また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1044879 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走八ヶ岳・蓼科

硫黄岳&今年初アイスキャンデー

日程 2017年01月09日(月) 〜 2017年01月10日(火)
メンバー
 dopaminetia(気象)
, その他メンバー5人
天候初日:曇りのち雪  2日目:晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
美濃戸口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.4〜1.5(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間11分
休憩
29分
合計
3時間40分
S美濃戸口10:0010:01八ヶ岳山荘10:1011:02やまのこ村11:06赤岳山荘11:12美濃戸山荘11:2212:12堰堤広場12:2213:40赤岳鉱泉
2日目
山行
6時間30分
休憩
1時間36分
合計
8時間6分
赤岳鉱泉07:1907:25大同心沢(大同心ルンゼ)分岐07:2707:32ジョウゴ沢07:3809:30赤岩の頭09:4010:15硫黄岳10:2510:40赤岩の頭11:54赤岳鉱泉12:3913:22堰堤広場13:3414:16美濃戸山荘14:2614:30赤岳山荘14:3115:24八ヶ岳山荘15:25ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPSの調子悪く2日目一部手書き
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

凍ってます。
2017年01月08日 12:53撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍ってます。
大同心が男前
2017年01月08日 12:54撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心が男前
2日目、赤岩の頭より
2017年01月09日 09:38撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目、赤岩の頭より
北アが綺麗
2017年01月09日 09:38撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アが綺麗
降りてきました。昨日は今年初アイスキャンデー
2017年01月09日 12:12撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきました。昨日は今年初アイスキャンデー
4
降りてきたらこんな天気
2017年01月09日 12:15撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りてきたらこんな天気
男前な八ヶ岳の山並み。
2017年01月09日 12:17撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男前な八ヶ岳の山並み。
この光景に言葉はいらない。
2017年01月09日 12:18撮影 by Canon EOS 5D Mark IV, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この光景に言葉はいらない。
1

感想/記録

山岳会の山行で硫黄岳へ。


当初の予定では南岸低気圧で荒れる予定なので、2日目はいけるところまでということで入山。

初日は曇り、登山道に雪は少なし。
赤岳鉱泉到着後はアイスキャンデーにトライ。今年初アイスキャンデーとなった。
新しく買ったクオークを試す。軽くて持ちやすい。
鉱泉で借りたノミックと比較するとやはり重量からか打撃力は劣る。
その後、ちょっとしたトラブルがあり2登で終了となった。
(ザイル落とすときはちゃんとコールしましょうね。


そのあとは、鉱泉で宴会。楽しい宴となる。夕食は鉱泉でステーキ。うまかった。

2日目は赤岳鉱泉から硫黄岳へ。トイレ渋滞などで予定より1時間遅れのスタートとなった。降雪で歩きにくく、10:30で引き返す予定であったが、思いのほかペースはよく、無事に山頂へたどり着くことができた。

下りは赤岳鉱泉から美濃戸口までの林道がところどころ凍結しており難儀した。

やはりここを歩くときはチェーンスパイクがほしい。

今回の反省点として、行動の遅さが目立った。
アイゼンの脱着、パッキング、などなど。
改善の余地がある。特にコンタクトのつけ外しは意外と時間を食われるので、今後の改善課題としたい。

訪問者数:550人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ