく、「ツクシが出た。タンポポが咲いた。」程度でした。しかし、今では各種の「花情報」を待ちわびる状態です。その中でもカタクリは、特に思い出のある花でしたが、生態については全く知りませんでした。
 この番組を見て
.タクリは、空に向かって伸びた茎の上部を180度折り返して、地面に向けて花びらを付ける。
開花時期 朝陽が昇って来ると、地面に向けて俯いている花弁はそのままにして、周りを取り囲む花びらは徐々に羽を開けて、空に向けて咲く。(種族繁栄の為、花唇を開放して、蜜蜂や昆虫を呼び寄せる。)
L襪ら翌朝にかけては、開いた花びらを閉じて、花唇や花粉が夜露に濡れるのを防いで保護する。(大切な花粉や蜜の流失と、損壊を防ぐ。)
 以上の事を、知ることが出来ました。いつも行動時間の遅い私は、空に向けて咲いているカタクリしか見たことがありませんでした。
 小さな知識の取得ですが、心が豊かになるひと時でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:117人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

まだコメントはありません


ページの先頭へ