また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1046254 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走道南

徳舜瞥山、ホロホロ山

日程 2017年01月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
国道453号を支笏湖方面から向かい、三階滝へ左折します。三階滝公園を右折し、1.5kmほど進んで左折、除雪最終地点左手が駐車場です。駐車場は6〜7台くらい駐められそうです。ワンコ(バロン)がお出迎えしてくれます。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間56分
休憩
17分
合計
6時間13分
Sスタート地点08:2311:23徳舜瞥山11:2612:13ホロホロ山12:2714:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
行きはレリーズしまくりで、少々時間がかかっています。
コース状況/
危険箇所等
徳舜瞥山は、上に行くほど低木が立ちはだかります。下り(標高1200mくらいまで)はスノシューは危険と思います。アイゼンを使用した方が無難です。またホロホロ山側へ下るところは凍っており、アイゼン必須です。
ホロホロ山への登りはファーストトレースの上、軽く軟らかい雪のため、スノシューでも非常に歩きにくかったです。
その他周辺情報国道453の道の駅に「きのこ王国」があります。108円できのこ汁が食べられます。体がとても温まります!
帰りの温泉は丸駒温泉です。1000円しますが、これだけ払う価値のある温泉と思います。日帰りの時間が終わっていましたが、入浴させてくれました(感謝!)。是非、寄ってみてください。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ 長袖インナー ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 ゲイター ネックウォーマー 毛帽子 ザック アイゼン スノーシュー 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) レジャーシート 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

支笏湖半を移動中に日の出。右の山は風不死岳。
2017年01月14日 07:21撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支笏湖半を移動中に日の出。右の山は風不死岳。
3
奥右が徳舜瞥山、左の雲がかかっているのがホロホロ山。
2017年01月14日 08:07撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥右が徳舜瞥山、左の雲がかかっているのがホロホロ山。
駐車場に到着。先週の旭岳と同じ-15℃。道中-21℃のところもあった。
2017年01月14日 08:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に到着。先週の旭岳と同じ-15℃。道中-21℃のところもあった。
山行はスノシューでスタート。結局最後までスノシューでした。
2017年01月14日 08:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山行はスノシューでスタート。結局最後までスノシューでした。
3
駐車場です。日陰で少し暗い。
2017年01月14日 08:38撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場です。日陰で少し暗い。
バロンがお見送り。
2017年01月14日 08:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バロンがお見送り。
7
右側の道路を行きます。すぐに除雪は終わります。
2017年01月14日 08:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側の道路を行きます。すぐに除雪は終わります。
少し登って太陽登場。左に徳舜瞥山が見えます。
2017年01月14日 08:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し登って太陽登場。左に徳舜瞥山が見えます。
1
振り返ります。青空が気持ちいい!
2017年01月14日 08:50撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ります。青空が気持ちいい!
徳舜瞥山がはっきり見えてきました。
2017年01月14日 08:59撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳舜瞥山がはっきり見えてきました。
振り返ると周辺の山々が顔を出しています。有珠山アップ!
2017年01月14日 09:12撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると周辺の山々が顔を出しています。有珠山アップ!
3
羊蹄山アップ!
2017年01月14日 09:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
羊蹄山アップ!
6
右、無意根山。左は中岳か?
2017年01月14日 09:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右、無意根山。左は中岳か?
2
小さな足跡。かわいいねえ。
2017年01月14日 09:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小さな足跡。かわいいねえ。
1
何回見ても青空が気持ちいい
2017年01月14日 09:25撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何回見ても青空が気持ちいい
2
周りの木の枝は霧氷がすごい。
2017年01月14日 09:28撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの木の枝は霧氷がすごい。
霧氷アップ!結晶がきれいだ。
2017年01月14日 09:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧氷アップ!結晶がきれいだ。
2
少しの風で霧氷が舞います。
2017年01月14日 09:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しの風で霧氷が舞います。
4
積もった霧氷。
2017年01月14日 09:57撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積もった霧氷。
ナナカマドかな?
2017年01月14日 09:58撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナナカマドかな?
1
なんと、松の木からツララが...どうなってる?
2017年01月14日 10:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんと、松の木からツララが...どうなってる?
ツララの先も結晶。
2017年01月14日 10:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツララの先も結晶。
1
標高900mを越えて斜面が緩くなりました。気持ちよすぎ!
2017年01月14日 10:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高900mを越えて斜面が緩くなりました。気持ちよすぎ!
12
なんの櫓だ?登ろうと思ったら階段がなくなっています。
2017年01月14日 10:17撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんの櫓だ?登ろうと思ったら階段がなくなっています。
1
この兄弟木、存在感があるなあ。
2017年01月14日 10:18撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この兄弟木、存在感があるなあ。
2
いやあ、キレイだ。レリーズしまくりで進まない。
2017年01月14日 10:29撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやあ、キレイだ。レリーズしまくりで進まない。
1
どういう人生、いやいや木生を過ごしてきたのか・・・。
2017年01月14日 10:34撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どういう人生、いやいや木生を過ごしてきたのか・・・。
5
視界が一気に開けた!高度感が出てきました。
2017年01月14日 10:46撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
視界が一気に開けた!高度感が出てきました。
3
右から尻別岳、羊蹄山、ニセコ連山!
2017年01月14日 10:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から尻別岳、羊蹄山、ニセコ連山!
6
有珠山!
2017年01月14日 10:47撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
有珠山!
3
オロフレ山も見えてきた!
2017年01月14日 10:48撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロフレ山も見えてきた!
さあ、山頂はもう少し!
2017年01月14日 11:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、山頂はもう少し!
7
更に標高が上がりました。
2017年01月14日 11:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
更に標高が上がりました。
最後の急登です。ここからが大変!
2017年01月14日 11:17撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の急登です。ここからが大変!
5
徳舜瞥山登頂!風も弱く天気なまら良い!
2017年01月14日 11:31撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳舜瞥山登頂!風も弱く天気なまら良い!
13
似た写真ばかり撮ってしまう。
2017年01月14日 11:34撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
似た写真ばかり撮ってしまう。
3
またまた羊蹄山アップ!
2017年01月14日 11:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またまた羊蹄山アップ!
8
奥に支笏湖!
2017年01月14日 11:34撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥に支笏湖!
4
無意根山に雲がかかってきた。
2017年01月14日 11:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無意根山に雲がかかってきた。
1
左は札幌岳、右は狭薄山かな?
2017年01月14日 11:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左は札幌岳、右は狭薄山かな?
2
昆布岳もくっきり!
2017年01月14日 11:36撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昆布岳もくっきり!
1
さてと、ホロホロ山へ向かいます。ファーストトレース!
2017年01月14日 11:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてと、ホロホロ山へ向かいます。ファーストトレース!
6
コル近くまで下りてきました。上部はカリカリです。無理矢理スノシューで下りましたが、アイゼンに履き替えてください。
2017年01月14日 11:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コル近くまで下りてきました。上部はカリカリです。無理矢理スノシューで下りましたが、アイゼンに履き替えてください。
5
どれかが「ガンバロー岩」のはずなんだが。
2017年01月14日 11:53撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どれかが「ガンバロー岩」のはずなんだが。
1
岩陰でお昼としよう。徳舜瞥山をバックにいつものショット!
2017年01月14日 12:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩陰でお昼としよう。徳舜瞥山をバックにいつものショット!
9
あっという間にホロホロ山頂。実は軟らかい雪にかなり手こずって、写真を撮っている場合でなかった。。。
2017年01月14日 12:32撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間にホロホロ山頂。実は軟らかい雪にかなり手こずって、写真を撮っている場合でなかった。。。
6
オロフレ山方向。ありゃりゃ、天気下り坂。
2017年01月14日 12:34撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オロフレ山方向。ありゃりゃ、天気下り坂。
2
支笏湖!
2017年01月14日 12:34撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
支笏湖!
1
樽前山アップ!火山ガス、もくもく。
2017年01月14日 12:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樽前山アップ!火山ガス、もくもく。
2
風不死岳アップ!
2017年01月14日 12:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風不死岳アップ!
2
恵庭岳アップ!山頂が見える!
2017年01月14日 12:40撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恵庭岳アップ!山頂が見える!
4
右の荒々しいのは天狗岳かな。
2017年01月14日 12:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の荒々しいのは天狗岳かな。
3
おおっ!ポロシリ岳!(真ん中)
2017年01月14日 12:41撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおっ!ポロシリ岳!(真ん中)
3
こちらは夕張岳だね。
2017年01月14日 12:42撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは夕張岳だね。
3
さて、下山しますか。戻ります。
2017年01月14日 12:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、下山しますか。戻ります。
1
温風穴かな?気をつけよう。
2017年01月14日 13:00撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
温風穴かな?気をつけよう。
1
右の岩がガンバロー岩でした。本来の登山ルートはガンバロー岩の横を通ります。
2017年01月14日 13:03撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右の岩がガンバロー岩でした。本来の登山ルートはガンバロー岩の横を通ります。
さて、どうするか...登り返さないで巻いていこう。
2017年01月14日 13:07撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、どうするか...登り返さないで巻いていこう。
1
15:00までに戻れるかなあ。
2017年01月14日 13:10撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:00までに戻れるかなあ。
1
振り返ってホロホロ山。また来るね。
2017年01月14日 13:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ってホロホロ山。また来るね。
徳舜瞥山の北側斜面は一部凍っています。また低木で踏み抜きが多くなります。気をつけましょう。
2017年01月14日 13:20撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳舜瞥山の北側斜面は一部凍っています。また低木で踏み抜きが多くなります。気をつけましょう。
やっと本来のルートに合流。
2017年01月14日 13:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと本来のルートに合流。
700m切りましたが、まだ-9.0℃。とってもさぶい。
2017年01月14日 14:23撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
700m切りましたが、まだ-9.0℃。とってもさぶい。
1
車道まで下りてきました。
2017年01月14日 14:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
車道まで下りてきました。
お〜っ!バロンが迎えに来てくれた!
2017年01月14日 14:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜っ!バロンが迎えに来てくれた!
1
バロン、ありがとう!あとで残ったパンあげる。
2017年01月14日 14:35撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
バロン、ありがとう!あとで残ったパンあげる。
12
駐車場に戻ってきました。最後の1台になってた。お疲れ様でした!
2017年01月14日 14:37撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に戻ってきました。最後の1台になってた。お疲れ様でした!
3
【番外1】
なんとザックの中のポカリが一部凍っていた...
2017年01月14日 14:49撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外1】
なんとザックの中のポカリが一部凍っていた...
【番外2】
「きのこ王国」!
2017年01月14日 15:13撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外2】
「きのこ王国」!
【番外3】
これが108円のきのこ汁。十分に暖まります。
2017年01月14日 15:16撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外3】
これが108円のきのこ汁。十分に暖まります。
3
【番外4】
丸駒温泉。1000円出す価値はあります。入ってみれば分かります。
2017年01月14日 16:15撮影 by Canon EOS M3, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【番外4】
丸駒温泉。1000円出す価値はあります。入ってみれば分かります。
1
撮影機材:

感想/記録
by yo-sha

前日20:50の時点、全国ニュースで日本全体が大荒れとの予報のため、完全諦めモード。そんな中、ちょっと「てんくら」を覗いてみたところ、なんと徳舜瞥山、樽間山が晴れマーク!21:00にも関わらず、気持ちは完全山モードに。すでに就寝の奥様にはLINEを入れておいて、夜中に準備開始。朝の5:00起床(またまた起きれました!)で行ってきました。

徳舜瞥山(標高1309m)、ホロホロ山(標高1322m)は、伊達市と白老町の市町界に位置し、夏なら40分ほどで行き来ができる隣り合うピークです。札幌からは車で2時間程度かかり、支笏湖経由、もしくは中山峠を越えて喜茂別経由で行くことになります。古い火山体で、徳舜瞥山南側とホロホロ山西側は崩壊が進み大きくえぐれて急斜面です。一方西側、北側斜面は火山体の様相が残っており緩い斜面が広がっています。

山行ですが、徳舜瞥山経由のホロホロ山ルートです。久しぶりです。いつ以来かな?
最初しばらくは緩い登りが続きます。徐々に傾斜がきつくなっていき、徳舜瞥山山頂直下はかなりの急登です。積雪はそれほど多くはなく、低木の上部が露出して非常に歩きにくい。やっとの思いで山頂に到達しました。山頂直下では、登りはスノシューでいいですが、かなり急ですので下りはアイゼンの方がいいかもしれません。
山頂では青空に恵まれ、視界良好!風も弱く、天気に恵まれました。

徳舜瞥山からホロホロ山に向かいますが、誰も行った跡がなくファーストトレース(涙)。徳舜瞥山からの下りでは広く凍っていて、アイゼンの方が間違いなく安全です。無理矢理スノシューで下りましたが、かなり危険でした。ホロホロ山の登りでは、今度は一転軽く軟らかい雪。スノシューで踏ん張るのが容易でなく、足場を踏み固めて作りながら登っていきました。ここでは雪庇にも注意です。山頂に着く前に曇ってきましたが、眺望はまずまず。支笏湖、樽前、恵庭岳がはっきり見えました。しかも幌尻岳、夕張岳も見え、ちょっと驚き。今日、急遽山行決めて良かった。

戻りですが、夏道は徳舜瞥山山頂を経由します。しかし登り返しがツライのと、直下の下りが危ないので、地形図からぐるっと回り込むことにしました。これが大正解。時折踏み抜きましたが、問題なく回り込めました。また、下の方でスノーボードの跡を追うと、登りとは違うルートを歩いていることが判明。こちらの方が短いルートでラッキーでした。

下まで下りるとバロンが迎えに来てくれるではないですか。思いっきりなでなでしてあげました。ザックに残ったパンがあったのでご褒美にあげちゃいました。いやあ、かわいいなあ。

今回は急な計画だったにもかかわらず、とても満足できる山行でした。天候が悪い時期にこんな青空山行ができる幸せ。さあ、次は何処へ。
訪問者数:809人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/12/17
投稿数: 151
2017/1/15 5:20
 帰りにお会いしたものです
特に午前中の快晴と樹氷は素晴らしかったですね。
また、よくホロホロ山まで・・・お疲れ様です。
またどこかでお会いできることを楽しみにしています!
登録日: 2014/3/21
投稿数: 458
2017/1/15 7:20
 最高の眺望
いやー素晴らしいコンディションですね!
快晴の青空と樹氷、山々の眺望、写真も素敵で爽快さが伝わってきます。
前回の旭岳も最高だったようですし、今年のyo-shaさん、何か持ってますね!
登録日: 2014/6/18
投稿数: 252
2017/1/15 8:14
 Re: 帰りにお会いしたものです
shu-hikerさん
おはようございます。コメントありがとうございます!
スノーボードの方だったんですね。あの後何回か先方に見かけましたが、まったく追いつけず
本当に最高の天気とロケーションで、レリーズしまくりでした。毎回こんな山行したいですね。これからもお互い気を付けて山行しましょう。またどこかで!
登録日: 2014/6/18
投稿数: 252
2017/1/15 8:34
 Re: 最高の眺望
waji-bbさん
おはようございます。コメント、ありがとうございます!
コンディション、ばっちりでした。厳寒でも風がないとサイコーの山行ですね。本当に素晴らしい景色でした
自分の好きなお山達が少し遠いので、珍しく望遠レンズで多くの写真を撮りまくりました 。しかしレリーズしまくりで、なかなか前に進みません。waji-bbさんもきっと同じですよね
もともと自称「晴れ男」(あくまでも自称です。周りは認めてくれませんが)なんですが、今年は天候に関しては恐ろしいくらいいいですね。次回の山行も楽しみです
登録日: 2013/4/28
投稿数: 2314
2017/1/17 20:48
 スノーシュー
yo-sha さん、こんばんは。
コメント遅くなりました。
今週は三陸(宮古方面)に出張していました。
三陸にしてはひどい天気でびっくりしました。
昨日は吹雪いていましたよ。

土日は秋田県も荒れました。
秋田市でも積雪が20僂鯆兇┐燭茲Δ任后
そちらはいいお天気だったんですね。
眺望も良くて・・・
冬らしい景色が眺められましたね。
良いですね。

そうですね・・・
登りはスノーシューで行けても・・・
下りは怖いですからね。
アイゼンが安心でしょうね。
実は私はスノーシューが苦手です。

ところで・・・バロン君は yo-sha さんが山行している間・・・
クルマのあたりで待っているんですか???
偉いですね。
登録日: 2014/6/18
投稿数: 252
2017/1/18 0:03
 Re: スノーシュー
750RSさん
こんばんは。コメントありがとうございます!遅れてもとてもうれしいです!

三陸出張、お疲れさまでした。太平洋側でこの時期に天気が悪いとは驚きです

秋田市で積雪20cmとはなかなかの雪の量ですね。私の実家は将軍野で田んぼに近いので、いつも猛吹雪の中を通学していた記憶があります。どこの小中学校だったかバレバレですね

この日の北海道は予報が外れ、広い範囲で天気が良かったようです。とても眺望に恵まれた山行となりました。レリーズしまくりでした

スノシューは仕事でもかなり使っていて、慣れもあるので登りではよく使います。下りはやはりアイゼン(10本爪を愛用しています)ですね。最強です

バロン君はいつも駐車場で人を求めて歩き回っています。みんなからとても愛されています。遠くから駐車場が見えた時、バロンがちょこんと座っていましたが、私に気が付いたとたん迎えに来てくれました。とっても偉いワンコなんです

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ