また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1079839 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

硫黄岳

日程 2017年03月07日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー4人
天候曇り時々雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
車は八ヶ岳山荘の駐車場に止めました。(500円/普通車1日)

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間56分
休憩
1時間55分
合計
9時間51分
S八ヶ岳山荘05:5406:44赤岳山荘06:4706:52美濃戸山荘07:40堰堤広場07:4208:40赤岳鉱泉09:1011:02赤岩の頭11:24硫黄岳11:3311:55赤岩の頭12:48赤岳鉱泉13:5714:25堰堤広場14:51美濃戸山荘14:5314:57赤岳山荘15:45八ヶ岳山荘G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
・途中コース上で休憩を何回か取っているので休憩時間はもっとあります。
コース状況/
危険箇所等
・登山ポストは登山口にありますので登山届を必ず提出しましょう。
(長野県登山安全条例が制定され、平成28年7月1日から登山計画書の提出が必要となりました。)

・八ヶ岳山荘、赤岳山荘、赤岳鉱泉は営業しています。
 トイレや食事、飲み物等が購入できます。
 
・トレースはしっかりとありました。
 

■いつも同じことばかり書いてますが・・・

・雪の状況は日々変化するので自己責任で情報収集して下さい。
 
・雪山は『登頂できたら儲けもの♪』『途中撤退は当たり前!!』という考えで登りましょう(>_<)

・トレースが無ければラッセルとなります(-_-;)
 ラッセル時間を考慮した余裕のある登山計画を立てましょう!

・ホワイトアウトによる道迷い、遭難に注意しましょう(>_<)
 (地図やコンパスはもちろんGPSロガーも携行しましょう!)

・風雪で低体温症にならないよう防寒防風対策を確実にしましょう!

・雪山装備一式は重いですが必要なものは全て携行し安全第一で登りましょう!


■今回の核心部分は雪山です。

・硫黄岳は風が強く吹いてる印象があるので防寒装備を万全にして登りましょう!!
その他周辺情報原村八ヶ岳温泉ふれあいセンター「もみの湯」に立ち寄り汗を流しました。
https://www.vill.hara.nagano.jp/docs/640.html
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

八ヶ岳山荘をスタート
2017年03月07日 05:54撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘をスタート
1
赤岳山荘を通過
2017年03月07日 06:44撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘を通過
1
美濃戸山荘を通過し北沢ルートへ
2017年03月07日 06:53撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘を通過し北沢ルートへ
1
赤岳鉱泉まで長いなー(-_-;)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉まで長いなー(-_-;)
6
北沢に架かる橋を渡る
2017年03月07日 07:42撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢に架かる橋を渡る
1
キャンディーと大同心!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キャンディーと大同心!!
3
絶対ソーダ味♫
2017年03月07日 08:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶対ソーダ味♫
6
赤岳鉱泉に到着
2017年03月07日 08:43撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉に到着
1
ここから本格的な山登りになるのでアイゼン等装備を万全にする。
2017年03月07日 09:09撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本格的な山登りになるのでアイゼン等装備を万全にする。
1
大同心雲稜が私を呼んでる〜(笑)
2017年03月07日 09:15撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大同心雲稜が私を呼んでる〜(笑)
4
生憎の曇り・・・
2017年03月07日 10:37撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生憎の曇り・・・
1
森林限界超えた
2017年03月07日 10:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森林限界超えた
3
水墨画の世界
2017年03月07日 10:40撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水墨画の世界
2
危険個所は素早く通過
2017年03月07日 11:02撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
危険個所は素早く通過
1
新潟県外の山は初めてのKさん
2017年03月07日 11:03撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新潟県外の山は初めてのKさん
2
山頂に立っているAさん
2017年03月07日 11:24撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂に立っているAさん
2
Kさんと写真の撮りあい!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
Kさんと写真の撮りあい!!
3
「Kさん落ちないように気をつけて!」と言ってる図
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「Kさん落ちないように気をつけて!」と言ってる図
10
横岳、赤岳、阿弥陀岳
2017年03月07日 11:49撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳、赤岳、阿弥陀岳
4
赤岳鉱泉でランチ♫
2017年03月07日 12:46撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉でランチ♫
2
北沢に架かる橋を渡る
2017年03月07日 14:25撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢に架かる橋を渡る
1
美濃戸山荘を通過
2017年03月07日 14:50撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美濃戸山荘を通過
1
赤岳山荘を通過
2017年03月07日 14:58撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘を通過
1
カモシカ現る!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカ現る!!
6
八ヶ岳山荘に到着し下山完了
2017年03月07日 15:46撮影 by PENTAX WG-3, PENTAX RICOH IMAGING
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘に到着し下山完了
1

感想/記録

今回はKさんがアルプスデビューしたいとのことだったので晴天なら冬でも比較的に簡単な唐松岳を登る計画を立てた。
しかし唐松岳の天気予報は雪マークで良くなかったので代替えの山を八ヶ岳から選んだ。
蓼科山と硫黄岳、どっちにしようか?
ルート上に小屋があり晴れれば山頂から横、赤、阿弥陀が綺麗に見える硫黄岳にしよう!
ということで、硫黄岳に登ることにした。
天気予報は曇りだけど晴れてくれないかなー?
いざ、クライム・オン


ヾ響
 
・トレースはバッチリあり快適に歩けました♪
  
・八ヶ岳山荘〜赤岳鉱泉は長く退屈な区間ですが、大勢でワイワイ歩けば苦になりませんでした(笑)
 帰りにはカモシカも現れてくれました♪

・天気は予報通り曇りでした(-_-)
 雪の唐松を回避して晴れを狙ったのに・・・
 まぁ、これも雪山ってことでゆるしてください(笑)

・森林限界を越えるとそれなりの風が吹いていると思ってましたが、この日はたいしたことなかったです。
 (山頂でも風はたいしたことなかったです。)

・赤岳鉱泉でお昼にカレーを食べました!
 美味しかったです♪

・私を含めた5人が無事に下山できてよかったです。
 (リーダーとしてはここが一番気疲れましたww)


反省

・特にありません。
訪問者数:662人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ