また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1019145 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走富士・御坂

富士夜間登山

日程 2016年09月10日(土) 〜 2016年09月11日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち86%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
21:49 スタート(0.00km) 21:49 - 休憩(1.84km) 22:28 - その他(3.44km) 23:48 - 休憩(3.65km) 00:05 - 休憩(3.76km) 00:24 - 休憩(4.04km) 01:04 - その他(4.14km) 01:29 - 休憩(4.56km) 01:49 - その他(4.82km) 02:35 - 休憩(5.08km) 03:08 - 休憩(5.16km) 03:26 - 休憩(5.37km) 03:53 - その他(5.72km) 04:46 - その他(5.75km) 04:51 - 山頂(6.09km) 05:52 - 山頂(7.90km) 06:35 - 休憩(8.82km) 08:06 - 休憩(9.46km) 08:54 - 休憩(10.26km) 09:49 - 休憩(10.42km) 10:00 - その他(10.70km) 10:37 - その他(11.52km) 11:00 - その他(13.78km) 12:02 - その他(14.01km) 12:06 - 休憩(15.83km) 12:54 - ゴール(15.85km) 13:08
過去天気図(気象庁) 2016年09月の天気図 [pdf]

写真

八合目の小屋泊まりの本隊とは別に、最終のバスで五合目へ
2016年09月10日 16:40撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目の小屋泊まりの本隊とは別に、最終のバスで五合目へ
夜間登山隊の男4人で本隊を追いかけます
2016年09月10日 21:55撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜間登山隊の男4人で本隊を追いかけます
九合目から上は大渋滞。(-.-)
2016年09月11日 05:20撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
九合目から上は大渋滞。(-.-)
例によって山頂付近は天気が悪い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
例によって山頂付近は天気が悪い
剣ヶ峰はパスしてここから下山
2016年09月11日 06:57撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣ヶ峰はパスしてここから下山
大砂走りまで下りてきたら青空が広がっていた
2016年09月11日 11:07撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大砂走りまで下りてきたら青空が広がっていた
炎の体育会TVがロケ中
2016年09月11日 11:23撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
炎の体育会TVがロケ中
御殿場の人参湯で汗を流そう
2016年09月11日 15:18撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御殿場の人参湯で汗を流そう
お風呂上がりのお約束
2016年09月11日 15:06撮影 by SH-06F, SHARP
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お風呂上がりのお約束

感想/記録
by supra

毎年恒例の山じまい直後の富士登山。今年は来週と再来週の予定に備えて、ひざの故障をぶり返さないよう大事を取ってやめておくつもりだったけど、金曜日に見た6時間ごとの予報が見事に晴れのオンパレードだったため、行くことにした。登りはいつもより空いている感じで、予定より早いペースで休憩を多めに取りながら集合場所の八合目・白雲荘に2時前に到着。9合目から先は大渋滞、ご来光も雲が上がってきて拝めなかったが、登りはきわめて順調。
が、吉田口頂上に達したとたんに雨に見舞われ、しかもお鉢巡りコースは暴風となって飛ばされそうな勢い。なんとか御殿場口頂上まで進んだが、剣ヶ峰には行く気を失ってそのまま下山した。2年前に通った下山コースと途中まで同じだったが、その先の大砂走りには食傷気味、おまけに他の登山口の標高を大幅に下回る1,440mまで下山という過酷なコースに、恐れていたとおりひざの調子がなんかおかしい。
御殿場口にはもう二度と下りないと決めた。
訪問者数:35人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ご来光
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ