また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1081140 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

御前山 大ブナ尾根〜鋸尾根

日程 2017年03月11日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち45%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間32分
休憩
41分
合計
7時間13分
S奥多摩湖バス停08:5808:58奥多摩水と緑のふれあい館10:07サス沢山10:1211:35惣岳山11:3712:04御前山12:3412:48御前山避難小屋12:4913:21クロノ尾山13:45鞘口山(太郎指ノ峰・大平ノ峰)14:08大ダワ14:29天地山分岐14:3015:26天聖神社15:52愛宕山15:5416:11ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
1200m以上では雪を踏みました。とくに山頂から避難小屋辺りは凍っています。
過去天気図(気象庁) 2017年03月の天気図 [pdf]

写真

今日はここからスタートです。何年ぶりでしょうか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここからスタートです。何年ぶりでしょうか。
奥多摩湖をわたっていきます。朝日がきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩湖をわたっていきます。朝日がきれいです。
船が見えました。何か調査かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
船が見えました。何か調査かな。
尾根にとりつくと急登でぐんぐん高度を上げます。2か月ぶりの山なのでけっこうきついです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にとりつくと急登でぐんぐん高度を上げます。2か月ぶりの山なのでけっこうきついです。
何枚とっても傾斜感がでません。実際はもっと急です。私の技術ではこれが限界です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何枚とっても傾斜感がでません。実際はもっと急です。私の技術ではこれが限界です。
汗が噴き出して到着です。衣類を脱いで調節します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
汗が噴き出して到着です。衣類を脱いで調節します。
2
奥多摩湖がどんどん小さくなり山の眺望がひらけます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩湖がどんどん小さくなり山の眺望がひらけます。
1
尾根にのると比較的緩やかになります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根にのると比較的緩やかになります。
周りの眺望も冬枯れの樹林越しにひらけます。もともとこのコース眺望は樹林越しになります。秋から冬にならないと眺望は良くありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周りの眺望も冬枯れの樹林越しにひらけます。もともとこのコース眺望は樹林越しになります。秋から冬にならないと眺望は良くありません。
見事な木です。大ブナの名に恥じません。素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事な木です。大ブナの名に恥じません。素晴らしい。
1200mを超えるあたりから雪が出てきます。歩く所も落ち葉の下の雪が凍っています。注意です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200mを超えるあたりから雪が出てきます。歩く所も落ち葉の下の雪が凍っています。注意です。
けっこう急です。傾斜感をだそうと試みますが、これが精一杯です。すみません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう急です。傾斜感をだそうと試みますが、これが精一杯です。すみません。
森の主でしょうか。立派です。堂々としています。前回歩いた時もきっとここに居られたのでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森の主でしょうか。立派です。堂々としています。前回歩いた時もきっとここに居られたのでしょう。
分岐です。三頭山方面に行けます。下山コースも分岐します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐です。三頭山方面に行けます。下山コースも分岐します。
頂上直下は道が雪になります。雪の上に落ち葉がのっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上直下は道が雪になります。雪の上に落ち葉がのっています。
霞んでいますが、眺望が開けます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでいますが、眺望が開けます。
北斜面は雪がけっこう残ります。鋸尾根はどうでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北斜面は雪がけっこう残ります。鋸尾根はどうでしょう。
お昼です。地面はぬかっています。お湯を沸かしてカップラーメンとカレーパン。ポットにコーヒーも補充します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お昼です。地面はぬかっています。お湯を沸かしてカップラーメンとカレーパン。ポットにコーヒーも補充します。
御前山の頂上らしい写真です。この雰囲気けっこう好きです。目立ちませんが、素晴らしい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御前山の頂上らしい写真です。この雰囲気けっこう好きです。目立ちませんが、素晴らしい。
頂上から避難小屋へ下る道です。けっこうカチカチです。アイゼンも持っていますが、面倒なので行けるところまで行こうと思います。何回かのけぞりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上から避難小屋へ下る道です。けっこうカチカチです。アイゼンも持っていますが、面倒なので行けるところまで行こうと思います。何回かのけぞりました。
いつアイゼンを付けようか迷いながら下っていきます。こういう時にケガをするのですね。細心の注意します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつアイゼンを付けようか迷いながら下っていきます。こういう時にケガをするのですね。細心の注意します。
避難小屋にも寄ってみますが、分岐から先の道もよくありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋にも寄ってみますが、分岐から先の道もよくありません。
こんな感じです。凍っています。やわらかい雪なら何でもなのですが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんな感じです。凍っています。やわらかい雪なら何でもなのですが。
1
1200mまで来るとうそのように雪がなくなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1200mまで来るとうそのように雪がなくなります。
1
1週間の疲れがたまっているのでしょうか。ペースが上がりません。もう年かなと考えながら歩きます。夏は北アルプスを楽しみにしていますが・・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1週間の疲れがたまっているのでしょうか。ペースが上がりません。もう年かなと考えながら歩きます。夏は北アルプスを楽しみにしていますが・・・・。
樹林越しに石尾根が見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林越しに石尾根が見えます。
大ダワです。50km地点なんですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ダワです。50km地点なんですね。
途中、1000m付近の三角点から。三つドッケかな。蕎麦粒山を探しましたが判然としません。また、登ってみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、1000m付近の三角点から。三つドッケかな。蕎麦粒山を探しましたが判然としません。また、登ってみたいです。
名物鎖場です。上から見たところ。傾斜感ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物鎖場です。上から見たところ。傾斜感ありません。
奥多摩の町が樹林越しに見えます。このコースここからけっこう長いのです。何回も来ていますが、これでもかという感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥多摩の町が樹林越しに見えます。このコースここからけっこう長いのです。何回も来ていますが、これでもかという感じです。
名物の階段。疲れた膝にこたえます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名物の階段。疲れた膝にこたえます。
1
下から見上げてみると天国?に続く階段かな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下から見上げてみると天国?に続く階段かな。
下りてきました。夕日に川の流れがきれいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下りてきました。夕日に川の流れがきれいです。

感想/記録

2か月のブランクを感じながら歩きました。年齢もあるのでしょうが、からだは正直です。毎日トレーニングを少しずつしているのですが・・・。やはり山のトレーニングは山に行くことが一番だと感じながらの山歩きでした。夏に向けてもっと頑張ります。
訪問者数:359人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ