また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1072065 全員に公開 雪山ハイキング霊仙・伊吹・藤原

伊吹山 登りガス、下り晴れ【動画あり】

日程 2017年02月25日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
登山口前の駐車場(500円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち95%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
5合目より先は直登、かなり急です
その他周辺情報◇若いぶき(500円)
道の駅伊吹の里の前
過去天気図(気象庁) 2017年02月の天気図 [pdf]

写真

伊吹山登山口からスタート
2017年02月25日 09:11撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹山登山口からスタート
地面はぬかるんでいてゲイター推奨
2017年02月25日 09:20撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地面はぬかるんでいてゲイター推奨
1合目到着
2017年02月25日 09:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1合目到着
このわんちゃんがりんちゃんか〜。ぬほーかわいい(*´ω`)
2017年02月25日 09:38撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このわんちゃんがりんちゃんか〜。ぬほーかわいい(*´ω`)
1
ガッスガスです
2017年02月25日 09:39撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガッスガスです
たまに晴れ間も・・
2017年02月25日 09:45撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たまに晴れ間も・・
ガスの中避難小屋到着。
2017年02月25日 11:16撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中避難小屋到着。
アイゼン装着して直登中、4本爪軽アイゼンの方が下りてきたが、かなり及び腰・・。その横で足を滑らせ滑落する4本爪の中年男性。反射的に彼のストックを握り停止させました。
2017年02月25日 11:49撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着して直登中、4本爪軽アイゼンの方が下りてきたが、かなり及び腰・・。その横で足を滑らせ滑落する4本爪の中年男性。反射的に彼のストックを握り停止させました。
直登終了。山頂までもうすぐ
2017年02月25日 12:15撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
直登終了。山頂までもうすぐ
避難小屋。狭い屋内には人がたくさん
2017年02月25日 12:23撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋。狭い屋内には人がたくさん
1
ヤマトタケル像は霧氷のもも引きをはいていました
2017年02月25日 12:29撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマトタケル像は霧氷のもも引きをはいていました
1
厳冬期登頂記念
2017年02月25日 12:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
厳冬期登頂記念
3
休憩後、見るものもないし早々に下山開始
2017年02月25日 13:09撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩後、見るものもないし早々に下山開始
軽快にすたたっと下っていると
2017年02月25日 13:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽快にすたたっと下っていると
1
すぐに晴れてきた
2017年02月25日 13:20撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに晴れてきた
1
琵琶湖も見えました
2017年02月25日 13:23撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖も見えました
1
山頂のガスもとれた。腹痛さえなければ…もうちょい山頂に居たかも知れないのに…
2017年02月25日 13:33撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂のガスもとれた。腹痛さえなければ…もうちょい山頂に居たかも知れないのに…
1
下山中でも見れてよかったこの景色
2017年02月25日 13:37撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山中でも見れてよかったこの景色
1
シリセードがてら滑落停止訓練しながら避難小屋まで下りてきた。下りは速いです
2017年02月25日 13:53撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シリセードがてら滑落停止訓練しながら避難小屋まで下りてきた。下りは速いです
が、素晴らしい景色が見えちゃうと僕の下山速度は急激に遅くなりますw
2017年02月25日 14:15撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、素晴らしい景色が見えちゃうと僕の下山速度は急激に遅くなりますw
何度も何度も振り返りながら、この雄姿を目に焼き付ける
2017年02月25日 14:59撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も何度も振り返りながら、この雄姿を目に焼き付ける
太陽が出て気温が上がり、泥濘は更にひどくなった中、下山!
2017年02月25日 15:59撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が出て気温が上がり、泥濘は更にひどくなった中、下山!
伊吹の里から
2017年02月25日 16:34撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹の里から
1
伊吹の里の前にある若いぶきという所で薬草風呂にはいりました
2017年02月25日 17:18撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊吹の里の前にある若いぶきという所で薬草風呂にはいりました
最後の伊吹山はサイドミラーから。See you next year!
2017年02月25日 17:30撮影 by Canon EOS 8000D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の伊吹山はサイドミラーから。See you next year!
1

感想/記録
by mono-

予てから今年の雪山山行のメインとして位置付けていた伊吹山。タイミングも良さそうなので登りました。
名神から米原ICを降り、伊吹山を探すも見つからない。すぐ近くまで来ても見つからない。西の空は晴れてきているが伊吹山は完全にガスに包まれている。そんな中の登山開始でした。
結局山頂に着き休憩後下山開始するまでガスが取れることはほぼありませんでした。

6合目以降の直登はかなりの傾斜でした。雪がしまっていたのでアイゼンがよく効き、しんどいけど難なくクリア。登っている最中、7か8合目付近でかなり及び腰でゆっくり下りられてくる方が。。アイゼン付けてないのかと思い足元を注視してみると小さな4本爪の軽アイゼンが装着されていました。あのあと無事降りれたでしょうか。
そしてその横を、同じく4本爪アイゼンの年配の方が滑り落ちて来ました。まだスピードはそこまで出てなかったので、一緒に滑ってきた彼のストックを咄嗟に掴んで滑落を停止させました。あのまま止めなくても止まってたかも、どうか分かりませんが、下に人もいたし。雪の質にもよりますが4本爪はやめといた方が良さそうです。上手い人はそれでもすらすら降りていくでしょうが。

山頂到着後はガスで見るものもないしごはん食べてすぐに下山開始。急坂を下り始めて数分、みるみるうちにガスがとれていき伊吹山の全容、そして琵琶湖や霊仙山をはじめ鈴鹿山脈が見渡せるように。素晴らしい景色です。登山者に気を付けつつシリセードで、ついでに滑落停止訓練も行いながら下っていきました。持って行ったヒップソリはほぼ使いませんでした。
晴れてしまうと下山するのがもったいなく感じてしまい時間がかかってしまいました。
2合目より下は気温が上がり急速に雪が溶けて泥濘はかなりのもの、ゲイターないとひどいことになります。

下山後は道の駅に寄り、その前の若いぶきという食事処兼薬草風呂のお店へ。
時間のためか人が少なく、ずっと貸し切り状態でした。民家のお風呂のちょっと大きめ、といった感じの浴槽ですが、お風呂の窓を開けると正面に伊吹山が眺められてすごくよかったです。



訪問者数:240人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ