また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1059665 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

厳冬期 甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根 日帰り

日程 2017年02月04日(土) [日帰り]
メンバー
天候雲一つない快晴。
気温 麓-3度、山頂-8度(たぶん…)
7合目〜8合目 風速20m前後、8合目〜頂上 風速15m前後。
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち87%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
9時間49分
休憩
1時間16分
合計
11時間5分
S尾白川渓谷駐車場06:0806:13竹宇駒ヶ岳神社07:28笹の平分岐08:32刃渡り08:44刀利天狗08:4509:23五合目小屋跡09:3210:11七丈小屋10:3011:10八合目御来迎場11:1412:10駒ヶ岳神社本宮12:1212:08甲斐駒ヶ岳12:0912:10駒ヶ岳神社本宮12:3013:16八合目御来迎場13:1813:48七丈小屋13:5814:25五合目小屋跡14:3015:08刀利天狗15:0915:15刃渡り17:07竹宇駒ヶ岳神社17:0917:09ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
GPS電池切れにつき、登りの七丈小屋以降は手入力(各チェックポイント時刻はほぼ正確)
コース状況/
危険箇所等
整備状況は非常に良好。ただし、厳冬期は無雪期と異なり、特に森林限界以降の難易度が激変。登山道にはテープの代わりに、木の太い幹の高い位置に赤い金属のマークが付けられており、厳冬期にも非常に配慮されている印象。非常にわかりやすい。また、鎖等も高めの位置に設置されていて、厳冬期を配慮している感がありました。
■駐車場〜標高1000付近
雪なし。一部凍結あり。
序盤よりチェーンスパイク(軽アイゼン)を推奨。
ほぼ全ての登山者がチェーンスパイクを持っていたような。
■標高1000〜1500付近
ほぼ凍結路面。積雪自体は10cm以下。
登りでもスパイク無しは厳しい。チェーンスパイク等強く推奨。
無くて死にそうでした…。
■標高1500〜刃渡り
積雪が徐々に増えていく。
1700m付近でアイゼン装着しました。
■刃渡り
雪付きしっかり(比較的フカフカ)、鎖露出、トレースバッチリで問題無し。
■刃渡り〜五合目
多少フカフカ目の雪。時々ズボる。ツボ足気味での移動。
トレース自体はバッチリ。
■五合目〜七丈小屋
雪はしっかりついている。フカフカ気味。
ハシゴ等の鎖はしっかり出ている(鎖自体が高めの位置に接地されている)
階段、鎖場も注意が必要だが、七丈小屋前のトラバースが注意。
■七丈小屋〜八合目
フカフカ雪ではあるが、比較的締まっている。一部急斜面は軽くクラストし、登りやすい。
トレースはほぼ有り(クラスト面では消えかけ)。
急斜面の箇所は降雪後は雪崩そうな箇所あり。
この区間が風が吹き抜けるのか最も風が強い(20m超。時々あおられた)
■八合目〜二本剣の岩(核心部)
主にフカフカ雪だが、全てトレースバッチリなので歩きやすい。
八合目までより風は弱め。避けられるポイントもあり。
リッジは一部強風区間は速攻トレース消える。雪庇は少し発達しており、注意が必要。
鎖が垂れている箇所も難しくはない。
大岩のトレースは現状右トラバースルートのみだがトレースがしっかりしすぎていて難易度低い(左は雪多すぎる風味)
急斜面も基本フカフカ雪ですが、ピッケルはしっかり刺さります。
■二本剣の岩〜山頂
核心部以降の二本剣の箇所あたりからはクラスト面で非常に登りやすい。
二本剣の岩の頂上までもトレースあり(笑)
下山時、視界不良の際は別の尾根に乗らないように注意(右に巻いて下山していく。まっすぐ降りるとダメ)
その他周辺情報温泉 : 「韮崎旭温泉」600円 低温だが炭酸泉で非常に温まる。源泉かけ流し。
http://www.yamanashi-kankou.jp/kankou/stay/p5_5064.html
食事 : ほうとう「小作」 山梨ほうとうで最も有名なチェーン店(10店舗超)。店毎にスペシャルほうとうがある模様。
http://www.kosaku.co.jp/
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 ハードシェル タイツ ズボン 靴下 グローブ アウター手袋 予備手袋 防寒着 バラクラバ 毛帽子 ザック アイゼン ピッケル 行動食 非常食 飲料 水筒(保温性) ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ GPS ロールペーパー 保険証 携帯 時計 サングラス ナイフ
共同装備 ツェルト ファーストエイドキット
備考 チェーンスパイク。絶対あったほうがいいです。
そして一眼レフを家に忘れた…。。こんないい天気なのに…。。

写真

朝焼け。
2017年02月04日 06:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼け。
1
日帰り黒戸尾根スタート!
2017年02月04日 06:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日帰り黒戸尾根スタート!
2
下の方は超凍結路面なので、チェーンスパイク推奨、ってか必須。無くて死にそうだった。
2017年02月04日 15:42撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下の方は超凍結路面なので、チェーンスパイク推奨、ってか必須。無くて死にそうだった。
3
標高1500位やっと雪。以降雪は頂上までずっとフカフカ気味でした。
2017年02月04日 07:39撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1500位やっと雪。以降雪は頂上までずっとフカフカ気味でした。
2
1700m付近でアイゼン装着。
2017年02月04日 08:11撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1700m付近でアイゼン装着。
1
刃渡りはトレースありまくりです。
2017年02月04日 08:36撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りはトレースありまくりです。
4
刃渡り、景色良いです。
2017年02月04日 08:38撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡り、景色良いです。
6
五合目より。甲斐駒…ではないんですよね?
2017年02月04日 09:25撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目より。甲斐駒…ではないんですよね?
5
ここから本番の階段スタート。お祈り重要。
2017年02月04日 09:34撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本番の階段スタート。お祈り重要。
2
これ雪に全部埋まることあるのかな…?
2017年02月04日 09:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これ雪に全部埋まることあるのかな…?
4
途中の橋。階段、ハシゴが続きます。
2017年02月04日 09:56撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の橋。階段、ハシゴが続きます。
4
そこそこフカフカな雪ついていて登りやすい。
2017年02月04日 10:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこそこフカフカな雪ついていて登りやすい。
5
七丈小屋。ほのぼのブレイク、ってかこの先の事考えて食いまくる。風の音が少ししてました。
2017年02月04日 10:13撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋。ほのぼのブレイク、ってかこの先の事考えて食いまくる。風の音が少ししてました。
5
七丈小屋からの八合目までの登りが意外ときついんだよなー。
そして思ったより風強い。
2017年02月04日 10:37撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋からの八合目までの登りが意外ときついんだよなー。
そして思ったより風強い。
2
うおーー!!!
七丈〜八合目までが最高に突風。以降も強いけど、この区間が一番。
2017年02月04日 11:09撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うおーー!!!
七丈〜八合目までが最高に突風。以降も強いけど、この区間が一番。
15
ひたすら登る。
2017年02月04日 11:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら登る。
甲斐駒といえば剣。
2017年02月04日 11:45撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒といえば剣。
3
イルカ? サメ?
2017年02月04日 11:53撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカ? サメ?
6
頂上へのビクトリーロード。
2017年02月04日 12:03撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上へのビクトリーロード。
12
山頂! 祠の前にピッケルって不届きかも…。
2017年02月04日 12:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂! 祠の前にピッケルって不届きかも…。
7
晴れすぎ…過去最高の晴れっぷり。
2017年02月04日 12:14撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れすぎ…過去最高の晴れっぷり。
9
自撮り! いつも一緒に登ってくれてありがう!
2017年02月04日 12:19撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り! いつも一緒に登ってくれてありがう!
19
下山スタート!
2017年02月04日 12:24撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山スタート!
8
二本剣の所。トレースあり(笑)
登りたいー、あぶないっすやめましょう、のやり取り3度の後登頂。
2017年02月04日 12:48撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本剣の所。トレースあり(笑)
登りたいー、あぶないっすやめましょう、のやり取り3度の後登頂。
16
なんだかんだで登ってしまっている。
2017年02月04日 12:49撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだかんだで登ってしまっている。
13
登りより下りのが気を遣います。
2017年02月04日 12:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りより下りのが気を遣います。
4
結構な急斜です。ずっとフカフカ雪。
2017年02月04日 12:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な急斜です。ずっとフカフカ雪。
3
八合目〜九合目の尾根。超突風でなくて助かりました。
2017年02月04日 12:55撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目〜九合目の尾根。超突風でなくて助かりました。
3
八合目ちょい上のリッジ。トレースサマサマです。
2017年02月04日 13:02撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八合目ちょい上のリッジ。トレースサマサマです。
4
ほんと晴れてる。剣がここまではっきり見えたのは初でした。
2017年02月04日 13:05撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんと晴れてる。剣がここまではっきり見えたのは初でした。
3
例の鎖のとこ。
2017年02月04日 13:10撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
例の鎖のとこ。
3
例の鎖を上から。下は落ちてもフカフカ。
2017年02月04日 13:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
例の鎖を上から。下は落ちてもフカフカ。
1
さようなら甲斐駒。また来るよ。
2017年02月04日 13:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さようなら甲斐駒。また来るよ。
7
日没前に無事到着! 下山は精神修練。
やっぱり長いよ、黒戸尾根。
2017年02月04日 17:06撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没前に無事到着! 下山は精神修練。
やっぱり長いよ、黒戸尾根。
3

感想/記録

もともと土日で行こうー、って話してた黒戸尾根。
ただ日曜は天気最悪の予報。どーしよう、場所変えようか? って聞いたら、晴れてる甲斐駒に登りたい! ってんで日帰り黒戸尾根。

勿論、トレース超期待な他力本願系です。先人の方ありがとうございます。。いつか絶対にラッセルしにくるので許して下さい…(マジで)。

山頂まで…風はそこそこ強かったけど、天気は最高。本当に雲ひとつ無い。山頂前で一緒に登った友達が雄叫びあげてる。いや、すげー気持わかる。

そして、いつも一緒登ってくれてありがとう。
山にも感謝。
黒戸尾根やっぱいいな。

登山道自体は、雪は意外と、というかかなりフカフカで、登りやすい場所もあれば、登りにくい場所もある、という感じ。トレースがあるからこそ、、、ではありますが…トレース無いとこの雪では非常に厳しい戦いが強いられると思いました。特に八合目以降。本当に感謝です。

ペース自体は淡々と刻んだ感じで、急ぎもせず、だらだらもせず。体力もそこまで使わなかったかな。ただ……一番の苦痛は刃渡りからの下山。刺激が無い……。お互い無言でひたすら下る。精神修練です。さすが黒戸尾根。
しかし、黒戸尾根、ここまでソロ登山者が多い厳冬期の地域は無いのではないでしょうか?(笑) みんな修行好きなんですね、わかります。

そして今回の一番の失敗は……、着替え、一眼レフ、一部登山用具(ゲイターとチェーンスパイク)を入れたカバンごと家の玄関に置き忘れてきてしまった…。こんな素晴らしい天気で何故カメラを忘れる自分…。GPSも途中で電池切れるし、iPhoneは翌日壊れるし…何気に踏んだり蹴ったり。修行が足りないんだ、たぶん。

あーあ。また来ないとなぁ。。。
訪問者数:2158人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/12/12
投稿数: 69
2017/2/9 8:41
 お疲れ様でした
山頂手前ですれ違ったものです(*'▽')
レコ読ませていただきました!驚きのペースですね(≧▽≦)
しかもルート情報もとても丁寧で参考になります。

この日は本当に抜群の天気で、この日じゃなきゃ自分は登れないだろうなぁと思ってたくらいでした。本当に素晴らしいブルースカイでしたね

いつかどこかのお山で再開できることを楽しみにしています(*'ω'*)
登録日: 2013/12/6
投稿数: 26
2017/2/10 1:51
 Re: お疲れ様でした
どうもお疲れ様でした! あの時の方でしたか!
レコは凄くお世話になっているので、次行く方に少しでも参考になれば…、と、最近真面目に書き始めました。。

レコ読ませていただいたのですが、12月敗退の後の2度目の挑戦との事でしたので、さすがでございます!! 正直本当にいいコンディションではありましたよね…。自分は冬の甲斐駒は3度目なのですが、こんな晴れているのは初です。ただ、黒戸尾根の日帰りは初挑戦だったので多少不安ではありましたが そんなん吹っ飛ぶ天気でしたね…。

厳冬期は行く場所も限られてしまうし、意外とお会いしそうなものですので(笑)、お会い出来たら是非声かけて下さい!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ