ヤマレコ

記録ID: 1050662 全員に公開 ハイキング丹沢

西丹沢の寂峰〜檜岳〜

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち77%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間33分
休憩
33分
合計
7時間6分
Sみやま運動広場駐車場07:2307:28宇津茂公衆トイレ07:57寄大橋(水源林管理棟前ゲート)08:09後沢出合09:05釜場ノ平09:0809:16寄コシバ沢09:2009:54雨山峠10:0810:42雨山10:4511:14檜岳11:2011:46伊勢沢ノ頭12:39秦野峠12:58林道秦野峠13:0113:41高圧送電線鉄塔14:28田代向14:29田代向バス停G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
雨山峠への道はこの時期は峠手前は凍っています。アイゼンは必須です。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

寄バス停
ここから歩きました
2017年01月22日 07:20撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄バス停
ここから歩きました
寄大橋です
2017年01月22日 07:59撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寄大橋です
ダムに着きました
ここから登山道に入ります
まだ雨山峠まで3.2キロもあるんだ
2017年01月22日 08:14撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ダムに着きました
ここから登山道に入ります
まだ雨山峠まで3.2キロもあるんだ
1
何度も渡渉を繰り返します
2017年01月22日 08:25撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
何度も渡渉を繰り返します
1
こう言った感じで沢を渡ります
2017年01月22日 08:30撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こう言った感じで沢を渡ります
ガレ場の横を通って登って行きます
2017年01月22日 09:02撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガレ場の横を通って登って行きます
1
雪が出てきました
アイゼンがないとちょっと厳しい感じです
2017年01月22日 09:43撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が出てきました
アイゼンがないとちょっと厳しい感じです
雨山峠に到着
2017年01月22日 09:57撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雨山峠に到着
1
木々の間から、見えるのは丹沢主脈の山々
2017年01月22日 10:22撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
木々の間から、見えるのは丹沢主脈の山々
雪が増えてきました
時々ツボ足になります
2017年01月22日 10:33撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が増えてきました
時々ツボ足になります
ありゃー
檜岳の前に雨山がありましたか
2017年01月22日 10:45撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ありゃー
檜岳の前に雨山がありましたか
2
あれが檜山
今度こそです
2017年01月22日 10:56撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あれが檜山
今度こそです
1
檜岳に到着
展望はありません
2017年01月22日 11:17撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳に到着
展望はありません
3
檜岳の三角点
2017年01月22日 11:18撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
檜岳の三角点
1
小春日和の稜線歩き
2017年01月22日 11:34撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小春日和の稜線歩き
振り返ると檜岳
2017年01月22日 11:38撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると檜岳
1
蛭が岳かな?
2017年01月22日 11:41撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蛭が岳かな?
伊勢沢の頭
2017年01月22日 11:48撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
伊勢沢の頭
1
少し下ると再び湘南平野が広がります
2017年01月22日 12:23撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
少し下ると再び湘南平野が広がります
1
下りはかなり急で秦野峠へ一気に下ります
2017年01月22日 12:32撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはかなり急で秦野峠へ一気に下ります
1
秦野峠
でも林道へはまだ0.7キロあります
2017年01月22日 12:41撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秦野峠
でも林道へはまだ0.7キロあります
秦野林道に到着しました
2017年01月22日 13:00撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秦野林道に到着しました
秦野林道の石碑
2017年01月22日 13:03撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秦野林道の石碑
鍋割山の方でしょうか?
2017年01月22日 13:29撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鍋割山の方でしょうか?
1
シタンゴ山との分岐
今日はバスの時間の関係でパスしました
2017年01月22日 13:33撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シタンゴ山との分岐
今日はバスの時間の関係でパスしました
宮路山もパスし、林道を下りていきます
2017年01月22日 13:45撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
宮路山もパスし、林道を下りていきます
林道を下りきって、宮路山登山口に到着
バス停まではあと少し
2017年01月22日 14:07撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を下りきって、宮路山登山口に到着
バス停まではあと少し
田代向のバス停に到着しました
2017年01月22日 14:30撮影 by DMC-FX550, Panasonic
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
田代向のバス停に到着しました

感想/記録

天気があまりいいので丹沢に行ってきました。
数年前に鍋割からの縦走で断念した檜岳尾根を歩いてみました。
展望はあまりない山域ですが、静かな山を楽しめました。
以下、詳細です。

ずっと、気になっていた雨山峠からの道を歩くことにする。初冬の時期なら、一気に大野山までの縦走も考えたが、雪もありそうなので、トレランシュ−ズとかは無理なので取りあえず檜岳に的を絞る。
バスで着いた寄より歩き出すが、どうも遅い。寄大橋までに抜かされていく。靴が冬山装備で重いからなのか?寄大橋からは沢を何回も渡渉する。でも、靴は多少濡れても大丈夫な奴なので、とっと渡る。これで抜かし返して先に進む。
年なのに変なところに対抗心(笑)。
渡渉を繰り返してから、尾根筋を絡めて歩き出す。「もっと大変なところがあったはずなのになぁ」と思いつつ、このまま、雨山峠に着くのかと思ったら、手前は完全に凍結。
ツルツルの道をアイゼンもつけずに頑張る。抜かされたくない一心に(笑)。

雨山峠でアイゼン装着。しかし、ここからはアイゼンはいらなかった。ズボッとの雪にスパッツが欲しかったが何故かスパッツは忘れる始末。靴ひもをきつく縛り雪が入らないようにして登り出す。結構きつい登りが続き、雪の中をズボズボと歩きやっと山頂についた。「檜岳」に着いたなと思った標識の山名は雨山。
そうか、雨山があったか…。
目指す檜岳らしき山頂は稜線越しに更にその先。気を取り直して、檜岳へ歩いた。
一旦下り、登り返しての檜岳だったが、山頂は展望はない…。
ここでお昼と思ったが雪もあり、休む気はしなかった。
秦野峠に向かって小春日和の中を下って行く。下るに従って急になる。ドンドコ下ってから登り返して秦野峠。
ここからはもう雪はない。
秦野峠から林道経由でシタンゴ山に向かう。林道は通行止めのようだったが特に問題なく、シタンゴ山直下まで進む。
一瞬、シタンゴ山に登ろうかと思ったが、バスの時間もあり、このまま田代向に進む。
道は宮地山の分岐を経て、どんどん下りていく。
バスの時間の約15分前に無事バス停に到着した。


訪問者数:344人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

アイゼン 林道 三角点 渡渉 ガレ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ