ヤマレコ

記録ID: 1068934 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走大山・蒜山

烈風の伯耆大山 天候が予測できない冬の日本海側登山

日程 2017年02月18日(土) [日帰り]
メンバー
 kedosin(CL)
 cerro(SL)
天候曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
(往路)YAAHA三宮店前21:00→(加古川バイパス、播但道、中国道、米子自動車道)→大山寺橋駐車場24:30*勝央SAで休憩 大山橋駐車場 1日1000円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間24分
休憩
49分
合計
5時間13分
S大山寺橋・南光河原駐車場08:3108:36夏山登山口09:27三合目09:2809:47五合目09:5009:51行者谷分かれ09:5810:09六合目避難小屋10:1510:42八合目10:4910:58石室方面との分岐11:14大山頂上避難小屋11:16大山頂上碑11:17大山11:34大山頂上避難小屋11:5011:59石室方面との分岐12:05八合目12:27六合目避難小屋12:3112:40行者谷分かれ12:4512:46五合目13:44ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
その他周辺情報大山火の神岳神社豪円湯院 冬季限定380円
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 冬山装備一式

写真

前夜迫は駐車場の横
2017年02月18日 06:48撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前夜迫は駐車場の横
朝の空模様
2017年02月18日 08:09撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝の空模様
体操をして出発です
2017年02月18日 08:27撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
体操をして出発です
1
夏道を確認
2017年02月18日 08:35撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夏道を確認
アイゼン装着
2017年02月18日 09:12撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
アイゼン装着
手作りシリアルの差入れ、これ気に入りました。自分でも作ろう!
2017年02月18日 09:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手作りシリアルの差入れ、これ気に入りました。自分でも作ろう!
1
高度が上がって来ました
2017年02月18日 09:19撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高度が上がって来ました
マーカー?かき氷のシロップ?何だろう?
2017年02月18日 09:50撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
マーカー?かき氷のシロップ?何だろう?
6合目の小屋は雪の中
2017年02月18日 10:16撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
6合目の小屋は雪の中
山頂!!
2017年02月18日 11:11撮影 by TG-850 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂!!
頂上部の小屋
2017年02月18日 11:11撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上部の小屋
山頂部の小屋トイレ、使用できます。
2017年02月18日 11:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部の小屋トイレ、使用できます。
泊まれる
2017年02月18日 11:32撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
泊まれる
サンゴ礁のような樹氷
2017年02月18日 12:05撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
サンゴ礁のような樹氷
1
男前が立つ
2017年02月18日 12:13撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男前が立つ
1
雪が降ってきた
2017年02月18日 12:45撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪が降ってきた
2
テント内に充満する湯気の正体は…
2017年02月18日 19:26撮影 by HUAWEI VNS-L52, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
テント内に充満する湯気の正体は…
CL差し入れの湯豆腐でした
皆で美味しく頂きました♪
2017年02月18日 19:25撮影 by HUAWEI VNS-L52, HUAWEI
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
CL差し入れの湯豆腐でした
皆で美味しく頂きました♪

感想/記録

昨年と違い、今年は日本海側にドカ雪が降る気象の日が続いています。昨年の大山例会の記録を見ると、青と白のコントラストがまぶしく、景色を堪能した様子がうかがえますが、今年はそうは行きそうにありません。
例会7日前に「大峰方面を検討します」とメールが入りました。冬山は判断が難しくCL泣かせです。天気予報とにらめっこの日々が続き、例会3日前に「大山で決行」とメールが届きます。行けるところまで行き、状況をみて引き返すと理解しました。
前夜泊の出発日(金曜)は朝から雨です。夜9時に三宮に集合し、一路北北西に進路をとり大山を目指しました。大山寺橋駐車場の奥にテントを設営し仮眠。
翌朝の気象は曇り、気温は足もとが氷結していないので、氷点下ではなさそうです。出発午前8時半、既に多くの登山者が登り始め、降雪もなかったので、わかんは置いておきました。道はしっかりとトレースがあります。1週間前のヤマレコには、夏道で雪崩があり、ヘリコプターが飛んでいるとの記録がありましたが、大山は人気の山ですね。すぐに入山者があり、明瞭なトレースが付いています。
どこまで登れるか? との思いも、一合目までのなだらかな夏道を歩いていると、頂上まで行けそうな気になります。足元に目をやると、道は安定し歩行には問題ありません。安全を考え三合目でアイゼンを装着、高度を上げていきました。メンバーは笑顔でワイワイと口も動き元気です。
休憩時に「手作りシリアルバー」の差入れがありました。これがめちゃ美味しかったです。聞くと、グラノーラ、マシュマロ、バター、ハチミツで簡単クッキングだそうです。できそうなので、今度挑戦してみます。
五合目過ぎあたりから、ガスが出てきました。
これは気温が高いせいかもしれないが「登れても眺望は無理だな」との思いにはっきりと変わります。樹林帯を抜けると、ガスに加えて、風が吹き付けてきました。そして、メンバーの声も少なくなりました。六合目の避難小屋は、すっぽりと雪の下に埋もれて、入り口部分に目印の”毛が三本”立っていました。近く休憩している人を見ると、スノーボードを手に持った人もいます。おそらく、ここから眼下に広がっているはずの元谷に向かって滑走していくのでしょう。やってみたいのですが、もう若くはないですね?
さあ、ここからの急登と稜線歩きが”核心部”です。体を持っていかれそうな強風が吹く中、ピッケルを使いながら、ゆっくり急登を登ります。ここ登りはいいが、下りは危ないだろうなと思います。
途中、登頂した登山者とすれ違うと「ものすごい風ですよ」と声を変えられました。ゴーグルをしているその顔を見ると霜が前面に貼り付き、身体全体が氷結しています。過酷そうです。それでも、一歩ずつ登ります。
山頂に近づくと、ますます風が強くなり、顔がいたくなっていきました。寒いどころではありません。怯まず、前を向いて登ります。
すれ違う先行者から、あと少し! 頑張って! との励ましを受けつつも、なかなか山頂小屋も標識も出てきません。立ち止まれば氷結しそうなので、ここは頑張ってひたすら登ります。
ふと、山頂の木道部はこんなに長かったか? と考えたりしました。しばらくすると小屋の姿が目に入って来ました。気持ちがホッとします。ここで、休みたいところですが、「先に山頂を踏もう」とCLから声が掛りました。11時20分無事全員登頂です。12時までに登頂できない場合は、引き返す予定でしたので、順調に登れたと思います。みなさん、ありがとうございました。
記念撮影を済ませて、避難小屋で休憩することにしました。入口でアイゼンを脱ぎ、雪に埋まっているドアから中に入ります。外とは違って、ここは風もなく快適空間。大休憩をとることにしました。
小屋の中を観察すると、トイレも使用できそうですし、2階部分は泊れそうです。大山の避難小屋はどこもそうですが、特に過酷な環境下では、有難い施設です。下山は、元来た道を戻りました。
八合目までは、登りで背中に受けていた風を、まともに正面から受けました。顔が痛い、目があけえない、といって立ち止まりたくもできません。とにかく、ぐっと堪えて通過します。風の向きは、常に意識したほうが良いという教訓を一つ学びました。五合目から、雪が強く降りだしました。時間帯がズレていると視界も悪くなり、トレースもかき消されるところです。ホワイトアウトとともに道を見失う危険性は十分に考えられます。そして、2時前にテント場に戻りました。このまま帰神するのではなく、もう一泊して元谷で別動隊と合流して「雪上訓練」行います。仲間のテント場の整備を行い、少し早いですが、夕食を兼ねて大山火の神岳温泉「豪円湯院」に立ち寄りました。(GEN)
<特記事項>大山火の神岳神社豪円湯院冬季限定380円
訪問者数:337人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ