ヤマレコ

記録ID: 1050257 全員に公開 雪山ハイキング奥多摩・高尾

棒ノ折山(白谷沢〜仙岳尾根)

日程 2017年01月21日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
さわらびの湯第3駐車場(温泉利用者、早朝登山者専用)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち54%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間13分
休憩
34分
合計
3時間47分
Sさわらびの湯バス停09:5710:09白谷沢登山口10:1010:58岩茸石11:16権次入峠11:1911:27棒ノ嶺11:4512:03槙ノ尾山12:0712:35見晴台12:4313:44さわらびの湯バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
低山とはいえ雪のある登山はほとんど初めてだったので、なかなかスピードが出せませんでした。
コース状況/
危険箇所等
東屋跡前後から積雪あり。山頂から長尾ノ丸・日向沢ノ峰方面は10〜20僂寮兩磴△襪トレースはある。槙ノ尾山から分岐する仙岳尾根は急な下りになり踏み跡やや薄くなる。山と高原地図で「迷」マークのある展望台付近もコースに導くトラロープが張ってある。
その他周辺情報さわらびの湯は営業時間18時まで、入館料(3時間)800円、タオルは持ち込みをお勧めします。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖インナー ズボン 靴下 グローブ 防寒着 キャップ 雨具 ゲイター ザック チェーンスパイク 昼ご飯 非常食 飲料 水筒(保温性) 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル ツェルト カメラ

写真

さわらびの湯からやや急な舗装路を登ると有馬ダム。風が強い。
2017年01月21日 10:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さわらびの湯からやや急な舗装路を登ると有馬ダム。風が強い。
2
ダムを渡り湖を巻くと白谷沢登山口。脇に駐車場あり。あと1台くらい停められそう。
2017年01月21日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムを渡り湖を巻くと白谷沢登山口。脇に駐車場あり。あと1台くらい停められそう。
登山ポストに入山届を投函。
2017年01月21日 10:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山ポストに入山届を投函。
1
しばらく樹林帯を登ります。
2017年01月21日 10:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく樹林帯を登ります。
沢沿いの残雪や水たまりは凍結して滑りやすい。
2017年01月21日 10:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いの残雪や水たまりは凍結して滑りやすい。
1
ゴルジュから吹き抜ける風が冷たい。
2017年01月21日 10:26撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴルジュから吹き抜ける風が冷たい。
1
至るところに氷柱が見られますが、今日は少し気温が高く溶けている模様。
2017年01月21日 10:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
至るところに氷柱が見られますが、今日は少し気温が高く溶けている模様。
1
夏もいいけど、冬もいい。
2017年01月21日 10:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏もいいけど、冬もいい。
1
迫力のある岩壁。
2017年01月21日 10:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
迫力のある岩壁。
1
鎖はあるけれど、使わなくても問題なく登れます。
2017年01月21日 10:33撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鎖はあるけれど、使わなくても問題なく登れます。
2
東屋手前の階段。積雪が踏み固められて滑りやすい。
2017年01月21日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋手前の階段。積雪が踏み固められて滑りやすい。
1
東屋(跡)にある標識。ここら辺から積雪が多くなります。
2017年01月21日 10:47撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東屋(跡)にある標識。ここら辺から積雪が多くなります。
踏み跡は滑ります。心配な方は東屋のベンチでスパイク装着されるとよいと思います。
2017年01月21日 10:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
踏み跡は滑ります。心配な方は東屋のベンチでスパイク装着されるとよいと思います。
1
左斜面に向けて傾斜があります。滑って落ちないように山側を歩きます。
2017年01月21日 10:53撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左斜面に向けて傾斜があります。滑って落ちないように山側を歩きます。
岩茸石の標識。ここら辺は雪がない。
2017年01月21日 10:58撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩茸石の標識。ここら辺は雪がない。
しばらく歩いてこの標識を超えたあたりから積雪があります。
2017年01月21日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらく歩いてこの標識を超えたあたりから積雪があります。
アイゼンなくても歩けますが、下ってくる方が何人か尻餅をついていました。
2017年01月21日 11:06撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼンなくても歩けますが、下ってくる方が何人か尻餅をついていました。
1
しばらくツボ足で我慢しましたが、蹴り込んで歩くのも疲れるので、チェーンスパイクを装着。ザクザク気持ちいい。
2017年01月21日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
しばらくツボ足で我慢しましたが、蹴り込んで歩くのも疲れるので、チェーンスパイクを装着。ザクザク気持ちいい。
1
ゴンジリ峠。
2017年01月21日 11:17撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴンジリ峠。
山頂直下の登り。
2017年01月21日 11:25撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂直下の登り。
1
山頂には10名程度。積雪多く、強風で寒いです。
2017年01月21日 11:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂には10名程度。積雪多く、強風で寒いです。
1
軽くエネルギー補給をしてゲイターを装着する間に、体が冷えてしまいます。
2017年01月21日 11:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
軽くエネルギー補給をしてゲイターを装着する間に、体が冷えてしまいます。
1
日向沢方面。トレースはありますが、動物の足跡の方が多い気がする。
2017年01月21日 11:44撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
日向沢方面。トレースはありますが、動物の足跡の方が多い気がする。
1
落合を目指します。
2017年01月21日 11:57撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
落合を目指します。
1
棒ノ嶺から20分ほどで槙ノ尾山。
2017年01月21日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺から20分ほどで槙ノ尾山。
ここから仙岳尾根(落合方面)へ下ります。
2017年01月21日 12:04撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここから仙岳尾根(落合方面)へ下ります。
1
破線ルートで踏み跡は更に減り、かなり急な下りとなりますが、すぐそばを林道が走っておりエスケープは容易。
2017年01月21日 12:07撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
破線ルートで踏み跡は更に減り、かなり急な下りとなりますが、すぐそばを林道が走っておりエスケープは容易。
1
この標識付近の小ピークで昼食休憩。誰も来ません。
2017年01月21日 12:29撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この標識付近の小ピークで昼食休憩。誰も来ません。
1
少し下って見晴台からの眺望。地図だと「迷」マークありますが、トラロープ沿いに下りれば大丈夫。
2017年01月21日 12:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下って見晴台からの眺望。地図だと「迷」マークありますが、トラロープ沿いに下りれば大丈夫。
1
林道に出て左に少し進む。
2017年01月21日 12:41撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に出て左に少し進む。
すぐに登山道入り口があります。ここから雪は少なくなります。
2017年01月21日 12:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに登山道入り口があります。ここから雪は少なくなります。
広い尾根道を下ります。
2017年01月21日 12:52撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
広い尾根道を下ります。
急な坂をまっすぐ下ります。このルートは登りでは使いたくない。
2017年01月21日 12:56撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急な坂をまっすぐ下ります。このルートは登りでは使いたくない。
1
ザレ場を下るとこの看板で九十九折りの山道に入ります。実はこの看板の道は先に続く激下り(写真奥)の巻き道だったようです。
2017年01月21日 13:01撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレ場を下るとこの看板で九十九折りの山道に入ります。実はこの看板の道は先に続く激下り(写真奥)の巻き道だったようです。
1
その巻き道。この後、本筋に戻れず、作業道を下ってしまったようです。
2017年01月21日 13:03撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その巻き道。この後、本筋に戻れず、作業道を下ってしまったようです。
赤鉄橋を渡り車道に出ました。落合橋近くに下りる本来の仙岳尾根ルートよりも名栗湖寄りです。
2017年01月21日 13:20撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
赤鉄橋を渡り車道に出ました。落合橋近くに下りる本来の仙岳尾根ルートよりも名栗湖寄りです。
カヌー工房。名栗湖畔を走ってさわらびの湯に戻りました。
2017年01月21日 13:36撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
カヌー工房。名栗湖畔を走ってさわらびの湯に戻りました。
1

感想/記録

2週間前の大菩薩で肩透かしを食った「雪のある低山ハイク」デビューのため、昨年夏に来てとても楽しかった思い出のある棒ノ折山へ。昨日までの寒波がどこへやら、(時間が遅かったのもありますが)登り口では気温は二桁に迫る暖かさ。凍結箇所や氷柱も思ったほど多くなかったです。ただし、東屋から先の登りやゴンジリ峠先から山頂までの区間は圧雪が凍結しておりチェーンスパイクがあった方が安全です。山頂は強風ですぐに体が冷えますので、滞在するときは防寒着を着込みましょう。下りに使った仙岳尾根は、急坂でザレ場が多いです。また、巻き道以降不明瞭に分岐している(どちらでも降りられるけど)ので注意してください。
訪問者数:563人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ