また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1058498 全員に公開 雪山ハイキング御在所・鎌ヶ岳

鎌ケ岳〜三ツ口谷敗退し長石尾根で登る〜

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち40%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間25分
休憩
1時間8分
合計
6時間33分
S湯の山温泉駅07:1407:45湯の山ロッジ07:52三交湯の山温泉バス停08:0008:07寿亭08:12蔵之助08:24長石谷登山口08:29中道・武平峠分岐08:59武平峠・三ッ口谷・表道分岐09:57三ツ口谷分岐10:52鎌ヶ岳11:4212:14三ツ口谷分岐12:50弥一ヶ岳13:32長石谷登山口13:4213:47御在所岳中道ルート前駐車場(旧料金所前)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

三ツ口谷堰堤上の人工氷瀑付近
2017年02月04日 09:14撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ口谷堰堤上の人工氷瀑付近
三口谷(この先あたりで左へ長石尾根に上がる)
2017年02月04日 09:22撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三口谷(この先あたりで左へ長石尾根に上がる)
長石尾根の急坂を登る
2017年02月04日 10:28撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長石尾根の急坂を登る
展望ポイントから鎌ヶ岳とセッピ
2017年02月04日 10:41撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望ポイントから鎌ヶ岳とセッピ
3
鎌ヶ岳山頂直下
2017年02月04日 10:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂直下
3
鎌ヶ岳山頂と雨乞岳・御在所岳方面
2017年02月04日 10:52撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂と雨乞岳・御在所岳方面
4
展望ポイント方面
2017年02月04日 10:54撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望ポイント方面
鎌ヶ岳山頂
2017年02月04日 10:56撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂
6
鎌尾根と入道ヶ岳
2017年02月04日 10:59撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌尾根と入道ヶ岳
4
鎌ヶ岳山頂の休憩場所から見上げたセッピ
2017年02月04日 11:21撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂の休憩場所から見上げたセッピ
3
鎌ヶ岳山頂(社は雪の下)
2017年02月04日 11:39撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎌ヶ岳山頂(社は雪の下)
2
展望ポイントと鎌ヶ岳
2017年02月04日 11:49撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望ポイントと鎌ヶ岳
3
長石尾根分岐(三ツ口谷へ下った所)
2017年02月04日 12:15撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長石尾根分岐(三ツ口谷へ下った所)
御在所岳と弥一ヶ岳
2017年02月04日 12:44撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳と弥一ヶ岳
御在所岳(弥一ヶ岳から)
2017年02月04日 12:50撮影 by COOLPIX AW130, NIKON
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御在所岳(弥一ヶ岳から)
撮影機材:

感想/記録

中道分岐から雪が多く、しかも締まっていないのでワカンを履きました。
そして、三ツ口谷に入りましたが、最初の分岐で長石尾根に上がっている人が多く、谷は一人のツボ足のみ。しかし、そのトレースも大滝前で尾根へ向かっていて、私もそこで長石尾根に上がりました。

ブログ
http://sabu1949.at.webry.info/201702/article_2.html
アルバム
https://goo.gl/photos/TdbLw6hqb5xygXo17
訪問者数:399人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

氷瀑 堰堤
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ