また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

銅山越(どうざんごえ)

最終更新:bergheil
基本情報
標高 1300m
場所 北緯33度51分44秒, 東経133度19分32秒
石鎚山脈の支脈である、法皇山脈 赤石山系の中にある峠の一つ。
峠自体は「銅山越」と称するが、地元では「銅山越」を含む尾根筋一体を「銅山峰(どうざんみね)」とも称する。

江戸時代初期に、山脈の南側((旧)別子山村)に別子銅山が開かれ、その銅鉱石を、この峠を越えて、瀬戸内側の新居浜側まで運搬されていたことから、「銅山越」の名がついた。
峠には当時のなごりの、お地蔵さんが祭られている。

登路は北の新居浜側から、東平(とうなる)より上がる登山道、および南の(旧)別子山村側から、旧別子遺構群を通って上がるルートがある。
銅山峰から東には西赤石山への縦走路が続いている。西側へは、以前は笹ヶ峰までの縦走路があったが、最近では通る人は少ない。

旧別子銅山周辺は、別子銅山の煙害(亜硫酸ガス)の影響で、長らく禿山状態となっていたが、明治時代以降、植林により徐々に植生が回復してきた。
しかし銅山越の周辺のみは、山脈を越える風が強いことも影響して植生の回復が遅れており、まだ部分的に地肌が露出している。

高木は生えていないが、ツガザクラ、アカモノといった矮小な植生が優先している。
ツガザクラは通常、北アルプスの高山地帯に生えることが多く、1300m程度のあたりに分布しているのは珍しい。5月下旬の開花期には花見物で賑わう。
なお、銅山越の西側の小ピークを「西山」、東側の小ピークを「東山」と称する。

【参考文献】
 1)「赤石山系の自然」 伊藤玉男 著(1971)
 2)ウイキペディア 「別子銅山」
  

山の解説 - [出典:Wikipedia]

別子銅山(べっしどうざん)は、愛媛県新居浜市の山麓部にあった銅山。1690年(元禄3年)に発見され、翌年から1973年(昭和48年)までに約280年間に70万トンを産出し、日本の貿易や近代化に寄与した。一貫して住友家が経営し(閉山時は住友金属鉱山)、関連事業を興すことで発展を続け、住友が日本を代表する巨大財閥となる礎となった。
最初の採鉱は海抜1,000メートル以上の険しい山中(旧別子山村)であったが、時代と共にその中心は新居浜市側へ移り、それにつれて山の様相も変化していった。坑道は全長700キロメートル、また最深部は海抜マイナス1,000メートルにもおよび、日本で人間が到達した最深部である。
皇居前広場の公園内に現存する楠木正成像は、1900年(明治33年)に別子銅山の銅で献納された。また、1900年(明治33年)の銅山川鉱毒事件など、鉱毒事件が数回発生した。
閉山後の今は植林事業の成果もあり緑深い自然の山へと戻って、夢の跡のような産業遺跡がひっそりと佇んでいる状態であるが、近年はそれらの歴史的意義を風化させないことを目的として活用したマイントピア別子など観光開発が進み、新居浜市の新たな資源として甦りつつある。また、別子山村の合併により一体的な観光開発にも弾みがついている。

付近の山

この場所を通る登山ルート

「銅山越」 に関連する記録(最新10件)

四国
  184    11  3 
nekojigen, その他1人
2017年11月19日(日帰り)
四国
  63    26 
2017年11月19日(日帰り)
石鎚山
  66    1 
space-jt, その他1人
2017年11月08日(2日間)
四国
  13    5 
shinzo-hirai, その他1人
2017年11月05日(日帰り)
石鎚山
  16    7 
WildYana, その他2人
2017年11月05日(日帰り)
石鎚山
  63   16 
2017年10月27日(日帰り)
四国
  47    14 
yomoyamajiro, その他2人
2017年10月14日(日帰り)
四国
  
2017年09月24日(日帰り)
ページの先頭へ