また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1035390 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

剱岳(源次郎尾根)

日程 2016年08月11日(木) 〜 2016年08月13日(土)
メンバー , その他メンバー6人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
コース状況/
危険箇所等
雪渓が少なく源次郎尾根取り付きまでほとんど高巻き道を歩きました。雪渓を歩いているパーティもいた。
過去天気図(気象庁) 2016年08月の天気図 [pdf]

写真

立山連峰。この辺り一帯の風景はすごい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山連峰。この辺り一帯の風景はすごい。
剱岳アップ。登山道が判る。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳アップ。登山道が判る。
1
2日目:源次郎尾根から頂上を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目:源次郎尾根から頂上を目指します。
1
写真では迫力が伝わらない。岩が凄かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真では迫力が伝わらない。岩が凄かった。
1
穏やかな感じのこういった風景が好きです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穏やかな感じのこういった風景が好きです。
源次郎尾根途中。ブッシュを抜けたあたり。バリエーション入門コースという事で難しい箇所は特になし。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根途中。ブッシュを抜けたあたり。バリエーション入門コースという事で難しい箇所は特になし。
1
中央左に6峰。A〜Dフェースが見えます。今年も歩けなかった八ッ峰。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央左に6峰。A〜Dフェースが見えます。今年も歩けなかった八ッ峰。
右端にサブリーダー。剱岳は冬しか登ったことがないそうで、夏は初めてとのこと。自費の少人数パーティでK2にも登られたそうな(凄すぎ!!)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右端にサブリーダー。剱岳は冬しか登ったことがないそうで、夏は初めてとのこと。自費の少人数パーティでK2にも登られたそうな(凄すぎ!!)
八ッ峰。この日は朝から暑かった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ッ峰。この日は朝から暑かった。
1
頂上。この後、いもとさんに会う。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上。この後、いもとさんに会う。
下山時はガスで日が陰ることを願ったが、最後までガスることはなかった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山時はガスで日が陰ることを願ったが、最後までガスることはなかった。
イモト登山隊かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イモト登山隊かな?
3日目下山することに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3日目下山することに。
これ以上ない天気に恵まれた剱岳山行でした。
約2ヶ月に渡って毎週山歩きして体力増強に努めましたが間に合わなかった(暑すぎ^^;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ以上ない天気に恵まれた剱岳山行でした。
約2ヶ月に渡って毎週山歩きして体力増強に努めましたが間に合わなかった(暑すぎ^^;)

感想/記録

※2016/12/31 日記に登録していた感想を山行記録にアップ。

会の8月度山行で劔岳へ。
山行記録は暫くアップする予定が無いので、日記で感想を。
【1日目】8/11
大宮駅から新幹線で富山駅へ、メンバ3人と合流。室堂でSLと合流し剣山荘へ。後からCLにメンバ1人の計7名。
※室堂にて登山計画書提出。
雪渓が少なく八つ峰上半取り付きまでの状態が悪く、源次郎尾根にルート変更。メンバ1名、本人の希望で翌日下山する事に。
【2日目】8/12
4時出発、6時に取り付きへ。雪渓をトラバースする所でCLとSLでフィックスロープを張る。源次郎尾根は前半ブッシュで奥秩父を歩いている感じ。登り難い箇所には古いロープがあった。
この日は朝から快晴でこれ以上ない天気。朝7時過ぎでもう暑い。
二峰の下り30mの懸垂下降で一時間待ち。酷暑の中、休憩にならず水分を消費。2.5L背負ったが足りなかった。
懸垂下降は時間を短縮するため、8.5mmロープ1本で下降。滑り易かった。
本峰への登りで完全にバテ、13時16分に頂上到着。
暫くすると「いってQ」のいもと登山隊が。山頂の祠の前でいもとさんが感想を述べていると、年配の単独女性が写真を撮るとの事で「すみません」と避けていた。

下山はCL、私の二人に。有名なカニのヨコバイは始めの一歩が外側にあるとの事でしたが、パッと見判らず適当に小さいホールドに爪先をのせてクリア。結構リスキーじゃんと思って振り返ると、しっかりした足場があり外側が赤くペイントされていた。
劔岳からの下りは鎖のオンパレードで、涸沢岳からの下りに似た感じ。
※一般ルートは鎖やペイントで整備に力をいれていて、鎖も新しかった。
途中、登返しの所で休んでいると先ほどの「いもと登山隊」が。先頭が石井スポーツの奥田さんで、三番目くらいにいもとさんが。サングラスをかけていて「元気ですね」と私が声を掛けると「ありがとうございます!」、ちょっとの間の後「疲れていますよ!」
※白い肌が印象的でテレビ的に日焼けはまずいのかな?、ただどうせ会うならもっと美人が良かった!ってサングラスかけてたら関係ないか(^^;

17時半頃、山荘到着。夕食には間に合ったが、ほとんど食べられなかった。
【3日目】8/13
南壁が予定されていたが辞退。他のメンバ2名も疲労に風邪で辞退。結局南壁は中止となり、全体行動で全員一緒に下山。室堂にて解散。富山駅より新幹線自由席で大宮駅へ、そこから最寄駅にて自宅に戻った。

この間、奥武蔵・秩父に蓮華岳と体力アップに努めてきたが、まだまだ体力が足りずバテた。
天気は快晴(暑すぎ)だっただけに惜しい事をした。
今回、全体行動を勉強した山行でした。
訪問者数:219人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ