また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1048962 全員に公開 雪山ハイキング丹沢

大室山,犬越路,神之川ヒュッテ

日程 2017年01月17日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
中央道相模湖からR20をワンタッチし,すぐ神奈川県道520に入り,さらに県道76を南下するか,中央道下り相模湖東出口からR20,R412経由で三ケ木からR413を西走し,県道76とR413の交差する青根に到達する。ここからR413を西走し,音久和で左折し,集落を抜けるあたりで県道76に合流。一部凍結区間あり。スタッドレスタイヤで走行。日影橋ゲート手前の神之川ヒュッテ駐車場(300円)に駐車。
 公共交通機関は橋本から,または富士急線からのバスしかなく,昔(学生の頃),下山の際に音久和まで歩いたこともあるが,時間がかかる。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.6〜1.7(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち65%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間58分
休憩
54分
合計
9時間52分
S神ノ川ヒュッテ08:4912:09県界尾根(神ノ川ヒュッテ分岐)12:5214:40大室山14:4214:54大室山・犬越路分岐16:11大杉丸16:41犬越路16:4418:32神ノ川ヒュッテ18:3818:41ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
 予想以上の積雪でてこずる。計画を2.5時間オーバー。

 歩行データについては,ASUSスマホ内蔵のあまり精度の良くないGPSの記録なので,軌跡が乱れたりポイントが飛んだり。谷筋,とくに犬越路からの下りは不正確な部分があるのでご注意を。
コース状況/
危険箇所等
トレースあり。積雪は多いところで踏み抜くと腿まで潜る。軽アイゼンで歩いた達人もいたが,ワカン使用が安心。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ペットボトル(500×2) 魔法瓶(500) 行動食 セーター レインコート(兼ウィンドブレーカー) 傘(不使用) アイゼン 輪かん スパッツ(不使用) 暖パン(裏フリース風よけズボン) サポーター(腿脛連続) 速乾下着 吸汗腹巻(タオル) 顔タオル 滑り止め付き薄手化繊手袋 オーバー手袋(不使用) ヘルメット サングラス ヤマレコマップ入りGPSスマホ 記録帳 カイデン カメラ 非常用ダウンジャケット ツエルト 保険証

写真

いつもながらの大室山のお出迎えに圧倒される。本日はほぼ左の稜線沿いに頂上を攻める。
2017年01月17日 07:52撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもながらの大室山のお出迎えに圧倒される。本日はほぼ左の稜線沿いに頂上を攻める。
3
413号を外れ76号に入ると部分凍結。
2017年01月17日 08:03撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
413号を外れ76号に入ると部分凍結。
1
神之川ヒュッテ。誰もいないので駐車料金箱に300円入れる。
2017年01月17日 08:52撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
神之川ヒュッテ。誰もいないので駐車料金箱に300円入れる。
1
鹿さんも同じ道を歩く。
2017年01月17日 09:43撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿さんも同じ道を歩く。
1
やっとたどり着いた県界尾根。
2017年01月17日 12:46撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとたどり着いた県界尾根。
1
雪は溶けたり凍ったりを繰り返した感じ。
2017年01月17日 12:46撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪は溶けたり凍ったりを繰り返した感じ。
1
このあたり(県界尾根)はひたすら直登。
2017年01月17日 13:32撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このあたり(県界尾根)はひたすら直登。
1
先行者のかんじきの跡。
2017年01月17日 13:32撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者のかんじきの跡。
1
蛭,檜洞(熊笹の峰と重なっている)
2017年01月17日 13:36撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭,檜洞(熊笹の峰と重なっている)
4
結構な人数が歩いた跡。
2017年01月17日 13:53撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な人数が歩いた跡。
1
いい感じのトレース。
2017年01月17日 13:59撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい感じのトレース。
1
箱根方面。相模湾が光る。
2017年01月17日 13:59撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
箱根方面。相模湾が光る。
1
大室山。中央左寄りのトレースが歩いてきた方向。
2017年01月17日 14:56撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大室山。中央左寄りのトレースが歩いてきた方向。
2
少し角度を変えて。
2017年01月17日 14:57撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し角度を変えて。
ここからはしっかり踏まれているので,ワカンは外す。
2017年01月17日 15:43撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからはしっかり踏まれているので,ワカンは外す。
結構湿っぽい。
2017年01月17日 16:06撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構湿っぽい。
日没が近く,シルエット。
2017年01月17日 16:06撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没が近く,シルエット。
3
大好きな愛鷹山。
2017年01月17日 16:06撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きな愛鷹山。
3
愛鷹とのツーショット。
2017年01月17日 16:06撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛鷹とのツーショット。
1
振り返って大室山。
2017年01月17日 16:24撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って大室山。
2
袖平山,蛭,熊笹の峰,檜洞
2017年01月17日 16:25撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
袖平山,蛭,熊笹の峰,檜洞
2
陽はとっぷりと暮れ,闇に浮かぶ凍った橋。
2017年01月17日 18:21撮影 by EX-ZR850 , CASIO COMPUTER CO.,LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陽はとっぷりと暮れ,闇に浮かぶ凍った橋。
2

感想/記録
by ken13

 上越・信州などの豪雪地帯とはスケールが違うけれど,近場でそれなりの雪を堪能できるのはありがたい。
 大室山はその名の通りでかい,いい山だ。以前,椿から登った時も雪があったがこれほど多くはなかった。ただひたすら歩く喜びに浸る。しかし,一登り千メーターの雪道登行はなかなか高度がはかどらず,寄る年波を感ずる。こんな山をまだまだ続けたい。


訪問者数:600人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ