ヤマレコ

記録ID: 1050943 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走奥秩父

青空が濃い雪の滝子山(寂ショウ尾根)

日程 2017年01月22日(日) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車
JR笹子駅(無人駅)
駅にトイレあり。駅周辺にコンビニ等はない。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間30分
休憩
20分
合計
7時間50分
S笹子駅07:4508:10桜森林公園08:25寂悄荘入口分岐11:55滝子山12:1512:20滝子山・三角点峰12:45鎮西ヶ池13:50モチガ滝13:40道証地蔵15:25笹子駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コースは適当な手書きです。

■寂ショウ尾根
山と高原地図では破線でコースタイムなし。「危」と「迷」マーク。
地理院地図にはコース記載なし。
道中に標識はほぼないものの、尾根沿いなので迷うことはないと思います。
南面で明るく気持ちの良い尾根歩きですが、後半は岩場の急登です。
岩や木を掴んでの登りは個人的には楽しく登りがいのあるコースです。
ただし、下りに使うのは危険だと思います。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

写真

約1か月ぶりの笹子駅。今回のターゲットは滝子山。人気の山だから避けてたけど、この季節なら人も少ないことでしょう。
2017年01月22日 07:43撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
約1か月ぶりの笹子駅。今回のターゲットは滝子山。人気の山だから避けてたけど、この季節なら人も少ないことでしょう。
2
前回購入した笹団子。駅からすぐなので山行のお供に、下山後のご褒美に良いのでは?
2017年01月22日 07:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前回購入した笹団子。駅からすぐなので山行のお供に、下山後のご褒美に良いのでは?
甲州街道沿いの表示は「-3°C」。でもそんなに寒くないです。
2017年01月22日 07:47撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
甲州街道沿いの表示は「-3°C」。でもそんなに寒くないです。
吉久保入口を左折。神社にあった案内看板。神社の左を道なりに進みます。
2017年01月22日 08:02撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吉久保入口を左折。神社にあった案内看板。神社の左を道なりに進みます。
中央道の上から眺めるのは、前回のお坊山〜笹子雁ヶ腹摺山(破線ルート)の登山口となる山。
2017年01月22日 08:09撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央道の上から眺めるのは、前回のお坊山〜笹子雁ヶ腹摺山(破線ルート)の登山口となる山。
1
中央道を越えた桜森林公園にあった案内看板。我々は寂ショウ尾根で滝子山を目指します。
2017年01月22日 08:11撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央道を越えた桜森林公園にあった案内看板。我々は寂ショウ尾根で滝子山を目指します。
1
林道を少し進んだ所(一つ目の橋と二つ目の橋の中間くらい)から寂ショウ尾根へ。
2017年01月22日 08:27撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を少し進んだ所(一つ目の橋と二つ目の橋の中間くらい)から寂ショウ尾根へ。
1
目印の標識。何だか良く分からないけど「寂」と書いてあるような・・・。※帰りに撮影。
2017年01月22日 14:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
目印の標識。何だか良く分からないけど「寂」と書いてあるような・・・。※帰りに撮影。
1
すぐに雪道に。雪は現れたり消えたり。山頂までは滑り止め無しで靴のまま登りました。
2017年01月22日 08:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
すぐに雪道に。雪は現れたり消えたり。山頂までは滑り止め無しで靴のまま登りました。
1
山の中に何だか素敵な小屋が出現。「寂惝苑」とあります。
2017年01月22日 08:32撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山の中に何だか素敵な小屋が出現。「寂惝苑」とあります。
1
TOMORROWLAND共和国の山小屋?気になってググるも、かつてあったホームページは閉鎖してる模様。
2017年01月22日 08:32撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
TOMORROWLAND共和国の山小屋?気になってググるも、かつてあったホームページは閉鎖してる模様。
1
小屋の前から寂ショウ尾根へ向かいます。
2017年01月22日 08:32撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小屋の前から寂ショウ尾根へ向かいます。
1
鉄塔を抜けると、
2017年01月22日 08:59撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鉄塔を抜けると、
2
林道に合流。奥は、入道山とか棚洞山あたりか。
2017年01月22日 09:09撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道に合流。奥は、入道山とか棚洞山あたりか。
1
林道を横切り、本格的に登りが始まります。
2017年01月22日 09:10撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
林道を横切り、本格的に登りが始まります。
1
南稜なので明るく気持ちの良い稜線歩き。
2017年01月22日 09:18撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南稜なので明るく気持ちの良い稜線歩き。
1
雪の痩せ尾根は慎重に通過。風が強くて寒い。
2017年01月22日 10:14撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の痩せ尾根は慎重に通過。風が強くて寒い。
1
後半は岩岩ゾーン。よじ登る感じが好きですが、怖いと感じる人もいるでしょう。
2017年01月22日 10:21撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後半は岩岩ゾーン。よじ登る感じが好きですが、怖いと感じる人もいるでしょう。
1
だいぶ登ってきました。
2017年01月22日 10:49撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
だいぶ登ってきました。
2
寂ショウ尾根は「滑落多発!危険」との表示。登りはまだしも下りは避けるべきかと思います。
2017年01月22日 10:58撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
寂ショウ尾根は「滑落多発!危険」との表示。登りはまだしも下りは避けるべきかと思います。
1
滝子山と浜立山を結ぶ尾根に到着。当初は浜立山へも寄ろうと思ってましたが、踏み跡ないし、ここまで時間も掛かったんでスルー。
2017年01月22日 11:25撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝子山と浜立山を結ぶ尾根に到着。当初は浜立山へも寄ろうと思ってましたが、踏み跡ないし、ここまで時間も掛かったんでスルー。
2
浜立山の分岐から先は雪が増えズボズボ踏み抜きました。これは誰の足跡?
2017年01月22日 11:29撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
浜立山の分岐から先は雪が増えズボズボ踏み抜きました。これは誰の足跡?
2
登りより下りの方が怖いけど、モフモフなので大丈夫。
2017年01月22日 11:33撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登りより下りの方が怖いけど、モフモフなので大丈夫。
いよいよ山頂へ。青空に向かってラストスパート。ワクワクします。
2017年01月22日 11:48撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ山頂へ。青空に向かってラストスパート。ワクワクします。
2
滝子山到着。山頂は風も穏やかで最高!
2017年01月22日 11:56撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝子山到着。山頂は風も穏やかで最高!
9
秀麗富嶽十二景の四番山頂。
2017年01月22日 11:57撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秀麗富嶽十二景の四番山頂。
2
さすが富士山も大迫力。右は三ツ峠山ですね。
2017年01月22日 12:01撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さすが富士山も大迫力。右は三ツ峠山ですね。
6
真北に続く小金沢連峰。真ん中が黒岳で、右は雁ヶ腹摺山か?
2017年01月22日 12:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
真北に続く小金沢連峰。真ん中が黒岳で、右は雁ヶ腹摺山か?
1
北西方面の金峰山〜国師ヶ岳あたり。
2017年01月22日 12:03撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北西方面の金峰山〜国師ヶ岳あたり。
手前の山の左奥は甲武信ヶ岳で右奥は破風山かと。
2017年01月22日 12:04撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の山の左奥は甲武信ヶ岳で右奥は破風山かと。
青空を見上げ、陽の光をいっぱい浴び、きれいな空気を吸って、大満足の山頂を後にします。
2017年01月22日 12:13撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空を見上げ、陽の光をいっぱい浴び、きれいな空気を吸って、大満足の山頂を後にします。
7
山頂から東に下ると下山ルート(すみ沢方面)への分岐。このまま少し東に進みます。
2017年01月22日 12:16撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂から東に下ると下山ルート(すみ沢方面)への分岐。このまま少し東に進みます。
1
山頂ではなくここに三角点あり。このまま初狩駅へも下れます。
2017年01月22日 12:19撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂ではなくここに三角点あり。このまま初狩駅へも下れます。
1
三角点をピストンし下山ルートへ。ここからは北面なので軽アイゼンを装着。
2017年01月22日 12:31撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三角点をピストンし下山ルートへ。ここからは北面なので軽アイゼンを装着。
2
うす暗い雪の北面を軽アイゼンで快適に下ります。
2017年01月22日 12:40撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うす暗い雪の北面を軽アイゼンで快適に下ります。
ひっそりと白縫神社。鎮西ヶ池山頂ってどういうこと?
2017年01月22日 12:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ひっそりと白縫神社。鎮西ヶ池山頂ってどういうこと?
防火帯か?開放的な空間。斜度も緩やかでホッとする場所。
2017年01月22日 12:51撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
防火帯か?開放的な空間。斜度も緩やかでホッとする場所。
大谷ヶ丸への破線ルート分岐あたりにあった味わい深い標識。奥から下りて来ました。
2017年01月22日 13:01撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大谷ヶ丸への破線ルート分岐あたりにあった味わい深い標識。奥から下りて来ました。
下りはすみ沢コース。水がめっちゃ澄んでてキレイでした。
2017年01月22日 13:09撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下りはすみ沢コース。水がめっちゃ澄んでてキレイでした。
1
見上げれば濃い青。
2017年01月22日 13:14撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
見上げれば濃い青。
沢沿いなんで夏でも快適?
2017年01月22日 13:22撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢沿いなんで夏でも快適?
2
後で交わる分岐。左の難路を選択。
2017年01月22日 13:28撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
後で交わる分岐。左の難路を選択。
1
水の流れを横目に見ながらの難路。と言っても心配するほどじゃありません。
2017年01月22日 13:34撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水の流れを横目に見ながらの難路。と言っても心配するほどじゃありません。
小さな滝を眺めながらスイスイ進みます。
2017年01月22日 13:34撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな滝を眺めながらスイスイ進みます。
ズリズリの斜面もあったけど難路ってほどではない。
2017年01月22日 13:39撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ズリズリの斜面もあったけど難路ってほどではない。
モチガ滝は離れてて木にも邪魔されてました。その手前の小滝。
2017年01月22日 13:45撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
モチガ滝は離れてて木にも邪魔されてました。その手前の小滝。
1
一般道と合流。一般道の方は途中に大鹿山への分岐があります。
2017年01月22日 14:00撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一般道と合流。一般道の方は途中に大鹿山への分岐があります。
雪が掘られた道には落ち葉が積もってます。
2017年01月22日 14:23撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が掘られた道には落ち葉が積もってます。
やっと道証地蔵。この後は林道歩きです。
2017年01月22日 14:38撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと道証地蔵。この後は林道歩きです。
1
雪の滝子山を堪能。お疲れ様でした。
2017年01月22日 15:25撮影 by E-P5 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪の滝子山を堪能。お疲れ様でした。
4

感想/記録

先月来たばかりの笹子駅。
なるべく同じ山域が続かないように山行を考えてるものの、
冬季は登れる山にも限りがあるから、あっちこっちに行くのは難しいですね。
登山口までのバスがないとか、我が家の車で行くのは雪で難しいとか・・・。

ってことで、1回秩父(南天山)を挟んでの笹子駅。
7:33着で降りたのは5人程度。

滝子山はメジャーな山ですが、滝子山に向かった方はいなかったような・・・。
季節が良ければ多くの登山者で賑わうことでしょう。
さすがにこの季節は人も少なく静かでした。

しかも登りに寂ショウ尾根を選択したので、山頂までは誰にも会わず。
岩場を攀じ登る楽しいコースなので、登りで使うことはあっても、
あのコースをこの季節に下ってくる人はいないでしょう。
かなり危険だと思いますので、夏でも避けた方が宜しいかと。

下山はすみ沢コースを選択。
登ってくる2組のパーティーに出会いました。
防火帯と沢が印象的で下りに最適な雰囲気です。

笹子駅の周辺は北側も南側も色々とコースが豊富。
まだまだ楽しめそうです。
訪問者数:524人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ